allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミミック(1997)

MIMIC

メディア映画
上映時間106分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹富士)
初公開年月1998/01/24
ジャンルSF/ホラー
遺伝子が泣き叫ぶ
〈バイオ・クライシス〉
ミミック [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
USED価格:¥ 5,245
amazon.co.jpへ

【解説】
 遺伝子操作によって作られた新種の昆虫がニューヨークの地下鉄で繁殖するというSFホラー。
 次々と子供を死に至らしめる未知の伝染病がNYで発生。被害が拡大するのを防ぐため、昆虫学者スーザンは感染源であるゴキブリを全滅させるべくアリとカマキリの遺伝子を合成した新種の昆虫《ユダの血統》を生み出す。事態は収拾されたが、それから3年後、NYでは奇怪な猟奇殺人が続発していた。スーザンの元に地下鉄で発見された虫が届けられるが、それは《ユダの血統》の特徴を受け継いだ突然変異のものだった。そして調査のため地下に降り立ったスーザンの前に現れたのは、人間の姿に擬態する巨大な昆虫だった……。
 一風変わった吸血鬼物語「クロノス」で注目を浴びたメキシコの新進監督G・デル・トロのハリウッド進出第1作。
<allcinema>
評価
【関連作品】
クロノス(1992)
ミミック2(2001)続編
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1378 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:イエガー投稿日:2016-08-25 21:51:41
エイリアン2、ザ・フライ?(笑)
投稿者:さとせ投稿日:2015-08-17 15:33:37
昆虫学者のM・ソルヴィーノはNYの病院で児童たちが謎の奇病に罹っているのはゴキブリの仕業と断定し駆除にあたる。
ユダの酵素を変化させたアリとカマキリの融合で巨大生物となり人類を襲いだす。
やがてミラまでが捕まってしまい助けに向かう仲間たちだが・・・。

アミューズビデオからリリースされていた時に鑑賞、ビスタサイズのドルサラ収録されていた。
久々にDVDにて鑑賞したが5.1ch収録され臨場感UP。
今見ても結構面白いし、個人的にはミラ・ソルヴィーノ嬢の美しさにポイントを挙げたい。

原作「擬態」(ドナルド・A・ウォルハイム・創元推理文庫・評価2)は超短編の為、此れを映画化するのは大変だったろう。
投稿者:ASH投稿日:2012-02-15 01:09:45
【ネタバレ注意】

 デル・トロ監督が「エイリアン2」への憧れを込めた、まさに「俺の"エイリアン2"」といった映画。いくつかのシーンで類似するところが多いのは、多分、狙ってやったことなんでしょう。だが、悲しいかな、こういうことすると「亜流」や「パクリ」という一言で切り捨てられちゃう。

投稿者:namurisu投稿日:2011-05-07 15:27:45
NYの地下が巨大蟻の巣に。最後は「可燃性 蟻の巣コロリ」で駆除。
投稿者:こじか投稿日:2010-04-16 01:29:09
当時試写会で鑑賞。前半のダークさ加減はよかったが、後半は散々…。
この手のハリウッド映画って1年も経つと誰も覚えてないよね…。
投稿者:きらきら投稿日:2009-06-05 20:23:06
【ネタバレ注意】

後半は申し分ない。
地下鉄という閉鎖空間のなかで閉じ込められたひと達と昆虫軍団の戦いはいいと思う。テンションもきちんと保たれている。

しかし前半50分はなんだろう?

主人公がばかでかい昆虫にさらわれるまでに、こんな長さが必要なのか?
前半部分散々しつこくやっていた子供たちのエピソードは後半部分に活かされていない。
子供を出せばそれでファミリー層の受けが良くなるとでも思ったのか?
作り手の「怖がらせたい」という意識が前半部分はほとんどない。
編集でもっと縮めることもできたのに、その工夫も見られない。

前半部分の脚本がだれのペンによるものかわからない。でもこれは脚本段階でだめだしをすべきだったのでは?
例えその脚本に有名な監督が携わっていたとしてもだ。

投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-01 19:21:37
B級ホラー大好きで、これも期待してたけど思ったより虫型の敵キャラに迫力を感じなかったのが残念。
でもミラ・ソルヴィノが超可愛いので観る価値は十分ある!!
投稿者:なちら投稿日:2008-11-17 09:30:31
ユダの血統が便所蜂みたいで怖くない。
気持ち悪さでも、同じデカ昆虫の『ザ・フライ』に全く敵わないし。ヴィジュアル面はダメ。

でも、人間のミラが妊娠しないのに対して繁殖不可能なユダが子孫を残していたのは面白かった。
昆虫学者でありながら生態系を乱してしまった苦悩や責任感も伝わる。
ただ、この大ハプニングを世間に黙っておいて自分達だけで事を納めるんじゃないかと、
最近の食品汚染やらなんやらのニュースもあって、何だか気になった…。
投稿者:milmon投稿日:2007-11-07 09:52:00
ミラって綺麗ですか?なんか、鈍感そうで、肉厚で、好きになれない・・さらに過去の映画の真似のような演出、筋立てが多く、「ホラー映画の事良くわからないから、いろんな所からパクってなんとか作りました」って印象を受けました。こうなると、モンスターの造形に期待するしかないですが、要はでかい虫。皆さんの評価が高いのが、私には不思議でなりませんでした。ジャンカルロ・ジャンニーニって、こういう扱いされる役者になっちゃったの?悲しい。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-07-15 22:43:47
【ネタバレ注意】

人面がぱっくり割れて昆虫の顔を出し、飛んでくるのはすごいと思った。
なぜ主人公の女博士や靴屋のこども、はすぐに殺されずにさらわれたのかは謎。黒人の警官が自らを犠牲にして怪物を道連れしようとしたり、 最後にボスキャラ的怪物が出て女ヒロインと戦う(しかも女博士は子どもに迫ろうとした怪物に、「こっちよ」と注意を向けさせるシーンあり)展開は「エイリアン2」にそっくり。そういえば人面がわれて怪物の顔が出るシーンもイメージ似てる。

投稿者:マジャール投稿日:2007-02-26 01:42:41
久方ぶりのB級怪獣映画の秀作だと思います。アイデアもいいし、スプーンをカチャカチャ鳴らす子供も印象的でした。(ジャンカルロ・ジャンニー二の起用も嬉しい)
サスペンスに重きを置いた作りもポイント高いですね。


(蟹の甲羅とか、昆虫の翅の模様なんかも、よくみると、人の顔に見えたりするのがあって、むかし学研の図鑑が愛読書だった元少年の映画ファンとしては、この怪物の造型には、オォっ、と思いました)
投稿者:浄瑠璃2投稿日:2006-02-20 11:45:17
脚本にジョン・セイルズ(とソダーバーグ)!、脇役にジャンカルロ・ジャンニーニ(とマーリー・エイブラハム)! この映画、金かかってそうだけど、テイストはばりB級。最近のB級ホラーでは、ロドリゲスの『パラサイト』、カーペンターの『ゴースト・オブ・マーズ』に次ぐ出来です。
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-10-20 18:55:06
まあまあ。
投稿者:catfish7575投稿日:2005-05-09 01:20:07
こういったB級テイストSFホラー映画ってホント、当たりとハズレがはっきりしますよね。しかも圧倒的にハズレ作品が大半を占めてるような感じでレンタルするのにも躊躇してしまいがちです。でもSFホラーファンのみなさん、これは大丈夫。退屈しません。面白いですよ。とくにミラ・ソルヴィーノの熱演と美貌は保存版!!DVDの購買意欲を駆り立ててくれます。ははは。
投稿者:freejacker投稿日:2004-12-26 00:42:00
面白い!何がどのように擬態なのかを知った時は、素晴らしいアイデアだと
思った。虫嫌いだけど、エンターテイメントの要素が詰まっていて、非常に
楽しめます。最近のNo.1。
投稿者:ギルマン投稿日:2004-07-25 13:15:50
 虫が人に擬態するというのはすごくクレバーだと思ったけど、後半このアイデアが生かせずにきわめて平凡な作品になってしまっている。ケレン味を抑えてもっとサスペンスを前面に押し出せば、かなりの傑作に仕上がったかもしれない。生物パニックの佳作。
投稿者:joker-die投稿日:2004-01-04 15:03:31
【ネタバレ注意】

悪くはない、悪くはないが
どうしても、思ってしまうのでラストのシーンに一言。

「自分の尻を拭くのに町を火達磨にしちゃいかんだろ」

投稿者:FAT★MAN投稿日:2003-12-21 03:48:43
【ネタバレ注意】

とても丁寧にまじめに作られている感じです。お金は節約したようですが。
妻の不始末を夫が尻拭い、というストーリーが気に入りました。
個人的好みでは、ここまでやるなら、マジでもどすかちびるかさせてもらいたいところです。
話はしっかりしているし、脇もキャラが立ってるし、まずまず観られます。暇つぶしにどうぞ。

投稿者:4531731投稿日:2003-01-13 12:54:07
 ダークな雰囲気といい、筋といい、怪獣のデザインといい、何もかもかっこいい。迫力あるし理屈抜きで楽しめた。ここで見て始めて知ったけど脚本陣そうそうたるメンバーですね。映画見て久しぶりに子供みたいにワクワクした。
投稿者:ノリオ投稿日:2002-09-12 02:24:30
美人でインテリで、しかもこんな映画に出てくれるミラって、ああ素晴らしい。ここ十年で最高の「怪獣映画」。仮面ライダーのゴキブリ男を思い出しました。
投稿者:トリガー投稿日:2002-04-01 16:46:15
虫が極端に嫌いな人は見ないことですね。
地下からの脱出劇は緊張感があってなかなか楽しめた。
ぐちゃぐちゃでグロテスクだけど面白い。
投稿者:野村佑香ファン投稿日:2001-10-26 15:34:00
もういくつもホラー映画を見ていると、脇役が瞬時に殺されるのに
主人公だけはジワジワと追い詰められるだけでなかなか殺されないという
パターンが頭の中に刷り込まれていて、最近ではすっかりそれを「おかしい」と
感じなくなってきています(少しは感じているけど)。
 
ま、それはそれとして。
で、この映画の場合、狩った人間を殺さないで巣に持ち帰るのは、幼虫に食わせるためだと
おもうんだけど、ちょうどガキ2人が忍びこんだ場所が、その幼虫の巣だったので
あっさり餌にされてしまったというのが、自分の想定。
 
あっちではMIMIC2のDVDがでているけど、国内ではいつ発売になるのかな?
輸入盤買っちゃおうかな?
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-10-02 17:26:56
出っ歯がかっこよかった。
投稿者:野村佑香ファン投稿日:2001-09-26 12:18:07
人間に擬態するその造形がよく考えられていると思った。
蟻とカマキリの合体なのに、飛んでいる姿は、まさに巨大ゴキブリ。
想像で作った生き物なのに、ここまでリアルなのは、なかなかないのではないでしょうか?
幼虫を叩き潰した時にでる白い粘液の感じが〜ブチュッ、思い出してしまった。
 
投稿者:Geor投稿日:2001-06-05 00:17:04
まぁ、擬態だけに。造形は良かったかなっと。
監督の前作、クロノスをダイナミックにしたらこんなかんじかなぁって。
ソルビノ嬢は、「随分頑張りました!」
っと自分で言っていたみたいだけど、そうかなぁ・・?
投稿者:sariel投稿日:2001-05-14 00:44:13
いままで見た映画の中で一番怖かった映画。
怖さという点にかけては「セブン」も「スクリーム」もなんぼのもの、ってくらい恐怖しました。きっと個人的なツボにはまっちゃったんでしょうね〜。
もう2度と見たくないような気も、でももう一度見てみたい気も……。
ストーリー的にはともかく、ホラーとしてはけっこうよくできてると思うんですケどねェ……。うーん、一般受けしませんねこの映画。ちょっと残念かな。
投稿者:投稿日:2000-07-05 03:49:54
どんな 宝箱のバケモンが出てくるか期待をしてたのに
なんだこのセミか蛾のようなバケモンは・・・・っと
思い 辞書・・・・勉強になりました。
しっかし バルサン炊けばこんなパニックにならなくて
すんだのに〜


【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ミミック2012/02/08\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】ミミック2012/02/08\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ミミック2007/05/25\2,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ミミック1998/12/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ミミックレンタル有り
 【DVD】ミミックレンタル有り
 【VIDEO】ミミックレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION