allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

刑事コロンボ/もう一つの鍵(1971)

COLUMBO: LADY IN WAITING

特選・刑事コロンボ完全版/もう一つの鍵(ビデオ)

メディアTVM
上映時間73分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンルミステリー
刑事コロンボ傑作選 もう一つの鍵/死の方程式 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 2,037
USED価格:¥ 1,620
amazon.co.jpへ

【解説】
 厳格な兄に頭を押さえつけられていた妹ベス(S・クラーク)は、ボーイフレンドの事で言い争いとなり、口うるさい兄の殺害を計画した。彼女は兄を射殺し、窓から侵入したように見せかけて、泥棒と間違えたと主張する。コロンボは、被害者が玄関から入ったという証拠を見つけだそうとするが……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
刑事コロンボ/殺人処方箋(1967)シリーズ第1作
刑事コロンボ/死者の身代金(1971)シリーズ第2作
刑事コロンボ/構想の死角(1971)シリーズ第3作
刑事コロンボ/指輪の爪あと(1971)シリーズ第4作
刑事コロンボ/ホリスター将軍のコレクション(1971)シリーズ第5作
刑事コロンボ/二枚のドガの絵(1971)シリーズ第6作
刑事コロンボ/もう一つの鍵(1971)シリーズ第7作
刑事コロンボ/死の方程式(1971)シリーズ第8作
刑事コロンボ/パイルD-3の壁(1971)シリーズ第9作
刑事コロンボ/黒のエチュード(1972)シリーズ第10作
刑事コロンボ/悪の温室(1972)シリーズ第11作
刑事コロンボ/アリバイのダイヤル(1972)シリーズ第12作
刑事コロンボ/ロンドンの傘(1972)シリーズ第13作
刑事コロンボ/偶像のレクイエム(1972)シリーズ第14作
刑事コロンボ/溶ける糸(1972)シリーズ第15作
刑事コロンボ/断たれた音(1972)シリーズ第16作
刑事コロンボ/二つの顔(1972)シリーズ第17作
刑事コロンボ/毒のある花(1973)シリーズ第18作
刑事コロンボ/別れのワイン(1973)シリーズ第19作
刑事コロンボ/野望の果て(1973)シリーズ第20作
刑事コロンボ/意識の下の映像(1973)シリーズ第21作
刑事コロンボ/第三の終章(1973)シリーズ第22作
刑事コロンボ/愛情の計算(1973)シリーズ第23作
刑事コロンボ/白鳥の歌(1973)シリーズ第24作
刑事コロンボ/権力の墓穴(1973)シリーズ第25作
刑事コロンボ/自縛の紐(1974)シリーズ第26作
刑事コロンボ/逆転の構図(1974)シリーズ第27作
刑事コロンボ/祝砲の挽歌(1974)シリーズ第28作
刑事コロンボ/歌声の消えた海(1974)シリーズ第29作
刑事コロンボ/ビデオテープの証言(1974)シリーズ第30作
刑事コロンボ/5時30分の目撃者(1974)シリーズ第31作
刑事コロンボ/忘れられたスター(1975)シリーズ第32作
刑事コロンボ/ハッサン・サラーの反逆(1975)シリーズ第33作
刑事コロンボ/仮面の男(1975)シリーズ第34作
刑事コロンボ/闘牛士の栄光(1975)シリーズ第35作
刑事コロンボ/魔術師の幻想(1975)シリーズ第36作
刑事コロンボ/さらば提督(1975)シリーズ第37作
刑事コロンボ/ルーサン警部の犯罪(1976)シリーズ第38作
刑事コロンボ/黄金のバックル(1976)シリーズ第39作
刑事コロンボ/殺しの序曲(1977)シリーズ第40作
刑事コロンボ/死者のメッセージ(1977)シリーズ第41作
刑事コロンボ/美食の報酬(1977)シリーズ第42作
刑事コロンボ/秒読みの殺人(1977)シリーズ第43作
刑事コロンボ/攻撃命令(1978)シリーズ第44作
刑事コロンボ/策謀の結末(1978)シリーズ第45作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-05-07 13:34:38
攻めてとオチが弱い。
投稿者:scissors投稿日:2013-11-02 23:50:00
これはもう話が全く面白くないんだが、なにより犯人に興味がわかないってのがいちばんマズイ。
演出も冴えない。
レスリー・ニールセンもミスキャストのような。この役になんで45歳のおっさんなんか使ったんだろう。

70年代コロンボでワースト3を挙げろと言われたら間違いなくこれが入る。
投稿者:namurisu投稿日:2013-09-27 14:40:28
新聞と電球と靴の裏の芝とスペアキー…そして、冷めた婚約者。抑制されてきた女の性、爆発!
投稿者:黒美君彦投稿日:2009-09-27 23:00:42
【ネタバレ注意】

資産や地位のためなら親族でも殺めてしまう…富裕な一家に育ったわがまま娘のなれの果て。主役の犯人への共感は生まれないが、まだ若いレスリー・ニールセンが颯爽と登場。
血痕の矛盾や電球の指紋などにはまったく触れない非科学的捜査に、一時はどうなることかと思ったが、結局状況証拠だけとは…(苦笑)。
シリーズの中では今ひとつの感は免れない。
美容室での葉巻をめぐるやりとりなど、まだまだ煙草に寛容だった70年代初頭の空気を感じる。
…妹にあえなく殺されてしまう長身の兄は、「バイオニック・ジェミー」のオスカー・ゴールドマン局長を演じたリチャード・アンダーソンですね。

投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2009-02-04 04:33:18
70年代80年代ならこう言う刑事物ドラマも成立するが
コロンボ全話に言えることだが当時も捜査令状ってものが存在してたような
気もするし検察が無能だと言っているようなストーリー。
現在はよほど人気俳優使ってもなかなか刑事物はウケナイ時代なのかだろうか?
投稿者:irony投稿日:2005-06-25 12:36:27
 性格が変わり過ぎ。婚約者もたじたじ。
【レンタル】
 【DVD】刑事コロンボ 完全版 Vol.4 もう一つの鍵/死の方程式レンタル有り
 【VIDEO】特選・刑事コロンボ完全版/もう一つの鍵レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION