allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

刑事コロンボ/ホリスター将軍のコレクション(1971)

COLUMBO: DEAD WEIGHT

特選・刑事コロンボ完全版/ホリスター将軍のコレクション(ビデオ)

メディアTVM
上映時間74分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンルミステリー
刑事コロンボ傑作選 ホリスター将軍のコレクション/二枚のドガの絵 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,486
USED価格:¥ 1,013
amazon.co.jpへ

【解説】
 今では軍を退役し建設会社を経営するホリスター将軍(E・アルバート)は、海軍大佐と共謀して軍の金を横領していた。だが近々会社に調査が入ることになり、大佐は弱腰になっていた。そんな大佐に危機感を覚えた将軍は、海辺の自宅で彼を射殺する。事件の目撃者(S・プレシェット)も抱き込んで余裕綽綽のホリスター将軍に、コロンボは凶器の銃を頼りに迫る。
<allcinema>
評価
【関連作品】
刑事コロンボ/殺人処方箋(1967)シリーズ第1作
刑事コロンボ/死者の身代金(1971)シリーズ第2作
刑事コロンボ/構想の死角(1971)シリーズ第3作
刑事コロンボ/指輪の爪あと(1971)シリーズ第4作
刑事コロンボ/ホリスター将軍のコレクション(1971)シリーズ第5作
刑事コロンボ/二枚のドガの絵(1971)シリーズ第6作
刑事コロンボ/もう一つの鍵(1971)シリーズ第7作
刑事コロンボ/死の方程式(1971)シリーズ第8作
刑事コロンボ/パイルD-3の壁(1971)シリーズ第9作
刑事コロンボ/黒のエチュード(1972)シリーズ第10作
刑事コロンボ/悪の温室(1972)シリーズ第11作
刑事コロンボ/アリバイのダイヤル(1972)シリーズ第12作
刑事コロンボ/ロンドンの傘(1972)シリーズ第13作
刑事コロンボ/偶像のレクイエム(1972)シリーズ第14作
刑事コロンボ/溶ける糸(1972)シリーズ第15作
刑事コロンボ/断たれた音(1972)シリーズ第16作
刑事コロンボ/二つの顔(1972)シリーズ第17作
刑事コロンボ/毒のある花(1973)シリーズ第18作
刑事コロンボ/別れのワイン(1973)シリーズ第19作
刑事コロンボ/野望の果て(1973)シリーズ第20作
刑事コロンボ/意識の下の映像(1973)シリーズ第21作
刑事コロンボ/第三の終章(1973)シリーズ第22作
刑事コロンボ/愛情の計算(1973)シリーズ第23作
刑事コロンボ/白鳥の歌(1973)シリーズ第24作
刑事コロンボ/権力の墓穴(1973)シリーズ第25作
刑事コロンボ/自縛の紐(1974)シリーズ第26作
刑事コロンボ/逆転の構図(1974)シリーズ第27作
刑事コロンボ/祝砲の挽歌(1974)シリーズ第28作
刑事コロンボ/歌声の消えた海(1974)シリーズ第29作
刑事コロンボ/ビデオテープの証言(1974)シリーズ第30作
刑事コロンボ/5時30分の目撃者(1974)シリーズ第31作
刑事コロンボ/忘れられたスター(1975)シリーズ第32作
刑事コロンボ/ハッサン・サラーの反逆(1975)シリーズ第33作
刑事コロンボ/仮面の男(1975)シリーズ第34作
刑事コロンボ/闘牛士の栄光(1975)シリーズ第35作
刑事コロンボ/魔術師の幻想(1975)シリーズ第36作
刑事コロンボ/さらば提督(1975)シリーズ第37作
刑事コロンボ/ルーサン警部の犯罪(1976)シリーズ第38作
刑事コロンボ/黄金のバックル(1976)シリーズ第39作
刑事コロンボ/殺しの序曲(1977)シリーズ第40作
刑事コロンボ/死者のメッセージ(1977)シリーズ第41作
刑事コロンボ/美食の報酬(1977)シリーズ第42作
刑事コロンボ/秒読みの殺人(1977)シリーズ第43作
刑事コロンボ/攻撃命令(1978)シリーズ第44作
刑事コロンボ/策謀の結末(1978)シリーズ第45作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
322 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-04-23 18:04:49
詰めが甘い?あまり驚かないオチ。
投稿者:namurisu投稿日:2013-09-09 12:32:00
大佐を撃った将軍。凶器の銃、初見ではなぜ突破?将軍だから銃に詳しい?でも死体の処理をミスる。
投稿者:黒美君彦投稿日:2010-03-02 23:44:37
【ネタバレ注意】

コロンボシリーズの初期作品。そもそも被害者(ロジャー・ダットン大佐)の遺体が偶然浮かんで来なかったら迷宮入り?というご都合主義もあって、必ずしも評価が高いとはいえない作品ではあるが、私個人はそれなりに楽しく拝見。何しろホリスター将軍は『ローマの休日』のカメラマンや『ロンゲスト・ヤード』の刑務所長を務めたあのエディ・アルバート。将軍の犯行を目撃した女性は『鳥』で無惨な死に方をする(!)スザンヌ・プレシェット。ふたりともすでに鬼籍に入ってしまったが、彼らを観られるだけでも嬉しい。
当時65歳だったE・アルバート演じる将軍に、当時34歳のS・プレシェット演じるヘレン・ステュワート嬢がすっかり魅せられるという設定は少々無理があると思うが…(苦笑)。
トリックは大したことはないが、将軍の台詞(「この辺は大物は釣れない。雑魚ばかりだ」「大物を釣りたいなら餌を変えるか釣り場を変えるべきだ」)はなかなか意味深で面白い。
ラストシーンで姪の話を持ち出してヘレンを励ますコロンボが「嘘でしょう?」と突っ込まれて「私は嘘をつくのは大嫌いでね」と言う。「嘘を扱うのが刑事の仕事でね」…なかなかの台詞ですねー。

投稿者:irony投稿日:2005-06-25 12:28:45
 後に軍関係の作品は出るが、その一作目。
【レンタル】
 【DVD】刑事コロンボ 完全版 Vol.3 ホリスター将軍のコレクション/二枚のドガの絵レンタル有り
 【VIDEO】特選・刑事コロンボ完全版/ホリスター将軍のコレクションレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION