allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ゴースト&ダークネス(1996)

THE GHOST AND THE DARKNESS

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=UIP)
初公開年月1997/03/29
ジャンルアドベンチャー
ゴースト&ダークネス [DVD]
USED価格:¥ 6,188
amazon.co.jpへ

 Photos
ゴースト&ダークネス

【解説】
 19世紀末、東アフリカ。そこではイギリスが象牙貿易のため、鉄道整備に力を入れていた。橋を架けるため現地に呼ばれたパターソン中佐は、工事を邪魔する二頭の獣の存在を知る。その名は“ゴースト”と“ダークネス”、130名を越える人命を奪った、恐るべき人喰いライオンだった……。実話をもとに、二人のハンターと獣との凄まじい闘いを描いた作品。監督は「ブローン・アウェイ/復讐の序曲」のヒットから久々にメガホンを取ったS・ホプキンス。どうやらこの御仁は渋めの題材を好む人らしい。V・キルマーやM・ダグラスといった売れ線の役者を起用していても、根底にあるのは昔よくあった猛獣映画、あるいは秘境映画への復活だ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
535 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2017-08-14 23:13:06
殺人鬼ライオンとの戦い、どこまでが実話なのか?
投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-02-24 22:11:49
M・ダグラスが出ているのでもっとワイルドな内容かと思ったら最後まで何だかとても真面目に作ってあって、それはそれで好感が持てた。V・キルマーがとても良い。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:すぎうら投稿日:2010-02-01 21:16:07
【ネタバレ注意】

今まで目立ってなかった奴が突如胸中を語りだしてお前次食われるやろ!と思ってたら案の定食べられる親切な展開。よし橋作るぞーと意気込んで次のシーンでもう半分出来てたり、ライオンに数人やられてどうなるんだろーとドキドキしてたら次のシーンのセリフで「もう40人殺された」と言わせて済ませる驚愕のジャンプ機能。


そんなお手軽なストーリーだがゴールドスミスの音楽のおかげで秘境映画としての雰囲気は一応出ている。さらに後半でのパターソンとレミントンの友情話は薄っぺらいながらも熱くなっちゃうよ。
そしてクライマックス前にパターソンが見る夢が衝撃的で、それがラストで妻子を迎える時に彼がチラッと草原のほうを見やる演出に繋がっていて上手く安堵感を出せてるなと思った。なのでこの映画は嫌いにはなれない。

投稿者:irony投稿日:2006-03-12 17:22:45
 ホラーだと思ったら、人食いライオンのお話でした。
投稿者:Naka.d投稿日:2005-05-10 01:33:51
もともとプロットが単純だし、さらに前半は演出がチープなので盛り上がりに欠ける。
しかし後半はもう興奮を通り越して怖い。「生きること」「殺すこと」のギリギリの世界。これが自然の厳しさかとすら覚える(言いすぎ?)。ただ展開がほとんど読めてしまうのが残念だった。
作品全体を通して流れる壮大な音楽は清々しい。

マイケル・ダグラスは出番こそ少ないが、印象に残る。ガラは悪いが、根はいい奴そうで好印象。最期もある意味、彼にふさわしいものだった。
ヴァル・キルマーははじめミスキャストじゃないかと思ったが後半では力強い存在感を見せてくれた。
決して遺伝子操作をされたわけでもない“極普通”のライオン。ほとんどCG処理すらされていないにも関わらず、あの熱演…暴れっぷりは凄まじいの一言に尽きる。(後半における)雰囲気を見事に作り出した演出によってさらに生き生きと描かれていた。

全く期待していなかっただけに、結構楽しんでしまった。ヴァル出演の似たような作品(?)「D.N.A.」(これもこれでいいんだが)と比べれば鑑賞後の爽快感は高い。
実話というのに驚き。そう考えれば全体的に地味だったのもうなずけるんだが。

それにしてもなぜに“幽霊”と“暗闇”と名づけられたのかよくわからなかった(わからなくもないがいきなり言われてもな)。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2005-01-09 05:50:06
タイトルとあらすじを読んで、とてもおもしろそうだったので期待していましたが、それほどでもなかったです。
実話に基づいたストーリーなので、その分現実味があって楽しめましたが。
ちょっとVFXの出来がよくなかったのは、古い作品ですので仕方ないですね。
投稿者:オメガ投稿日:2004-10-23 09:07:56
最初に一発で仕留めたライオンがモロに作り物丸出し。それだけで
冷めてしまった。草むらを移動するライオンらしき影もぎこちない。
古い作品とはいえ、もう少し凝るべき。
投稿者:inamura投稿日:2004-10-13 16:58:23
理屈は抜きにして楽しめました。最近の映画にありがちな、これでもかと言わんばかりの仕掛け展開でないのが、かえってラストの最後の一匹をしとめるシーンに、見るほうも集中できたよかった。
投稿者:さち投稿日:2004-07-31 07:29:16
なかなか
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-31 18:26:31
・・S.ホプキンスを持ってきたことが失敗かと。
筋はともかく、そんなにスピードのある脚本じゃないよね。
4点。ホラーとしてのリメイクを求む。
投稿者:カトウスタール投稿日:2002-01-13 06:55:33
 この映画の最大のポイントは「あいつらはライオンじゃない,“幽霊”と“暗黒”なんだ」ということですよね。ライオン以上のものを表現しようとした割には今ひとつではありますけど,努力はひしひしと伝わってきてました(見たのがTVだったからカットも多少はされてるだろうし)。後半の悪夢のシーンなんか鳥肌が立つほどで,作品自体のラストスパートに力を添え,見終えたあとのカタルシスはなかなかでした。

 その後ちょっと調べたのですが(笑)アフリカでは60年代くらいまで,憎い相手をライオンに襲わせる呪術師やら,自らがライオンに変化して(!)夜な夜な人を襲うシャーマンやらがいたんだそうです。さすが暗黒大陸アフリカ! そういう土着的な雰囲気がどことなく感じられる映画ではありました。

 余談ですが,一頭のライオンが殺した人間の数の記録は380人だそうです。それに比べりゃ“幽霊”も“暗黒”もまだまだひよっこなんでしょうか。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 音響効果編集賞ブルース・スタンブラー 
□ ワースト助演男優賞ヴァル・キルマー 
【レンタル】
 【DVD】ゴースト&ダークネスレンタル有り
 【VIDEO】ゴースト&ダークネスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION