allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

荒野に生きる(1971)

MAN IN THE WILDERNESS

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1972/07/01
ジャンルドラマ/西部劇
荒野に生きる [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,285
USED価格:¥ 1,542
amazon.co.jpへ

【解説】
 たった一人荒野に置き去りにされた男の復活と復讐を描く異色のウェスタン。開拓初期のアメリカ北西部奥地を、砲船を馬車に乗せた奇妙な一団が進む。その探検隊を先導するザックは、隊のリーダー、ヘンリーに育てられ親子のような関係だった。彼らの背後にはインディアンが迫っており、緊迫した状況だ。だが森の中で熊に出会い手酷いキズを負わされたザックを、隊の運命を優先させるヘンリーはその場に放置する。長い昏睡状態から醒めたザックは大自然の恵みを受け次第に回復していくが、その原動力はヘンリーに対する復讐心でもあった……。探検隊の異様な描写をはじめ、凝った映像が随所に見られる作品だが、中でもこの作品の真の主役である“荒野”の描き方が素晴らしい。鬼気迫る主人公を的確に演じ上げるR・ハリスと、それを受けて立つJ・ヒューストンの堂々たる芝居も見応え充分。アメリカン・ニュー・シネマの快作「バニシング・ポイント」のR・C・サラフィアンの隠れた傑作である。
<allcinema>
評価
【関連作品】
バニシング・ポイント(1971)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:気まぐれ飛行船投稿日:2007-04-12 01:57:55
これも遥か昔に「日曜洋画劇場」で観て以来、再見の叶わない映画。
『大いなる勇者』と表裏一体を成す傑作。
ケヴィン・レイノルズの『レッド・アフガン』のプロットは、この映画をヒントにしてるんじゃないかと思う。

リチャード・ハリスはこの後に出た『死の追跡』(脇役にものごっつい面相が並んでる!)でも、『オルカ』でも執念の鬼を演じている。
あの般若のような形相が、そういう役に映えるのだ。その集大成が『ザ・フィールド』だったのだろう。
それにしても、この人もDVD化率の低いスターですね。ジョディ・フォスターと共演した『別れのこだま』がアメリカでDVDになってる事はつい最近知ったけど。
投稿者:Zach Bass投稿日:2001-02-13 23:22:16
インターネットにはまって足かけ4年。
当初からハンドルネームはZach Bassと決めていました。
TVで放映された「荒野に生きる」を偶然に観た私は、宝物を発見したかのように狂喜したものです。
映画の内容は「解説」で説明されているので割愛しますが、私の中で「名作」として一生大切にしたい映画です。
DVDが出れば、英語版であろうとサンスクリット語版であろうと購入したいものです。(笑)http://www6.wind.ne.jp/kinoy/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】荒野に生きる2016/09/07\2,381amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION