allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

新ドラキュラ/悪魔の儀式(1973)

SATANIC RITES OF DRACULA
COUNT DRACULA AND HIS VAMPIRE BRIDE [米・84分]
DRACULA IS DEAD AND WELL AND LIVING IN LONDON

メディア映画
上映時間87分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1974/04/13
ジャンルホラー

【解説】
 シリーズ8作目。謎の大富豪によって、ペスト菌が秘かに培養されようとしていた。バン・ヘルシング教授は、その富豪が復活したドラキュラであると見てとり、伯爵を封じようとする。一方伯爵は、教授の孫娘をさらい、自分の花嫁にする計画を立てていた……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
吸血鬼ドラキュラ(1958)シリーズ第1作
吸血鬼ドラキュラの花嫁(1960)シリーズ第2作
凶人ドラキュラ(1966)シリーズ第3作
帰って来たドラキュラ(1968)シリーズ第4作
ドラキュラ血の味(1970)シリーズ第5作
血のエクソシズム/ドラキュラの復活(1970)シリーズ第6作
ドラキュラ'72(1972)シリーズ第7作
新ドラキュラ/悪魔の儀式(1973)シリーズ第8作
ドラゴンvs7人の吸血鬼(1973)シリーズ第9作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2018-03-08 06:09:46
諜報部の男が監禁されていた家から逃亡する。
救助された男は家で女が儀式により何かの生贄にされていたと証言して絶命。
諜報部から応援要請を受けたヴァン・ヘルシングが調査を開始するがドラキュラの仕業と分かり・・・。

リー主演のすこぶる評判の悪いドラキュラ最終作。
吸血シーンが無い上にペストをばら撒きながら教授の孫娘を自分の花嫁にするという行為が不評の原因で、リーは原作とおりに映画化しない作品には出演しないと三行半を突き付けた話が有名。
そんな事から出来も悪くて折角リーとカッシングが出演しているのに勿体ない作品となりました。

ビデオも発売されずDVDがWHDから発売されるが珍しくワイドで画質も良く何とトレーラーも収録されている。
投稿者:bond投稿日:2009-06-05 10:54:05
子供も頃TVで観て銀弾丸作るシーン覚えてた。ドラキュラに現代風を足しただけだが、ファンにはそれでもいいのだ。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2006-06-11 21:09:47
「ドラキュラVS7人の吸血鬼」に比べるとTV放映が少なくて、あまり
語られる事のない本作だが、ホラーTVで放映してくれたのを見れた。
70年代に入ってハマーのドラキュラ物も試行錯誤してる感じ。
ドラキュラ72に引き続き現代が舞台で、ヌードはもちろん、
ハイテクやらアクションやらの要素を盛り込んでスパイ映画の様に
なっている。次作ではカンフー物になるわけだが、どうせなら
西部劇版ドラキュラも見たかった。

テンポはやや緩いものの画面的にはスパイ物らしい冴えがあってなかなか
良いが、黒いマントのドラキュラはさすがにミスマッチ過ぎる感じがする。
今回のドラキュラは人類絶滅を企てていて、シリーズ中である意味
最も凶悪だが、やられ方はかなり情けない。
伯爵の計画が成功して、残り少ない人類がドラキュラに支配された世界も
見てみたい気がする。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【レンタル】
 【DVD】新ドラキュラ/悪魔の儀式レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION