allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

殺し(1962)

LA COMMARE SECCA
THE GRIME REAPER

ベルトルッチの殺し(ビデオ)

メディア映画
上映時間92分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(ケイブルホーグ)
初公開年月1988/07/22
リバイバル→ザジフィルムズ-2013.3.9(デジタルリマスター版)
ジャンルドラマ/犯罪/ミステリー
ベルナルド・ベルトルッチ アーリー・イヤーズ 【Blu-ray BOX】
参考価格:¥ 14,040
価格:¥ 18,476
USED価格:¥ 15,800
amazon.co.jpへ

【解説】
 詩人としての師でもあるパゾリー二の原作を得て、当時弱冠21歳のベルトリッチは鮮やかな監督デビューを飾った。ローマのテーベレ河畔で起きた中年娼婦の殺害事件に絡み、森でアベックを狙うコソ泥、休暇中の兵士、公園で少年を拾おうとするホモ等、様々な人々の証言がフラッシュバックで入り乱れ再現される。その「羅生門」的説話スタイル自体が分かりやすいものではないが、個々の再現映像に詩的なふくらみを持たせ、一面的には見させない犯罪ミステリーに仕上げているのは、処女作としては立派すぎるほどだ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:4531731投稿日:2013-07-21 08:24:55
「夜行列車」でも同じ主題を戴いていたが、女性に対する畏怖の念が主題となっている。
女性の前で無力なさまざまなケースの男たちが登場する。結局、脚本を担当したパゾリーニの主張は、
批判する対象に自分を見ない人々に対する非難であり、批判する対象に自分を見る人々への同情である。
ラストでは、売春婦殺しの犯人逮捕に協力する男が登場するが、一般的には正義漢のはずの男を見るパゾリーニの目は
冷たい。彼は、男に皮肉に満ちたまなざしを向けている。

投稿者:エバ投稿日:2005-04-07 12:17:34
衝撃的作品とまでは言わずとも、
これを21歳で撮ってしまうなんて…ベルトリッチ、早熟の才能、恐るべし。

それよりも何よりもイタリア女の強いこと強いこと…
恋人が捕えらた泥棒が許しを乞うと、恋人に「殺っちまいな!」、
娘と母はアイロン(!)と包丁で喧嘩、
ヒモ男の浮気を確信して、これまた包丁で(しかも路上です)
「今まで食べたもん出しな!」と喉を狙う。
壮絶です。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-03-13 23:53:31
 非常に面白い映画だが、とんでもない傑作、とまではいかない。しかし、日照
り雨(狐の嫁入り)もダンスもこの処女作から描かれていて、カメラも移動しまく
って、嬉しくなること請け合い。森の中を移動するカメラは矢張り美しい。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【レンタル】
 【DVD】殺し HDリマスター版レンタル有り
 【VIDEO】ベルトルッチの殺しレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION