allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

黒いジャガー(1971)

SHAFT

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1972/04/01
ジャンルアクション
女には--唇を奪ってから名前を聞く 男には--殺してから身許を確かめる 夜の大ニューヨーク・強烈なロックのリズム 非情の手段で暗黒街に挑戦した男… 男は〈黒いジャガー〉と呼ばれた!
黒いジャガー [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 952
USED価格:¥ 457
amazon.co.jpへ

【解説】
 犯罪渦巻くニューヨークを舞台に、腕利き私立探偵ジョン・シャフトの活躍を描いたアクション映画で、60年代末から70年代初頭にかけてのブラック・パワー・ムービーの中でも最もメジャーな位置にある。ハーレムのボスから、誘拐された娘の救助を頼まれたシャフトが、黒人解放グループの過激派や顔馴染みの警部補らの協力を受けて、ハーレム乗っ取りを企むマフィアと対決する。カメラマンとして著名だったG・パークスは動的なアクション・シーンよりも、さりげない日常描写にいいものがあり、アイザック・ヘイズの主題歌(これがカッコいいんだ)と共に、ブラック・ハードボイルドとでも言うべき独特の雰囲気を持った作品に仕上げている。映画は大ヒットし「黒いジャガー/シャフト旋風」と「黒いジャガー/アフリカ作戦」の2本の続編が作られた他、90分枠のTVシリーズにもなった。
<allcinema>
評価
【関連作品】
黒いジャガー/シャフト旋風(1972)シリーズ第2作
黒いジャガー/アフリカ作戦(1973)シリーズ第3作
シャフト(2000)リメイク
黒いジャガー(1971)シリーズ第1作
黒いジャガー/賭場の扉をぶち破れ(1973)TVシリーズ
黒いジャガー/あかしは俺がたてる!(1973)TVシリーズ
黒いジャガー/誘拐犯をしめあげろ(1973)TVシリーズ
黒いジャガー/暗殺団のツラをはげ(1973)TVシリーズ
黒いジャガー/悪徳警官をあばけ(1974)TVシリーズ
黒いジャガー/宝石に手を出すな(1974)TVシリーズ
黒いジャガー/殺し屋は俺が葬る(1974)TVシリーズ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
543 8.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2013-11-04 12:40:55
 ブラック・パワー・ハードボイルド。
 予算113万ドル。

 黒人による探偵ものでタフネスとカッコよさが見どころ。
 主人公のシャフトは、勿論男性のあれを意味する。
 対白人であり、黒人の優位性を強調しながら終始話は進む。

 一方、ハーレムの世界の中で閉じていて、その実のところ対等ではない。
 早い話、黒人が台頭してきているがいまだ不平等なのがはっきりと反映されていると言う事だ。

 ハードボイルド物は、ギャングものが終焉した1941直後にフィルム・ノワールの先駆けとして登場したと言っていいだろう。
 ハンフリー・ボガートの「マルタの鷹 (1941)」がそれにあたる。
 そういった前提からするとフィルム・ノワールを継承していてよい気がするが、継承と言うよりは否定と言う感じだ。
 ローキーや暗雲たる雰囲気、ファムファタールと言ったフィルム・ノワールのキーワードは出てこない。

 結局、今見るとタフネスとリズム感(音楽)だけと言う感じで終わっている。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-04-04 15:27:41
題材は魅力的。派手に見せればいいという物でもないが、今観るとやや予定調和的だし、人間関係も解りにくい所があった。星一つ半。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-01-28 04:08:51
アイザック・ヘイズの歌が有名だけど
それほど印象深い映画ではないような…。
始まりはちょっと格好いいが…。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-04-30 22:50:08
って書いて、ん、アーシー(earth+y?)って何?とか思ってしまった。
まぁブルージーでノリの良いハモンドと後ノリのリズムってか、要するに黒いって事よ。
もう絶対ルーズで奔放でないといけません。そんなムービー。
マフィアとも、白人警官とも、対等に渡り合い、街の女性達、仲間達と共に己の自由に生きてゆく黒人探偵シャフトが超クール。妖しさ満点。
まぁ色々ピンチも招くが、最後はしてやったり、って展開が良いね。
リメイク、シャフトも良いのだが、オリジナルと違うのはこの、街の息吹きってか生々しい生活感の欠落だったりして。まぁ逆にスタイリッシュだったりする訳だが…
投稿者:ASH投稿日:2006-02-19 11:54:26
【ネタバレ注意】

 スタイリッシュというわけでもないが、この映画におけるジョン・シャフト(R・ラウンドトゥリー)の立ち振る舞いがいちいちカッコよくってシビれる。有名なアイザック・ヘイズによるテーマ曲にのって地下鉄の出口から駆け上がるシャフトを俯瞰で捉えた冒頭のシーンからしてイイのだ。

 当時の時代背景を知らないので憶測になるのだが、台頭し始めたブラック・パワーへ呼応した企画の映画なんだろう。シャフトのタフでクールなたたずまいは、この時代に生きたブラザーたちの理想として描かれている気がする。白人には媚びないが、かといって敵対しているわけでもない。シャフトに一目置く刑事のビク(C・チオッフィ)を彼はシッカリと利用している。黒人の恋人もいるが、白人女の誘いには断らずにセックス・マシーンぶりをアピール(シャワー室で黒い肌と白い肌が絡むシーンのなんとエロいことか!)。仲間のブラザーのためなら危険を顧みずに悪に挑む。

 JBの歌じゃないが、画面から「Say It Loud, I'm Black and I'm Proud」ということが伝わるのだ。黒人監督による映画だからそれは当然だ。

投稿者:オメガ投稿日:2005-07-19 10:42:23
なんか淡々と進むストーリーと、捻りの無い展開が眠い。でも、なんだ
ろうか。シャフトが喋る迷いの無い言葉がとにかく渋い!
人種差別を背景にしているが、前面に押し出さずに、あくまでも主役の
シャフト中心に動く点も素晴らしい。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-06-18 17:51:46
音楽がかっこいいです。
ストーリーはやや弱いかも。
そーゆートコを楽しむ映画じゃないのかも。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2004-03-07 20:48:59
 作品解説は専門家に任せるとして、作品としての面白さはそれほどない。
 当時はよかったのかもしれないが、古さを感じる。斬新さがない。
 それでも、主人公の個性が最後までトーンダウンしないのが救いだし、煮え切らない終わり方をしていないのも良い。
 時代は+10年だが、似てる作風でいえば「シャーキーズ・マシン」の方が断然オススメだと思う。
投稿者:eu投稿日:2004-02-22 21:16:55
オープニング、音楽、シャフトに10点ですね。ストーリーは今観るとイマイチかなー。ただ当時のニューヨークの雰囲気やファッションを知る上だと面白いかな。ブラックカルチャーが好きな人には薦められますね。
投稿者:Ki-Adi-Mundi投稿日:2002-09-05 15:20:40
史上始めて黒人のスタッフ・キャストが中心となって
つくられた映画だったらしい。
そんなわけで、白人への鬱憤爆発!な作品となっているのです。

シャフトかっこいい! 
おしゃれで(服装が頻繁にかわる)、タフで、クールで、優しくて、
賢くて、愛嬌があって、白人黒人に関わらず女にもてて、あらゆる方面に
顔がきいて・・・。つまりその当時の黒人の理想像だったんだろうね。
こういうことを主張したかったんだろう。だから人気があったわけだ。
ポワチエとはまた違う主張って感じだろうか。

作品としてもおもろかった。
え?!ってところもあったけど、楽しめたからいいかな・・。

当時彼らが抱いていたあらゆる感情を感じ取りましょう。

投稿者:zappy投稿日:2001-01-26 11:36:52
ちょいキビシかったかなぁ・・・
古い映画を今見てもって意味じゃなくて映画自体がちょっと見所に乏しい気がする。
シャフトがもっとべらぼうに強かったりクールだったらまた印象も違ってたけど
意外と普通の人っぽいし。焦ったりハメられたりしてる場面もヒーローものとしては
多すぎる気がする。
ただ1970年という時代に黒人が白人と同じように活躍して白人の女を抱くってことに
その当時の人(主に黒人)が歓喜したから大ヒットしたのかな?
どうにも映画の内容でヒットしたとは思いにくいんだけど・・・
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作曲賞アイザック・ヘイズ 
 ■ 歌曲賞アイザック・ヘイズ作詞・作曲『黒いジャガー(シャフトのテーマ)』 Theme from Shaft
■ 音楽賞アイザック・ヘイズ 
□ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)アイザック・ヘイズ 
■ 功労賞リチャード・ラウンドトゥリー 同シリーズ「黒いジャガー/シャフト旋風」「黒いジャガー/アフリカ作戦」に対しても
■ 新規登録作品 
【ソフト】
【レンタル】
 【Blu-ray】黒いジャガーレンタル有り
 【DVD】黒いジャガーレンタル有り
 【VIDEO】黒いジャガーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION