allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

悪魔の棲む家(1979)

THE AMITYVILLE HORROR

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1980/03/29
ジャンルホラー
悪魔の棲む家 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,982
amazon.co.jpへ

【解説】
 '74年ロングアイランドのアミティヴィルで実際に起きた超常現象を題材にしたベストセラー・ノンフィクションの映画化。悪霊に取り憑かれた家とも知らずに越してきた平凡な一家を襲う怪異な出来事を、セミ・ドキュメンタリー・タッチと随所に差し挟まれるダイナミックな演出で見せるが、全体的にはちょっと出来の良い再現ドラマでしかない。
<allcinema>
評価
【関連作品】
悪魔の棲む家(1979)シリーズ第1作
悪魔の棲む家PART2(1982)シリーズ第2作
悪魔の棲む家PART3(1983)シリーズ第3作
悪魔の棲む家・完結編(1989)シリーズ第4作
アミティヴィル1992(1992)シリーズ第6作
真・悪魔の棲む家(1993)シリーズ第5作
悪魔の棲む家・最終章/ザ・ポルターガイスト(1996)シリーズ第7作
悪魔の棲む家(2005)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
422 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2014-03-09 17:26:27
魔術師が建てた。先住民の牢屋。息子が家族を撃った。奥さん綺麗。
投稿者:aotearoa投稿日:2009-08-10 11:20:50
1500ドルですよ〜!!

2008年の作品の方が怖かったです。
でも、margot kidderがとてもキレイでした。

神父様がかわいそう。。

投稿者:きゃる投稿日:2007-10-20 00:22:09
「夜、爪を切っちゃいけない」「ミミズにおしっこかけると腫れる」
爺さん婆さんから聞かされる、子どもを怖がらせる逸話を寄せ集めて
真面目な(昨今の「コメディー要素」がまったくない)ホラーでした。
投稿者:bond投稿日:2006-01-18 12:44:35
緊張感低く、続く、結局何が何してどうなった?
投稿者:hira投稿日:2005-12-17 10:22:21
 リメイクが来年に日本でも公開されるので観てみました。
 アメリカでの大ヒットが嘘のような地味な作品です。一応、実話が元になってますので、そんな派手にできないんでしょうけど、もう少し盛り上がるシーンがあってもいいんじゃないでしょうか。ロッド・スタイガー演じる神父のキャラも良かっただけに、最後は悪魔と対決するぐらいすればよかったのですが。でもそれをやると『エクソシスト』になっちゃうから、よしたのかもしれません。超常現象が少ないという点では『たたり』を思い出しました。
 どんどん正気を失っていく主人公を演じたジェームズ・ブローリンは良かったかと。でもかなり顔がモジャモジャです。
投稿者:ASH投稿日:2002-06-15 19:46:54
【ネタバレ注意】

 ホラー映画やオカルト映画には雰囲気先行型の作品がままあるが、コレなんかまさにその典型。忌わしい過去のある家に引っ越してきた一家を超常現象が襲うという展開は定石通り。不気味な雰囲気作りにある程度成功はしているが、かといって心が凍るほど怖いというわけでもない。

 こういう映画の楽しみは、いかに様々な超常現象が一家を襲うかにある。そういうことからすれば、後の「ポルターガイスト」みたいな映画はSFX的な見せ場が満載で及第なのだが、70年代ではそうもいかない。そこをカバーするのが、正攻法の恐怖演出と不気味なスコアということなんだろう。特にラロ・シフリンのスコアはこの手の映画のお手本的な旋律で、素晴らしい効果を上げている(オスカー候補も納得)。でも、ハエが窓にビッシリなんて確かに気持ち悪いが、意味があったのかは疑問。

 で、この映画は、夜中にひとりで観てもな〜んも怖くない作品なのだが、全体的にオーソドックスな作りはそれはそれで好感が持てる。一家が逃げ出すクライマックスは、壁や階段からおびただしい血が滴るというこの映画での最大の見せ場なのだが、今見るとそんなに怖くないんだよな。ジョージ(J・ブローリン)が地下室の階段を突き破って落っこちるタールの池みたいなアレ、何だ?

 ところで、結婚パーティ費用のあのお金、どこいったん?

投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-07 14:59:39
これって実話らしいよ。本当かなー?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作曲賞ラロ・シフリン 
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION