allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ナージャと竜王(1979)

■閙海
Nazha Conquers the Dragon King

ナーザの大暴れ(劇場初公開時)
ナーザが海を騒がす(別題)

メディア映画 Anime
上映時間59分
製作国中国
初公開年月不明
ジャンルファミリー/ファンタジー
上海美術電影作品集 Vol.1 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 9,800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:王樹枕
厳定憲
徐景達
脚本:王往
撮影:段孝萱
蒋友毅
金志成
美術:張亭
作画:林文肖
常光希
【解説】
 10年に渡る文化大革命により、大きな制約を受けていた上海美術電影スタジオが文革終了後その総力を結集して作った中国初のカラー・シネスコによる長編アニメ。中国東海岸の警護に当たる将軍・李靖(リー・チン)の息子として産まれたナージャは七歳の時、いけにえを求める竜王の使いと戦ってやっつけるが、東の竜王は南・西・北の三竜王と共に高波を起こし街を襲う。ナージャは責任を取り自害するのだが、師匠の仙人が彼を引き取り自分の力で復活させる。こうして四大竜王とナージャの最後の決戦が始まるのだった。明時代の古典小説『封神演義』に材をとり、文革の間禁じられていた神話に久し振りに取り組んだスタッフたちが持てる限りのエネルギーを注ぎ込んだ結果、きわめて大らかで豊かな内容を持った熱気あふれる作品となっている。なお日本公開時のタイトルは「ナーザの大暴れ」、その後TV放映時に「ナーヂャと竜王」に改題されたり、原題直訳の「ナーヂャ海を騒がす」など様々なタイトルが存在する。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ナージャと竜王(1979)
琴と少年(1988)
牧笛(1963)
蝴蝶の泉(1983)
不射之射(1988)
猿と満月(1981)
鹿鈴(1982)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:長春投稿日:2006-10-18 09:32:59
トウ小平たちが四人組を倒した後に作られたアニメである。そのため、主人公のナージャはトウ小平、4人の竜王は四人組の暗喩である。ナージャは4人の竜王に殺されるが、仙人の力により蘇る。トウ小平も何度も失脚しているが、そのたびに復権している。蘇ったナージャは4人の竜王に復讐するのである。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION