allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キンドレッド(1986)

THE KINDRED

キンドレッド 戦慄の異形生命体(DVD題)

メディア映画
上映時間93分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(ジョイパック)
初公開年月1988/02/20
ジャンルホラー

【解説】
 マッド・サイエンティストが人間と海性軟体動物の遺伝子を融合させた異形の生命体を作り出す。よくある“バイオ怪物もの”と思われがちだが、如何にモンスターが生まれでたかの探索劇がメインとなり(当然、主人公をも巻き込んだ大秘密が隠されているのだが)、クライマックスまで緊張感が持続する。美女A・ペイズ(「コールド・ルーム」「リバイアサン」)を惜しげもなく遺伝子実験の失敗で生まれたエラ人間に変型させてしまうなど、思い切った展開に絶句!
<allcinema>
評価
【関連作品】
コールド・ルーム(1983)
リバイアサン(1989)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-03-12 06:57:52
プレハブに突っ込んだ車に乗っていた男が重症となり、救急車で運ばれる。
その救急車が襲撃され男が連れ去られてしまう。
遺伝子を調べる研究所で働くジョンは、母アマンダからヒモシアニンの資料を焼却するよう頼まれるが、アマンダの病院には先ほどの連れ去られた男が運び込まれていた。
院長のR・スタイガーはクリーチャーの実験をしていて、アマンダとの間には秘密があり、苦しむアマンダを死なせてしまう。
母の葬儀に出会ったA・ペイズは母と一緒にヒモシアニンの研究をしていたらしい。
ジョンはシャノンを連れて昔住んでた家へ向かうが、何故かペイズも居て家の調査をしていた。
人手も増え調査を進めるが男がクリーチャーに襲われ、それを聞いたペイズはジョンに狂犬に襲われたと伝え・・・。

28年前に劇場で鑑賞。
映画は今も流行っているクリーチャー系ホラーで、美女がクリーチャーに変貌するメイクが素晴らしくまあまあ面白かったのを思い出す。
個人的には「コールド・ルーム」以来の美女A・ペイズが出演していたのが嬉しく、この後「リバイアサン」の公開と続くが売れなかった。
後に「X−ファイル」にも出演していた時は懐かしさで一杯だったが・・
・。
ビデオはこの当時のC級公開作を一手に引き受けていた日本コロムビアビデオからリリースされていて、モノラル音声のビスタ収録だった。
最近になってようやくDVDがリリースされるがスタンダード収録で、画質がビデオ画質なのが残念。
発売元がWHDなので仕方ないが一応公開作品なので綺麗な画質で見たかった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【レンタル】
 【VIDEO】キンドレッドレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION