allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

荒野の女たち(1965)

SEVEN WOMEN

メディア映画
上映時間88分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1965/12/11
ジャンル西部劇
荒野の女たち [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 6,480
amazon.co.jpへ

【解説】
 1935年、中国とモンゴルの国境地帯には、馬賊の略奪によって苦しむ人々のために働く白人グループがいた。ある日、彼らのもとに一人の白人女医がやって来た。彼女の手によって鎮まっていく伝染病。しかしそんなさなか、再び村に馬賊が襲ってきた……。辺境で伝道のために戦う7人の女性を描いた人間ドラマ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2012-08-04 15:23:00
アメリカ人だった! これが名監督の遺作とは。ここに描かれているのは、単に中国社会と中国人蔑視であり、歴史認識の欠如だ。同じ中国でのミッション活動なら Inn of the Sixth Happiness の方がよほど優れている。
ミッションのリーダーの女性が全然サマになっていないばかりか、完全に性格破綻だ。こんな人がミッションのリーダーになって何十年も宣教したはずがない。一方の医師バンクロフトも行動が不可解。
蛮族もまさにハリウッド的杜撰なセリフと演出。
やはり「フォード監督は女が描けぬ」という通説は当たっていた。
晩節を汚した一作だ。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2000-12-29 11:34:34
 これがフォードの遺作だ。なんと峻厳な作品であることか。これがフォード
の遺作か!
 
 ここでもフォードは既成の権威への不信感を強烈に表明している。それは、
キリスト教(あるいはキリスト教徒)であり、男社会、男そのものであり、暴
力である。

 アン・バンクロフトは神格化された。最高の演技を示している。
 彼女のふてくされ方や自由の体現の仕方に、人間の潔さ、強さ、格好良さ、
誇りを定着させるフォードの術は魔法のよう。彼女は映画史で忘れられること
のないヒーロー像だろう。
 コレラ騒ぎのシーンのダイナミックな演出も特筆に値する。

 人類史上最高の監督ジョン・フォードのベストなんて選ぶのは暴挙という
ものだけれど、『荒野の女たち』は間違いなくフォードのベストの第一候補
でしょう。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】荒野の女たち2015/12/14\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION