allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

刑事コロンボ/権力の墓穴(1973)

COLUMBO: A FRIEND IN DEAD

刑事コロンボ傑作選(2)(LD)
特選・刑事コロンボ完全版/権力の墓穴(ビデオ)

メディアTVM
上映時間95分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・LD発売
ジャンルミステリー
刑事コロンボ傑作選 権力の墓穴/自縛の紐 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 2,037
USED価格:¥ 2,455
amazon.co.jpへ

【解説】
 警察署長代行のヘルプリン(R・キーリー)が、妻を殺してしまったという友人の連絡を受ける。ヘルプリンは、男にアリバイを作らせて犯罪を隠し、代わりに自分の妻殺しを手伝わせた。そして、高級住宅地を専門に荒らす泥棒の仕業に見せかけた。しかしコロンボは、プロの泥棒ではありえない証拠を見つけ出した……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
刑事コロンボ/殺人処方箋(1967)シリーズ第1作
刑事コロンボ/死者の身代金(1971)シリーズ第2作
刑事コロンボ/構想の死角(1971)シリーズ第3作
刑事コロンボ/指輪の爪あと(1971)シリーズ第4作
刑事コロンボ/ホリスター将軍のコレクション(1971)シリーズ第5作
刑事コロンボ/二枚のドガの絵(1971)シリーズ第6作
刑事コロンボ/もう一つの鍵(1971)シリーズ第7作
刑事コロンボ/死の方程式(1971)シリーズ第8作
刑事コロンボ/パイルD-3の壁(1971)シリーズ第9作
刑事コロンボ/黒のエチュード(1972)シリーズ第10作
刑事コロンボ/悪の温室(1972)シリーズ第11作
刑事コロンボ/アリバイのダイヤル(1972)シリーズ第12作
刑事コロンボ/ロンドンの傘(1972)シリーズ第13作
刑事コロンボ/偶像のレクイエム(1972)シリーズ第14作
刑事コロンボ/溶ける糸(1972)シリーズ第15作
刑事コロンボ/断たれた音(1972)シリーズ第16作
刑事コロンボ/二つの顔(1972)シリーズ第17作
刑事コロンボ/毒のある花(1973)シリーズ第18作
刑事コロンボ/別れのワイン(1973)シリーズ第19作
刑事コロンボ/野望の果て(1973)シリーズ第20作
刑事コロンボ/意識の下の映像(1973)シリーズ第21作
刑事コロンボ/第三の終章(1973)シリーズ第22作
刑事コロンボ/愛情の計算(1973)シリーズ第23作
刑事コロンボ/白鳥の歌(1973)シリーズ第24作
刑事コロンボ/権力の墓穴(1973)シリーズ第25作
刑事コロンボ/自縛の紐(1974)シリーズ第26作
刑事コロンボ/逆転の構図(1974)シリーズ第27作
刑事コロンボ/祝砲の挽歌(1974)シリーズ第28作
刑事コロンボ/歌声の消えた海(1974)シリーズ第29作
刑事コロンボ/ビデオテープの証言(1974)シリーズ第30作
刑事コロンボ/5時30分の目撃者(1974)シリーズ第31作
刑事コロンボ/忘れられたスター(1975)シリーズ第32作
刑事コロンボ/ハッサン・サラーの反逆(1975)シリーズ第33作
刑事コロンボ/仮面の男(1975)シリーズ第34作
刑事コロンボ/闘牛士の栄光(1975)シリーズ第35作
刑事コロンボ/魔術師の幻想(1975)シリーズ第36作
刑事コロンボ/さらば提督(1975)シリーズ第37作
刑事コロンボ/ルーサン警部の犯罪(1976)シリーズ第38作
刑事コロンボ/黄金のバックル(1976)シリーズ第39作
刑事コロンボ/殺しの序曲(1977)シリーズ第40作
刑事コロンボ/死者のメッセージ(1977)シリーズ第41作
刑事コロンボ/美食の報酬(1977)シリーズ第42作
刑事コロンボ/秒読みの殺人(1977)シリーズ第43作
刑事コロンボ/攻撃命令(1978)シリーズ第44作
刑事コロンボ/策謀の結末(1978)シリーズ第45作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
219 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-05-28 18:47:45
威張り腐った上司の鼻を明かす。ベンギャザラが監督とは意外。
投稿者:namurisu投稿日:2013-08-30 12:14:35
女1、電話に指紋がない。女2、肺に石鹸水。3件の窃盗犯の「ここは俺の部屋じゃない」に、チビる上司。
投稿者:黒美君彦投稿日:2010-11-26 00:37:36
【ネタバレ注意】

この作品、初期コロンボシリーズの中でも私は傑作と信じる作品だ。
コロンボが犯人を炙りだすために罠を仕掛けることはよくあるが、この作品ではロス市警の上司である次長が犯人である。業務命令が可能であることをいいことに、コロンボに窃盗の居直りという線で捜査するよう強要するマーク・ヘルプリン(リチャード・キーリー)。そんな上司に対して、受話器に指紋がなかったこと、電話をめぐる犯行時刻の矛盾、ナイトガウンの謎…と、ひとつひとつ解釈を示し、殺人であることを示唆して行くコロンボが実に格好いい。
そして最後のトラップ。
次長がどのような行動に出るかを読み切り、こそ泥を上手く味方につけて罠を仕掛けるコロンボ。
「あたしのほかにこの住所を知っているのはたった1人だけ。つまりあなたですよ」
この瞬間観ていた私まで溜飲を下げる思い。状況的には不利でありながら見事に真犯人を追い込むコロンボ。年齢的にも最も格好いい時期の傑作だ。

投稿者:kopi投稿日:2007-01-08 23:50:18
上司を追い詰めるコロンボ。
後半はコロンボの手のひらで踊らされている上司が少し哀れ。
投稿者:irony投稿日:2005-06-25 13:46:44
 しかし泥棒役のアーティーがよかったね。見た目も泥棒っぽい。(笑)
【レンタル】
 【DVD】刑事コロンボ 完全版 Vol.13 権力の墓穴/自縛の紐レンタル有り
 【VIDEO】特選・刑事コロンボ完全版/権力の墓穴レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION