allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アグネス(1985)

AGNES OF GOD

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1986/02/08
ジャンルドラマ/ミステリー

アグネス

Photo:AFLO

メグ・ティリー (25才頃)


 Photos
アグネス

【解説】
 ジョン・ピールマイアーの舞台劇を「ジーザス・クライスト・スーパースター」のノーマン・ジュイソンが映画化。男子禁制の修道院で起った赤ん坊殺人事件をめぐり、妊娠も出産も一切記憶にない修道女と、処女懐妊を信じる院長。そして事件を担当した女精神科医の間で巻き起る展開をミステリアスに描く。
 モントリオール郊外にあるマリー・マドレーヌ修道院。とある冬の夜、ここで驚くべき事件が発生する。突然、鋭い叫び声を耳にしたルース院長が、慌てて声のもとへと駆けつけてみると、そこには血まみれで横たわる若い尼僧アグネスと絞殺された赤ん坊の死体が。静かな町は一夜にして騒然となる。しかし、アグネスは妊娠も出産も身に覚えがないと主張する。そこで法定精神科医のマーサが裁判所の依頼で修道院に派遣された。マーサは誰か男が修道院に侵入しアグネスと関係したとみて調べを進めるが、アグネスもルース院長もそうした事実を否定するばかりだった…。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
329 9.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-11-02 04:33:13
こんなに盲目的に神を信じる人ばっかりなのだろうか?アグネスの信心っぷりが怖い。www.seisakuiinkai.com
投稿者:なちら投稿日:2009-02-21 00:37:31
【ネタバレ注意】

舞台版を知らないですし完全に自分だけの見方ですが、アグネスは処女懐妊などではなく男と会ったと思う。
ただ、彼女の目に映っていた相手は、神か天使(ミカエル?)。
下から入った堕ちた天使が中で育って、悪い子だった為に下から出て来た。

でも、思い込みの力で杭を打たれたように血を流す彼女なら、処女懐妊くらいできちゃうのかな?

M・ティリーの盲目的な修道女は、有無を言わせぬ迫力があるね。
宗教を持たない自分から見たら、怖いくらいだよ。

投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-11 01:29:13
妹より姉のほうが怖い。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞アン・バンクロフト 
 □ 助演女優賞メグ・ティリー 
 □ 作曲賞ジョルジュ・ドルリュー 
□ 女優賞(ドラマ)アン・バンクロフト 
 ■ 助演女優賞メグ・ティリー 
【レンタル】
 【VIDEO】アグネスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION