allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

刑事コロンボ/意識の下の映像(1973)

COLUMBO: DOUBLE EXPOSURE

メディアTVM
上映時間73分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンルミステリー
刑事コロンボ傑作選 意識の下の映像/第三の終章 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,996
USED価格:¥ 1,074
amazon.co.jpへ

【解説】
 経営コンサルタントのケプル(R・カルプ)は、顧客の弱みを作っては脅迫を重ねていた。だが被害者の一人が、ケプルの悪行を公表すると宣言する。追い詰められたケプルは、サブリミナル効果を利用して被害者を操り、妻との痴情のもつれから殺されたように見せかける。コロンボはケプルの仕業であるとにらみ、彼自身に証拠品を出させるように罠を仕掛ける……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
刑事コロンボ/殺人処方箋(1967)シリーズ第1作
刑事コロンボ/死者の身代金(1971)シリーズ第2作
刑事コロンボ/構想の死角(1971)シリーズ第3作
刑事コロンボ/指輪の爪あと(1971)シリーズ第4作
刑事コロンボ/ホリスター将軍のコレクション(1971)シリーズ第5作
刑事コロンボ/二枚のドガの絵(1971)シリーズ第6作
刑事コロンボ/もう一つの鍵(1971)シリーズ第7作
刑事コロンボ/死の方程式(1971)シリーズ第8作
刑事コロンボ/パイルD-3の壁(1971)シリーズ第9作
刑事コロンボ/黒のエチュード(1972)シリーズ第10作
刑事コロンボ/悪の温室(1972)シリーズ第11作
刑事コロンボ/アリバイのダイヤル(1972)シリーズ第12作
刑事コロンボ/ロンドンの傘(1972)シリーズ第13作
刑事コロンボ/偶像のレクイエム(1972)シリーズ第14作
刑事コロンボ/溶ける糸(1972)シリーズ第15作
刑事コロンボ/断たれた音(1972)シリーズ第16作
刑事コロンボ/二つの顔(1972)シリーズ第17作
刑事コロンボ/毒のある花(1973)シリーズ第18作
刑事コロンボ/別れのワイン(1973)シリーズ第19作
刑事コロンボ/野望の果て(1973)シリーズ第20作
刑事コロンボ/意識の下の映像(1973)シリーズ第21作
刑事コロンボ/第三の終章(1973)シリーズ第22作
刑事コロンボ/愛情の計算(1973)シリーズ第23作
刑事コロンボ/白鳥の歌(1973)シリーズ第24作
刑事コロンボ/権力の墓穴(1973)シリーズ第25作
刑事コロンボ/自縛の紐(1974)シリーズ第26作
刑事コロンボ/逆転の構図(1974)シリーズ第27作
刑事コロンボ/祝砲の挽歌(1974)シリーズ第28作
刑事コロンボ/歌声の消えた海(1974)シリーズ第29作
刑事コロンボ/ビデオテープの証言(1974)シリーズ第30作
刑事コロンボ/5時30分の目撃者(1974)シリーズ第31作
刑事コロンボ/忘れられたスター(1975)シリーズ第32作
刑事コロンボ/ハッサン・サラーの反逆(1975)シリーズ第33作
刑事コロンボ/仮面の男(1975)シリーズ第34作
刑事コロンボ/闘牛士の栄光(1975)シリーズ第35作
刑事コロンボ/魔術師の幻想(1975)シリーズ第36作
刑事コロンボ/さらば提督(1975)シリーズ第37作
刑事コロンボ/ルーサン警部の犯罪(1976)シリーズ第38作
刑事コロンボ/黄金のバックル(1976)シリーズ第39作
刑事コロンボ/殺しの序曲(1977)シリーズ第40作
刑事コロンボ/死者のメッセージ(1977)シリーズ第41作
刑事コロンボ/美食の報酬(1977)シリーズ第42作
刑事コロンボ/秒読みの殺人(1977)シリーズ第43作
刑事コロンボ/攻撃命令(1978)シリーズ第44作
刑事コロンボ/策謀の結末(1978)シリーズ第45作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2013-08-15 10:38:21
部屋に凶器が。サブリミナルで探そう。口径変換装置を棄てなさい。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-04-22 22:30:17
【ネタバレ注意】

効果は有ると思う。

先ず、誰もが同じものを同じ様に見える訳ではない。
動体視力も有るし、集中力の差もある。
実際に喉が渇くかのモノを喰って、何か飲みたいなぁと思ってたら隣席の男が持った図面を入れる筒が水筒に見えたりするんじゃないか?また、人を殺した人間がビクビクしてると枯れ尾花も幽霊に見えるかもです。

サブリミナルと言えば「ファイトクラブ」が有名。
睡眠学習をするより実際に学習した方が知識は増えるだろうが、胎児も音楽を聴くっつーし、サブリミナルを完全否定するのが果して知識人たる証明となるのでしょうか?偉い人が嘘だ〜と言ったら嘘と知らない場合は馬鹿と呼ばれるのでしょうか?
(まぁ僕は馬鹿で結構なのでサブリミナルを支持します)

…って話は措いといて。

本ドラマは、頭脳派VS頭脳派のガチンコ対決。
なのだが、コロンボは、ほぼ何も解ってないかの如く教わるような態度で犯人の供述の矛盾を突いてゆき、犯人の犯行方法と同じ手法で凶器&犯人を特定します。まぁドイルの「ボヘミアの醜聞」的手法の亜流とも言えるが痛快な事、この上なし。

↓サブリミナルについて軽く書いてる人のサイト
(確かに統計と普及には作為が有ったらしい…)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB

投稿者:黒美君彦投稿日:2009-11-29 18:00:17
【ネタバレ注意】

他にも指摘のある通り、サブリミナル映像なんて半世紀以上前の報告がセンセーショナルに報じられたものの、その後追試も行われず、嘘っぱちであったことが定説とされている(日本ではいまだに信じている人が多いので困ってしまう)。
コロンボシリーズお馴染みのロバート・カルプを次第に追い詰めていくのはいつものことだが、ゴルフ場でのやりとりが面白い。ボウリングは少しするけどゴルフはしないというコロンボが、カートを乗り回してR・カルプを追いかけ回すのだが、あんなことされたらスコアは伸びんわな(笑)。
ラストシーンで、コロンボの策略に見事にはまったケプル博士(R・カルプ)が、自らの理論の正しさを証明できた喜びを爆発させながら振り向いたときに、左目から一滴の涙が…。ハイビジョン化のおかげで確認できた気がします。
サブリミナル効果についてはともかく、フィクションとしては面白い作品です。

投稿者:Bill McCreary投稿日:2007-03-31 22:51:34
この作品にでてくるようなサブリミナル効果なんて嘘なのですが、フィクションとしてはとてもよくできたエピソードだと思います。ロバート・カルプの演技も最高です。ラストの落ちも(コロンボではおなじみのパターンですが)すばらしいと思います。でも、ほんとにあんなことやったら、不当捜査でクビになっちゃうよね。
投稿者:irony投稿日:2005-06-25 13:34:16
 この作品で初めてサブリミナル効果なるモノを知りました。証拠の銃を出させる為にその効果を使うとはあっぱれコロンボ。
投稿者:長春投稿日:2001-06-15 13:26:25
コロンボ・シリーズの中で1・2を争う面白さではないか。半ば犯人と認めつつコロンボとやりあう犯人役のロバート・カルプ。決め手が犯人の使ったトリックというのも面白い。

サブリミナル効果について批判が多いですが、作品内でサブリミナル効果についてきちんと解説しています。
「サブリミナル映像は欲求を起こす」これをサブリミナル効果とするならば、皆さんの言うようにサブリミナル効果はありません。

「ハンバーガーのサブリミナル映像を見るとハンバーガーを食べたくなるなんて凄いですね。」とコロンボは研究者に聞きます。すると、研究者は「そういうわけではありません。見た人の反応は見た人の持っている欲求の度合いによります。」と答える。

サブリミナル映像は無意識下で認知されていることは、脳波により証明されています。切迫性尿失禁などで、尿意のある人が蛇口や滝の映像を見ると突然尿意が我慢できなくなることも医学的にあるとされています。
「塩辛いキャビアを食べ強烈なのどの渇きを覚えている被害者が砂漠のサブリミナル映像を見て、渇きを満たすために水を飲みに行く。」
私には非常に可能性が高いことだと思います。
【レンタル】
 【DVD】刑事コロンボ 完全版 Vol.11 意識の下の映像/第三の終章レンタル有り
 【VIDEO】特選 刑事コロンボ 完全版 意識の下の映像レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION