allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

危険な関係(1988)

DANGEROUS LIAISONS

メディア映画
上映時間121分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1989/09/23
ジャンルロマンス/ドラマ/歴史劇
危険な関係 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,071
USED価格:¥ 1,241
amazon.co.jpへ

【解説】
 18世紀。フランス革命前夜のパリの貴族社会。人々は贅の限りを尽くした甘美な暮らしに酔いしれ、それぞれの快楽を追い求めていた。そんな社交界の大輪として君臨するメルトイユ侯爵夫人は、彼女の恋人バスティード伯爵が若い娘と結婚するらしいという噂を耳にしたことから、かつての愛人であり、社交界きってのドンファンとして名高いバルモン子爵を使って、当のボランジュ夫人の娘である美しき処女セシルの純潔を踏みにじろうとする……。18世紀のフランス貴族社会の頽廃を浮き彫りにして背徳の烙印を押された同名の禁断の書の映画化。限りなくインモラルな愛と性のゲームを、絢爛たるエロスと情念がはびこる人間関係で描く。
<allcinema>
評価
【関連作品】
危険な関係(1959)同一原作(1959)
クルーエル・インテンションズ(1999)同一原作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
653 8.83
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-01-10 16:34:31
18Cフランスの豪華絢爛な世界観、出演者の豪華さには驚いた。  裏切り、背徳の元に成り立つ人間関係がとても面白い。   女性達があっさりとジョン・マルコビッチ演じるバルモン子爵に身を委ねていくのが少し納得いかないが、、そういう時代なのか。  ラストの主演2人の行く末には驚いた。  結局、復習とはしても虚しいものという事か。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-02-03 22:09:47
【ネタバレ注意】

マルコビッチとキアヌは衣装から浮き気味…
が、まぁ最悪って程でもない様な。
ユマのコケが凄い。軽く騙されて意味不明な内にヤラれてしまうし。
ミシェルは見ようによっては垢抜けないのだが(娼婦に負けてる?)まぁ好き。
「エイジ・オブ・イノセンス」の方が美人な役かも。
虚栄が招く人生の破綻ドラマ。ひとりは死に、ひとりは社交界で立場を失くす。
振り回される周りにも結構な被害者があちこちに…

投稿者:Tom投稿日:2005-05-21 08:02:22
フランス革命200年祭と時同じくして公開されたが、イギリス、アメリカと違い、日本では全然ヒットしなかった。当時はイギリス出身監督が世界の中心みたいな活躍をしていたがこの映画の題材はフリアーズしかさばけなかっただろう。グリーナウェーがやったらもっとグロテスクな人間模様になったと思うが・・。女優陣がみんないい、特にユマ・サーマンとミッシエル・ファィファーが、それに比べて、ジョン・マルコビッチとキアヌ・リーブスは最悪だろう。特筆すべきはジヨージ・フェントンの音楽が素晴らしかった。
投稿者:ナツミ投稿日:2005-03-26 18:55:33
「他人からの評判」をめぐる心理戦、として名高いラクロ『危険な関係』。
確かに長く語られ、映像化されるだけあって、非常に面白い!
ミシェル・ファイファーとグレン・クローズが逆の配役かと思っていたが、観てみるとハマリ役であった。
グレン・クローズが美人だと思ったのは初めてかもしれない。

贅沢な宮廷生活の描写も楽しい。でも、英語ってどうなんだろう。
フランス人でフランス語で映画化されたものを観てみたい。

なんだかヌルリとしたナヨっちい美青年だなぁ、と観ていたら、キアヌ・リーヴスであった。
うーん、キャスティングを見るまで、分からなかったよ!
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-02-07 18:40:45
ラクロの原作は発表当時、実在の人物と重なるところが多く、熱狂的に読まれたそうだ。一種のスキャンダル小説だったわけだが、その18世紀フランスの上流階級の爛れた生活をアメリカ映画として見事に再現。
J・マルコビッチが性格俳優として見事な演技。なかなかラストまでサスペンスフルだった。
投稿者:さち投稿日:2005-01-20 20:31:15
そんなにいい映画か
投稿者:oohlala投稿日:2004-12-24 12:38:30
J・マルコヴィッチはお見事。ただ、全体的に無駄に登場人物のアップが多用されすぎて、意味不明。最高にはまって居る所も多々あるだけに残念。G・クローズとJ・マルコヴィッチの関係ももっと深く描いて欲しかった。
投稿者:薄墨ようかん投稿日:2004-06-09 21:49:59
冬のソナタのペヨンジュンがリメイクする「スキャンダル」は
これが元なのね。
投稿者:JH投稿日:2002-08-31 01:20:23
この手の映画は好きです。後にスカッとすること請け合い
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-20 11:42:45
 ミルドレッド・ナトウィックに見せ場を作ってくれたことを賞賛しよう。まさか
映画館で会えるとは思っていなかったのだから。
 同じコスチュームプレイでも『アマデウス』なんかとは比べ物にならない映画的
な呼吸をもっていると思う。
 グレン・クローズの「all right ... War!」という科白の見せ場なんか凄い。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞グレン・クローズ 
 □ 助演女優賞ミシェル・ファイファー 
 ■ 脚色賞クリストファー・ハンプトン 
 □ 作曲賞ジョージ・フェントン 
 ■ 美術賞ジェラード・ジェイムズ 
  スチュアート・クレイグ 
 ■ 衣装デザイン賞ジョイムズ・アシュスン 
□ 主演女優賞グレン・クローズ 
 ■ 助演女優賞ミシェル・ファイファー 
 □ 監督賞スティーヴン・フリアーズ 
 ■ 脚色賞クリストファー・ハンプトン 
 □ 作曲賞ジョージ・フェントン 
 □ 撮影賞フィリップ・ルースロ 
■ 外国映画賞スティーヴン・フリアーズ 
【レンタル】
 【Blu-ray】危険な関係レンタル有り
 【DVD】危険な関係レンタル有り
 【VIDEO】危険な関係レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION