allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スリング・ブレイド(1996)

SLING BLADE

メディア映画
上映時間134分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック)
初公開年月1997/12/13
ジャンルドラマ
スリング・ブレイド [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 7,000
USED価格:¥ 2,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 ビリー・ボブ・ソーントンが監督・脚本・主演を兼ね、アカデミー脚色賞に輝いた野心作。かつて母の浮気相手を殺害した男と孤独な少年との交流を通し、人の心の在り方を綴る。淡々と心に響くストーリーを寓話的タッチで括ったソーントンの手腕は見事。ソーントン自身の巧みな演技も秀逸もの。母親の浮気現場を目撃し、母とその相手を殺害した知的障害者のカール。25年間の精神病院生活を終え、故郷の町に帰ってきた彼は、そこで父親のいないフランクという少年と親しくなる。だが少年の母親が恋人の暴力に悩んでいる姿を見た時、彼の中である決意が芽生える...。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1083 8.30
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-12-13 11:17:40
ビリー・ボブ・ソーントンの個性に見とれてしまいます。
推敲に推敲を重ねたような丹念な作品つくりが感じられます。
少年は長い台詞も多いのですが演技力が確かで感心しました。
田舎町のムードも良かったです。
投稿者:uptail投稿日:2012-10-06 23:49:40
演出:9
演技:9
脚本:8
音響:8
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2011-06-12 15:51:39
なんの予備知識もなく観た
主人公の演技が素晴らしかったのでエンドクレジットで…
驚愕でした
監督脚本主演…まさか!!感服いたしました
子役の子も良かった
長編だけどあっという間でした
投稿者:Normandie投稿日:2010-09-05 01:05:30
終らない悲劇をよく表現した映画だと思います。確信犯ですね。
以後、才能を余すことなく表現してるソーントンと別れて客寄せパンダと
くっ付いた女優は男見る目がないね。
当時通っていた英会話学校の米国人の先生もこの年公開映画
の1だと言ってました。
今でもこの深いテーマについて考えてしまう事があります。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 13:49:50
よかった。
投稿者:spink投稿日:2006-06-05 12:46:07
ソーントーンの受け口が印象的です。
物まねできます。
投稿者:Montoya投稿日:2006-04-06 19:34:43
【ネタバレ注意】

ドイルを殺害したあとダイニングで食事するカールの
姿が『殺人者』のそれで恐ろしかったです。
フランクのために犯した「しかたない殺人」では片付けられない
印象を残したこのシーンで単なる美談でなくなったのがいいです。

投稿者:wicked投稿日:2006-01-16 08:55:57
もっと深い感動を期待していました・・・といっても、上映当時の10年前なら、もっと新鮮味(こういう映画にそういう言い方は嫌だけど)はあったかもしれない。

ビリボブありきでみたのですが、知らなかったら分からないくらいの変身振り。真正面からのでも分からない!シャーリーズセロンやらニコールキッドマンみたいに、貼ったりつけたりしなくともここまで変身できるのはさすが。

でも彼の台詞回しに、時間も急いでいるのか、的確な説明的要素が多すぎ、知的障害者とは思えない・・・途中までは良かったけど、特に後半の運びは不自然でした。

役者は子役のルーカス・ブラックはじめ、適役でよかったですが、映画として、何というか、あざとさみたいなもの(感動するだろー的な)を感じました。ビリボブ的にここでこういう演技と作品を残しておくのが得策みたいな(考えすぎ!?)

正直映画としては、見ても見なくても、あってもなくても差し障りない気がします。でも10年経ってもまだまだああいう苦境の家族って、アメリカにはたくさんいるんでしょうね・・・その現実にはため息。
投稿者:Tom投稿日:2005-06-19 06:34:04
ブレッソンの映画には及ばないし、いずれ忘れ去られる作品だろう。
ビリー・ボブはこの作品以降インディ・スピリットを完全に忘れてしまったね。一貫性がない監督は好きになれない。
投稿者:bond投稿日:2005-03-01 12:16:24
【ネタバレ注意】

他の映画ではそこそこと思っていたが、今回はボブソートンの力量に驚いた、オチは読めたが、なかなかの秀作。

投稿者:rella投稿日:2005-02-27 15:24:55
【ネタバレ注意】

ビリーが作中で「哲学者のようだ」と評され、笑いを誘う場面がありました。
彼の精神はとてもシンプル(馬鹿という意味ではない)だった。だからこそ殺人を犯した。

病院の居心地がいい柔らかいベッドが好きだったビリーが、
突然、なんの準備も保証もなく塀の外へ放り出された。
案の定、帰って来てじっと外を眺めながら、「広かった」と感想を述べる姿が哀れみを誘います。

余談ですが、サム・ライミのドラマに出ていた、ルーカス・ブラックを起用した事は嬉しかった。大人びているのにナイーブな彼の演技はぴったりでした。

投稿者:シネマとと投稿日:2003-07-15 00:07:08
何と言っても、ソーントン演技でしょうね、この映画。そしてカールの最後の行動がなければ、いずれフランクが同じ道を進んでいたのではないでしょうか? 
投稿者:hory投稿日:2003-06-16 10:50:10
ビリーボブソートンはすごい役者ですね。
普段のビリーと今回のカールは顔まで全然違うし。
バーバーのときの渋い役もいい味だしてたし。
かと思えばシンプルプランのだっさいおっちゃん役やってたし。
ただ、監督としては...?よくわかりません。
子役の子もなかなか演技がうまかったような。
自然な子供らしさがよかった。
そしてカールとフランクをいじめるおっさんは見てて腹が立ってきた。
いるいるあんな奴。映画だから殺されても別にいいけど。
そのおっさんを演じてた役者(歌手?)は、見る人を不愉快にさせる
そんな役を見事に演じてたと思う。
投稿者:映子投稿日:2003-02-11 21:36:02
カールと少年(フランク)とのほのぼのとした交流。
表面だけを見れば、知的障害はあってもカールは純粋でとても良い人間。
映画を見るものにカールがしたことは仕方がないことだと思わせてしまう。
でもちょっと待てよ。・・・
この映画はもっと奥深いものを訴えたかったのではないだろうか?
そんなことを考えさせられてしまった映画です。
投稿者:genocide投稿日:2003-02-09 01:09:30
何も予備知識なしで、見たので面白かった。
こうならないでくれ〜というエンディングそのまんまだったけど…。

DVD特典映像の中の、監督の自慢話はいらない。
せっかくのカール像が台無しだよ。
投稿者:ママ投稿日:2002-12-09 22:01:42
正直感動できなかった。なんか最初から結末見えてませんでしたか?
見てるうちにビリーボブソーントンの演技がだんだんイライラしてた。(彼自体は好き)彼(カール)は知的障害者だけど、非常に頭が良くて知的障害者には見えない。ただその容姿、例えばパンツの丈が短いなどでそれを表現してただけじゃないか?アゴは出すべき?
投稿者:Naoko投稿日:2002-04-12 15:27:11
ビリー・ボブ・ソーントンてすごい!ですね、この作品の監督、脚本と主役を務めているなんて。これ以外では脇役で出ていることがほとんどだと思うのですが・・とになく素晴らしい演技・作品でした。少年もよかった。
投稿者:Carol投稿日:2002-03-30 17:11:22
ビリー・ボブ・ソーントンのカメレオンっぷりには
慣れているつもりだったけど、この映画での演技は
まいったとしか言いようないね。
カールのしたことは正しいでしょう。殺人という
形をとってしまったとしてもね。
悲しくて切ない映画ですね。自分が悲しくて切ない
なんて感想を持つなんて思わなかったです。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/3011/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】スリング・ブレイド2012/04/04\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】スリング・ブレイド2012/04/04\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】スリング・ブレイド2005/08/26\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】スリング・ブレイド1999/06/04\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】スリング・ブレイドレンタル有り
 【DVD】スリング・ブレイドレンタル有り
 【VIDEO】スリング・ブレイドレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION