allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リディキュール(1995)

RIDICULE

メディア映画
上映時間102分
製作国フランス
公開情報劇場公開(アルシネテラン)
初公開年月1997/01/25
ジャンルドラマ

【解説】
 18世紀、ルイ16世時代のフランス。貴族たちは革命が迫っていることも知らず、贅の限りを尽くした生活を送っていた。土木工事の申請に田舎からやって来たポンスリュドンは、気に入られて宮廷に滞在するうちに、貴族と同じように堕落して行く……。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2013-01-08 02:13:37
【ネタバレ注意】

ブルボン王朝末期、貴族たちに求められるのは、
ソフィスティケートされた立ち居振る舞いに、
機知に富んだ臨機応変なる洒落た会話術。

これが立身出世にダイレクトに響くから、
貴族たちの日常の上品な会話の中にも権謀術数が渦巻いている。

まさに言葉が武器であり、
しくじれば面目を失い人前に出れないという諸刃の刃。

その肝心の洗練されたエスプリとやらが、
字幕でどれだけこちらに伝わったのかは「?」な部分もあるなぁ。
ストーリーももう少し面白くも出来ただろう。

でも、そんな世界で生きてきたしたたかなるバイヤック伯爵夫人役の
ファニー・アルダンが良かったと思う。
その対をいく宮廷に興味のないマチルド嬢役の
ジュディット・ゴドレーシュがフレッシュでみずみずしい。

最後イギリスの「ユーモア」で〆るというのはルコント流エスプリ。

投稿者:メタルヘッド投稿日:2002-12-25 22:54:52
当時の貴族たちに対する皮肉が良い。毎日、エスプリのために四苦八苦する貴族達がバカ丸出し。たかが言葉遊びごときでここまで必死になるとは、よほどヒマだったのだろうと思わせる。なんか、面白い奴ほど出世するというのはお笑いの世界とほとんど一緒。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 外国語映画賞 
□ パルム・ドールパトリス・ルコント 
□ 外国語映画賞 フランス
■ 外国語映画賞 
■ 外国語映画賞 
■ 作品賞 
 ■ 監督賞パトリス・ルコント 
 ■ 美術賞Ivan Maussion 
 ■ 衣装デザイン賞Christian Gasc 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】リディキュール2003/02/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】リディキュールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION