allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

レリック(1997)

THE RELIC

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1997/05/31
ジャンルSF/ホラー
レリック [DVD]
参考価格:¥ 5,184
USED価格:¥ 4,299
amazon.co.jpへ

【解説】
 南米から来た貨物船がミシガン湖で発見された。その船には生きている者はなく、脳を切り取られた六人の死体が横たわっているだけだった……。そしてシカゴ自然史博物館に、南米から荷物が空輸される。中には伝説の魔物の石像と、大量の葉が入れられていた。その晩、警備員が殺されて、彼もまた船の死体と同じ姿で発見される。進化生物学者のマーゴは、葉についていた寄生生物の調査から、それが宿主の遺伝子を変える未知の生命体であることを発見した。一方、博物館では、市の名士たちを集めたパーティが行われていた。だが突然照明が消えたかと思うと……。限定空間を舞台に、未知の生命体との戦いをSFXを駆使して描いたSFバイオ・ホラー。アクションからSFまで、広い守備範囲とクオォリティを誇る職人監督の鑑、P・ハイアムズには珍しいホラー作品だが、成功作とは言い難い。もはやこのジャンルでは定番となった展開が新味に欠けると同時に、シチュエーションの説明不足が目立ち、どうにも覇気の無い造りとなってしまった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 06:35:08
このレリックとかいう怪物自体がモンスターとしての魅力に欠けているのが致命的な弱点である。
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-11-20 18:14:53
ノリにのれなかった。
投稿者:オメガ投稿日:2005-10-11 23:13:59
今見てもほとんど違和感の無いSFXには驚き。博物館?!が舞台
になっている所なども、一風変わってて良い。
ただ、映像が暗いシーンが多すぎ。もう少しバランスを考えて欲し
かった。

投稿者:the hysteric green投稿日:2003-05-21 21:46:01
この映画からフルCGのモンスターが定番となった革命的作品(その前にスピーシーズでもフルCGモンスター出てたけどまだ実験的な感じでイマイチ)。
今見てもフルCGのモンスターの完成度は十分凄くこのテの映画が好きな自分にとっては感涙ものデキ。
前半のサスペンス部分と後半のモンスターと戦う部分、どちらもよく出来てる。
前半はずっとサスペンスが続くのに不思議と何度も見れてしまうのは話の雰囲気が気に入ったからかな。
まぁもうちょっとモンスターに暴れて欲しかったけど。犠牲者も少なかったし。
ハイアムズ作品では個人的に唯一当たりの作品。

自分が映画館によく行くキッカケになった思い出の作品。
投稿者:トリガー投稿日:2002-10-15 22:51:39
【ネタバレ注意】

モンスター映画の中じゃかなり面白い部類。
中途半端なところでモンスターが全貌を現してしまうのは
どうかと思うが、臨場感さえ感じるCGにかなりインパクトを受けた。
往年のエイリアン、モンスター映画よりか
演出・視覚効果などの技術は、ほとんどの面で凌駕している。
楽しんで観られるモンスター映画の1つ。

投稿者:tn565投稿日:2002-05-30 23:29:22
【ネタバレ注意】

舞台は博物館、照明の暗さが丁度よくて、雰囲気だしてましたね。
閉じ込められた一般市民と関係者。人々はパニック。
館の奥のほうでは、怪物の鳴き声らしき音が・・・
「俺が見に行ってくる、脱出路もみつかるかもしれない」
と言ったオジサンは戻ってこない。
くわぁぁぁぁぁぁぁぁ、この感じがたまんねぇ。

投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-10-02 17:42:44
巨大化した甲虫はかっこよかた。
投稿者:儀狼投稿日:2001-04-03 01:39:09
ゴジラなどと同じくつまらないSF大作の類だ。ほんとうにガッカリする。
主役の人はかわいいのに。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】レリック1999/01/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】レリックレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION