allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フェイク(1997)

DONNIE BRASCO

メディア映画
上映時間126分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1997/11/15
ジャンルサスペンス/ドラマ
レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード/フェイク [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 2,448
USED価格:¥ 3,600
amazon.co.jpへ

【解説】
 数多くのマフィアを摘発したFBI潜入捜査官、ジョー・ピストーネの捜査の全貌を描いた実話の映画化。現在もマフィアに50万ドルの懸賞金を掛けられ、隠遁生活を送る伝説的潜入捜査官ジョー役を、ジョニー・デップが熱演。また骨太なドラマに磨きをかける、アル・パチーノの好演も見もの。単身、NYのマフィア組織に潜入したFBI捜査官ジョー。ドニー・ブラスコという潜入名で街に潜伏した彼は、ある日レフティという男に出会った。彼に息子のように可愛がられ、さらに危険な世界へと導かれてゆくドニー。そしてレフティはドニーの出現に夢を見、再び人生を掛けるが...。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aセント・オブ・ウーマン/夢の香り (1992)
[002]Aシックス・センス (1999)
[003]Aヒート (1995)
[004]Aスカーフェイス (1983)
[005]Aカリートの道 (1993)
[006]Aキャスト・アウェイ (2000)
[007]A許されざる者 (1992)
[008]Aギルバート・グレイプ (1993)
[009]Aスピード (1994)
[010]Aミッション:インポッシブル (1996)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
46386 8.39
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:jb投稿日:2012-08-18 20:51:53
十分楽しめた。
投稿者:inres9投稿日:2011-09-04 10:23:56
アル・パチーノ vs ジョニー・デップ 一見の価値あり。
投稿者:hide投稿日:2011-08-05 13:03:16
どこまでが実話なんだか・・・
だいたい妻子持ちの潜入捜査官なんてあり?
普通に何度も帰宅してるし。
ホモみたいに男同士でしょっちゅうつるんでいる奴らから怪しまれないか?
FBIと接触するときもそう。
短時間に公衆の場ならともかく、緊迫した状況でアジトに長時間(まったりしたシーンがある)なんて信じられない。
結局、脚本がバカなんだろうけど。
和風レストランで靴を脱がないシーンは、名作『プリンス・オブ(・ザ)・シティ』のパクリだし。

ただ、先の見えた冴えないマフィアと、その男に次第に感情移入していく潜入捜査官というモチーフはいい。
もちろん、二人の演技も。
投稿者:こじか投稿日:2010-12-14 01:11:02
何も期待せず試写会で鑑賞。予想を裏切ってかなり面白かった。当時のマフィアモノはやたらとハードボイルドやダークな世界観などに走りがちでしたが、そのあたり変に色気づいてないのも好感持てます。どうせハリウッドの新作映画を観るんならこれくらいのクオリティへ巡り合いたいですね。90年代の作品としてはかなり健闘してるのではないでしょうか。
投稿者:mototencho投稿日:2010-06-07 20:48:27
ジョニー・デップの力のある“目”の演技は饒舌なアル・パチーノと好対照で、実力伯仲といったところでしょうか。
http://mototencho.web.fc2.com/acter/jonnyd.html#donnie
投稿者:Normandie投稿日:2010-05-27 01:02:56
ゴッドファーザーと見比べるのも面白い。アルには寄る年波を感じますが、ホンモノの俳優は監督が誰でとんな役であろうと関係なし きっちり自分の仕事しますもの。
それに比べていつも過大評価のJ・デップは普通の役をするとボロがでる(ネバーランドなども)これで平凡な俳優、あるいはオフビートを気取ったハリウッドスターとわかったし、アルやM・マドセンなどにくわれてる。「インサイダー」のラッセル・クロウは互角に戦ったが・・これはデップだけ物足りず、タイトルデザインなど含めて映像はよかった。
投稿者:scissors投稿日:2010-05-21 10:14:56
実話を基に、とか言ってもどこまでホントかなんてわかんないから話半分で…。

それはさておき、けっこうスケール小さい話なのね。
おまけにリアリティも感じないし緊迫感や迫力も無い。

監督の力不足かねぇ?とか思ってフィルモグラフィ見たら、
方向性とか統一感とか全く無いのね。
どういう人なんでしょ?

【2012年5月】
再見したが、やはり薄くぬるい。
ジョニー・デップも演技派とは思えない。
投稿者:gapper投稿日:2010-03-29 23:37:01
 実録犯罪物。

 ストーリーも演技もしっかりしていてなかなか良い。
 ただし、映画としてはアクションも少なく特に日本人には共感性は薄いという意味では面白みに欠ける。

 ドニー(ジョニー・デップ)の家庭がしばしば出てくる。
 潜入捜査官の実態のメッセージ性やアン・ヘッシュの下着姿サービスとしての意味はあるが、ドラマとしての必要性は薄い。
 3人の子持ちで夫が留守がちなのに、あの下着や色っぽさはないだろう。

 アル・パチーノもデップも適役ではある。
 アル・パチーノは、26人も殺した年老いた下っ端の顔役だが抜けている。
 実際は、そうだろうが映画としては魅力は薄い。
 この映画には、事実だし良いが魅力に感じない、そういう所が多かった。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 22:21:12
アル・パチーノ
投稿者:ジェームス投稿日:2009-08-15 17:17:10
やっぱりアル・パチーノはうまい。共演のジョニー・デップは完全に喰われていたね。まあデップの役はキャラクター設定に問題があったね。そこがこの映画の唯一の欠点である。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-31 11:35:42
登場人物に感情移入できるかどうかで映画の感想は変わると思うのだが、今作に関してはジョニー・デップの役に感情移入が全く出来ず…残念。
投稿者:クリモフ投稿日:2008-09-20 02:42:37
この映画もう名作と評価が固まってて、すんごい期待してみたんだけど、それほどかなぁ、、話もしっかりしているし、キャラクターもちゃんと個性的で役者もうまいんだけど、いまいちそれらの要素が魅力的に写らない。やっぱり期待しすぎたんでしょうか。
あと確かに男泣きの映画なんだろうけど、それならアン・ヘッシュの役柄はなんか不必要な気もするんだけどなぁ。彼女でてくるたびに失速してしまいました。
部分部分ぐっと来る場面はあるんだけれど、なかなか持続しない。個人的にはよくあるギャング映画の一つです。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-17 18:16:12
実話に基づくという点は驚きだが、潜入前の状況をもう少し長く見せても良かったかな・・・。
どうやってその土地に入り込んだのかが一切無く、唐突にバーカウンターにいるっていうのが面白みに欠けた。

しかし、劇的な展開ではないもののジワジワ緊張感が伝わってくるストーリー運びは見事です。
マフィア絡みのストーリーのわりに人物相関図が掴みやすいのも高評価ですね。

地味にとられがちな演出ですが、セリフや表情・しぐさによって全ての心情を表現している繊細さがGOODでした。

迫力あるアル・パチーノがチンピラ役というのも新鮮で良かったです。
彼の時折見せる父性にちょっぴり感動しました。
ジョニデの苦悩もギリギリ感が伝わってきますし、少しずつ人格が変化していく様子を自然に見せてくれました。
・・・が、やはりこの作品はアル・パチーノに限りますね。
惨めなだけのチンピラが、アルのおかげで哀愁のマフィアに変わるんだから凄いですよ。
アルマーニも似合うけどジャージも似合っちゃうなんて流石です(笑)

ただ唯一、アン・ヘッシュのキャラクターにだけは感情移入できなかった。
同性として好きになれない奥さんでした(汗)

結論;女性でも鑑賞できるギャングドラマですが、どちらかと言えば男性の方がグッと来やすいテイストだと思います。
投稿者:irony投稿日:2008-02-17 14:33:14
 ジャージ姿のパチーノ やさぐれ感じで似合ってる(笑) ラストを見る感じではデップよりはパチーノの作品かね? 実際の所捜査官にそんなシンパシーがあったかどうかは疑問だけどストーリーの肝がそれだからしゃぁ〜ないわね
投稿者:J.J.投稿日:2007-06-25 12:58:31
ジョニー・デップとアル・パチーノの共演というだけでも観たいと思ったが、物語の内容も最高によかった。自分の中ではベスト10に入る映画といってもいいかもしれない。アル・パチーノの哀愁漂う演技に思わずじーーーんときてしまいます。なんていうのか、いいとか悪いとかじゃなく、人と人との義理人情みたいなものを感じさせてくれる映画です。もちろんジョニー・デップも最高でした。

投稿者:roko投稿日:2007-04-22 16:56:34
だいぶ前に見ましたが、また久々に見てやっぱり良かった!
男同士の絆が後半ひしひしと伝わってきてまた泣けました。
アル パチーノとジョニー デップの大好きな二人が出ているので
なおさらです。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 22:39:07
信頼と友情を裏切るのは、相手が犯罪者でも、人として切ない。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-01-29 15:32:16
ハラハラする場面あり、男気あり、ちょっと切ない場面もあり、
なかなか見応えがあって良かったと思う。
投稿者:インベラー投稿日:2005-11-06 17:27:14
マフィア映画といえども、奴ら組織もゴッドファーザー世代とも違うし、ファミリーも違う。日本人はマフィア映画っちゅうとゴッドファーザーをイメージしてしまうのが悪い癖だと思う。これは泣ける!映画を正規の写真として観るのではなく、再現VTRとして観るならば、アルとデップの共演は非常に豪華である。「こたえてちょ〜だい!」でもこの位豪華な再現VTRを作って貰いたい物だす!観れ!
投稿者:spink投稿日:2005-10-13 00:24:38
期待したよお、凄く。
実話ってのが逆に足引っ張ってるね。完全創作の方がもっと面白くなった。
投稿者:william投稿日:2005-05-12 16:35:25
確かに面白いストーリーだったけど、個人的にはそれ程すごいと思える映画では無かった様に思えた。過去のマフィア映画と比較すればあまりパワーは感じられないし、何となくデップ人気のせいか、やたらと過大評価し過ぎのようなそんな感じの映画。やはりあざとさを感じてしまうストーリーが鼻についてしまうからなのだろうけど、マフィア映画ということを考えずに見たら、もう少し楽しめたかも。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-05-10 17:53:21
アル・パチーノの滲み出るような演技が実に素晴らしかったです。
爐前だから許す・・爐箸いΕ札螢佞ズシリときた。ジョーの苦悩もわかる気がする。
そしてそして、影で家庭を守る奥さんがとっても大変だったろうとも思った。

ジョニーはFBI捜査官よりも、チンピラ風の方がピッタリきますねぇ・・。
投稿者:フリクリ投稿日:2005-04-02 11:42:14
普通に「ドニー・ブラスコ」って邦題で良かったのでは?
「フェイク」ってなんか浅くてカッコ悪い。
いかにも芸の無い日本人が付けた題名。
内容は素晴らしいですよ。パチーノ作品の中でも大好きな物のひとつです。
でもこの作品を友人に紹介するときは、「『ドニー・ブラスコ』は最高だぞ!」と言って紹介したい。
その方がカッコいいから・・・。「『フェイク』は・・・。」はちょっとね・・・。
投稿者:さち投稿日:2004-06-22 18:56:38
長い
投稿者:巨人の星投稿日:2004-06-18 12:48:27
【ネタバレ注意】

やっぱパチーノはこうでないとね。
デップもすごい!パチーノとしっかり渡り合ってた。
KILLBILL、007と最近活躍してるマドセン。
この映画ではメッチャおっかない男に感じたが
最近はお笑い系になってきてる。
レザボアとかみたいな恐ろしい男をもっと演じて!
てゆーか、この4つくらいしか彼の映画は観てないんだが・・・
スピーシーズは見る気しねー。
この映画の、レフティの最後にはホロリときました。

投稿者:yukko投稿日:2004-04-28 13:59:27
初めはジョニデがとてもクールで少し怖い役なのかなって思いながら見てました。でもレフティーとの中が深まっていくうち次第にジョニデのやさしいまなざしになっていくのを見て「わぁ〜ジョニデの瞳だ!」と静かに興奮してしまいました。あの優しい目、相手を思いやるようなでもどうしていいのかわからないっていうような母性本能くすぐるようなあの目はたまりません。
投稿者:カフカ投稿日:2004-02-11 00:21:21
パチーノ対デップ!見ごたえは十分
投稿者:Johnny投稿日:2004-01-29 20:10:33
オープニングから出し惜しみせずガンガン、
A・パチーノとJ・デップが絡みまくり釘づけになります。
アルの存在感は凄まじく、それを迎え撃つジョニー!
アル相手にあそこまで渡り合える役者はそうそういないと思う。
ジョニーという俳優は見るたびに新鮮さを与えてくれる
素晴らしい役者でこれからが楽しみな人です。

ストーリーもこれまた実話を元に作られており、
潜入捜査官の苦悩とマフィアの掟が描かれて、考え深い作品です。
二人以外にもM・マドセンを筆頭にいい俳優がたくさんいて、
マフィア映画というのは本当に
個性的な役者が出てると改めて思いました。

レフティーの最後の言葉なんて、心に響きました。
みんな本当にいい演技なので必見です!
中でも、やっぱりアルの絶頂期の過ぎた、
人間味溢れる男が一番印象的でした!
投稿者:quadrant投稿日:2004-01-13 10:57:28
【ネタバレ注意】

・・見慣れていないせいか、何時になったらマイケル・マドセンの尻を蹴飛ばすんだろうと待っているうちに終わってしまって、拍子抜けした覚えがあります。
それでも10点です。あの顔に「茫然自失賞」を捧げます。

投稿者:でぼら投稿日:2003-10-08 17:11:24
ジョニー・デップが見たくて、(パイレーツを見て、という理由は下の方も同じでしたね。)見ましたが、アル・パチーノに泣かされました。何て、上手いんだろう。
もう、上手いとか、渋いとか、そんな事を考えさせないほど、レフティーでした。
あの眼。忘れられない。ジョニー君もはまっているのに、かすんじゃう位、アルでした。やっぱり。
投稿者:ZERO投稿日:2003-06-17 20:16:02
この映画大好きです。男の友情にも感動できるし。
大げさな役が多いと言われることも多いアルパチーノですが(俺は大好き)、
いや、どうしてこの役の冴えない男さ、下っ端、雰囲気出まくりですな。
アルパチーノやっぱあんたはすげぇよぉ。
これからも活躍お願いします。
投稿者:トリガー投稿日:2002-09-08 17:38:41
これも「天使のくれた時間」と同じ。
無駄な「その後」を描いていないところがよい。
まるで親子のようなアル・パチーノとジョニー・デップの付き合いが
あったからこそ最後は切なくてたまらない。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-04-03 01:03:52
アル・パチーノの存在感は抜群。ジョニー・デップも渋さは無いものの、うまく演じている(アルの演技には圧倒されている感じだが)しかし、。この両者の熱演がありながら、物語はあまり盛り上がらない。

主人公ジョーに正体がばれるのでは?!というような危機感が感じられず、潜入捜査の緊張感に欠けてしまっている。また、主人公の職務とレフティ−との友情(と言ってよいのだろうか)の間で揺れる心情についても、サラリと流されている感じで描かれているのも物足りない。

物語の設定は重厚な人間ドラマ(しかも実話ベース)になる要素をかなり含んでいたのだが、それを生かしたストーリーを作り出せなかったようだ。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-24 21:12:03
本人は実際同情なんてしなかったって本当ですか?!
そんなー。
とりあえず、この作品は面白かった。胸が痛い。
ジョニーデップもアルパチーノもかなりカッコよかっ
たです。
投稿者:きくゑ投稿日:2001-08-17 15:09:56
レフティ役のアルパチーノはやっぱりかっこいい。
ラストの場面、レフティの「お前だから許せる」というセリフがぐっときた。
実際ピストーネがマフィアの世界の中で何を思ったのかは結局わからないが、
レフティの愛は本当だったんだろう。
投稿者:タルチュフ投稿日:2001-07-10 18:16:13
アル・パチーノがとっつかまるところで、不覚にも泣いた.
映画としては決して良い出来ではないと思うんだけど.
実話云々に関しては、マフィアに追われてるとかいいながら日本に来て記者会見とかしてるピストーネはいかがわしいと言っていた淀川さんに賛成.
投稿者:プモリ投稿日:2000-09-01 00:09:26
 ちょっと太ったアルパチーノ、                       頭の切れないアルパチーノ、                        大きいグラサンのアルパチーノ                       どれもカッケー!!命を張れる位の人と人とのつながりに、多くを学びました。 ジョニーデップがブラッドピットだったらいいかもしれませんね。
投稿者:うだうだ投稿日:2000-08-23 17:23:03
よれよれのアル・パチーノと不良っぽいジョニー・デップ。
脚本がいいせいか、最後までぐいぐい惹きこまれました。
不良っぽいジョニー・デップは、かっこいいぞ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚色賞ポール・アタナシオ 
□ インターナショナル(非ヨーロッパ)作品賞マイク・ニューウェル 
□ 作品賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION