allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

グランド・キャニオンの対決(1959)

EDGE OF ETERNITY

メディア映画
上映時間80分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1959/12/25
ジャンル西部劇

【解説】
 グランド・キャニオンの鉱山で殺人事件が発生した。警官のレスは事件の謎を追って、酒場の店主に迫るが……。クライマックスのサスペンス演出が光る、D・シーゲル監督のミステリ・スリラー。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:キョージ投稿日:2014-12-21 15:05:22
小生は、“コア”な映画好きでは無いので、映画の内容を知りたい方には
的外れなコメントです。ごめんなさい…。

でも、\'50年代のルート66を疑似体験したい方は、この映画を観て!

さて、この映画がグランドキャニオンでロケしたのかは、判りませんが
冒頭のスピード違反を追いかけるシーンは、旧ルート66のアリゾナ州
オートマンからキングマンに抜ける“sitgreaves pass”って峠道を、
オートマン側に下るルートです。
この峠道は、旧ルート66最大の難所でタイトなコーナーが続く峠道です。
現在も下る途中に、廃鉱?と思わせる炭鉱も在ります。

そもそも、オートマンは炭鉱で栄えた街で、廃鉱になって一時は
ゴーストタウンになりかけましたが、現在はプチ観光地になって、
炭鉱で働いていたロバが繁殖して、野良ロバもたくさん居ます。

保安官事務所が在るのは、峠の反対側のキングマンです。
映画では、キングマンの新聞が出てきますね。
映画に出てきた、街中の“JCペニー”はもう無いけどね…。

キングマンの街の西側のフリーウエイ、I-40はまだ無いので
スッキリした風景です。

さてさて、映画好きの方には的外れなコメントでしたが、
ルート66好きの方は、この映画を観てルート66のオートマンからキングマンを
ぜひ“キック”してみて下さい!
LAからクルマで、1日あれば廻れますよ!!
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2014-11-24 15:33:29
アリゾナの荒野を舞台にしたB級ミステリーアクション。
クレジットに大々的に謳われている通り、本作はグランドキャニオンの景観をカラーのシネスコで楽しんでもらおうという観光映画的な側面がある。だから、空撮によるパノラマショットが随所に出てくるわけだが、ストーリーの方は実にアバウトでどうでもいい代物であり、ガフィのキャメラこそ冴えるがキャストは二流で、これではシーゲル監督も演出のしようがなかろう。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-07-13 16:15:46
安全装置は何もナイのか!?と言いたくなるほど無防備な箱の上での死闘は緊迫感アリアリ。
ただでさえ揺れるのにヘリコプターが無意味に近づくという大きなお世話つきだ。

犯人目線で展開されたオープニングのとっかかりは良かったが、その後犯人にたどり着くまでの過程に工夫がない。
さらに乾燥した砂埃の舞う田舎には似合わないエレガントなコーネル・ワイルドなどストーリーとキャストに関しては失敗ともとれる作品です。

クラシカルムービーに対してB級という言葉を使いたくないが、(ラストのアクション以外)全体的にチープさを感じてしまいました。
投稿者:irony投稿日:2008-07-09 12:31:50
 いやぁ、あんな剥き出しのケーブルで静止した時の揺れが半端なくて恐ろしい  
投稿者:bond投稿日:2008-07-08 09:47:36
な出来栄えで、ある意味教科書的な映画、ラストのケーブルでの格闘はハラハラした。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION