allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ステラ・ダラス(1925)

STELLA DALLAS

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1926/04/

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ミュジドラ投稿日:2006-06-02 19:27:00
 37年に製作されたリメイク版のバーバラ・スタンウィックのステラも良かったが、この映画のベル・ベネットも負けず劣らず熱のこもった演技を見せる。母ものというとお涙頂戴でジメジメして…というイメージが強いが、『ステラ・ダラス』はこの25年版からも37年版からも、ステラの前向きな強さを感じる。泣く泣く娘と引き離されるのではなく、母として娘の幸せを真剣に考え、しっかり判断した上でステラが行動しているからだろう。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2003-06-18 22:07:04
 なんともありきたりで安っぽいストーリ。しかしどうして涙を押さえることができないのだろう。それは母娘の情愛、お互いを思う気持ちが胸を打つからだが、言葉を換えればヘンリー・キングのきめ細かな感情描写が心を揺すぶるからに他ならない。モリソン夫人役アリス・ジョイスの出来過ぎの聡明さもアクターズ・ディレクションが良いから嫌みに見えない。がさつでグロテスクなステラ役ベル・ベネットも巧いしロナルド・コールマンの見事な貫禄も素晴らしいが、ジーン・ハーショルトの憎めない傍若無人さがいい。
 また、窓の向こうを縦構図で見せる画面がいい。殆どパン・フォーカスかと見紛うカットがいくつかある。冒頭(結婚前のシーン)でステラの弟と父が窓の向こうから見ているシーン。或いはラストの結婚式。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION