allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

刑事ニコ/法の死角(1988)

NICO
ABOVE THE LAW [米]

メディア映画
上映時間100分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1988/10/08
ジャンルアクション/犯罪
刑事ニコ/法の死角/ハード・トゥ・キル Blu-ray (初回限定生産/お得な2作品パック)
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 1,763
USED価格:¥ 1,272
amazon.co.jpへ

【解説】
 「野獣捜査線」のA・デイヴィス監督が、ふたたび御当地シカゴを舞台にした刑事アクション。今やアクション・スターとして揺るぎない地位を築いたS・セガールのデビュー作でもある。元CIAの特殊工作員であり、合気道の達人でもある刑事ニコ・トスカーニが、相棒の女刑事と共に行方不明の娘を追って高純度の麻薬に行き当たる。だが捕まえた容疑者が放免になった事から、不審に思ったニコは単身調査を続ける。やがて事件の背後に、かつてベトナムで仲間だったゼーガンの姿が浮かび上がった……。アクションのテンポは良好、それに加えてまるで70年代の警察映画のような内部告発的要素を持ち、ストレートな娯楽作にしまいとする心意気は買える。S・ストーンがニコの妻役で驚くほどの健気ぶりを見せる他、相棒のP・グリア、敵役のH・シルヴァなどキャストも充実。
<allcinema>
評価
【関連作品】
野獣捜査線(1985)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
530 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2018-10-15 03:28:14
「逃亡者」のムカつく刑事2人組も出てたな。あとで検索したら、1人は「ダークナイト」で、デントにバーで撃ち殺される人か。
投稿者:uptail投稿日:2013-03-29 11:23:41
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:scissors投稿日:2012-11-14 22:46:28
セガール作品の中ではわりとマシ。
デビュー作ってことでやっぱりそれなりに気合い入ってたんだろうな。

セガールがスリムなのにあんまりカッコよく思えないのはなんでだろう?
衣装のセンスが悪くてサイズも合ってないとかもあるんだけど、それだけじゃないような。
投稿者:kinenchyu投稿日:2009-05-02 22:44:07
若いセガールの機敏な動きが楽しめます。ストーリーとしてはちょっと中途半端な感じがしました。
投稿者:william投稿日:2009-03-17 17:25:26
セガールの自己主張満載の自伝的ストーリーにちょっと戸惑う。でもこれが以後のセガールアクションの原点と考えると、なかなか見ごたえはある。
投稿者:オメガ投稿日:2006-01-09 10:41:33
セガールはデビュー当時あんなにもスリムだったのか・・ 若さも
プラスして、格闘に切れがありなんかスピーディーだ。
内容はオーソドックスで古臭いが、最後まで十分楽しめた。
たまにでてくる日本語のシーンは笑える。
投稿者:hira投稿日:2005-11-30 10:59:54
 冒頭からセガール自身の過去の写真が出てきたりして自伝的な印象が強いです。元CIAみたいな噂が出てきたのはやはりこの作品のせいだったのでしょうね。冒頭と中盤にセガールの流暢な日本語が堪能できます。2005年現在ではかなり衰えているのが分かります。
 この作品を最初に観たのは子供の時だったので、違和感なく観れましたが、今考えるとセガールはなぜいきなり主役を任されたのでしょうね。原案と製作にも関わっているし・・・。以後の作品でお馴染みになる酒場での乱闘や独りよがりなメッセージ性の強さは、この作品からも感じられます。セガールって本当に変わりません。
 作品自体は普通です。下町アクションかと思わせておいて、CIAも絡む大きな事件になっていくところは若干分かり辛いものがあります。
投稿者:the hysteric green投稿日:2005-07-09 15:26:46
地味ながらセガールの無敵っぷりを堪能できるデビュー作。
ストーリーはもう覚えてないなぁ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-05-08 17:41:02
刑事アクションの秀作にして、結構バイオレンスな映画。
いきなりの合気道(&日本語)は変だが…一応、この主人公が、いかなる能力の持ち主か、って点が解る事になっている。
オールド・ファッションだが迫力のアクション・シーン。カー・スタント、銃撃戦また銃撃戦〜教会での爆弾事件…そして犯人を追うセガールが走る、走る。
ストーリーも凝っており、なかなか飽きさせない。コカイン、戦争、FBIの野望?
最後の議員は、なんかうさんくさいが、短い出演シーンで、しっかり泣きの演技をみせるシャロン・ストーンも魅力的か?…「誇りを捨てない貴方が素敵なのよ」
たまのジョークは味付け程度。悪を追うセガールがひたすらに熱いマジメなアクション・ムービー。
投稿者:phimose投稿日:2003-06-05 16:30:21
セガールの関西なまりの日本語笑っちゃいます。
合気道の入り身投げ、きついですね。
彼の受けはしたくないです。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION