allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

原子力潜水艦浮上せず(1978)

GRAY LADY DOWN

メディア映画
上映時間111分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1978/04/22
ジャンルサスペンス/パニック
原子力潜水艦浮上せず [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 927
USED価格:¥ 650
amazon.co.jpへ

【解説】
 ノルウェーの貨物船と衝突、船尾を大破し1400フィートの海底に沈む米原潜ネプチューン。艦は浮上不可能な状態で、残りの酸素は36時間分しかない……。海軍の必死の救出作業と、艦内で次々起きる危機を描いた海洋パニック大作。「大地震」「エアポート'75」などユニヴァーサルのパニック映画の顔ともいうべきC・ヘストンが艦長に扮し、同じように海中救助を扱った「エアポート'77/バミューダからの脱出」に続いて海軍全面協力の下に製作された。よって、最新鋭の深海救助艇DSRVなどが次々登場、デモンストレーション的意味合いを残しつつも映画に迫真性を持たせている。D・グリーンの演出は可もなく不可もなく、といったところか。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
213 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:dbma投稿日:2010-12-21 09:13:50
潜水艦の名前は「Gray Lady」だと思ってたら「Neptune」でした。
「Gray Lady Down」は暗号(?)だそうです。
投稿者:bond投稿日:2009-10-29 10:37:00
【ネタバレ注意】

話の展開が早く、冒頭からラストまでハラハラと緊迫感が持続。キャスティングも渋く、チャラくないパニック映画。

投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-10-18 08:39:13
テレ東で“クリストファー・リーヴ追悼特集”のひとつとしてやってたけど
リーヴの映画とは言えないだろ、これは。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2008-07-14 14:56:09
【ネタバレ注意】

誰もコメントしてないのが驚きだ。内容は解説どおり。沈没原潜のレスキューものです。色々な映画の原型がここにあるが内容はシュミレーションドラマに近いのでドラマチックな展開が無い。密閉空間の息苦しい人間ドラマがあったら良作になっていたでしょう。ただきっかけになる衝突事故が最近の自衛艦の事故を連想させてドキッとしました。

【レンタル】
 【VIDEO】原子力潜水艦浮上せずレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION