allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ロミオ&ジュリエット(1996)

WILLIAM SHAKESPEAR'S ROMEO & JULIET
ROMEO + JULIET

メディア映画
上映時間120分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1997/04/19
ジャンルドラマ/ロマンス
最も偉大な永遠の愛の物語。
[コレクターズ・シネマブック]ロミオ&ジュリエット(初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 9,790
amazon.co.jpへ

 Photos
ロミオ&ジュリエット

【解説】
 舞台を現代に変え、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』を映画化。いがみ合うモンタギュー家とキャピュレット家をギャングという設定に変更するなど、思い切ったアレンジが加えられている。映像などが今風のかっこ良さに満ちており、ディカプリオの演技もまた素晴らしい。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18127 7.06
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-13 11:57:26
どーでもいいな。
ロミオとジュリエットの話がそもそも好きじゃない。
投稿者:UFO投稿日:2013-10-31 21:44:08
なんだかなぁ。
投稿者:jb投稿日:2012-08-05 22:32:27
また観ようとは思わない。
投稿者:scissors投稿日:2012-07-02 08:34:24
現代風アレンジって言うよりお下劣パロディって感じ。
映像や演出は悪趣味。
レオナルド・ディカプリオとクレア・デインズの学芸会。
投稿者:gapper投稿日:2011-05-23 22:22:46
 ウィリアム・シェイクスピアのロミオとジュリエット現代版。

 現代の構想の中での若者の恋愛と言うと「ウエスト・サイド物語(1961)」を思い出させるが、これは「ウエスト・サイド物語」自身が”ロミオとジュリエット”を下敷きにした物だからだ。
 逆輸入ともいえべき構図だが「ウエスト・サイド物語」にはバーンスタインの至宝があるが、ファンならいざ知らずレオナルド・ディカプリオでは弱くクレア・デインズもそれほどには思えない。
 とはいえ、現代劇にしたことで迫力やリアリティは増していて、それなりの効果は出ている。

 ただ、ユースピックスとして作られているとしか思えずおっさんには少々つらい部分もあった。
投稿者:こじか投稿日:2010-08-21 15:08:33
【ネタバレ注意】

音楽も映像もイケイケ感たっぷりのオシャレ映画。
本来この手は苦手ですが、やはり原作の土台と
デカプーのかっこよさで普通に観れます。
刺殺場面は結構重たい…。

投稿者:ララルー投稿日:2009-09-20 19:36:51
とりあえずレグイザモが殺されちゃった時点でDVD止めちゃったんで
最後どうなったかわかりません。


投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 23:58:56
色々と不満が残る仕上がりだったが、ジュリエット(クレア・デーンズ)だけは超可愛かった。
オリビア・ハッセーにも負けてないよ〜♪

あとカーディガンズの『LOVE FOOL』!!
テンション上がるやん(^◇^)
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-05-24 20:40:55
10数年もスルーしてたのにDVDを借りる気になったのはクレア・デインズがジュリエットやってると知ったから。いざ観てみると、わはは、凄いぞコレ。どういう映画かは当時のCMやキネ旬で知ってたが、現代のロサンゼルス(にしか見えない)を舞台にしていながら台詞は原作のままというトンデモなアプローチで製作した結果、「ウエストサイド物語」にもオリヴィア・ハッセー版にも及ばない出来になってしまった。6分でリタイアしてクレアの出てるトコだけ観たので断定は出来んがね。それにしても泣くとこれだけブス顔になる女優も珍しい(しつこいっつうの)。
投稿者:あくび★投稿日:2009-05-23 11:35:04
よく「現代版ロミオ&ジュリエット」というのだが、
だったら台詞も現代風に変えりゃいいのに。
やってることとかは現代風なのに口調は昔。

クレアの可愛さ、ディカプリオの若々しさ、
ストーリーは別にまぁ悪くはないんだけど・・・。
残念な映画って感じ。

個人的には大の苦手なジョン・レグイザモが出てて、画面に出るたび目を閉じるか横向くか、
この人に罪はないが・・・(´・ω・`;)
投稿者:なちら投稿日:2008-12-12 02:31:52
うぜぇ〜、レグイザモ!うざオモロイ!チョビ髭〜モミアゲくるくる〜ぴっちりノースリーブ〜!
心なしか、ちょっと恥ずかしげに演じているように見えるのは自分だけ?

レグイザモも恥ずかしいが詩的なセリフもかなり恥ずかしい。
現代風にアレンジするならもう少し汚い言葉に置き換えればいいのにな。
まぁ、ギャングにクサイ台詞が新鮮で面白いのかもしれないけどね。

知ってる話だからあんま驚きもないけど…、B・ラーマンワールドが好きなら見る価値はあるな。
あと、モミアゲくるくるレグイザモに興味があるヒトも。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-08-03 11:49:00
セリフ、映像共にとても美しく、素晴らしいと思いました。劇を違和感なく現代に置き換えたところは素晴らしいと思います。
投稿者:ac投稿日:2007-12-16 23:19:19
現代的なロミオとジュリエットでよくできていた。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-06 21:24:20
何だか新しいというか新鮮な感じの『ロミオ&ジュリエット』。ストーリーを説明するまでもない話だが、バズ・ラーマンの力によってまったく新しく生まれ変わったロミ&ジュリだ!もちろん内容的にはシェイクスピアのままだが、現代的なアレンジが新鮮で良かった。レオナルド・ディカプリオはまだ若くていいし、クレア・デーンズにも当たり役だっただろう。でも私が特に嬉しかったのは脇役にジョン・レグイザモやポール・ラッド、ジェシー・ブラッドフォードなどが出ていたこと!キャストを見るだけでも十分楽しめる。 
投稿者:ブク投稿日:2007-03-29 14:42:17
【ネタバレ注意】

おいおい(失笑)
デカプーにイライライライラ。
シェイクスピアを現代に移す心意気はわかった。ただ現代人の若者デカプーがなにやら詩的な言葉をずらずらと・・・・。構図だけシェイクスピアでよかったんじゃないか?ただそのギャップに気持ち悪くなるほどの違和感を感じる。お金の無駄遣い的な作品。ただ今TVで見てますがデカプーの吹き替えが吐き気がするほど気分を害す。吹き替えでは見ては決していけない(笑
字幕だったらそんな違和感なかったのかもしれないね。
ちょっとシェイクスピアの作品をほとんど呼んでいる私には痛かった。
またジュリエットがジュリエットらしさのかわいさがない。
ジュリエットの独り言を聞くたびに殺したくなった。
むかつく奴にオススメしましょう。
地獄に落ちるのは貴様とオレと、それとも二人ともか!!僕は運命にもてあそばれたんだぁあ!!!!
(黙りなさいデカプー)
この映画ではシェイクスピアの台詞が本当にひどいものに聞こえる、まさに奇跡にって生まれた作品。

投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-07-07 21:55:23
原作がいいんだからおもろいに決まってる。
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-11-30 19:49:45
なんか不思議な感じ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-04-22 08:45:36
【ネタバレ注意】

これは面白いね〜のっけのドタバタ銃撃戦からして…全編コメディーのセンスを感じるね〜
プールシーンも妙に詩的(で有名)なセリフと相まって最高に楽しい。
洗顔シーンも良し…クレア・デインズは、お嬢様してる。
でも最後に描かれるのはシリアスな悲劇。めざめるのが一瞬、早ければ…
…“グリーンマイル”が嫌いという友達がいる〜シリアスかと思えば突然ファンタジー(?)が許せないそうだ。本作もコメディーと思いきや、いきなりシリアス…ともいえるね。…僕的には不満無し。
が、その辺りの微妙なバランスが「中途半端」と思う人には辛いかも…“悲劇”で幕を閉じるロマンス・コメディー。古典劇の映画版リメイク?かもだが、れっきとした「映画」であることは間違いない。

※お嬢様が気に入った人は、ターミネータ・シリーズ現状最新作()で、ぶっとぼう。…僕は単純に(演技力に)感心するが。

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-21 19:18:46
言われてみれば、パロディですね…。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-03-21 12:54:15
最後までどうにもマジメに観ることが出来なかった。というか、映画風を気取ったパロディとしてしか観ることができなかったから。シェークスピアの台詞をアロハを着たディカプリオに語らせようなんて・・・。どう考えても冗談としか思えない。
でも妙に原作に忠実だしなー。中途半端。
ディカプリオファンにとっては、彼の頂点の時期でもあるのできっと気に入るはずだと思いますが。
投稿者:william投稿日:2005-02-24 00:59:18
この映画が凄まじい勘違い映画だと思えたのは、やっぱり日本語吹替で見たことが原因か?どっちみちシェイクスピアの世界観にディカプリオのようなアイドル俳優は合わない。
ただし、エンディング・クレジットのレディオヘッドの「Exit Music」は素晴らしい。
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-21 17:53:05
【ネタバレ注意】

クレア・デインズ、かわいいですね。
全体的な雰囲気も面白いです。
最後はやっぱり悲しいですね。

投稿者:さち投稿日:2004-06-14 05:54:10
文句なくよし
投稿者:usagi投稿日:2004-02-05 03:53:22
映画として純粋にストーリーを楽しみたいという方や、熱心なシェィクスピアファン、オリビア・ハッセーのロミオとジュリエットに強い思い入れがあるという方にははっきり言ってお勧めできない。
ただこの下品すれすれのチープな設定や演出、衣装やセットが私は大好きだ。また、音楽のセンスやテンポの良さも非常に魅力的。ロミオとジュリエットの配役も作品のイメージにぴったりである。このぎりぎり感が、何とも堪らない作品。
投稿者:TSUKASA投稿日:2003-08-24 16:41:51
これまで、何度も映画化された名作を現代に設定を変えて描くというアイデアは素晴らしかったが、シナリオが全くそれを生かせておらず、セリフや展開がシェークスピアの原作そのままという不自然さは愚の極みである。司法制度の整った現代でありながら、殺人を犯したロミオを警察署長が逮捕もせずに独断で追放処分にするという無茶な展開と、原作そのままに結婚が嫌で偽装自殺するジュリエットなど、あまりのバカバカしさに呆れかえる。原作の展開は閉鎖社会である中世(この時代はほとんどの人が生まれた土地を離れず、一生を過ごす。交通機関が発展していないため、町から町への交流も少ない)が舞台だからこそ必然性があるのであって、現代に舞台を変えた本作でそれをそのままやっても愚かしいだけである。結婚が嫌なら荷物まとめてタクシーにでも乗って何処か遠くに行けばいいだけのこと。

とはいえ、B・ラーマンの映像センスは魅力的で、主演のL・ディカプリオとC・デインズは見事に情熱的な恋人同士を演じており、頭をカラッポにすればそれなりに楽しめるかもしれない。L・ディカプリオの演技とC・デインズのカワイさだけは秀逸である。
投稿者:ゆーき投稿日:2002-10-03 10:25:32
★★★★★ この映画、ストーリーは皆が知っている話だけど、冒頭の15分から最後まで、最高のテンポで進む映画。小物のデザインも良い感じ。音楽もノリが良い。車のデザインも。全体にコテコテだけど、全部が合わさるとここまでインパクトがある。さっすがバズ・ラーマン監督って映画でした。
投稿者:フゥ投稿日:2002-09-25 21:59:32
音楽のノリとストーリー展開の早さはさすがバズ・ラーマン。
引き込まれました。
また、「水」の存在が到るところに使われていて神秘的です。
水槽越しに見つめ合うシーンの美しさは強く印象に残りました。
テイストは今風、セリフは古典のまま、っていう
一見ミス・マッチなところも好きです。
投稿者:JH投稿日:2002-08-31 01:00:41
毒を飲もうとしたとき、目を覚ましたジュリエットがロミオの肌に触れるとき、「はぁ?」となるシーンだろうが、ディカプリオの演技だけで息がつまりそうになったね。
あの役者は本当に演技がうまい。ユアンより繊細さをだしていて
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-07-31 13:28:29
カス。死亡。
投稿者:drew投稿日:2002-07-23 14:30:22
【ネタバレ注意】

レオ目当てで観たのですが…さすがレオ!ってカンジでした。
あんなトコロで殺さなければよかったのに!でも、前の人も書いてたけど
銃って変ですね〜。なんか…ねぇ。あと、ロミオが毒薬飲む所で、ジュリエットがロミオの手を押さえずに、叫べばよかったのにっ!とか思ってしまいます。

投稿者:トッシー投稿日:2002-07-21 21:50:49
基本的にはくだらないと思うが、チャラい系 vs 硬派ロカビリー系 の設定はちょっと面白かった。あと、エンドロールのレディオヘッドは実に良い。
投稿者:theoria投稿日:2002-07-21 21:41:03
確かに只ひたすら摘みたての果実の如く瑞々しい「キス・シーン」に浸れるだけでこの作品の価値を見出せる点は良い。ロミオ役のディカプリオは年長の同性からするとウブ毛の生えた「水か空気」の存在であってつまり存在感が無い。良く言えば嫌味が無く妨げにならぬ訳で、ジュリエット役のクレア・デインズに常に意識を集中できる為、トップリと彼女とのキス、ひいては昔日の私的官能の思い出に耽ることを可能にしてくれる。ヴェローナにあって現代アメリカ臭さを意図的に強調しているが、シェイクスピアを前にしてはヤンキー達も襟元を正さずにはいられないのだろう。近頃の「O(オー)」とやらもそうだったがハチャメチャなところまでは達していない。ラストで常套的ではあるが「ロミオとジュリエット」ならぬ「トリスタンとイゾルデ」から「愛の死」をさり気無く流して終わっているのも恍惚感を余韻に持たせていて良い。但し、観る時の心境によってはモギたてのオレンジのように甘酸っぱくてウットリさせられる時もあろうが、オレンジを画面に投げ付けたくなる時もある作品でもあるだろう。
投稿者:うらら投稿日:2002-07-20 22:20:41
意外にも、セリフがシェークスピアの原作そのままだった。
セリフが浮いているのは、シェークスピアだからです。
投稿者:ピピ投稿日:2002-05-02 14:02:21
私はこの映画好きです。何が良いってあの映像美!とにかく綺麗ですね〜。光と水を上手く使いロミオとジュリエットを浮かび上がらせそして儚く消えていく二人を上手く表している感じがしますね。そして、最後の場面が何とも涙を誘います。もう少し早くジュリエットが目覚めていたのなら・・・ロミオがもっと早くジュリエットの目覚めに気付いていたのなら・・・。その胸を摘まれたような苦しさが涙を誘いました。それから、レオナルド・ディカプリオの演技がほんと良かったです。この映画をより一層輝かせていた気がします。
投稿者:月とスッポン投稿日:2001-09-26 00:36:20
友達にかりて見ました。個人的にディカプリオはあんまり好きじゃあなかったけど、この作品を見て「いいじゃんかい」て思いました。
「この作品で泣く人いるのかな〜」みたいな人もいたけど、わたし泣いてしまいました...。アハ。切なくて...。モノを観る価値観は違ってあたりきしゃりき。色んな意見があって面白かったです!映画って素晴らしい!それを創る人も素晴らしいい!!
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2000-12-26 22:49:00
 ティボルト(ジョン・レイグザモ)が殺されるまではいいが、彼が死んでからは途端につまらなくなる。ジョン・レイグザモがとても良い。

 ポール・ソルビーノは見せ場があるのだが、それに比べてブライアン・デネヒーは元気が無いね。
投稿者:もっち投稿日:2000-07-07 18:32:58
あの水槽越しに、クレアデインンズとディカプリオが向き合っているところがなんとも。
でもなーやっぱり、ロミオ&ジュリエットは、銃じゃなくて剣がいいな…。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術賞ブリジット・ブロシュ 
  キャサリン・マーティン 
■ 銀熊賞(男優賞)レオナルド・ディカプリオ 
 ■ アルフレッド・バウアー賞 
■ 監督賞(デヴィッド・リーン賞)バズ・ラーマン 
 ■ 脚色賞バズ・ラーマン 
  クレイグ・ピアース 
 ■ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)ネリー・フーパー 
 □ 撮影賞ドナルド・マカルパイン 
 □ プロダクションデザイン賞 
□ インターナショナル(非ヨーロッパ)作品賞バズ・ラーマン 
□ 作品賞 
 □ 歌曲賞ガービッジ “#1 Crush”
 □ 男優賞レオナルド・ディカプリオ 
 ■ 女優賞クレア・デインズ 
 □ キス・シーン賞クレア・デインズ 
  レオナルド・ディカプリオ 
 □ コンビ賞レオナルド・ディカプリオ 
  クレア・デインズ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】【コレクターズ・シネマブック】 ロミオ&ジュリエット <初回生産限定>2012/11/23\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ロミオ&ジュリエット2012/09/28\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ロミオ&ジュリエット 2枚組 ブルーレイ&DVD&デジタルコピー <初回生産限定>2012/04/21\2,848amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ロミオ&ジュリエット2011/04/22\4,700amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ロミオ&ジュリエット ブルーレイ&DVDセット <初回限定生産>2010/12/03\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット2012/09/28\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット2010/06/25\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】バズ・ラーマン コレクション <初回限定生産>2009/02/13\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット 特別編2009/02/13\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット2008/10/16\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット2007/10/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット ミュージック・エディション2007/05/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット2007/02/16\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット <期間限定生産>2006/10/27\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット2005/12/16\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】「ロミオ&ジュリエット」+「ザ・ビーチ 特別編」 <今だけお得な2枚パック/初回限定生産>2005/04/20\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット <初回限定生産>2005/03/16\951amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット2004/11/24\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット <初回限定生産>2004/11/19\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット <1枚買ったら1枚タダ!キャンペーン 第5弾商品>2004/01/23\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】バズ・ラーマン スペシャル・コレクション <初回限定生産>2002/05/02\7,480amazon.co.jpへ
 【DVD】ロミオ&ジュリエット <期間限定生産>2001/07/18\2,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ロミオ&ジュリエットレンタル有り
 【DVD】ロミオ&ジュリエットレンタル有り
 【VIDEO】ロミオ&ジュリエット スペシャル・ボックスレンタル有り
 【VIDEO】ロミオ&ジュリエット <初回限定生産版>レンタル有り
 【VIDEO】ロミオ&ジュリエットレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION