allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

狼獣(けだもの)たちの熱い日<未>(1983)

DOG DAY
CANICULE

ハイエナの賭け(TV)

メディア映画
上映時間96分
製作国フランス
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルサスペンス

【解説】
 フランス製の一風変わったハードボイルド・サスペンス。現金輸送車を襲って逃亡中のギャングが、一軒の農家に逃げ込む。彼は納屋に身を潜めるが、隠した金を一家の子供が見つけ、別の場所に移す。が、その金を豚が掘り出し、黒人の下男が手に入れる。一方、横暴な主人を殺した妻は、その罪をギャングにかぶせる代わりに、彼の情婦への伝言を請け負う。金を探しに外へ出たギャングは、警官に包囲され自殺を遂げるのだった。まったく予想のつかない展開が不気味さを醸し出す。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:msang投稿日:2009-09-16 00:36:50
ここまで「変」な映画とは予想しませんでした。原作も変わった作品らしいけど、とにかく何かのパロディーとか戯画でできていると言えるでしょう。ギャング映画の、フランスのイメージの(農民、アル中、etc)、ジャーナリズムの、アメリカとフランスの対立、フランスにいる外国人、ひょっとするとゴダールの「気狂いピエロ」、etc  そういう意味で面白かったけど、これが日本で劇場公開されなかったのは納得いきます。ミュウ=ミュウがいいから、それはよかったけど(笑) 
投稿者:yomoyama投稿日:2003-07-22 19:28:34
いつもは人の考えを見透かして優位に立つスマートなリーマービンもフランスに渡ると、立場逆転で後手後手に回る破目になるところが面白い.バターとオリーブオイルとニンニクがたっぷり効いたフランス田舎映画.油でギトギトになった指を急いで洗いたくなる.
投稿者:ロスマク投稿日:2003-07-21 17:57:19
【ネタバレ注意】

↑この映画の解説、ネタバレしすぎ!

『ブリキの太鼓』のあの少年が登場する時点で、もう一筋縄なギャング映画でないのは明白。米国人の銀行強盗が逃亡中に逃げ込んでしまったのが、変態家族が棲む農場。彼らの複雑な思惑が重なり合い、タランティーノばりの殺しあいパーティーが始まると言う筋書き。

色情女を絞め殺すギャング(リー・マービン)。色情女の声を聞いてオナニーしだす人妻。その妻にHを拒否され、キャンプ中の女の子を襲いに行く男。その男から老人ホーム行きを通告され首をつる老女・・・・。まさに地獄絵図。

【レンタル】
 【VIDEO】狼獣(けだもの)たちの熱い日レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION