allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ(1988)

BRIGHT LIGHTS, BIG CITY

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA=UIP)
初公開年月1988/11/03
ジャンルドラマ

【解説】
 J・マキナニーの原作自体、スノッブすぎて読者を選ぶのに、それをただ真面目に映画にしてはダメだ。マイケル・Jもいつもの軽みを捨て、シリアスに励んでいるが、子供が背伸びしてわざわざ大人の苦労を抱え込んでるのを見て誰が喜ぶ? テキーラとコカインに溺れる神経衰弱のニューヨーカーたちを皮肉るまでもなく、これも一つの青春-と提示するに留まる映画に誰が金を払う? ラスト、一敗地に塗れて覚醒してゆくマイケル・JがさまようN.Y.の“限りなく透明に近い”青の夜明けばかりが美しい。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sayakamizu投稿日:2016-12-21 15:00:02
解説が笑う。
投稿者:Trash投稿日:2009-05-17 15:28:37
マイケル J フォックスとキーファー・サザーランド主演の青春映画の傑作です!ぜひDVD化して欲しいです。今話題の「ゴシップ・ガール」や「O.C」の監督で今年リメイクもされます。決して明るくて滅茶苦茶ハッピーな映画ではありませんが現代社会に生きる若い世代のありがちな挫折と希望をうまく映像化しています。恋人、友人、母親、会社の同僚、そして新聞の社会欄の昏睡児、主人公はこれらの人たちの中でいろんな経験をして成長していきます。多くの人が共感できるドラマだと思います。日本でもあちこちでファンの声を聞きます。アメリカでは20周年記念DVDも出ましたし、メーカーさん是非よろしくお願いします。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-12-28 11:52:34
やっと新しく見つけたレンタル・ショップで探していた本作を発見しました!いやぁ〜やっと見れて嬉しいです。大好きなマイケル・J・フォックスが珍しく(?)シリアスな演技を披露しているという事で微妙に不安になりつつも、思っていた以上の好演でビックリ。。とても素敵でした。
前半はマイケルが演じたキャラクターに一体何が遭ったのかが良く分らなかったので、ヤクに溺れてしまった理由がとにかく気になって、気になって・・・後半になってやっとその理由がハッキリ分かると、何てマイケル可哀想なの!と思ってしまいました。まったくフィービー・ケイツが演じた女は一体何なんでしょう??最低最悪じゃあないですか!と、ちょっとムカつきつつもマイケルの本当の奥さんでもある綺麗なトレイシー・ポランが出てきてホッっとしましたよ。
何にしてもマイケルのシリアス演技は結構頑張っていて素敵だったし、彼がフェレットか何かに噛まれるシーンには少し笑えました。それに最近落ち込み気味な私にとって彼の役はとても共感出来ましたしね。大好きなダイアン・ウィーストやキーファー・サザーランドの登場も嬉しかったし、ラストシーンに流れる曲とエンドロールに流れる曲がとても素敵で少し泣けました。という訳で思っていた以上の素敵な作品でしたし、大好きなマイケルの素敵な姿も観ることが出来、本当に幸せでした。
投稿者:ポケモン石油投稿日:2006-10-22 02:40:55
【ネタバレ注意】

私もこの作品は大好きな1人です。
マイケルのコメディーでの絶妙の間のとり方は最高ですが
シリアスもナカナカいいですよね。
たぶんJ.FOXの「間」が大好きなんだと思います

最後の曲「Century\'s End」も、この物語に相応しいナイスな曲です

投稿者:ネイさん投稿日:2006-07-05 00:49:43
やっぱりラストのNYの夜明けは印象に残ります。

それと↑の解説者「〜これも一つの青春−と提示するに留まる映画に誰が金を払う?」

そんなこと余計なお世話。
投稿者:善之助投稿日:2006-03-26 22:15:55
私は公開当初に10代で、原作も読まず、予備知識もなく、フラッと映画館に入って見ました。完全に主人公に自分を重ねていました。大げさでなく、この映画のおかげで今の自分が正しく生きているのだと思えます。映画評論とは言えないと思いますが、最高の映画です。マイケル・J・フォックスのその後の人生を考えても、感動します。
投稿者:カンナ投稿日:2005-06-07 23:26:58
マキナニーの原作は面白かったです。マキナニー自身が脚本を書いてますが、映画と小説はちがうのだから、そのまま映画にしてはダメだということでしょうね。
マイケル・Jは魅力的に演じてて、よかったと思います。
こういう退廃的な役は、マイケル・Jにはあまり似合いませんけどね。
投稿者:ASH投稿日:2002-03-09 23:57:50
【ネタバレ注意】

 主演のマイケル・Jがミスキャストと公開当時からいわれていた映画だけれども、なかなか彼は好演をしている。明るいキャラだけが彼の持ち味ではない。

 でも、彼のコメディ演技が好きなファンにとっては納得のいかない映画だろうが。80年代のNYシーンも窺えて、使用されている曲もとても印象深い映画です。
 
 フィービーのモデル歩きは流石です。サントラ盤のCD化を乞う!

【My Cult Film】

投稿者:どんちゃん投稿日:2001-01-22 16:24:25
へ〜、VIDEOってもう廃盤になってるんだ?おいらこの作品好きで、VIDEO買ったんだよなあ。それにしても上の解説、随分批判的だなあ。「これも一つの青春−と提示するに留まる映画に誰が金を払う?」って書いてあるけど、おいらちゃんと金払って買ってんだよねえ。たぶん自分が仕事や恋愛で落ち込んでる頃に買ったと思うんだけど、共感できたし、慰めにもなった映画だった気がします。映画って出会う年齢や境遇やタイミングによって、随分観方が変わってくるもんだから...。

映画を観る前に原作は読んでたんだけど、え〜、これを映画にするの〜?って感じだった。だって2人称で書かれてるんですよねえ。2人称って、つまり「君は今、○○しようとしている」みたいな感じで延々と最後まで。(してねえよ!って思ってしまう)
でも映画は2人称ってわけにはいかないから、角度も変わって、素直に感情移入できました。特に、堕落的な境遇にいる方にはおすすめです。
投稿者:かず投稿日:2001-01-10 06:43:12
日常の問題を抱えながら悩むごく普通の主人公ジェミーに
自分を投影してながら観ました。共感できる映画でした。
ラストのNYの夜明けは印象的ですね。
【レンタル】
 【VIDEO】再会の街/ブライトライツ・ビッグシティレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 再会の街/ブライト・ライツ、ビッグ・シティ
新品:¥ 1,080
9新品:¥ 937より   1中古品¥ 9,091より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION