allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クレオパトラ(1963)

CLEOPATRA

メディア映画
上映時間244分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1963/11/26
リバイバル→FOX-77.2
ジャンル歴史劇
世界映画史を永遠に飾る大スペクタクル・ロマン!(リバイバル)

黄金の輝きと共に甦る世紀の大スペクタクル・ロマン!(リバイバル時)

【解説】
 公開当時、巨額の製作費を投じた事で有名な、エリザベス・テイラー主演によるスペクタクル大作。紀元前48年、内乱の続くエジプトに侵略したローマ帝国の闘将シーザーは、そこでエジプトの女王クレオパトラの姿を見て一目で彼女の虜になってしまう……。歴史スペクタクル大作だけあって、その圧倒的な重厚感と豪華絢爛なセットには思わず驚嘆させられる。世界的に映画界が絶頂期にあった頃の代表的な作品。だが、面白いとは言い難い。そして本作で20世紀フォックス社は経営危機に陥っていくのだった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
743 6.14
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-06-08 17:34:12
【ネタバレ注意】

製作費にとてつもない費用(4,400万ドル…一説には現在の貨幣価値で300億円超とか)がかかり、20世紀フォックスを経営危機に追い込んだとされるスペクタクル超大作。
さすがに4時間を超えると集中力を欠いてしまうけれども、CGがなかった時代にあれだけの装置を作り上げたのは驚異というしかない。エキストラも20万人を超えたとか。金と時間をかけただけあって、芝居よりもその背景の装飾や彫像、建物に目を奪われてしまった。
エジプトを統治するエリザベス・テイラー演じるクレオパトラがカエサル(レックス・ハリソン)、そしてアントニウス(リチャード・バートン)といった稀代の英雄と愛し合った経緯を史実に基づいて描いている。少々生真面目に作り過ぎた印象もあるが、さまざまなエピソードも忠実に挿入しているのでそれなりに面白い。
個人的にはエリザベス・テイラーにさほど魅力を感じないので、今ひとつ入り込めないままだったのだが…。
それにしてもリズがリチャード・バートンとデキちゃったとか、リズがジフテリアで気管切開したために後半は喉に傷痕が見てとれるとか、エピソードの方がすっかり有名になってしまったこの作品。ちゃんと一作品として評価されないのは、大作ゆえの悲運か。実際には興行時大ヒットだったらしいけど(それでも製作費が賄えなかった)。

壁画から実際の風景にゆっくり変わる(あるいは逆)シーンなどはなかなか。ただ長時間の歴史絵巻であるがゆえに、見せどころが散漫になってしまったのは惜しまれる。
「ブルータス、お前もか!」のカエサル暗殺や、アントニウスがローマ軍に独り突っ込むシーンなど決して悪くない。ラストの蛇に噛ませてクレオパトラが自死する場面も。およそエジプト人とは思えぬ風采の登場人物も少なくないが、そこはハリウッド作品なので目をつぶるとして。

巨大な船が行き交うアクティウムの海戦(B.C.31)のシーンは迫力もある。この戦いでアントニウスが死んだと思い込んだクレオパトラが戦線から離脱したために、それをアントニウスが追いかけ、結果アントニウス軍は総崩れしたわけだが、戦闘に私情をまじえるとろくなことになりませんね。
とにかく大迫力のスクリーンだけでも、これは評価していい、と思える超大作だ。

投稿者:sachi823投稿日:2015-10-12 09:17:39
20世紀フォックスが巨費を投じ数々の撮影トラブルを経て
出来上がったのは張りぼてのような
空前の駄作なる評価をよく耳にしますが、
今見るとクレオパトラのローマ入場場面などは
凝りに凝っていて見応えがあります。
退屈に感じるのは、上映時間が長すぎるのと
歴史劇で見せ場になる動的な場面が少ないせいでしょう。
投稿者:カール犬投稿日:2014-01-05 16:27:43
って倒れかかったのは20世紀フォックスですが。

この映画のエリザベス・テイラーは
ゴージャスでデラックスでまるで高燃費のアメ車のよう。
(映画会社側にしたらガソリンがんがん喰う割に動きません)

もう少し若い頃に撮っとけばなぁ、、とか
もう若干太りかかってるよなぁ、、とか
コレだけ大金かけた映画観てつまらないとかすごいよなぁ、、とか

そんなことこの際どうでもいいんです。

瑣末なことではありませんか。

クレオパトラのローマ入場シーン。
この今世紀最大の豪華でバカげたショーが観られた。
ということだけで許しましょう。

投稿者:uptail投稿日:2011-04-25 11:03:17
レックス・ハリソン
投稿者:gapper投稿日:2010-08-04 23:59:34
 興行収益(インフレ調整版)ランキング第37位(2012/06/16)
 20世紀FOXが巨費を投じただけあって、衣装やセットはなかなかのものです。
 しかし、4時間は長すぎるのではないか。

 この時、エリザベス・テイラーとリチャード・バートンの恋愛中でありいちゃつくため気分が乗らないと撮影を拒否した日が多くあったという話もある。
 そういったことが原因で、制作費が大きく膨らみ会社を傾かせるほどになったと言われている。
 どれだけの影響力のあるテイラーは、ある意味すごい。

 史実をなぞっているようだが、それだけで面白みが無いようだ。
 有名で、4つのアカデミー賞を取っているが、撮影やカラー、衣装であり内容ではない。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-04-24 07:18:30
このシーン、今なら画面の約9割がCGで表現できるが、今となっては「イントレランス」のバビロン宮殿や「戦争と平和」の戦闘シーンと並ぶ、貴重なアナログ・スペクタクル映像です。

追記 08-5-20
今日初めて通して観たけど、こういったやり方は舞台向き。
投稿者:cario投稿日:2004-09-28 12:44:07
は大変興味深い。本来は3時間ずつ2本で公開する監督の意図が2時間もカットされ不意になったこと。監督は大変聡明で、台詞に機知がちりばめられていたのに、その心意気が4時間版では出てこないこと。エキストラに出たエジプトの貧農の生涯年収は100$だったこと。同じ場面を1年後に撮ったこともあるので、体重が増えたり、色が黒くなったりする不自然こともあること。
等々。6時間完全版はリリースされるのだろうか?
投稿者:篭瀬山投稿日:2003-10-13 00:25:40
恋愛ドラマもこれだけのスケールでやってくれりゃ降参です。ちまたの好いた惚れたはけだものごっこに見えてきます。エジプトの王女という宿命を背負いながら、一人の女として恋に身悶えるクレオパトラ=リズの美しさ。恋に溺れ堕ちてゆく英雄の惨めさを、惨めに演じるリチャード・バートン。私事で恐縮ですが、リズ・テイラー崇拝者なので2点献上。8
投稿者:アリョーシャ投稿日:2003-02-19 00:59:35
まさにE・テイラーの最高のはまり役。C・コルベールよりも、V・リーよりも適役で、クレオパトラを演じるのに最も相応しい女優だと思う。しかし、作品としては全然面白くない。金をかけりゃいいってもんじゃぁないよね。
投稿者:こさむ投稿日:2002-10-16 09:54:12
評判はあまり芳しくないようですが、私ゃ好きだな〜こういうの(笑)
20世紀FOXが社運を賭け過ぎて傾きかけただけあって、豪華絢爛なセッ
ト観てるだけで視覚的に十分楽しませてくれます。
特にクレオパトラがスフィンクスに乗って登場するパレードのシーンは荘厳
の一言。これぞハリウッド!てな感じで嬉しくなるじゃありませんか。

クレオパトラにエリザベス・テイラーは、もう彼女以外考えられないでしょ
う、ってくらいハマリ役。
ただ、シーザーに地がニヤケ顔のレックス・ハリソンってのがどうも。
投稿者:sonic投稿日:2002-02-06 02:27:58
凄い。スケールの大きさは尋常ではない。ストーリー的には、たいした事がなく、はっきり言えばつまらない。でもセットや衣装、エキストラの数の壮大にして豪華絢爛さは一見の価値あり。こんだけ金かければ20世紀フォックスも傾くよ、納得。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞レックス・ハリソン 
 ■ 撮影賞(カラー)レオン・シャムロイ 
 □ 作曲賞アレックス・ノース 
 ■ 美術監督・装置賞(カラー)Hilyard Brown美術
  Herman Blumenthal美術
  Elven Webb美術
  Maurice Pelling美術
  Boris Juraga美術
  Ray Moyer装置
  Walter M.Scott装置
  Paul S.Fox装置
  John De Cuir美術
  Jack Matrin美術
 ■ 衣装デザイン賞(カラー)Renie 
  Vittorio Nino Novarese 
  Irene Sharaff 
 ■ 特殊効果賞Emil Kosa,Jr. 
 □ 音響賞Walden O. Corcoran 20th Century-Fox Studio Sound Department
 □ 編集賞Dorothy Spencer 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION