allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クール・ランニング(1993)

COOL RUNNINGS

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナ)
初公開年月1994/02/19
ジャンルコメディ/スポーツ
クール・ランニング [DVD]
価格:¥ 1,019
USED価格:¥ 258
amazon.co.jpへ

【解説】
 常夏の地・ジャマイカから無謀にもボブスレーチームを組んで、88年カルガリー冬季オリンピックに参戦した男達の実話を描いたスポーツ・コメディ。幼い頃から100m走でオリンピックを目指していた主人公が選考会で転倒の巻き添えを食い、出場不可能になってしまう。それでもオリンピック出場の夢を見る彼は冬季五輪のボブスレー競技のことを知り、幼なじみのお調子者や転倒事故で同じく夢破れた2人を巻き込んで、過去に2度金メダルを取ったアメリカ人選手をコーチに招いて練習を開始するのだったが……。どちらかと言うと暗い“スポ根映画”になりがちな話を南国特有の軽さを生かし、レゲエの音楽に乗せて軽快に描いた爽やかな作品。ボブスレーについて何にも知らない彼等がアタフタしながらも友情を深めて行く過程や資金集めに奮闘する姿など、あっけらかんとした行動が好感を呼ぶ。尚、彼等の行動を疲れた表情で見守るコーチ役を好演したJ・キャンディは本作公開直後に惜しくも亡くなった。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aモンスターズ・インク (2001)
[002]Aブラックホーク・ダウン (2001)
[003]A真実の行方 (1996)
[004]Aバック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (1989)
[005]A海辺の家 (2001)
[006]A少林サッカー (2001)
[007]Aターミネーター2 (1991)
[008]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[009]Aグラディエーター (2000)
[010]Aトイ・ストーリー (1995)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17143 8.41
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 08:50:15
結構感動します。最近テレビでやらないなぁ。
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-30 17:39:24
実話をもとにしているそうですが、
困難な状況になればなるほど
明るくpositiveになるジャマイカ人たちが
素晴らしいです。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-06-07 13:40:08
ジャマイカの色彩感覚ってすごくイイな。
ストーリーはなんか物足りない。
投稿者:uptail投稿日:2010-01-26 22:53:20
レオン
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-01 19:12:13
全体的にハッピーな雰囲気なんで、気軽に楽しんでたら最後にホロっとさせられる。
この予定調和なストーリーが心地よくって好きかも♪
投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-03 23:36:55
初めて観たスポーツコメディがこの作品。
「ボブスレー」というスポーツがあるのを知ったのもこの作品がキッカケ。

当時は暑い国の人が寒さと格闘する姿を愉快に観たモノですが、大人になってから観てみると意外と淡白なので驚いた。
もっと寒暖の差で笑いをとっても良かったんじゃないかな〜
・・・とは言え、選手4人のキャラクターもイイ感じだし、ジャマイカ人らしい陽気なノリに魅せられました。

良い意味でディズニーらしさが出ている作品なので大人から子供まで楽しめる作品になっていると思います。

実話でこれだけテンポよく面白いコメディを作れるって言うのはスゴイことですね。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-08-11 07:57:47
昔観た時コーチの人が好きだったのにお亡くなりになられてたのですか・・・ご冥福をお祈りいたします。
投稿者:たのきゅう投稿日:2006-09-25 14:39:02
いい意味で肩の力が抜けた楽しい作品だった。カルガリーのオリンピックパークに彼らの乗ったボブスレーが置いてあったけれど1995年の事ですから現在はどうなっているのやら?
投稿者:wicked投稿日:2006-01-16 09:26:38
何回見ても、早送りで見ても、やっぱり最後は感動する映画。

ありえないほど前向きな主人公や、やや予定調和気味のエンディングや友情etc、ありがちで下手すると白けそうな要素ばかりなのに、それを全く感じさせずに上手にブレンドさせているのは、なんといっても「ジャマイカ」!

スポ根といえば血に汗にじむすさまじいまでのストイックな努力が相場の日本では、絶対に考えられないオリンピック物語だけど、なぜか感動するんですよねぇ。怒られてもあくまで明るく前向き!こういうの楽しいなぁ。

最初に見たのは上映当時でえらく感動したけど、今初見でもきっと良い映画だと思います。
投稿者:IM投稿日:2005-12-18 23:07:48
今DVD見終わりました。
さすがディズニー映画って感じです。
お約束の展開にお約束のラスト。
いい意味で『王道』ですね。
観る人を選ばないなかなかどうしていい作品だと思います。
ディズニーの映画って良くも悪くも後に残らないです。
今のこの後味の良さが後に残ればいいんですがね。
投稿者:エイエムちゃん投稿日:2005-02-18 00:08:05
【ネタバレ注意】

僕は普段スポーツはほとんどしないけど、スポーツ映画は好きで良く観る。その中でも、これは最高の部類に入るかな。単なる実話を基にしたコメディぐらいのつもりで観ていたら(基本的にはそうなんだけど)、最後不覚にもこみ上げるものが、、、。jrの父がコートの前を開けて、黄色のTシャツを見せるのもいいですね。ジョンのコーチ役もとっても良かった。

投稿者:やんこら投稿日:2005-02-06 10:28:30
【ネタバレ注意】

「デリース、死んだ?」「いや、生きてる」あたりから涙が止まらない。スポコンものにされるのかもしれないけど爽やかに泣ける点でほかのものとは一線を画している。
あと観る度にジョン・キャンディが亡くなったのを残念に思う。

投稿者:D.投稿日:2005-02-02 22:38:55
タイトルの「クール・ランニング」とは「良い旅を」という意味らしいです。実話が基になっていますが、あくまで「基」です。スポコンものというよりコメディータッチが強いです。全体を通してジャマイカサウンドに乗った、ほのぼのとした雰囲気でラストにはささやかな感動があります。本作品がJ・キャンディーの遺作となってしまいました。合掌。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:さち投稿日:2004-08-11 09:40:20
良かった
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-09-02 19:08:36
最初は興味津々でも最後はその頑張りとチャレンジ精神に拍手を送る。
これ実際のオリンピックの時もそんな感じだったし
この映画の感想も大体そうなると思う。
これアメリカ制作のジャマイカなのでそーゆーふーになると思うのだが
ここに写っていたジャマイカの風景やジャマイカ人が
本物のジャマイカ人がどう観たか知りたい。
よくある、アメリカ制作の日本と変わらないのかも。。。
投稿者:ゆき投稿日:2002-09-02 13:44:32
 もうテレビのCMでは、冬用のものが流れてます。そういうのを見ると、冬を題材にした映画の中では、印象が強いのがこの作品です。最初はレンタルで何気なく借りて見て感動をし、気がつけば中古のビデオを買っていた。ストーリーが分かっているけど時たま泣きたくって見てしまう映画です。そうしてやっぱりラストシーンで号泣している。いい映画です。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-30 23:39:08
【ネタバレ注意】

この映画大好きです。へっぽこ集団の奮闘記というスポ根映画の王道パターン。
先の読める展開かもしれませんが、友情、挫折、努力、和解といった要素が適度
にちりばめられていて、最後まで飽きさせません。ラストも結構感動出来るし。
ボブスレー版「がんばれ!ベアーズ」といった趣かな?結構笑える場面もあるし。
サントラもあわせて必聴。レゲエ満載で名曲揃い、愛聴盤です。

投稿者:ゆうじ投稿日:2002-01-30 22:53:44
まあ一言で言えば明るく楽しい映画。ジャンル的には「スポ根」映画なのだろうが、暗さを微塵も感じさせない。何より、主人公たちが南国的というかラテン的というか、とにかくお気楽で、あまり悲痛さや深刻さを感じさせないところがいい。

ストーリー的には、南国の人間が見ず知らずの競技に悪戦苦闘する様や、オリンピック開催地の気候に戸惑う様をコミカルに描いている。盛り込まれている各種のエピソードもストーリーの流れを邪魔していなし、作品の雰囲気を壊すこともない。バックで流れるレゲエのリズムも心地よい。明るさ一辺倒で、ディズニー映画特有の毒の無いストーリーはやや変化に乏しいが、単純明解、明るく楽しくといった態度に徹しており、メッセージの押し付けもないので不快感が残らない。設定や人物描写など細かいことを言わなければ、十二分に楽しめる作品である。

本作が遺作となったジョン・キャンディは、やや引いた感じの演技で意外に目立たない。代わりに、レゲエボーイズを演じる無名俳優たちの明るさと軽さが印象的。ジャマイカのノリ(?)のよさを、自然に演じてみせた(実は、演技じゃなかったりして…)。
投稿者:shou投稿日:2001-06-21 00:47:08
勝ち負けに拘らず
最後まで、自分たちでやり遂げるってところがカッコよかった
最初からコメディのノリだから最後までそうなのかと思ったら違った
これは、ほんとにいいスポコン映画だ
無いように見えて、実はメッセージが多い映画と思う
投稿者:瀬梨恵投稿日:2001-06-17 01:04:41
残念です!ジョン・キャンディさんがこの映画の公開後に亡くなっていたなんて全然知りませんでした・・・。わずか44歳という若さで!まだまだ人生これから!という年齢ですよ、44歳は。なのに・・・(;o;)「ホーム・アローン」でも「ポルカポルカ♪」って歌っていた陽気ないい人役で頑張ってたし。今でも生きてると思ってたのになぁ・・・。『クール・―』はホント泣けましたね。いい涙を流させてもらった・・・。仲間にも、競技会委員にも“ここぞ”という、「きちんと言えるって凄い」と思う大事な言葉をかけて好演していました。二枚目ではなくても、いいスパイスとして味付けされる、価値ある存在だと思いました。もっと活躍して「おっ!出てきたね」と言わせてほしかった。本当に残念です。でも、この映画にめぐり会えて本当によかった!一生に一度は観ておいても損はさせない作品です!人も映画も私にとっては『一期一会』でした。いろんなことを考えさせられましたね。ジャマイカという、日本にはあまり馴染みないかもしれない国を知る機会にもなったし、人種差別的な描写を思わせるシーンを見て、改めて『平等』にも似たものを教えられたし、夢をあきらめずに自分たちにもできるという自信『プライド』を持て!とメッセージがガンガン But ジワーッと伝わってきたし・・・。本当に素敵な作品だと思います。こういう作品、もっと増えたらいいのに! そう熱望しているのは私だけでしょうか?皆さんは、何を感じましたか?
【レンタル】
 【DVD】クール・ランニングレンタル有り
 【VIDEO】クール・ランニングレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 クール・ランニング
新品:¥ 1,836
6中古品¥ 706より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION