allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クジョー(1983)

CUJO

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹富士)
初公開年月1984/04/
ジャンルホラー

【解説】
 自動車修理に立ち寄った親子が狂犬病にかかった一匹の犬に襲われる恐怖映画。スティーヴン・キング原作『クージョ』の映画化。炎天下の車中に閉じ込められたまま出るに出られない親子の焦燥などは小説の題材としては面白いが、一本の映画となるとかなり苦しい展開で、監督の力量がもろに問われた形になった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11 1.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-05-17 02:27:15
ニコルソンより怖い犬。「月曜ロードショー」で放送された日は一部分しか観れなかった。
投稿者:sachi823投稿日:2015-09-27 19:01:07
狂犬病は発病すれば100%死亡する最悪の伝染病で
そのあたりを意識するとさらに怖くなります。
犬1匹を題材にして1本の映画に仕立て上げたのは
感心しました。原作が優れているのでしょう。
投稿者:mirei投稿日:2007-02-02 19:11:44
原作モノによくあるパターンのひとつに、ストーリーの上っ面とインパクトのあるシーンのみを並べて終わってしまうというヤツがありますが、本作もその典型的作品です。
原作は文庫本にして約470ページになる長編で、各登場人物はおろか、狂犬病のワン公にまで心理描写を施す念の入れようなもんだから、ヒシヒシと足元に忍び寄ってくるような臨場感がありました。
なのに本作、モノの見事にスッカスカ。
唯一の見所は、主役クジョーの名演技だけというスカシッぷりです。
とは言っても、クジョーが初めて人を襲うシーンでは、明らかにシッポふってじゃれ付いてるのを編集で誤魔化そうってのが見え見えですが・・・
まぁ、S・キング原作モノではお決まりのセリフですが、
「原作読みましょう」ってことで、どうかヨロシク。
投稿者:マジャール投稿日:2007-01-13 00:59:29
ムダ無く手堅くまとめた、なかなかの好編。日常に起こりうる恐怖を丁寧に描いて、良く出来たTVムーヴィーってな感じで楽しめます。
でっかいワンちゃんが、どこか哀愁を漂わせた<異常殺人者>役を大熱演!コワかったです。
内容としても原作にかなり忠実で、ヘンなオリジナリティを狙わなかったところが、逆によかったかも。飼い犬の異変に気付いたガレージ屋の少年が、出かける前に父親に言おうとするのを、お母さんが止める辺りもワカル、ワカル・・・。
ラスト、原作では子供は死んじゃうんだけど、さすがに映画ではそこまではやらなくて、これはマアしょうがないですね。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-06-14 22:09:00
面白くなくはなかったが、何か物足りなかった。
ワンちゃんがどんどんと汚らしく変身させられて何だか気の毒な気がした。
しかし、やたらとしつこいワンちゃんだった。
あと、旦那がやってくるのが遅すぎ。さんざん奥さんが戦ったあとだもん。早く助けてやってよ〜って思いました。
投稿者:Virginia投稿日:2004-10-09 08:36:35
「狂犬病の犬」をメインに据えてくる勇気ある斬新さは見逃せません。
本当に狂ったようなクジョーのメイク(?)も、中々真に迫っていて良いです。
「キング映画の子役は可愛い」という期待も裏切られません。

音声では「クージョ」とも「クジョー」とも聞こえるので、邦題つけた人は悩んだでしょうね。
小説版(「クージョ」)と読み方違うのはどうかと思いますが…。
投稿者:プリズム5投稿日:2004-07-31 22:00:01
【ネタバレ注意】

個人的にはS・キング物のホラーの中でも好きな方です。血塗れになりながら車体に体当たりしてくるクジョーは怖い。でも最後に殺されて何か可哀想でした。同監督の「キャッツアイ」も面白い。

投稿者:ぶんた投稿日:2002-08-28 17:41:49
【ネタバレ注意】

見どころは、車中に閉じこめられた母子、
特に少年が衰弱し痙攣を起こす場面。
極限状況の描写は鬼気迫るものがある。
少年を気遣う母親と、ウィンドウ越しに
荒れ狂うクジョーの恐るべき形相のワンカットは
得も言われぬムードを放つ。

ただ、もう一捻りあるとワンランク上の作品に仕上がった筈。
惜しい。

投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-03-02 06:58:15
嫌いじゃ無い。
投稿者:ASH投稿日:2002-03-01 22:26:59
原作にあった犬の心理描写(?)はバッサリとカット。映画だから仕方ない。
狂犬病の犬に、炎天下の車中に缶詰にされる母子2人の恐怖。この設定は怖い。
2人の恐怖演技は観るのが辛い。かなり神経に障る。鑑賞後はこちらもグッタリ。
じゃあ、傑作かというとそうでもない。作った人に苦情をいいたくなる映画。
【レンタル】
 【DVD】クジョーレンタル有り
 【VIDEO】クジョーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION