allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

最後の航海(1960)

THE LAST VOYAGE

メディア映画
上映時間91分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1960/05/31
ジャンルパニック/サスペンス

【解説】
 「オペレッタの王様」(39)や「若草の歌」(40)など音楽映画の監督としても知られるA・L・ストーンは、何でも利用して映画を作る商売上手な製作者でもある。本作も、実際に解体される仏船籍の老朽船を利用して作り上げたパニック映画だ。洋上を航行中の4500トンの巨船クラリドン号内で火災が発生。火はすぐに消し止められたが、火災の熱は安全弁をすでに溶かし、船底では大爆発が起きてしまった……。映画は、危難に見舞われたある一家と、事態を何とか防ごうとする乗組員の活躍を描くのだが、やはり見ものは本物の船を使っての爆発・沈没シーンだろう。次第に沈む船内で繰り広げられる救助劇も充分にサスペンスフルで、幼い娘と妻を救おうとするR・スタックと船員W・ストロードの描写なども手に汗握るものがある。思い付きの企画にせよ、ここまで面白く仕上げているのはひとえに監督・製作・脚本ストーンの力量だ。最後、遂に水中に没しようとする船の甲板を“実際に”スタックが走っているシーンなど臨場感・迫真感に溢れていて、凄いの一言。
<allcinema>
評価
【関連作品】
オペレッタの王様(1939)
若草の歌(1940)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 特殊効果賞A.J.Lohman視覚
【ニュース】
訃報、ロバート・スタック2003/05/16
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION