allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アサシン(1993)

THE ASSASSIN
POINT OF NO RETURN [米]

アサシン/暗・殺・者(ソフト題)

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1993/06/19
ジャンルアクション
アサシン/暗・殺・者 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 632
amazon.co.jpへ

【解説】
 麻薬欲しさに仲間と押し入った薬局で撃ち合いになり警官を射殺してしまったマギー(フォンダ)は死刑の判決を受ける。彼女の前に現れたエージェントのボブ(バーン)は、生きて政府の秘密組織に入るか、それとも死かをせまり、マギーは工作員になる道を選ぶ。二年以上に渡る訓練を終え、最終試験にパスした彼女はクローディアと名を変え指令を待つ新しい生活にはいる。街で知り合ったJ.P.(マローニー)と愛し合うようになり一緒に暮らし始めた彼女だが、正体を悟られる事なく指令を遂行しなければならない。ある任務でミスを犯してしまった現場に組織の掃除人ヴィクター(カイテル)が現れる。それは、虚ろなバランスの上にあった生活が崩壊する序曲であった。
 フランス映画「ニキータ」のかなりストレートなリメイクだが、フォンダのフィルモグラフィの中では一、二を争う力演にして傑作。(あまり)はずれなし、と言われるバダムの演出もさることながら、バーン、マローニー、バンクロフト、カイテル等、脇がしっかりと作品を引き締めている。特にバーンは「ニキータ」のチェッキー・カリョと甲乙つけがたい素晴らしさ。当初、主演はジュリア・ロバーツがキャスティングされていたが、結果的にフォンダが演じたのは大正解であったと言えるだろう。米国内と世界向け、二つのタイトルをもつ本作だが、もうひとつ製作当初ついていた“スペシャリスト”というタイトルがあり、日本国内でもワーナーの新作紹介ポスターでそれが使われていた。「パルプ・フィクション」でカイテルが演じた掃除人は本作のそれと同一人物か?
<allcinema>
評価
【関連作品】
ニキータ(1990)オリジナル
アサシン(1993)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1280 6.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-06 00:16:24
なんか薄っぺらい。
投稿者:scissors投稿日:2013-06-01 20:54:12
「劣化コピー」と呼ぶのにピッタリ。
子供はわかりやすさと主人公が美人てとこでこっちを気に入りそう。
投稿者:namurisu投稿日:2011-09-12 14:34:48
B・フォンダのパンティのみ。
投稿者:ジーナ投稿日:2011-01-11 15:51:02
死刑囚を暗殺者に育て上げる政府の秘密組織と工作員の女性を描いたサスペンスアクションです。

まず・・・ロマンスへの発展が急すぎるし、上司?との関係が曖昧なままなのが共感しづらくさせてますね。
3人それぞれが心に抱く葛藤のようなモノをしっかり描き出すことが出来れば、それぞれに感情移入できる素晴らしい作品になったハズです。
ドラマ性が薄いから「もう仕事したくない」とか言われても主人公の勝手にしか見えないんですよね。
訓練シーンもだいぶ編集されていて切り貼りしたような薄っぺらい感じなので主人公の苦労が伝わってきませんし、いざ工作員としての仕事開始!ってなったら早い段階で「辞める」とか言い出しちゃうから暗殺者としての面白みにも欠けるんですよ。
ドラマに厚みを出せないなら任務をしっかり描くか、暗殺者としての任務を浅くするならドラマ性を強くだすべきだったと思います。

主人公を演じたのはハリウッドのサラブレッドであるブリジット・フォンダ。
さすがに育ちが良いので変身後の姿は板についています。
その点で面白みのあるキャスティングとは言えませんが、ジャンキー時代のブリジットの姿はなかなかのインパクトでした。
あの美しいお嬢様からは連想できないぐらいのヨゴレっぷりでしたね(笑)
スレンダーな彼女の魅力も堪能できますし、彼女のファンであればそれなりに満足できちゃうと思いますよ。
ガブリエル・バーンも悪くないのですが、もう少し危険な香りのするセクシーなオジサマのほうが良かったな(爆)
存在感たっぷりのハーヴェイ・カイテルは迫力がありましたし、他にもダーモット・マローニーやアン・バンクラフトなどキャストは安定感がありました。

チープな音楽と予定調和な演出がどうにもB級感を漂わせてしまっていますが、これはこれでTVウケするんだろうなぁ〜と妙に納得してしまいました(笑)
リュック・ベッソン監督の「ニキータ」ハリウッド版として観てしまうと評価が下がってしまうかもしれませんが、リメイク版とは考えず鑑賞すれば無難に楽しめると思います。
どちらも観た事がない方は先に「アサシン」を観たほうがイイでしょう。
「ニキータ」を先に観てしまうとリメイク版の評価が下がってしまいますから(爆)
軽めの作品なので重厚なサスペンスが観たい方には不向きです。
投稿者:ameniutaeba投稿日:2010-02-03 00:05:21
主役の女優をよく見せるお手本のような映画。ブリジット・フォンダがすばらしい。彼女の一番よいときをカメラに収めたという感じです。
投稿者:gapper投稿日:2009-06-08 11:27:56
 少女のような体型のブリジットを主人公にしたのは、良い。しかし、薬中でドラッグストアを襲った彼女が中毒症状もなく訓練を受けていくのはあまりにも不自然。指導するカウスマン(バーン)も彼女が不意をつくのは分かっているのにあまりにもやられ過ぎ。ニューオリンズでの仕事も銃の始末など疑問に思うところが多い。命と引き換えに仕事をしているのしてはあまりにもお気楽な部分が多いのも不満だし、訓練を卒業してから外で4ヶ月ものんびりと過ごして仕事というのも違和感が強い。仕事での非情さをもっと厳格にすれば、日常の人間性が生きたはず。
 ブリジットは魅力的だが、見せ方がワンパターンな感じでTシャツにパンツというのが多すぎ、もっと工夫が欲しかった。J.P.(マロニー)とのSEXシーンもありきたりでハードには見せられなくても”人間的な幸せを初めて得た”などの部分を分かりやすくすれば違ったと思う。

 リメイクであることが多きいのであろうが、力点をハッキリさせてそれに集中すればという感じが強く残った。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2006-12-19 16:24:30
二キータのが面白い。
暗殺をメインに描いて欲しかった。
投稿者:kath投稿日:2006-10-14 10:26:11
ニキータのリメイクではあるものの、ブリジッドフォンダの変身ぶりや表情だけでも全く別の楽しみがあると思う。確かにストーリーは同じだが、脇役を固めている布陣の安定感や、演出も見物。見せ場は少ないがブリジッドの訓練されたアクションも様になっている。ニーナシモンの曲が印象的。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-01-22 22:18:10
オリジナルは絢爛豪華なフィルムアート。面白さも本家の方が上でしょうね。
…が、まぁこちらを楽しんでしまったら、同じ話を何度も観るのも疲れるだろうし、あえてオリジナルをお勧めしたりはしない。〜とはいえ……まぁ腑抜けではないと思うよ。
まずオリジナルの下品な爆弾を躾けて猫を被らせる、ってのが本作では格好良い不良をちょっとめかし込ませてるに過ぎないのだな。まぁそれはそれで良いけど。
ストーリーは殆ど同じ…なのだが、終盤にちょっとした工夫がある〜オリジナルはとんでもない男(掃除屋)が嵐のように過ぎ去って…爆弾も消えちまう…空虚。なのだが、余りにストーリーが唐突にして無茶苦茶で訳が解らない。それを平易に納得できそうなストーリーに変えている。掃除屋のミッションも納得出来る。
それが良いのか、といえば…まぁ疑問なのだが、それなりに余韻の残る幕引きだ。
…あの愛人に硫酸も凄いね。
投稿者:bond投稿日:2005-12-26 00:03:18
の方がアーシーな感じで良かった、ブリジットはお嬢様系の感じが抜けない。
投稿者:denguma投稿日:2005-11-25 11:36:13
実は私、『ニキータ』を見たことがありません。
なぜかといえば、私にとっての『ニキータ』は『アサシン』だから。
昔ちょっとだけつきあってた子に、「主人公の女の子が私にそっくりなのっ!」って無理やり引っ張られて見に行ったのがこの映画。ご存じリュック・ベッソンの大ヒット作『ニキータ』のハリウッド版リメイクです。この時点で読んでる人の大半がすでに引いてると思いますが、私もかなり引きました。自分で言いますか普通こういうの。
で、見てみたらこれが妙に当たってるような気がしたから不思議。まぁルックスが似てる似てないはともかく、確かにちょっと危なっかしいところのある女の子だったから。で、自分はすっかりガブリエル・バーンになった気で見ている(あーもー何とでも言いなさい)。
そんなこんなでこの映画、結構心に残る1本になってしまい、『ニキータ』の方は何となく見る気が起きなくなってしまいました。これを映画好きの人に言うと、十中八九バカにされます。わかってますよそんなの。オリジナルの方が面白いに決まってるじゃないですか。字幕嫌いのアメリカ人のためだけに作った腑抜けのリメイクだって言うんでしょ?だけどいーんです私は『アサシン』で。意地でも一生見ねーぞ『ニキータ』。
先日、風の噂で自称アサシン女が男の子を生んだと聞きました。ちょっとは落ち着いたかな、あの子。幸せになってるといいなぁ。とニーナ・シモンのLPを聴きながら、一人追憶にひたる丸顔のガブリエル・バーンであった・・・。

イラスト映画ブログ「こんな映画に誰がした?」http://takunishi.exblog.jp/
投稿者:irony投稿日:2005-08-18 23:23:11
 何年か振りに見た。主人公のB・フォンダの脇毛が妙にエロくて参った。細かいツッコミは多々あるが、(組織が見逃すはずが無いとかe・t・c)まあいいか。最後に振り返って微笑むのは何かしら意味があるのか分からんかった。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 18:11:02
まぁ、これはこれで。
投稿者:ご飯投稿日:2003-06-16 10:37:10
「ニキータ」と比べて評判悪いリメイクだが、リメイク作品としては俺の中ではベスト。オリジナル作品はフランス映画らしく含みを持たせた、というよりあいまいな印象を残す。掃除人の扱いをコミカルにしているから、ハードな世界か、パロディなのか監督の視点がどこにあるのかわからないし、ラストもなんとなく終わって気分もすっきりしない。で、リメイク作品はハリウッド作品らしくわかりやすくすっきりとできばえ。フランス映画とハリウッド映画の違いがよくわかる点で、この両作は良いテキスト。で、わかりやすくすっきりとした作り方は、映画マニアになればなるほど批判されるものになるが、俺はそこが良いと思っている。そりゃあ、時にはハリウッドの単純さ、予定調和の話がシラけたりもするが、このリメイクに関してはこれが正解だった。ジョン・バダム監督の職人技は高く評価していい。やせすぎのブリジット・フォンダがなんとも可愛らしく、彼女が好きになった作品。
投稿者:映子投稿日:2003-05-31 12:26:05
ヒロインは「ニキータ」のアンヌ・パリローの方が魅力的に感じたけど、「ニキータ」のチェッキー・カリョより本作のガブリエル・バーンの方が圧倒的に好き。
それにこの作品ではアン・バンクロフトのセリフで「怒りで心の中が煮えくりかえっていても、顔ではにこやかに笑ってみせる」みたいなことを身に付けることを教えていたようなシーンが確かあって、心に残っています。それって身に付けるのは
かなり難しいから。・・・
作品としては「ニキータ」にはかなわないと思うけど、脇役はこちらの方が良かったです。(ジャン・レノは別として。)
投稿者:dadada投稿日:2003-03-03 21:11:46
「ニキータ」が粗い線使いの劇画なら、この映画は丸っこい線使いの漫画って感じかな。好みは人それぞれだろうけど、オリジナルの持つハードな面が削ぎ落とされてしまっている。もともと、ジョン・バダム映画はマンガ映画だけど、これに関してはオリジナルのインパクトが強いからなぁ...。
投稿者:エゾハリス投稿日:2002-10-22 22:23:25
ニキータは良い作品だったと思います。でもあれを観た時、漠然と何か足りないモノを感じていたのも事実。それを解決してくれるのがアサシン。題名が悪いけど。ブリジット・フォンダがかわいいので感情移入ができちゃいます。ニキータに唯一足りなかったモノをこの映画が解決したのですね。リメイクの理由がそこにあるような気がします。
投稿者:投稿日:2002-09-29 16:56:03
なんか最後まで見ているこっちが悲しかった。でも最後の最後でほっとする感じ。司は結構好きだな〜
投稿者:sonic投稿日:2002-04-29 02:18:26
『ニキータ』の良さが無くなった。ブリジット・フォンダ以外に見るべきところなし。ただの軽い作品になった。
投稿者:nyoroboo投稿日:2001-09-22 01:30:56
この話は、どうして何度も何度もリメイクされるのでしょうねぇ。
こちらは、上司ボブとニーナの互いにものすごく微妙な(娘でもあり、恋人でもあるような)感情の流れや高ぶりがポイントで、「アサシン」の仕事の描写は、かなり甘い描き方。

となると、やっぱり山場は、ニーナの仕事よりは、ニーナの家で3人で食事するシーンでしょう。同棲相手が存在感無くなるほどの視線や感情の絡まりあいが、こまごまと丁寧に描かれてました。もう、 G.バーンの手、視線、ひとつひとつがたまりませんねぇ。その分、上司の冷酷さは薄れてしまったんだけど。
でも、これは、非情な仕事がテーマとはいえない映画なので、それもよし。

アン・バンクロフトも、右に出るものなしの説得力。
投稿者:ぺぺ投稿日:2000-06-11 00:00:17
ブリジット・フォンダが下着姿の場面が多く出てきたけど、女性の目から見てもスレンダーな彼女の下着姿はセクシーというよりかわいらしかった。ガブリエル・バーンの複雑な思いが一番胸にしみました。
投稿者:seiyaman投稿日:2000-06-10 14:04:12
昔はやせてたんだなー
【レンタル】
 【Blu-ray】アサシン/暗・殺・者レンタル有り
 【DVD】アサシン/暗・殺・者レンタル有り
 【VIDEO】アサシン/暗・殺・者レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION