allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

明日に向って撃て!(1969)

BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1970/02/21
リバイバル→-75.5→-95.9
ジャンル青春/西部劇
映倫G
史上名高い列車銀行強盗ブッチとサンダンス! 鮮烈に生きた無法者の明日を知らない決闘のさすらい!

新しい時代の新しい西部劇! 鮮やかなテクニックで現代によみがえったこの3人の壮烈な青春!

今日をすて明日に生きる……現代に甦る鮮烈の青春!!(リバイバル時)
明日に向って撃て! [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 920
USED価格:¥ 1,513
amazon.co.jpへ

【解説】
 19世紀末の西部史に名高い、二人組の強盗ブッチとサンダンスの逃避行を、哀愁とユーモアをこめて描く。列車強盗としてならしたブッチとサンダンス。しかし、近代化に向かう時代に、彼らの生き方はあまりにも旧弊だった。新たな夢を求めて、二人は南米ボリビアへと旅立つが……。世が世だっただけに当時“アメリカン・ニュー・シネマ”の傑作と謳われたが、この作品は断じてそうではあるまい。ストーリーの展開としてはそうかもしれないが、あらかじめ失速する事が約束されている他の“ニュー・シネマ”たちとはあまりにも違いすぎる。ロマンティックすぎる、美しすぎるのだ。B・バカラックのメロディに乗せて、懐古趣味すれすれで描かれる在りし日の西部。純然たる青春映画であり、ウェスタンなのだ。レッドフォード、ニューマン、ロス、この三人の輝きと、ジョージ・ロイ・ヒルの斬新な映像。まぶしいばかりの傑作だ。その後のエッタをキャサリン・ロスが再び演じるTVムービー「続・明日に向って撃て!」と、若き日のブッチとサンダンスを描いた「新・明日に向って撃て!」の2本の姉妹編が存在する。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

TV(演出:山田悦司 翻訳:山田実 調整:杉原日出弥 制作:トランスグローバル)
※このデータは放送当時の情報です。
近藤洋介ポール・ニューマンブッチ・キャシディ
久富惟晴ロバート・レッドフォードサンダンス・キッド
二宮さよ子キャサリン・ロスエッタ・プレース
滝口順平ストローザー・マーティンパーシー・ギャリス
青野武ジョージ・ファースウッドコック
大木民夫ジェフ・コーリイブレッドソー保安官
湯浅実テッド・キャシディハーヴェイ・ローガン
寺島幹夫ティモシー・スコットニュース・カーヴァー
増岡弘チャールズ・ディアコップ鼻ぺちゃカリー
光江明彦
弥永和子クロリス・リーチマンアグネス
京田尚子
仲木隆司
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aスティング (1973)
[002]Aタワーリング・インフェルノ (1974)
[003]A大脱走 (1963)
[004]Aインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (1984)
[005]Aフレンチ・コネクション (1971)
[006]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[007]A羊たちの沈黙 (1990)
[008]A2001年宇宙の旅 (1968)
[009]Aサイダーハウス・ルール (1999)
[010]A普通の人々 (1980)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
46394 8.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ビリジョ投稿日:2016-07-16 16:48:31
【ネタバレ注意】

 雨が頭上に降るぜ
 足が長すぎてベッドからはみ出る感じの気分だぜ

 落ち目の男の逃避行。年もとったし。落日だし。自転車みてえな新しい乗り物よりも馬に限るぜ。

 2人は何かの象徴なのだろうね。国とか文明とか。

 落ち目でも前向きに。今度はオーストラリアに行こうぜ。英語が通じるぜ。

 前向き前向き。ところで、ああ腰が痛い、小さい字が読めん。

 おれは自由さ、何の心配もない♪

投稿者:uptail投稿日:2013-11-08 11:29:01
キャサリン・ロス
投稿者:sachi823投稿日:2013-10-25 22:08:27
この監督の代表作であり、主演2人の勢いを感じました。
リハーサルではいい加減でやる気があるのかと
ヒル監督を心配させたけれど、本番では2人の息が合い、
よい演技ができたとポール・ニューマンも語っていました。
印象としてはやはり若いロバート・レッドフォードが
輝いています。 追い詰められ川に飛び込むのを躊躇して
「泳げないんだ」という場面が好きです。
かつて悪名を轟かせ落ち目になった2人のストーリーで
笑える場面を用意しながらも
全体的にノスタルジーとともに深い悲しみを感じます。

投稿者:グレコ投稿日:2013-01-26 13:24:44
ラストと自転車のシーンに尽きますね。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-12-07 04:50:07
やっぱこれ好きなんだなぁ、ということかな。なぜか好きな映画って聞かれてこれを答えると「俺たちに明日はない」と混同されることが一時期多くて。そっちもいいと思いますけどね、やっぱこっち。www.seisakuiinkai.com
投稿者:Kircheis投稿日:2011-01-30 19:01:46
【ネタバレ注意】

正直言って全編通してグッと引き込まれる…といった事は無かった。

淡々と話が進む中あの切ないラストを迎えるのだが、そのラスト、傷ついた二人が飛び出していく寸前のシークエンスが絶妙!

ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードの二人の存在感もさすが。

ストーリー的には好みの映画では無いが、ラストシーンと主演の二人(キャサリン・ロスを加えて三人でも可)の魅力で楽しめた。

投稿者:ジェームス投稿日:2011-01-04 05:24:17
ジョージ・ロイ・ヒル監督のノスタルジーあふれるアメリカン・ニューシネマの傑作。ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの名コンビぶりが、嬉しく、キャサリン・ロスもいい感じ。特に好きなシーンは「雨にぬれても」の歌が流れる中、ニューマンとロスが自転車に乗るシーンです。
投稿者:陸将投稿日:2010-11-20 14:49:51
【ネタバレ注意】

映画冒頭、「壁の穴盗賊団」というサイレント映画が映し出され、モノクロからセピア調、そして原色へと映像が変化していく。
このように、映画が発展してきた撮影技法を駆使しながら、観客の映画的記憶を呼び覚ましていく。

映画史上に残る、“雨に濡れても”をBGMにした自転車を使用しての曲芸は、まるでトーキー映画以前の役者の身体性と、柔らかな射光が見事に溶け合い、奇跡のような輝きを放っている。

さらに、アメリカからボリビアへの旅路や、ボリビアでの銀行強盗のくだりは、写真やショットをモンタージュさせて次々に映し出していく。
そのリズムやテンポの心地よさ。
音楽と映像がこれほど見事にシンクロしている場面は滅多にお目にかかれない。

そして有名な2人の最期では、ストップモーションを使用している。
その最期の余韻と、映画史という観点でのノスタルジーが見事に融合し、実に味わい深い。

ただ、そんな郷愁は「西部劇」というジャンルの観点から見ても、十二分に感じられる。
馬から自転車へ、列車から銀行へと変化していく時代。
そんな中で強盗団としてのピークを過ぎたブッチとサンダンスは、新しい波に乗ることができない。

従来の西部劇の主人公のような、正義の味方でもない。
男らしくもない。
むしろ彼らは追われる身である。
徐々に行き場を失い、追い詰められていく2人。

ただ、そんな窮地に追い込まれても、あるかどうかさえ分からない微かな光を求めていく。
追われながらも、希望や未来を追っていく。
それはラストシーンまで一貫している。

足を洗おうと決めて、夢を掴むためにボリビアに行ったのに、そこで待つ過酷な現実。
理想と現実のギャップでもがき、時流に乗ろうと苦しんだ後に、やはり銀行強盗を繰り返してしまう2人の姿。
自分たちがやがて迎えるであろう、逃れられない最期を覚悟しながらも、それを生業にするしかない2人の姿からは哀愁や、ある種の諦念が感じられる。

そして追われる者の、散り際の男の美学のようなものがラストに集約されている。
数え切れないほどの銃声を耳にしながら、2人の華麗な最期に酔わずにはいられない。

投稿者:こじか投稿日:2010-10-10 01:37:43
ランキングや名作選に必ず名を連ねる大傑作。
映画音楽集の常連「雨にぬれても」。そして伝説的な邦題。
これらの功績が似合うし、何ともステキ過ぎるじゃありませんか。

レンタル店じゃよく西部劇コーナーにもあるけど、
日本人がイメージするポンチョ背負った西部劇ではないので
西部劇へ苦手意識がある方も安心して観れますよ。
投稿者:Normandie投稿日:2010-05-28 00:11:41
紛れも泣く(変換ミスですがこのまま残す)60年代の青春映画。
「雨にぬれても」は映画とのシアワセな出逢いをしたメロディ。
投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-03-02 01:07:40
あんまし西部劇好きじゃないけど、レッドフォードとポール・ニューマンが出演していたから見たけどそれなりに楽しめた、でもこの二人が出演しているわりには微妙って思う。
回想シーンの曲が印象的だ、ロードオブザリング旅の仲間でナズグルに追われているシーンとこの映画の逃避行のシーンがカブッタ。
最後の会話と何も知らないで出て行ったシーンは最高。
投稿者:kinenchyu投稿日:2009-03-10 22:31:46
青春映画のようなさわやかであぶなっかしくユーモラスな作品でした。ラストでは、ぐっと切ない気持ちにさせられてしまいました。
投稿者:ringoringo投稿日:2008-12-06 08:15:12
【ネタバレ注意】

セピアカラーと青みがかった映像がとても綺麗でした。

逃げ切れないと分かっていても、希望を捨てずにいる彼等がとても良かった。

投稿者:millwood投稿日:2008-10-13 03:58:35
ニューシネマの多くは今見ると辛いことが多いけど、この作品は別格。西部劇、アンチヒーロー、青春逃避行…。時代とジャンルを超えて色褪せることのない傑作中の傑作だと思います。個人的にも70年代初めに名画座(後楽園シネマ)でようやくめぐり会えた時の感動が忘れられない。日本のサブカルチャーに与えた影響も絶大で、「ルパン三世(1stシリーズの非宮崎系作品)」や「傷だらけの天使」、きうちかずひろの「Be−Bop Highscool」が好きな人にはお勧めです。「演出うんぬん」の意見もあるようですが、では「演出の行き届いた作品」とは、具体的にどんなものを指すのでしょう???この映画を楽しめないのって、映画ファンとしてかわいそうというか、日本でも米国でも少数派であることは間違いないですね。
投稿者:時空争奪投稿日:2008-06-28 00:24:01
久々に観たが、こりゃダメだ。
下のほうでも誰か書いてるが、
シナシオをなぞってるだけとしか思えない。
投稿者:出雲崎007投稿日:2008-02-03 13:00:45
【ネタバレ注意】

ラストが素晴らしいです。
これだけでもう満点ですね。

投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-05-05 18:03:20
独特の雰囲気が好き
投稿者:あびやんか投稿日:2007-01-26 20:14:07
『明日に向かって撃て!』とほぼ反対の意味を持つタイトルは『俺たちに明日はない』。しかし原題は ”BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID” と ”BONNIE AND CLYDE” で、共にそれぞれの主人公たちの名を冠したタイトル。’67年と’69の作で、共にアウトローたちの逃避行を描いたアメリカン・ニューシネマ。そして、両作ともラストは、嵐のような銃弾を浴びながら死んでゆく。
 おおまかにみれば共通点の多い両作なのに、まるで異なる雰囲気の邦題が付けられたのは、ラストシーンから受ける衝撃の種類の違いにも依るものなのかもしれない。前者がストップシーンに音がかぶさり、二人の死は暗示することだけに留められ、切ないメロディがセンチメンタリズムくすぐる作りなのに対して、後者はあくまでも、主人公たちの末路を残酷にカメラが捉えつづける。
 前者に希望を見いだし、後者に絶望を見るのは、なにもラストシーンからだけに限ったものではないにせよ、いろいろ比べてみるのも一興であろうと思った次第である。お粗末。
 あと、この作品をけなす人は審美眼が欠けてるね。情感に心を委ねよ!
投稿者:楽楽投稿日:2006-11-25 21:04:54
【ネタバレ注意】

単純にポールニューマン&ロバートレッドフォードがかっこいい!
予備知識がなかったにも関わらず、早々と破滅に突き進むストーリーと解りながらも悲壮感はなく、粋な台詞回しで最後までドキドキしながら楽しめました。ラストシーンも最高。ブッチは悪党なのに、それを感じさせない魅力が....ユーモアのなせるワザか。サンダンスは渋いながらも、可愛さが見え隠れ。所々、レッドフォードがブラットピットに見えたのは私だけでしょうか?

投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-09-21 17:37:25
語り継がれている名シーンの中でも、やはりラストが好きである。
想像力をかき立てられ、切なくも格好良いと唸りたくなる。
西部モノはさほど好みではないが、
このラストシーンには素敵な映画だと感じさせられる。
名作と言っていいと思う。
投稿者:山梨の猿投稿日:2005-11-14 21:16:05
【ネタバレ注意】

最近西部劇にはまり、古い西部劇観まくってます。で、この作品。なにやら回りの評価は高いようなのですが、僕が鈍いのかなんなのか、なんとも印象に残らない作品でした。登場人物二人の破滅に向かう運命とふたりの楽天的な生き方や明るい音楽(「雨にぬれても」は好き)、光あふれる背景とのコントラストが見所なのでしょうか?物語の中になんの思想性もなかったような・・・

投稿者:cinemax投稿日:2005-10-11 15:45:33
◆ 実在した西部のアウトローたちの生涯を、軽快なタッチで描いた傑作。後にポール・ニューマンも、ロバート・レッドフォードも、インタヴューの中で「この映画はジョージ(ロイ・ヒル)がいたからこそ名作となった」と語っていますが、まったく同感。サム・ペキンパーが、「ワイルドバンチ」で西部劇を薄汚い殺戮劇にしてしまったのに比べ、ロイ・ヒルは、西部劇をみずみずしくも切ない青春映画に変えてみせてくれた。いま見ても少しも色あせない映像と音楽のセンスには脱帽です。ロイ・ヒルは、本来なら「スティング」ではなくて、この作品でオスカーを授けられるべきだったと思いますが、対抗馬がこれまた素晴らしい「真夜中のカーボーイ」だったのは、何とも残念な事でした。
投稿者:mari投稿日:2005-09-23 20:04:46
「もうお前たちの時代は終わったんだよ」と言われたり、
謎の隊列がびしっと追ってるのに、2人は転びながら逃げてたり、
コミカルさに裏打ちされた、中年の哀愁がにじみ出てると思いました。
投稿者:古木はスター投稿日:2005-08-17 01:14:16
監督は演出を放棄してるとしか思えん。
こういう映画はちょっと許せないっす。
投稿者:ASH投稿日:2005-08-07 23:11:06
【ネタバレ注意】

 この時代にこれほどのMTV感覚があったことに驚愕。何って、「雨にぬれても」が流れるシーンのことだよ。

投稿者:william投稿日:2005-04-20 19:36:57
バート・バカラックの「雨にぬれても」がバックに流れる中、ブッチとエッタの2人が自転車を乗り回すシーンは、なんと幸福そうな姿であろうか。
激しい銃撃戦の後、無謀にもその銃弾の中に突っ込んで行く壮絶なラストシーンで幕を閉じる作品であるのにも関わらず、終始清々しさを感じずにはいられないのは、彼らが常にユーモアとロマンを忘れないアウトロー達だったからであろう。そうでなければ身勝手な彼らに共感することなど出来なかったはず。アメリカン・ニューシネマの傑作というだけでなく、アメリカ映画の歴史に残る名作と言えよう。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 23:17:30
ニューシネマっていわれると、何故かコレが最初に思い浮かぶ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-03-07 20:14:47
【ネタバレ注意】

ラジオで面白い小咄を聞いて、誰かに、この面白さを伝えようとする。これって非常に難しい。…僕にはね。
この映画はその辺りの“伝え方”が秀逸。おしゃれなコメディーである、といえるね。
「希望」を感じさせる秀逸な邦題。“自転車シーン”は名曲と相まって、夢のように素晴らしい。
本作は、どろどろとした犯罪ムービーでも、犯罪抑止ムービーでもない。隅から隅まで良く出来たコメディーの名作だ。
ただ、ラストは、主人公に感情移入した観客に対して“逃れられない人生の結果”を衝撃的な形で差し出してみせる。
そう、一緒に強盗した女の子と一緒にドロップアウトしても良かったのだよ。でも、やり始めたら何故か止められない事ってある。しがらみ?こだわり?…惰性のように捕らわれてしまう。行き着くところまで途中下車できない。…たとえ破滅がそこに有る事が予測出来たとしても…
一般に“ワル”は女性にとって格好良いものだそうだが、なるのも才能が要りそうだ。
蛇足だが芸術なんて唯の創造に過ぎず、高尚なものでもない。解ったから偉いとも思わない。アートだ、と思う理由は人それぞれで、個々違っているのだろうけど。
自分自身、偉そうに語られるのは嫌なので、この辺にしておくが…
普通に考えれば…この世の中、「強盗」というマイノリティーの為に映画会社が金をかけて配給した映画などない。勿論、強盗も映画を観るかも知れないが…
そして、こう思うだろう「俺も行き着くところまで行ってやる。後悔はないさ。」
…♪Raindrops Keep Falling On My Head〜

投稿者:jyunn投稿日:2005-01-28 16:32:37
【ネタバレ注意】

二人が最高に素敵ですね。キャサリン・ロスもやはり可愛い。

投稿者:zousan投稿日:2004-11-27 21:48:33
【ネタバレ注意】

見ました。途中で寝てしまい、目が覚めた時にはラストシーンだったんですが、いいですよね。二人には絶望が待っているのに、空はきれいな青空で。どこで撮影したかはわかりませんが、あのラストシーンでは、あの青空だよな、と。僕は大好きな映画です。

投稿者:おもちゃ投稿日:2004-09-13 06:54:06
最近、60〜70年代の古い映画をよく観るようになりました。
この頃の映画って素敵ですよね。 
フィルムの性能のせいかも知れないけど、空の色とか、陽の光加減に
独特の空気感があって、内容の前にまずそこら辺を楽しんでます。

で、このならず者2人のお話なんですけど・・・
男の子はこういう話、結構好きなんじゃないかな??
投稿者:ルミちゃん投稿日:2004-06-26 02:54:51
【ネタバレ注意】

観たのは随分以前の事なので、記憶は薄いのですが.
この映画、形式的に観て、アメリカ映画にしては珍しく、芸術と言えるのね.

この映画、で、何が言いたいのだ、強盗をしていけないことは誰でも分かっている.強盗を格好良く描いてどうする、普通の人が観たらこう言いたくなる、の、ではないかしら.
でも、泥棒、詐欺、強盗を描いた映画、本物の泥棒、詐欺、強盗をしている人に見せよう、と言う目的のもとに作られているのではないか、こう考えなければいけないみたい.

強盗を悪く描く、おまえはこんなに悪いやつだ、と描いたら、本当の強盗は映画を観ない.
強盗を面白く、楽しく、格好良く描いてやらないと、本当の強盗をしている人は映画を観ない.映画の前半は、強盗におれもあんな風に格好良く、と、思わせておいて、だんだん、だんだん追い詰められて、悲惨な最期.映画では悲惨な最期に描かないで、如何にも格好良く撃ち殺されたように見せて、強盗にしてみれば、結末は同じだということを考えさせる.

私の記憶では、こんな映画だと思えるけど.

フェリーニの崖、この映画、誰がどう観ても詐欺師に観せる目的の作品.
だけどね、きっと本物の詐欺師が観ても、おれはこの映画ほど阿漕ではない、こう言うのではないかと思えるほど、陰湿のかたまり.作品の出来不出来より、基本的にへぼなのね.

投稿者:さち投稿日:2004-06-13 08:55:18
いいね 
スター共演は期待はずれが多いんだけど
かなり楽しめました
渋さ爆発
投稿者:ココ投稿日:2004-04-02 16:56:21
私は、この映画のもつロマンテイシズム、大好き。

それは「計算しつくされた無頓着さ」だと思うのです。
(この、細心の注意を払った「無頓着さ」こそ J.ロイヒルの世界そのもので
最近の映画の、親切でおせっかいすぎる演出とは一線を画していると思う。)

寒々とした陽のあたらない世界に生きるアウトローでありながら
木漏れ日の差す原っぱで 自転車を乗り回す陽気さ

その唯一の暖かい場所エッタにも見捨てられ、絶体絶命になってもまだ
キザなジョークをかますダンデイズムに裏打ちされたユーモア

そしてこれらすべてを象徴するような
男前のアウトローにはまったく似つかわしくない
「雨にぬれても」の優しく叙情的なメロデイー

ちなみにこの歌の詞の一部
『雨はやみそうにもない でも俺は平気さ これ位じゃへこたれない』
この飄々としたシーンに、私はいつも励まされます。

シリアスになるのは簡単だと思う。
シリアスな場面で、あえて無頓着であったり、ユーモラスであったり。。。
なんて粋な男たち。。。


私は好きだな。
投稿者:Ikeda投稿日:2004-03-17 10:35:18
この映画は好きな人と嫌いな人に、はっきり分かれるようですが、私は嫌いな方です。
勝手気儘な生活を続ける強盗のポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの末路までを描いていますが、監督の意図が全然解りません。
パロディだと思って見れば良いのかもしれませんが、これまでの映画のシーケンスをつなぎ合わせた感じしかしません。列車強盗もそうですが、絶壁から飛び降りるシーンは将にターザンです。
「Rain drops fallin' on my head」の歌は好きですが、いきなり自転車で曲乗りまがいのシーンが出てきたのには驚きました。これが良いと思う人は多いようですが、私には何のために、このような場違いなシーンがあるのか理解出来ませんでした。
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2004-03-04 17:06:52
エッタの必要性がよく理解できません。
どうして三角関係の設定が必要なのか…。
その面においても、毛色が違うといわれそう
だけど、“俺たちに明日はない”の
フェイ・ダナウェイに比べると、インパクトも
何もないね。キャサリン・ロスだしね。
まさかスペイン語教えるためにいたわけじゃ
ないわよねぇ。こういう女嫌いだしなー。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2004-02-26 17:30:06
好い。と思うシーンとかはあるけど、
盗んでー逃げてー盗んでーまた逃げたー
この童謡の繰り返しみたいな二人を良いとは思えない。
投稿者:ロレンス投稿日:2004-02-26 14:40:01
やっぱりポールニューマンが自転車乗ってるシーンが印象的ですね。
曲は知ってても映画に使われていたとは知らなかったりするので、古い映画を見ると「おっ」と思わされる事があるので面白いです。
初めて見た時もこのシーン見直したもんだ・・・
何回か見てるので、単純にあんな所馬に乗ってみたいとか思って見てたけど
最後のシーンも良いね!引き込まれた!

でも一番いいのは「明日に向って撃て!」このタイトルでしょう。
この邦題付けた方に10点!


投稿者:投稿日:2003-12-28 02:41:37
忘れられない台詞です。
投稿者:cttttsg投稿日:2003-12-18 12:42:21
たしか小学生のとき、スピルバーグのJAWSをロードショーで見たのですが、この映画に感動して、2番煎じの人食い鮫映画を父と見に行った覚えがあります(たしか『シャークトレジャー』)。このときにたまたま2本立てでついでに見たのが『明日に向かって撃て』でした。

この映画が、僕をいろいろ変えました。

苦境⇒脱出の連続、常に明日しか見てない2人。
最後の最後になっても、「明日の冗談」をかっとばしてましたね。

映画が好きで、これ以降もいろいろの映画に逢えましたが、この映画がいちばんです。2番目は「JAWS」ですが。
投稿者:ムービーおじさん投稿日:2003-03-08 14:45:18
高校生の時映画館で見ました。2,3度見たかな。レコードも買いました。 
投稿者:torabis投稿日:2002-11-19 16:19:26
ところがいいんです!押付けがましさがなく、実に爽やかに出来ていると思います。ポールニューマンの憂いを秘めた笑顔がこの映画の全てを物語っているような気がします。
投稿者:junjun投稿日:2001-09-26 09:41:04
25年ほど前に、名画座で見ました。高校生でした。今、見ると演出に幼稚なところもあるかもしれませんが、当時としては、とても新鮮な映画でした。そのころはビデオもなかったので、何度も映画館に足を運びました。今でも大好きな映画です。
投稿者:K投稿日:2001-03-13 22:22:16
単純におもしろい映画で,私の好きな映画の1つです.
ラストシーンはパネルにして,数年間,壁に飾っていました.
投稿者:あれ・さんぷる投稿日:2001-02-09 06:36:24
そうそう、まさにその通り! 演出の不在!
こういう映画見てると腹立ってきますね。
ロイ・ヒルって、『スティング』とか『ガープの世界』とか、
いつもこんな感じです。
こんな、なんの才能もない人が監督やって、しかもヒットしちゃうんだから、
当時のアメリカ映画……何をか言わんや。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-06 08:56:57
 はっきり言って私はこの演出大嫌い。こういうシナリオで完結しているとしか
思えないような映画、つまり演出の(撮影現場の)創意が伝わってこない映画は、
好きになれないのです。
 例えば、ホワイトスキマー(白いカンカン帽の探偵)なんて、もっともっと怖く
描かないといけないのですよ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 監督賞ジョージ・ロイ・ヒル 
 ■ 脚本賞ウィリアム・ゴールドマン 
 ■ 撮影賞コンラッド・L・ホール 
 ■ 作曲賞バート・バカラック 
 ■ 歌曲賞バート・バカラック作曲『雨にぬれても』 Raindrops Keep Fallin'on My Head
  ハル・デヴィッド作詞
 □ 音響賞William Edmundson 
  David Dockendorf 
■ 音楽賞バート・バカラック 
■ 作品賞 
 ■ 主演男優賞ロバート・レッドフォード 
  ポール・ニューマン 
 ■ 主演女優賞キャサリン・ロス 
 ■ 監督賞ジョージ・ロイ・ヒル 
 ■ 脚本賞ウィリアム・ゴールドマン 
 ■ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)バート・バカラック 
 ■ 撮影賞コンラッド・L・ホール 
 ■ 編集賞 
 ■ 音響賞 
■ 新規登録作品 
【サウンド】
『雨にぬれても』(主題歌)
作詞 :ハル・デヴィッド
歌 :バート・バカラック
作曲 :バート・バカラック
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】明日に向って撃て!2012/09/05\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】明日に向って撃て!2011/03/02\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】明日に向って撃て!2009/11/27\4,700amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】明日に向って撃て!2008/01/18\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 〈2枚組〉2016/01/20\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】FOX100周年記念 名作DVDパック ポール・ニューマン出演作品 <期間限定出荷>2015/11/16\3,046amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2012/09/05\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 〈2枚組〉 <初回生産限定>2012/04/21\1,895amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2010/06/25\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2008/10/16\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2007/10/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】ローリング・シックスティーズ&セブンティーズ・コレクション2007/04/13\15,200amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 2枚組特別編2007/04/13\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編 <期間限定生産>2007/01/26\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2007/01/26\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2006/10/13\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2005/12/09\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2005/07/07\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】「明日に向って撃て! 特別編」+「バニシング・ポイント」 <今だけお得な2枚パック/初回限定生産>2005/04/20\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編 <初回限定生産>2005/03/16\951amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2004/11/24\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編 <初回限定生産>2004/11/19\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編 <期間限定生産>2004/02/20\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編 <1枚買ったら1枚タダ!キャンペーン 第4弾商品>2003/11/21\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編 <期間限定生産>2002/04/12\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編2001/09/21\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】明日に向って撃て!レンタル有り
 【DVD】明日に向って撃て! 特別編レンタル有り
 【VIDEO】明日に向って撃て!<初回限定生産版>レンタル有り
 【VIDEO】明日に向って撃て!レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 明日に向かって撃て! オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,027
5新品:¥ 1,800より   3中古品¥ 1,450より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION