allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クリスマス・ツリー(1968)

L' ARBRE DE NOEL
THE CHRISTMAS TREE [米]

メディア映画
上映時間110分
製作国フランス
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1969/12/13
リバイバル→-73.11
ジャンルファミリー/ドラマ
世界中が この清らかな瞳に 泣いた! この美しい愛に 感動した!★
クリスマス・ツリー [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,853
amazon.co.jpへ

【解説】
 保養地の小島で水爆実験に巻き込まれ、放射能を浴びてしまった少年。白血病に犯され急激に弱っていく少年の“クリスマスまでは生きたい”という願いを聞いた父親は、必死の努力を始めるのだが……。職人T・ヤングが手堅く仕上げた作品。ラスト、少年に寄り添う二匹のオオカミが印象的。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
322 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2015-05-24 01:45:50
ひところ娯楽作品を数多く手がけたテレンス・ヤング監督作品。
職人監督というとまずこの監督の名前が頭に浮かびます。
後にイタリア映画でつくられた少年の死病映画はあざとく
あまり感心しませんでしたが、本作品は文学的な香りがします。
ホールデンの父親ぶりがとても良く、オオカミの扱いなども
効果的でした。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-03-25 21:37:53
2012年5月にこの映画がDVD化されます。あれ、まだされていなかったの、っていう気がすると同時によくされたなという矛盾した気持ちもあります。

典型的な難病ものですが、ウィリアム・ホールデンが当時『ワイルド・バンチ』の出演などまた売り出してきた時代だったので、そういった面もこの映画の成功につながったのかなという気もします。しかし監督がテレンス・ヤングというのも意外。彼ってなかなかの職人監督だったんだなと思います。

そういえばパトリシア・ゴッジ主演の『かもめの城』(この映画も昨年ようやくDVD化、というよりソフト化されました)の監督がジョン・ギラーミンだったりと、案外「おや」という監督が意外な映画を担当しているということはありますね。http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:Ikeda投稿日:2011-11-21 11:06:16
死を宣告される映画として、古くは「愛の勝利」(1939)とか「命ある限り」(1949)があり、その後も色々作られていますが、この映画は子供が対象になっている点が特異です。それも原因が原爆による白血病だというのが、如何にもフランス映画らしいです。この映画にも出てくるように、スペインでのパロマレースでの水爆を積んだ米軍機墜落事故が影響して2年後に作ったのだろうと思いますが、フランスでは日本以上に原爆に対する警戒が強くて、それが映画によく出て来ます。2度の原爆投下を受け、ビキニ環礁の事故を経験し、さらに最近の東日本大震災で被害を受けた日本としても考えさせられる問題です。
ストーリーとしては白血病に罹った10才のパスカル(ブルック・フラー)が父ローラン(ウィリアム・ホールデン)が僅かに残った余命の間だけでも幸せにしてやろうとするだけですが、流石にホールデンらしい名演で感動的なものになっています。それに付きそうおじさんベルダンを演じるブールビルも好演で、特に狼が出て来てからは、本題を離れても楽しいお伽噺になっています。
投稿者:4531731投稿日:2002-11-30 19:27:02
 なんか日常ではありえない幻想が徹頭徹尾スパークしてるんだが、ラストはなぜかしんみりする。ファンタジーにドップリつかっといていきなり現実をつきつける、って感じが効を奏したのか、印象的だった。今までさんざんありえねえとつっこんでたにも関わらず(笑)。
 実際、ホールデンの親バカぶりは目をみはるし、狼が関わるくだりもムツゴロウさんに言わせれば言語道断なんじゃないかと思うが。エド・ウッド系ファンタジー(?)。ヘタなりの暖かさがある。
投稿者:kimuchi投稿日:2001-06-24 05:12:40
一時期年末になると水曜ロードショーで毎年やってましたね。70年代に一大ブームになる(日本で)難病物のパイオニアのような作品です。バカにしながら見てましたが、やはりラスト、ホールデンが家に帰ったら少年がクリスマスツリーの後ろで静かに息をひきとってる場面、そして「禁じられた遊び」涙なくしては見れません。
「この映画の作者は核兵器が人間にあたえる脅威そして戦争の愚かさをこの映画でつたえたかったのでしょうね」
と、毎年水野が同じ事を言ってましたね。たいした映画じゃないが。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】クリスマス・ツリー2017/12/08\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】クリスマス・ツリー2017/12/08\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】クリスマス・ツリー2012/05/11\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】クリスマス・ツリーレンタル有り
 【VIDEO】クリスマス・ツリーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION