allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エアフォース・ワン(1997)

AIR FORCE ONE

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナ)
初公開年月1997/11/29
ジャンルアクション/サスペンス
エアフォース・ワン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,904
USED価格:¥ 1,400
amazon.co.jpへ

 Photos
エアフォース・ワン

【解説】
 アメリカとロシアの協力によってカザフスタンの独裁者ラデクがついに逮捕された。命令を下した合衆国大統領マーシャルは、モスクワでの会見でテロには決して屈しないことを宣言し大統領専用機(エアフォース・ワン)で帰途についた。だが、その機内にはロシアのTVクルーを装っていた6人のテロリストが潜入していた。テロリストのリーダー、コルシュノフは乗客乗員を人質に取り、アメリカ政府にラデク釈放を要求する。政府が決断を迫られる中、辛くも難を逃れた大統領は単身、テロリストへ戦いを挑もうとしていた!
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
村井国夫ハリソン・フォード合衆国大統領ジェームズ・マーシャル
高畑淳子グレン・クローズベネット副大統領
山路和弘ゲイリー・オールドマンコルシュノフ
野沢由香里ウェンディ・クルーソングレース・マーシャル
岡村明美リーセル・マシューズアリス・マーシャル
富田耕生ポール・ギルフォイル首席補佐官ロイド・シェパード
谷口節ザンダー・バークレイギブス捜査官
田中信夫ウィリアム・H・メイシーコールドウェル
羽佐間道夫ディーン・ストックウェル国防長官ウォルター・ディーン
田原アルノトム・エヴェレットジャック・ドハーディ
放送2006/10/06 日本テレビ 金曜ロードショー
放送2009/10/18 テレビ朝日 日曜洋画劇場

DVD
※このデータは放送当時の情報です。
村井国夫ハリソン・フォード合衆国大統領ジェームズ・マーシャル
佐古正人ゲイリー・オールドマンコルシュノフ
塩田朋子ウェンディ・クルーソングレース・マーシャル
小山武宏ポール・ギルフォイル首席補佐官ロイド・シェパード
収録【Blu-ray】エアフォース・ワン
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1598 6.53
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-12-01 19:11:11
【ネタバレ注意】

大統領だってアクションしまくるのがハリウッド、何せW・ペーターゼン監督ですから。ハリソン・フォードは危機一髪をくぐりぬけ、テロリストたちをやっつけてくれます。1997年公開の作品ですが、テロリストたちの非情さは、20年近く経って登場した「イスラム国」に匹敵するかもしれません。その意味では時代を先取りしているといえるかも。
ゲイリー・オールドマンは少々ヤサ男過ぎる感がなきにしもあらずですが、それなりの存在感。「死にたくない…」と命乞いする無抵抗の女性報道官(だったっけ?)の頭をあっさり撃ち抜くあたりは、非情のテロリストの面目躍如、か。観ている方は、そりゃハリソン・フォード大統領(役名なんて忘れちまった)を応援してしまう。
いくら銃を乱射しても機体に穴も開かないのは、攻撃に対処するためのエアフォースワンの頑丈さゆえか。
まあ、エアフォース・ワンが乗っ取られるなんていうマヌケな設定がいいなあ。
舞台は密室。闘う大統領。アメリカは強い。無敵だ。そんな“いかにも”大作ではあるけれど、きわめてしまえばそれはそれで潔くてよろしいと思います。

投稿者:sachi823投稿日:2014-04-12 17:40:19
ハリソン・フォードの顔をじっと見ていると
実に味わいのある顔だと思えてきます。
大統領を主演にアクション映画をつくるアメリカはすごい。
馬鹿にはできない作品です。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-02-26 00:18:26
テレビで何回も、いやっちゅうほど再放送しとるね。
『コン・エアー』『インビジブル』と張ってる。
投稿者:scissors投稿日:2012-09-26 03:20:56
冒頭の音楽からして凄まじくプロパガンダ臭がムンムン。
数分で停止。

ハリソン・フォードの髪がヘンだった。
投稿者:nedved投稿日:2011-01-14 13:50:56
ハリソン・フォード
投稿者:ジーナ投稿日:2011-01-01 01:50:22
アメリカ大統領専用機「エアフォース・ワン」がハイジャックされるというショッキングなアイデアが光るサスペンスアクションです。
テロリスト犯vs大統領という何とも非現実的な設定ですが、様々なところに王道パターンを用意しているので見慣れた感のある、まさに民放好みな作品に仕上がってます(笑)

主人公の大統領・・・従軍経験アリの人物背景があるとは言え、アグレッシブすぎですね(爆)

家族かテロリストかというストーリーのベースはペーターゼン監督らしいですし、まさにザ・アメリカな映画です。
ここが好きか嫌いかで評価は大きく分かれるでしょうね。

航空機を舞台にしているので密室劇の緊迫感がありますし、機内での銃撃戦などはスリル満点でした。
他にもダイナミックな映像でアクションを楽しむ事が出来ましたよ。

登場人物それぞれのドラマも楽しめますし、副大統領の心情などもなかなか見応えがありました。

グレン・クローズの緊張感のある演技は効果的で存在感抜群でした。
まなざしが優しげなゲイリー・オールドマンのクールでキレキレな演技も印象深かったです。
そして個人的に好きなウィリアム・H・メイシーの味わい深い演技もGOODでした。
これだけの演技派を要所に配置している中、終始ハリソン・フォードな作品になっているのがある意味凄いです。
どうしてこの人が出演すると何でもハリソン・フォード映画になっちゃうんでしょうね。
ただ全面的に頑張っていたハリソンですが、年齢的にアクションの切れ味がなく重々しくなっちゃってました。
個人的にあまり好きじゃないハリソンさんですが、声は渋くて素敵ですね。

音楽の使い方もベタですし、演出もベタベタ、、さらにはハリソン・フォードが善でゲイリー・オールドマンが悪なベッタベタな配役という見事なベタさ加減で楽しませてもらいました。
勧善懲悪なシンプルストーリーですがテンポが良いので飽きずに鑑賞できますし、程よいドラマ性に政治的な動きもありつつアクション満載で描いた安心して楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっています。
とにかくリアリティや細かい点を気にしなければ、ヒーローアクションが観たい時にピッタリの作品だと思いますよ。
若干、コンエアーとカブりますけどね(爆)
投稿者:こじか投稿日:2010-08-18 04:01:04
【ネタバレ注意】

近年のハリウッド製では結構楽しめる大作映画。
万全の警備とハイテクマシンを前に、テロリストが武器含めて
飛行機へあっさり潜入する部分のみ掘り返すと実は"?"ですが、
もうそんなことをチャラにする程ハラハラ楽しく観終えることができました。

「映画は脚本」とよく言いますが、
これがセガール主演だったら、ハラハラの真逆を地でいく
盤石の安定感をもつ大統領だったでしょう。
やはり演者も重要です(真顔;)。

投稿者:has42120投稿日:2010-08-05 01:24:05
グレン・クローズ&ハリソン・フォード
投稿者:uptail投稿日:2009-10-22 00:31:22
ゲイリー・オールドマン
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 05:07:47
大統領自ら闘ってしかも勝つなんて!? 
ありえないながらもハリソンのカッコ良さとサスペンス的な面白さが相まっていい映画になってる。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-11-25 23:06:28
【ネタバレ注意】

って位、必死に家族を守る男の姿。
所謂、ダイハードです。

でも、ウィリスがやったら大統領としては庶民的過ぎるでしょう。
ハリソンはよく金持ちな医者の役とかやるが、ウィリスがやったら…無免許医とか…腕は良さげかも?

いや、前に観たときは、危険な情事も101も観てなかったので…グレン・クローズが、まともな役。
ゲーリーも悪役とはいえ、まともな役〜つまり格好良いって事。
…大統領の娘、可愛いね。

いや彼が大統領でなきゃ、人質も要求も無意味なのだが、ダイハード的に乗員(なりより妻子)を救出しようと奮闘する1人の男の大活躍…って意味で結構なアクションムービーですね。
最後の裏切り者が微妙。伏線を張ってるので、裏切ってくれないと困るのだが、タイミングと行動が微妙。
実際、そんなエピソード忘れてたさ。いやあの将軍が土壇場で…の結果も「そうだったかなぁ」〜こんなに人が死にまくったっけ?(しかも自己犠牲組が凄い)って所なので、僕の記憶力はいい加減なものですが。

機内の発砲?特別仕様だからOKなのかもね。

投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-11-03 21:51:37
強すぎる。こんな大統領だったら返って怖い。
作品としては、ま、想像通り。
投稿者:nanako投稿日:2007-10-12 13:59:52
【ネタバレ注意】

ポセイドン・トロイ・パーフェクトストーム・アウトブレイク
のウォルフガング・ペーターゼンが、監督、製作した映画。

クリントン大統領から、
本物のエアフォースワンを借りて撮影したそうで、
大統領専用機の内部の様子も知ることができました・・♪

大統領の脱出カプセルがあるなんて、知りませんでした。 

空飛ぶホワイトハウス、大統領専用機エアフォースワンが、
テロリストにハイジャック、占領されます。

本来、大統領と言えば、安全なところから、
指示や許可を出すだけですが、
ハリソン扮する大統領、自らが、
危険を冒して、独りで、敵と立ち向かっていくなんて、
普通では思いつかない、よく考えられたストーリーです。

ハリソンフォードの役どころは、
いつも、ハイソサエティな職業で、
大切にしている家族が、人質に取られて、
そして、命がけで助けるという設定が多いようですが、
その代表的な作品です。

ハリソンフォードって、知性と優しさと威厳がありますよね!

テロに屈しない、許さないという・・
自ら決意した国家の政策と、
家族を想う愛情との狭間で、
葛藤・苦悩する大統領役・父親役もぴったりで、
正義感を持って、勇敢に立ち向かう姿は、熱演でした。

カプセルで脱出せずに、機内に隠れ、
荷物室から携帯電話を利用して、
副大統領のいる国家安全保障会議室へつなぎ、
スピーカーで、敵とのやりとりを聞かせ、
エアフォースワンを攻撃するよう指示を出すシーンは、
緊張感がありました。

ねずみに菓子をやったら、
次は、ミルクを欲しがる・・
絶対、要求をのんだらいけない・・

なんとしても、着陸させないといけないと、
牛乳パックが破れて空になっていくのを見て、
飛行機の燃料を捨てることを、ひらめきます。
が、犯人が燃料補給を要求し、
その開口時に、32名の人質をパラシュートで脱出させます。

家族に銃を向けられて、どうしようもなくなり、
テロリストの要求をのみ、
ラデクを釈放してしまいます。
(やはり家族への愛が一番大切です。)

が、パイロットのいなくなった飛行機から、
パラシュートで逃げようとするテロリストを、
危機一髪で倒し、即座にラデク射殺の指示を出し、
釈放寸前、悪党を撲滅しました!

「ラデクを射殺し、大統領が機を奪還しました!」と
報告を受けた瞬間に、
皆が、両手を挙げて、歓喜の声にあふれるシーンでは、
一丸となって、国家や大統領の無事を祈っていた強い思いや、
同胞の仲間意識、困難を乗り越えた歓びが、ひしひしと、
伝わってきました。

パイロット不在の飛行機を、
大統領自ら、指示を受けて操縦しますが、
ミグの攻撃を受けたり、燃料が切れたり、
機のトラブル発生など、
最後の最後まで、ハラハラさせられます。

エアフォースワンが、海面に激突するシーンも
迫力ありました。

国民のために自ら戦った大統領を誇りに思い、
みんなで、安否を憂い、無事を喜び合う、
「大統領閣下、わが機へようこそ・・」と敬礼するシーンは、
感動的でした。

必死で守り抜いた家族愛も、素敵でした。
ラストは、すがすがしいです。

投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 23:39:18
無難に楽しめる。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2007-01-18 15:06:18
面白い!!ハリソンかっこ良い♪ゲイリーも悪役はまってて見事な演技でした。
こんな大統領がいればなぁ。音響が凄い良かった。
H・フォード主演作で一番好きな映画。
投稿者:KAFIN投稿日:2006-10-07 00:40:02
明日WTC公開するのでTVでやってた。冒頭のカザフの将軍誘拐と大統領の演説「我々は悪と絶対戦う」は、当時の現実ままでしょうね。そして大統領は正義を貫きメチャ強いしかっこいい。起きてる事を整理すると対テロ戦争を宣伝するプロパガンダ映画になってます。
 これは制作が911テロの前だから仕方ないけど、その後こうした映画はハリウッドでは作らなくなったね。紛争をネタにするものだから映画が現実を予言してしまった一例ですね。違うのは映画では暴力で全てが解決されるが現実ではそうではないこと。映画自体はアクション映画として楽しめるし、出来も標準以上だけど、上映が終わった瞬間に悲しくなる。そして終わっても楽しい気分を持続する人には、あからさまなプロパガンダになっている事を思うと、なお笑えない。
投稿者:DJazuma投稿日:2006-08-27 07:45:39
映画においての大統領は普通、人質とか、指揮官とか、許可を出すだけとか、結構安全なところから話に加わる存在なのだが。

そんな彼を戦わせるというアイディアを平気でやってのけるとは!
脱帽です。

しかもおもしろい。娯楽作品としては一級品でしょう。
投稿者:brilliant tomorrow投稿日:2006-08-14 20:53:09
好きですねぇ。何度も観てます。超オススメ映画です。かなりダイハードしてますね。個人的には、『ダイハード3』は、こういう設定でやってほしかったな。。。。
細かいこと気にせず「アクションもの鑑賞」というスイッチに切り替えて映画を観られる人なら、きっとワクワクとしながら最後まで引っぱってってもらえるでしょう。
飛行機って極度に苦手なのですが、飛んでる状態でもこうやって助けてもらえるかもしれないんだと思ったら、苦手度が2%くらい減りました。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-06-15 23:08:26
なかなかおもしろかった。ちょっと大作を意識しすぎたかな?
投稿者:william投稿日:2005-06-06 04:03:53
つーかそんな簡単にハイジャックされるなよ、等とツッコミたい場面満載のお気楽アクション映画。でも本当に何にも考えないで楽しめるので、適当に見るのに最適。CGは今考えると有り得ないくらいショボいが。
投稿者:ジロウ投稿日:2005-03-26 01:31:03
t2 バカか。あれは裏切り者を観客だけが知ってるから面白いんだろ。いつコイツは本性だすんだろうってな。それから、「めっちゃCGやん」とか言うやつはそうとう想像力ねーなと思う。CGだよ!当たり前だろうが!ほんとうに飛行機海に落とせってか!!? 
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-21 00:36:59
【ネタバレ注意】

ラスト、「こちら、エアフォースワン」というのがかっこよかった。

投稿者:Carol Sakeski投稿日:2004-10-13 15:16:00
“24”の1stと2ndを見た後に、この映画を見ると
裏切り者のザンダー・バークレイの存在意義が
かなり上がる感じですね。まだ髪の毛いっぱい
あったのね!
ハリソン・フォードは主役にして、相手役を
引き立ててしまうっていうのが長所なのか短所
なのか…。チューバッカが一番相手としては無難。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:Adolphe投稿日:2004-07-28 03:06:51
ハリソン・フォードって全然表情変わんないですね。
大統領があんなにあっさり人殺ししていいのかーと思いました。

まーまー楽しめたけど、ゲイリーがいなくなってからの展開はどうでもいいってカンジです。
投稿者:D.投稿日:2004-07-23 12:21:50
いわゆるヒーローではないが、正義感を持ち、悩みながら正しいことをしようとする主人公を演じさせたら、H・フォードの右に出るものはいないのではないでしょうか。また、テロリストの主犯役にG・オールドマンが扮し、キレまくった演技を見せています。全体的には良くできた作品なのですが、いくつかご都合主義的な気になった部分もあります。元ヘリ・パイロットという設定の米大統領はテロリストに一人立ち向かっていく訳ですが、国家元首という立場を忘れ、国家、更には世界の危機まで忘れて、無謀な行動に走るのは現実の世界であれば大問題なのでは?また、テロリストの行動の背景や手助けする米側の協力者の描き方がイマイチ説明不足です。

全然関係ありませんが、本作品、真っ先に連想したのは、ジャック・ライアンを主人公とするT・クランシー著の小説群。H・フォードが米大統領を演じているのも興味深いです。というのも、最新のジャック・ライアンもので彼は大統領に就任していますので。就任までの経緯の関係上、映画化されるかどうかは疑問ですが。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-16 06:26:59
単純に、おもろいっす!
日常の細々とした悩みをとりあえず脇へ置き、ビールを呑みながら観たい作品。
投稿者:フリクリ投稿日:2004-07-02 13:09:04
やっぱゲイリー・オールドマンでしょう!
ハリソンも好きだけど私の中ではこの人はハン・ソロが最高だったから、老け顔はちょっとね・・・
俺たちアメリカ人が世界の支配者と言わんばかりの映画だが、こんな映画を作れる国も羨ましい。
批判者の大半がアメリカという国を、心の底では羨ましいと思ってるはず・・・
ゲイリー演じるテロリストも、彼の信念を語るだけでなく、過去や恨みをもっと描いて欲しかった。
彼ら旧ソ連派の人間の気持ちもわかる。自由を餌に民衆を手なずける民主主義国家と、
権力で大衆を支配する社会主義国家ではものの考え方が根本的に違う。
そんな国同士が対立するのは当たり前だ。
確かに支配される大衆は気の毒だが、それは何世紀も前から続いていることだし、それで社会主義国家が成り立ってきたからね・・・
ソ連の兵士を主人公にした、ソ連のアフガン侵攻を描いた映画が見たい。
最近ゲームで「メタルギアソリッド3」をやったり、「ブラックラグーン」という漫画を読んで、
ロシア人のかっこ良さに惚れ始めている。オバサン達がヨン様を好きになるのと同じようなものかな・・・
投稿者:さち投稿日:2004-06-13 06:42:13
スーパー大統領に万歳
投稿者:ヤギ投稿日:2003-12-15 11:15:30
普通に見れば、アメリカ万歳映画に見えます。
ただ、この映画の違うところは、ゲイリー・オールドマンの演じるテロリスト
に、一定の理と存在の意味が与えられているところだと思いました。

金でも、殺しでもなく、純粋に思想のために狂っているタイプのテロリストって、
この手の映画だと、まずお目にかかれないんじゃないかと。
すごく残忍で、やっていることに同情は出来ないけど、
「この人、もともとは、悪人でもテロリストでもないんだろうな」
と思わせるものがありました。もちろん、ゲイリー・オールドマンの演技が
あってだろうけど、映画としてもそういうふうに描きたかったんじゃないかと。

そういう部分にひかれる映画でした
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-08-15 14:16:13
クリントン大統領の不倫疑惑が話題になってた時、とあるワイドショーでこの映画が紹介されて、「アメリカ大統領はこうあるべき。まあこの例はさすがに極端すぎますけれども」とか言ってました。

そこで考えたんですが、ベーターゼン監督はただ単にアメリカ万歳な映画を撮ったのではなく、この作品を通して「大統領はこういうヒーロー的な人物であるべき」という、当時の大統領に対する皮肉を言いたかったんじゃないかと思います。
だって「Uボート」という、連合軍側を敵に回した物語を撮った監督が、普通に『アメリカ最高ー!!』な娯楽映画を撮るとは思えないんですが。
考えすぎですか?
投稿者:quadrant投稿日:2003-05-01 07:44:55
・・「むっちゃCGやん、これ」の一言で、使い終った(?)エロ本のような虚しさを、思い出してしまいましたぁ。。
「トップガン」以来のプロパガンダムービーに4点。機内での発砲は、気密漏れに直結なのでNGですよ。
投稿者:映子投稿日:2003-01-08 23:07:13
ジェット機から腕一本で大統領がぶら下がってる映画ですよ。
投稿者:ASH投稿日:2003-01-07 22:48:27
G・オールドマンの悪役ぶりが際立っている!この憎々しさといったらどうだ!
単純な設定の映画だけど、意外と最後までハラハラさせられて悪い出来ではないよ。
落下傘の乱舞なんて割りと感動的。H・フォードの正義感を突出させるのが狙いなんだね。
でも、こういう映画を楽しんじゃうと映画ファン(通?)の風上に置いてもらえんだろうなぁ…。
つーことでマーケティング主体のアメリカ映画を嫌いな人は不向きかなと。
投稿者:hosei投稿日:2003-01-02 14:13:42
 こんな強い大統領がいたらSPの必要なしですな!しかしあれだけ飛行機内でぶっ放してもほんまに大丈夫なのか?
投稿者:rupan投稿日:2002-10-02 19:44:53
人、死にすぎ シークレット サービス弱すぎ 大統領強すぎ テロリストのリーダー残酷すぎ 
投稿者:トリガー投稿日:2002-07-06 21:09:24
まあ、お話としては普通に考えたら笑っちゃうね。
でも娯楽作品としてはまあまあ面白い。
なんか誰か大切な人が死ぬんだっけ?この映画。
そういうシーンの雰囲気は好き。
最近の映画にゃそういう展開が足りなくてうんざり。
投稿者:XTC投稿日:2002-06-29 11:20:55
飛行機の出てくる映画って超好き。ハラハラ・ドキドキしながら見た。
投稿者:中村佐藤投稿日:2002-06-24 13:31:33
この映画、よくテレビでやるね
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-02-05 22:24:51
と、叫びたくなるような大統領のスーパーマンぶり。どんなピンチがあっても最後には必ず生き残るご都合主義満載であることなど、細かい点を指摘すればきりがない。まさに、ハリソン・フォードのために作られた作品。

例のテロ事件があった後なので気楽に楽しめという方が無理だろうが、テンポよく進むストーリーに、密室状態の大統領専用機からの脱出という緊迫感があわさっていて、アクション映画としてはまずまずの出来。あまり悪玉に情けをかけず、悪者と割り切って退治してしまうところも単純明快でよい。
投稿者:CC投稿日:2001-09-12 23:24:47
今回の事件をニュースで見ていて、なんとなくこの映画を思い出しました。
投稿者:こんこん投稿日:2001-06-07 23:28:51
ユルゲン・プロホノフよ、セリフが1個も無しで、しかも最後に射殺ときたもんだ。これは悲しい...。
投稿者:マリマリオ投稿日:2001-06-06 20:48:36
ストーリーもアクションも登場人物も最高でした。
特にクリントン大統領から本物のエアフォース・ワンを借りて撮影したとゆうのがおどろいた。
投稿者:まさ投稿日:2001-04-27 23:16:20
ハリソン・フォード最高! 彼にはこういう映画が似合っている。ストーリーはどうかと思うが楽しめた。恋愛ものなんかやらないでこういうのだけやってればいいのにと思う今日この頃。
投稿者:もっち投稿日:2001-02-03 21:08:24
大統領すごいし。
かっこよかったーー。
投稿者:yama投稿日:2001-02-02 21:56:01
絶対ゲーリーオールドマンの方がかっこ良かったです。一国の大統領にあそこまで好き勝手言えたら気持ちいいですね。全編ゲーリーに肩入れしていました。
投稿者:シリウス投稿日:2001-01-21 18:55:29
私の周りではなぜか悪役のゲイリーオールドマンのほうがかっこよかったと評判でした。かく言う私もそう思った。それだけにあのゲイリーの最後はあんまりだと思った。ハリソンくんは「もういいよ」っていうぐらいのヒーローでした。おなかいっぱい。
投稿者:エル投稿日:2001-01-19 23:38:40
そんな、バカなぁの連続だったけど、それをそれらしく見せてしまうところがいかにもアメリカ映画という感じ。インディペンデンス・デイもそうだけど、アメリカの大統領ってアメリカ人にとってはヒーローなのでしょうねぇ。
まぁ、この映画自体は娯楽作品としてよくできています。
ドキドキハラハラで楽しめました。
投稿者:tea-cup投稿日:2001-01-10 18:17:09
映画としては、結構楽しめた。
(携帯の使用法分からなかったり、配線コード切るのに星条旗を気にしたり・・)
「エアフォース・ワン」ってこうなってるんだ、と図鑑的にも見られたし。
でも、大統領としては失格でしょう?!(卑怯者になっても、真っ先に脱出しなくちゃ・・・。そこが映画か?)
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2000-12-25 22:37:48
 この監督は実にきめ細かく見せてくれる。
 ただし、ドイツ人が撮った映画でどうしてこれ程アメリカ大統領が尊重される
のか。大統領を守るためには戦闘機はカミカゼ的な体当たりをするし、大統領が
生き残る為なら、自分は犠牲になっても良しとする部分、例えば、ウィリアム・
H・メイシーのラスト、なんかはどうしても好きになれないけれど。
 また、作劇的に言うと、ゲイリー・オールドマンをラストまで絡ませないのは
まずいでしょう。いや、この配役がオールドマン級じゃなく、売り出し中の悪役
なら話は別だけれど。
投稿者:トシヒロ投稿日:2000-12-02 00:03:50
あのエアフォースワンがハイジャックなんて、しかも大統領がたった一人でテロリストとたたかうと言うストーリーでハラハラドキドキの映画でした。自分的にはとても楽しい映画でした。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 音響賞ポール・マッセイ 
  リック・クライン 
  D・M・ヘンフィル 
  キース・A・ウェスター 
 □ 編集賞リチャード・フランシス=ブルース 
□ 格闘シーン賞ハリソン・フォード 
  ゲイリー・オールドマン 
 □ 悪役賞ゲイリー・オールドマン 
□ 外国作品賞 
【レンタル】
 【Blu-ray】エアフォース・ワンレンタル有り
 【DVD】エアフォース・ワンレンタル有り
 【DVD】エアフォース・ワンレンタル有り
 【VIDEO】エアフォース・ワンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION