allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

荒野の七人/真昼の決闘(1972)

THE MAGNIFICENT SEVEN RIDE!

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1972/10/10
ジャンル西部劇
強烈にパワー・アップして あの七人が帰って来た!
まったく新しいアイデア!10倍の敵をひきうけて 七人がとった どえらい戦略!!
荒野の七人/真昼の決闘 [DVD]
参考価格:¥ 1,533
価格:¥ 973
USED価格:¥ 2,248
amazon.co.jpへ

【解説】
 「荒野の七人」を冠する意味がほとんど無い第4弾。クリス役がL・V・クリーフというだけで、作品の格も知れるというもの。保安官となったクリスが、ならず者の集団から国境の町を守るため、再び仲間を集め始める。一人一人のガンマンに個性が薄いため、L・V・クリーフだけが目立つ、ごくフツーのウェスタン。
<allcinema>
【関連作品】
荒野の七人(1998〜2000)TVシリーズ
荒野の七人(1960)シリーズ第1作
続・荒野の七人(1966)シリーズ第2作
新・荒野の七人/馬上の決闘(1969)シリーズ第3作
荒野の七人/真昼の決闘(1972)シリーズ第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2017-04-04 22:10:16
ヅラのリーバンクリーフに違和感あるけど、例のOSTバックに鉄板モノとして楽しめる。
投稿者:blumental投稿日:2016-11-25 19:49:35
荒野の七人(1作目)は大傑作だが、2作目、3作目はつまらなかった。でも、最後の4作目は結構面白い。リー・ヴァン・クリーフのキャラもよいが、無理に荒野の七人シリーズにせず、独立した西部劇として作ってもよかったのでは。それにしても、奥さんが殺され、一方はだんなが殺されたばかりだというのにすぐロマンスの方向に展開するのは、少し違和感があります。
投稿者:gapper投稿日:2011-05-19 23:29:04
 「荒野の七人(1960)」最終回。

 副題の”真昼の決闘”は、主演のリー・ヴァン・クリーフが「真昼の決闘(1952)」に出演していることに由来している。
 主人公の名前が”クリス”と言うことと7人が集まって村を守ると言うところだけで”荒野の七人”と関するのはかなり強引。
 撃ち合いが多く娯楽志向が強く、初心者向きの一編。
投稿者:AKURO投稿日:2011-02-12 15:31:49
【ネタバレ注意】

DVDで視聴。続編の中では一番面白かったのではないかと・・・。
ガンマンのキャラがあまり立っていないので、
死んでいっても感動などは薄いのですが、
ストーリーには変化があり、けっこう楽しめました。

おなじみの音楽に、生き残るのはやはり3人と、
シリーズのお約束を踏襲していますが、
最後は全員が村に居つくというのは初めてのパターンで、
シリーズのラストを感じさせるものだったと思います。

それにしても、リー・ヴァン・クリーフは、
荒野の七人のクリスというよりも、パイプをしゃぶり倒している
ところを含めてやはりリー・ヴァン以外の何者でもないですね(^_^;)
序盤はかなり非情な感じのところも良かったです。
最後は新しい家族ができて、ほんわかして終われましたね。

【レンタル】
 【VIDEO】荒野の七人/真昼の決闘レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION