allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・ワイルド(1997)

THE EDGE

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1998/05/30
ジャンルアドベンチャー/サスペンス
天国から地獄へ。 ここは、想像を絶する“この世の果て” 愛する人への想いを胸に、生死を賭けた 男たちの壮絶なサバイバルが、いま幕を開ける。
ザ・ワイルド [DVD]
amazon.co.jpへ

【解説】
 極寒のアラスカで二人の男が繰り広げる決死のサバイバルを描くサスペンス・アクション。チャールズは、莫大な富を有する初老の富豪。彼は、カメラマンのロバートが自分の若妻と不倫していると疑惑を抱く。ある日、二人が乗った飛行機が事故で墜落、彼らはアラスカの原生林に投げ出される。お互いに疑惑と殺意を抱きながらも、仕方なく協力して脱出を目指す二人。だが、彼らの前に凶暴な人食い熊が立ちはだかる。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
539 7.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:青セイバー投稿日:2013-05-21 18:15:03
広大なアラスカの原生林の中での見事なサバイバル映画ですね。
いちいち自然が美しい。実際に足を運んで冒険してみたいに気分に駆られます。
アンソニー・ホプキンスの渋さがこれでもかと効いてるのも素晴らしい。自分もあんな男になりたい。

それにしてもあの凶暴なクマの迫力といったらスゴイのなんの。
本物を使ってるからこそ出せるリアリティ。調教師の人も大変だったろうに。
投稿者:scissors投稿日:2013-03-08 00:55:52
あまりにも御都合すぎてびっくり。
昭和の少年漫画並みかも。
まあ突っ込みどころ・笑いどころ満載って点では面白いけど。

遭難するまで無駄に長いしサスペンスもいらないし、90分ぐらいにしとけばよかったのに。
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-01-06 18:48:00
【ネタバレ注意】

2時間弱の時間の中にこれだけの面白さが凝縮されているとは、見ごたえがあり大満足な作品。  アンソニー・ホプキンスの思慮深いキャラが、目で多くを語っている。  大金持ちで若くて美人の妻もいる彼だからこそ他人に対して疑心暗鬼になってしまう。 そんな彼は常に満たされず、もの悲しさを感じる。  命を懸けての大冒険中も、何度もそんな目でアレック・ボールドウィンを見つめる。  アレックもまたそんな彼を羨み、何回も『金持ちはかわいそう』とアンソニーに皮肉を言う。   しかし、冒険中相手への本心を次第に明らかにしていく二人。 アンソニーはアレックと妻への疑心を確信した後も、それ以上の何かを感じ取り彼を信じようとする。 この冒険の中ですでにアンソニーは人生を変えたのだと思う。  見所はこの二人の心の変化と、なんと言ってもアラスカ・ヒグマの巨体を揺らして戦う攻防戦。   本物のヒグマを使っての相当な迫力あるシーンは目が離せない。  この凶暴なクマを倒したあと食べていたが、、、友人を食べた人食いクマのの肉は、、食べたくないのが人情かと。  また皮を剥ぎ取って縫い合わせて防寒服にしていたが、普通獣の皮は剥ぎ取った後洗ったり乾燥させたりしないといけないのでは?
その辺りが飛ばされていて、殺す・食べる・毛皮を着るという簡略されたシーンが唯一残念だった。   ラストのアレックの告白は、、最後のどんでん返しで面白かった。

投稿者:なちら投稿日:2008-12-25 14:29:19
【ネタバレ注意】

A・ボールドウィンみたいなニコニコおじさんは、女の為に自ら進んで殺人を思い立つ様な男には見えないよ。
ものすごい死闘を繰り広げてお互い尊敬の感情が芽生えてきたはずなのに、
まだ殺す気を見せるシーンは残念だったな。
そこまでする情熱を彼女に向けているとは思えなかったしね。
汚い心の探り合いサバイバルっていうより、とにかく熊との死闘に重きを置いてる。
殺人疑惑はオマケみたいなもん。ちょっとガッカリ。

ただ、A・ホプキンスのタフさや、迫力のある熊との戦い、
自分を恥じて死んでいったであろう最後のシーンは見応えがあったよ。

投稿者:ジーナ投稿日:2008-09-04 00:57:30
スケールの大きさや迫力ある描写は予想以上でした。
熊が目の前に現れた時の恐怖感なんて思わず息を止めてしまうほどのリアルさでした。
ただ、時間の経過が分かる工夫があったほうが苦労がもっとよく伝わったと思いますけど・・・。

それに個人的には、サスペンス要素はいらなかったかなぁ〜
これだけ巧く撮れているのだから、純粋に絶体絶命の状況を知恵と体力で生き抜くサバイバル映画を観たかったかも。

もう一つ欲を言えば・・・
アンソニー・ホプキンスの役柄にももっと明白なキャラクター作りが欲しかったなぁ・・・。
落ち着いた大人であるのは間違いなかったですが、落ち着きすぎていて(渋くてステキだけど)盛り上がりに欠けた部分もありましたし、、何かもう一クセあると面白みがあったでしょうね。

アレック・ボールドウィンは期待通りでした(笑)
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-03-05 00:59:16
 しつこく追い駆けてくる熊と闘うシーンは、一体どうやって撮影したのかと思うほどの大迫力だ。あの「グリズリー」がお子様映画に思えてしまうくらい凄い。
投稿者:terramycin投稿日:2006-11-09 23:19:05
【ネタバレ注意】

作中で拝見できる自然はとても美しかった。

主人公はワイルド+博学+リッチのパーフェクトな人間。
身近に知り合いがいたら惹かれると思う。

投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-10 01:04:16
山で遭難した時には参考になりそう。もちろん映画も良かったです。
投稿者:irony投稿日:2006-04-05 07:23:44
 素晴らしい、素晴らしすぎる、結構な拾いもの。
投稿者:マクビール投稿日:2006-02-19 13:47:30
アンソニー・ホプキンスは、仕事を選んでいるのか選んでいないのか困惑するほど
コンスタントに映画に出ていますよねー。情熱的なのか、仕事だからね的なのか。
この映画は試写で見たのですが、へいへいほーの与作姿で現れたシーンには失笑が・・・。

でも、この監督はニュージーランドの社会問題をガッチリ撮った
「ワンス・ウォリーアーズ」のリー・タマホリだというし。
うーん。監督、熊ちゃんにも本気ですか。http://gogocinema.blog39.fc2.com/
投稿者:FilmSeeker投稿日:2004-10-10 15:32:32
なんと言っても、あの熊のシーンには驚きました。
見ごたえのある、ハラハラドキドキする作品です。
投稿者:no-da投稿日:1999-09-23 17:26:43
大金持ちにして博学。そのうえモデルの若い美女が妻というこのうえない境遇のアンソニー・ホプキンス。それに俗物のうえに浅はかなアレック・ボールドウィンがどこまでも負けまくってしまうという救いのないドラマ。だと思わない?しかし、あのクマには勝てないっしょ?
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION