allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブラス!(1996)

BRASSED OFF

メディア映画
上映時間107分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(シネカノン)
初公開年月1997/12/20
ジャンル青春/音楽
ブラス! [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 8,980
USED価格:¥ 1,348
amazon.co.jpへ

【解説】
 1917年に炭坑夫の余暇活動として結成されたバンド、グライムソープ・コリアリー・バンドの実話をヒントに映画化。崩壊してゆくコミュニティーを舞台に、音楽と共に生きる歓びと、友情に支えられた人生の素晴らしさを感動的に描く。ピート・ポスルスウェイト、ユアン・マクレガー出演。炭坑閉鎖に揺れる街。人々は生きる希望を失いかけていた。そんな時、彼らに勇気と希望を与えてくれたのが音楽だった。炭坑夫の仲間たちで結成された伝統あるバンドは、街と自分たちの誇りを賭けて全英大会に出場し、決勝大会が開催されるロイヤル・アルバートホールを目指す。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aリトル・ダンサー (2000)
[002]Aフェイク (1997)
[003]Aディア・ハンター (1978)
[004]Aプライベート・ライアン (1998)
[005]Aフル・モンティ (1997)
[006]Aグラディエーター (2000)
[007]A北北西に進路を取れ (1959)
[008]A25時 (2002)
[009]Aクレイマー、クレイマー (1979)
[010]B風の谷のナウシカ (1984)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
28237 8.46
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2015-03-02 12:56:28
かつて華やかな労働運動は衰退したけれど
このままでは済まさないぞと言う
イギリス労働者の誇りを感じます。
吹奏楽に多少とも関わった人が見れば
感激もひとしおでしょう。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-09 01:20:04
村主催の大会では惨敗してた楽団が、急に全国大会で優勝しちゃうのか。と思ったら実話なのね。ラストのダニーのスピーチは良かった。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2013-06-16 18:17:14
この春亡くなった際に、英国のマーガレット・サッチャー元首相に対する評価は、好悪半ばしているとTVや新聞のニュースで伝えられていましたが、この作品を見ると、その辺の事情が分かる様な気がします。まだ十分に採算性のある炭鉱が閉鎖される一方で、そこで働く人々がブラスバンドの全英大会で優勝を遂げるまでの経過が描かれていますが、その優勝表彰の際にリーダーが、「この国の政府は、イルカやアザラシは救っても人間を救ってはくれない。」とコメントするあたりに、サッチャー政権に対する痛烈な訴えが込められています。
作品としては、他の方の指摘にもあるように、俳優の指使いが曲とあっていなかったり、優勝するほどに練習したとも思えないという批判もありますが、その一方で音楽の使い方がなかなかうまいなと思いました。病気で倒れたリーダー・ダニーを見舞う際に病院の敷地で演奏されたのが「ダニー・ボーイ」、全英大会で演奏されたのが、悪代官を懲らしめる「ウィリアム・テル」序曲、そしてラスト帰郷するバスの上で、明日の生活がどうなるかは分からないが、せめて今だけは堂々としていようと演奏されたのが「威風堂々」。それぞれにテーマが込められたうまい使い方だと思いました。
投稿者:Kircheis投稿日:2012-01-11 08:18:36
【ネタバレ注意】

炭坑閉鎖の流れに飲まれていく労働者たちが、最後にプライドをかけてブラスバンドの大会に挑む話。

現実はどうしようもなく暗いが、それでも優勝したその日だけは「威風堂々」と帰還しようではないかというラストが心に残る。

ピート・ポスルスウェイトの「大切なのは人間だ」という演説も良かった。


ちなみにこのバンドの元ネタになった「グライムソープ・コリアリー・バンド」は現在でも別のスポンサーがついて活動してるらしい。
めでたし♪

投稿者:花男投稿日:2008-06-09 16:20:51
このままでは職や住む場所、家族さえも失ってしまおうかという四面楚歌な状況の中、プライドを切り売りしてなんとかしのごうとする主人公(なのかな?)。しかし事態はさらに悪くなる一方・・・。

ブラスバンドの大会に勝とうが負けようが生活苦の解消には役立たないわけで、それでもバンド活動を続けようと心に決め、矜持を取り戻していく主人公の姿を気がつくと応援しながら見ていました。
その決心をした病院の外での演奏シーンと涙を浮かべた彼の顔がすごい印象的です。

私にはこの映画のゴールはそこで、そこから先は観客サービスのエピローグに思えました。
投稿者:irony投稿日:2007-09-03 10:29:43
 鯨や海豚以下の人々…パンチの効いたスピーチだったけど、それは一瞬だけ 誰も彼等を気に掛けない 
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-15 20:07:01
宣伝負けしていたような…。
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-16 06:36:21
胸が熱くなる作品。
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-05-13 04:05:46
今の時代、いつリストラされるかわからないので、
この映画はすごくリアルでした。
ラストのスピーチに感動しました。
心に残るいい映画だと思います。
投稿者:マーク・レスター投稿日:2003-12-20 15:10:14
【ネタバレ注意】

ブラスバンドが、あの街・あの共同体にとって、何らかの前向きな感情を与える「求心力」へと昇華して欲しかったと強く思いました。
一瞬そのような雰囲気にもなるのですが、監督の自制が良く利いており、感情の発露は望むべくもありませんでした。「優勝・恋愛・家族の再生」という晴れがましい表面上の結末と、「炭鉱閉鎖・集団失業」という絶望的な境遇。この落差が、「痛い」映画となっていたのでした。
ロンドンの街をオープンバス(?)に乗って「威風堂々」を演奏するラストに至っては、まるで「威風堂々」がこれから始まるコミュニティ解体の葬送行進曲のように、オープンバスが経済的破綻の末の「巨大な共同棺桶」のように思えてなりませんでした。

先日、「三井三池炭鉱」の廃坑以後を丹念に追いかけた写真展に行ってきました。炭鉱という、たった一つの産業が崩壊した点で、「ブラス!」のあの街と同じであり、いわば「ブラス!」以降のあの街を擬似体験してきたわけです。写真展に、こんな作品がありました。
「見晴らしの良い丘にたつ墓地。その背景に広がる大規模工場。」
工場はかつて、全面的に石炭に依存し、その供給を支えたのがこの墓地に眠る人々だったのでしょう。無情にもシステムを乗り換えた工場は今なお稼動し、片や時代遅れの墓がポツンと置き去られている。写真家はこんなコメントを残しています。
「炭鉱で繁栄していたことを恥じるように、この街は死んでいった。炭鉱で働いていた過去を消し去るがごとく、人々は姿を消した。」
そうなのです。「ブラス!」の街は「三井三池」の街と同じく、社会的インフラを剥奪され、人的コミュニケーションも崩壊し、経験や感情が継承されない「共同体の廃墟」へと朽ち果てていくことになるのです。(その象徴的な存在として「忘却された墓」が僕の脳みそを直撃したのでした。)
このコミュニティ解体による惨状を写真家は凄まじい執着で訴えかけてきます。そう。彼もこの街で生まれ、多感な少年時代を過ごし、出ていった一人だったのです。
「ブラス!」と「三井三池」。九州とヨークシャー。時空を超えて感情が「バチバチ」とリンクした。

《遠く離れた地で、少年たちはこの「街」を思い出すことがあるのだろうか?
ダニーが「眠る」墓は、はたしてどんな風景を見おろすことになるのであろうか......。》

投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-30 07:17:13
そこまで深い印象はない。が、いいお話だった。
投稿者:genocide投稿日:2003-02-08 10:59:35
ヘルメットに懐中電灯つけて、
病院の外から演奏するシーンが好きです。
激しい感動はないけれど、
ずっと心に残る作品。
投稿者:もの字投稿日:2002-09-23 19:10:43
なんで炭鉱ものは佳作が多いのかね?これも話は多少はしょり気味だけど、演奏で勝つために個人の大事なものを少しずつ削って取り組む、その背水の陣の気構えが、全体の感動を生むのだと思います。自分だったらとっくに挫折してるだろうなという想いしきりです。最初の方の「アランフェス協奏曲」は、結構感動ものでした。確かに女優さんの指使いはぎごちなかったけど、曲を背景に炭鉱の息の根が止められていくシーンは深い印象を残します。ところで、今このバンドはどうなっているんでしょうね?
投稿者:ピカード艦長の隠し子投稿日:2002-09-13 17:57:38
悪くないのではないですかねぇ。確かにあんまり「失職の不安」という感じはあまりよく描かれていませんが、社外活動を通して垣間見える男達の絆みたいなものを感じました。音楽によって結ばれている彼等の中に突如現れる元ジモティーとの絡みも若干不足気味ではあるものの、決して作品の質を下げている要因にはなっていません。
彼等の演奏シーンでは、素人を感じさせない程度のあっさりした撮り回しで、この作品は「話重視」なんだなと感じました。
唯一の感動シーンはラスト前にある団長の演説。そこそこ感動しました。最後にかかる名曲「威風堂々」は個人的に思い出深い曲でもあり、色々と作品とは関係無いことを思い出すことになりました・・・。
投稿者:JH投稿日:2002-08-31 00:41:14
ぜんぜん良かったです。周りはタイクツなどと言ってましたが、
ムーラン〜よりかなりテンポのいい映画。
かんどうしますた
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-08-07 17:16:53
評判高かったので、期待し過ぎた。
普通だった。
大して練習してる風にも思えなかったのに、優勝した。
びっくり。
投稿者:Greedo投稿日:2002-06-28 00:13:36
グロリア役の女優の演奏シーンはもうちょっとリアリティを出せなかったかなあ。いかにも全くホーンを吹けない人の指使いで、音のタイミングとも合っていない。
流れてくる音楽と演技がバラバラに見えて、説得力が全くなかった。
俳優が楽器の素人なのはわかるが、ちゃんと研究すればもっとリアルに演じられたはずなのにもったいない。
ブラスバンドの映画というのも珍しいので、そこがとても残念だった。
投稿者:さだじ投稿日:2002-03-15 09:18:56
 病院での演奏や、クライマックスの決勝戦など、いいシーンはそれなりにあります。ただ、90年代イギリス映画にありがちな「あっさり感」がここでも漂っており、それが残念でした。ところどころで「も少し説明入れてくれたら助かるなー」だとか、展開が早いとこがあるんですよ(例えばなぜユアン・マクレガーはヒロインの方を会社の手の者だと睨んだのか、とか)。もっとキャラクターや話をじっくりと見せてくれれば、よりいい作品になったと思います。ラストのスピーチも、社会性があまりにも前に出過ぎていて、個人的にはダメ。大切な問題だってことはわかりますが…。ところでフィルさんの奥さんはちょ〜かわいそうじゃないですか?

 ↓師匠のHPhttp://www.cinemanc.com/
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-02-20 15:08:03
最後の政治的な主張は、普通冷めてしまいそうだが、これ違った。
それまでの重みが十分載って感動的。個人的に「貧乏物」弱い。
投稿者:じゅんこ☆投稿日:2001-09-28 18:10:41
感動した… 良い映画やと思う! でも、あんまし〜練習してる場面がなかったのに、そんな簡単に優勝できるんかな?と、不思議に〜思った! 
投稿者:coco投稿日:2001-09-25 18:58:05
義理人情もある国イギリス万歳
投稿者:seiji投稿日:2001-08-16 13:42:11
ほかの人も書いてますが、この映画、政治的な主張があるんですね。
ぼくはそこがすごく気に入ってます。
「神が何をした?ジョン・レノンを殺したじゃないか!」
なんていうセリフも印象に残ってます。http://www5b.biglobe.ne.jp/~movie
投稿者:manzo投稿日:2001-04-17 20:59:19
ブラスバンド(吹奏楽?)を少しでもかじった事のある人ならそれだけでもうたまらない作品でしょう。特にラストのバスの中で流れる「威風堂々」はブラスバンドで特に好まれて演奏されることの多い名曲中の名曲。
明日からの生活に対する不安や、自分の町が失われてしまうであろう事の空しさを抱えて、それでも今夜だけは胸を張って誇らしく故郷へ帰る彼らの心境を語るのにこの曲以外の選択は無かっただろうと思わせる秀逸なラスト。ベストの一本です。
投稿者:tea-cup投稿日:2001-03-28 08:24:07
「うまいなあーーー!」 見終わって、涙を拭きながらの第一声でした、、、。

悲しいんだけれど、、、どこか明るく悲しいんですね・・・。
政権に堂々と意義を述べたり・・・と。  英国です、、、。

名探偵ポワロの“ジャップ警部”Philip Jacksonが、ひげ無しで出演していて、とてもいい味をだしています。

本当にいいです。 でも、ジャンルがなぜに<青春/音楽>なんでしょう???


投稿者:ゆうちゃん投稿日:2000-03-12 15:45:57
久しぶりに思いっきり泣けた作品です。ブラスバンドのあの音楽、炭坑の閉鎖、そして失業にたいする怒り・・。ピート・ポスルスウェイトの淡々とした演技がまた
涙を誘います。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ オリジナル脚本賞マーク・ハーマン 
 □ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)トレヴァー・ジョーンズ 
 □ 英国作品賞(アレキサンダー・コルダ賞) 
■ 審査員特別賞 
■ 外国映画賞マーク・ハーマン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ブラス!2011/12/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ブラス!2007/05/25\2,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ブラス!1998/09/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ブラス!レンタル有り
 【VIDEO】ブラス!レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION