allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

グッドモーニング・バビロン!(1987)

GOOD MORNING BABILONIA
GOOD MORNING BABYLON

メディア映画
上映時間118分
製作国イタリア/フランス/アメリカ
公開情報劇場公開(フランス映画社)
初公開年月1987/10/09
ジャンルドラマ/ロマンス
グッドモーニング・バビロン!   Blu-ray (2枚組)
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 7,980
USED価格:¥ 6,781
amazon.co.jpへ

 Photos
グッドモーニング・バビロン!

【解説】
 映画の父D・W・グリフィスの超大作「イントレランス」のセット建設に参加した、あるイタリア人兄弟の物語。借金の為に家業をたたんだボナンニ家の息子ニコラとアンドレアは、2人でアメリカへと渡る。ちょうどその頃「イントレランス」の製作に取りかかったばかりのグリフィス監督は、セット建設にイタリア館を建てた棟梁を指名した。彼らは棟梁だと偽り、自分たちが作った象のセットを監督に見せるのだが……。映画は映画草創期のハリウッドを舞台に、そこで活動する様々な人々や風景、そしてその後勃発する第1次世界大戦を通して、2人の兄弟の愛情や絆を描いてゆく。「イントレランス」の撮影風景を背景に描かれるシーンなどは映画ファンにはたまらない場面であるが、本作はそうしたノスタルジー的要素もさることながら、それに終始せず、時代の流れの中で主人公2人の兄弟愛を実に深みのある温かさで描いた、人間ドラマの力作である。
<allcinema>
評価
【関連作品】
イントレランス(1916)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
864 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-02-04 22:16:27
 グリフィスの「イントレランス」が背景にあり映画ファンとしては、気になる作品。

 スタジオの風景など多少は入っていて参考にはなる。
 スタジオを走る路面電車など興味深い。
 だがあくまでもボナンニ家の兄弟の話で、楽しめるのは楽しめるが感動するというほどではなかった。

 日本では評価が高いようだがヨーロッパでは賞を取っているでもなく、どうも不思議な感じがする。
 日本は殆どの場合公正な評価をする珍しい国だと思っているが、この作品については納得がいかない。
 ラストの戦争のシーンでも引いた画面が多く、最後のの感動場面なのに大したセットもなく力点がないように見えるのも減点。

 鳥小屋近くの川辺でアンドレア(ヨアキム・デ・アルメイダ )がシンバルで演奏しているのはロッシーニの”どろぼうかささぎ”。
投稿者:yama-chan投稿日:2003-06-03 02:36:01
TVのスポットで流れたスタジオに光を入れるシーンにふるえて、公開時に劇場で観てしまいました。
映像の美しさは、もちろんのこと、イタリアの歴史を背景に様々な年代を重層的に重ね合わせて語る手法が当時はとても新鮮に観ることができました。
伝説の狼に育てられた兄弟によって生まれたローマが、兄弟の仲違いによって東西に分裂し滅んでいった歴史。無名の人々によって受け継がれていく職人の伝統。
経済的困窮から新世界アメリカを目指し、ハリウッドに辿り着いたイタリア移民の兄弟...。
自ずと現代に生き、映画製作をすすめている兄弟監督の姿を重ねて観てしまいます。

劇中、不寛容がもたらす人類の悲劇を描いて映画史に残る傑作「イントレランス(不寛容)」が、登場する兄弟の悲劇的な運命を導き出すことになろうとは、
すごい構成力です。

最後の戦場で再会した兄弟がお互いを撮影しあうシーンが今でも頭の中から消えません。
自分がもし作り手なら、どこかで残ってると信じたいし、いつか誰かに届くと信じたいですよね、やっぱり...
だから何かの偶然でこの文章を読んでしまったアナタ!そうそこの、ア・ナ・タ♪
もう運が悪かったとあきらめて、ゼッタイ一度この作品を見るべきです!!
(イタリア映画にありがちなエロシーン...エロといってもキレイな、
でも情熱的なエロシーンもばっちりありますので、ムズカシイ映画は苦手〜な
お父さんでも楽しめる懐の深さもあるのですよ)

そんなこんなで、さらに運悪くダヴィアーニ兄弟に興味もったアナタ!
ぜひ「カオス・シチリア物語」も観てみましょう!!

PS 
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2001-08-23 19:14:34
87スクリーン誌 1位
87映画芸術誌 1位
87日本ペンクラブ ベストワン
第12回報知映画賞 最優秀 
など・・・・
その筋の人は、こういう映画がいいんですかねー
映画への愛をこめて?
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-14 09:23:51
 どうも臭さが鼻について仕方がなかった。このD・W・グリフィスは恰好良す
ぎて人間的じゃない。恋愛の過程もちゃんと描いて欲しかった。全体的に甘い。
 まあ、それでもとても面白い映画だとは思う。グリフィスや『イントレランス』
を知らなくても面白がれるのか疑問だが、或いはそんなこと知らない方が面白い
のかも知れません。象のスペクタクルにみんな参っちゃうでしょう。
【ソフト】
【レンタル】
 【VIDEO】グッドモーニング・バビロン!レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION