allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マーキュリー・ライジング(1998)

MERCURY RISING

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1998/10/10
ジャンルサスペンス/アクション
少年は知り過ぎてしまった…
マーキュリー・ライジング [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 9,980
USED価格:¥ 3,350
amazon.co.jpへ

【解説】
 ブルース・ウィリス主演のサスペンス・アクション。偶然国家の極秘コードを解読し、命を狙われる少年と、彼を護るFBI捜査官の逃亡劇を描く。精神に障害を持つ少年サイモンはある日偶然、国家の極秘コード“マーキュリー”を解読してしまう。事実を知った国家安全保障局は、彼の家を奇襲し両親を殺害。難を逃れたサイモンを見つけたのは、落ち目のFBI捜査官アートだった。彼を護りながら逃亡を余儀なくされた彼は、事件の背後に大きな陰謀を嗅ぎ取るが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14104 7.43
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:DEVILWING投稿日:2015-12-22 20:24:11
【ネタバレ注意】

ウィキペディアで書かれている位、典型的なレッド・ネックの強盗団を期待して観直してみたのだが、そんなに典型的ではなかった。

作品自体は、外れでは無い。
自閉症児の演技が賞賛に値するのみならず、悪役のいやらしさも良いと思う。

投稿者:scissors投稿日:2012-11-29 10:57:32
昔見たのに、見たこと自体すっかり忘れていて途中まで気づかなかった。
中学生にでも書かせたのかってぐらいアホくさい脚本で。
いっそコメディにしてしまえばよかったのに。
興行的にも大コケだったんだね。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-10-04 21:20:38
【ネタバレ注意】

子供をやさしく包み込む父親の描写にはすごく感動。それだけにあの展開はショックでした。何も殺さんでも!映画自体は、かなり無理な筋運びですが、けっこう楽しめました。https://sites.google.com/site/darklymama/home

投稿者:has42120投稿日:2011-05-23 09:31:24
ブルース・ウィリス
投稿者:gapper投稿日:2010-07-06 21:45:54
 ブルース・ウィリスの”マクレーン刑事”的役所の作品。

 マクレーンのキャラは良くできていて脱却を図っているようだ。
 情けなく嘆きながらの英雄的行為という面白さは、上回れてはいない。

 その反面、目前の悲劇、個人を守ることと国を守るとの名目での横暴への怒りと言ったものは明確になっている。
 シニカルなドラマを好む人には、良いだろう。

 暗号については、完全にブラックボックスの扱いで、その方法ややり方については一切触れないと言うのは”見切り”か。
 個人的には、基本的な方法やパターンなどの解説が欲しかった。

 通常暗号には、素数と”キー”を用いる場合が多いのだが、そのどちらでもなく文だけで解読できると言うのはかなり特殊だ。
 特に最初のものは、あれだけの文字があって電話をかかるだけというのは”あまりにも”である。

 面白くなくはないのだが、設定が好みなだけに残念に感じる部分が多く残念だ。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-02 00:51:21
設定が『ペリカン文書』とかぶるが、こっちはアクション要素が大きい分サスペンス映画としての側面は弱かった。
ブルース・ウィリス主演なんだったら、思い切ってドンパチ映画にすれば良かったのに〜!!
投稿者:kinenchyu投稿日:2009-05-10 09:13:42
ストーリーとしては、かなり現実的でないのですが、作品としてはそれなりに面白いと思いました。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-04-12 13:00:24
昔期待してビデオ借りたのに凄くガッカリした作品。シリアスでこの出来なら「博士の異常な愛情」+「ブルース・ブラザーズ」みたいに撮って欲しかったな。
投稿者:william投稿日:2009-04-12 10:45:17
微妙。ブルース・ウィリスが「ダイ・ハード」のマクレーンっぽさ丸出しでギャップがおかしい。
投稿者:長春投稿日:2008-01-30 10:37:19
保身のため、「完璧ではなかった暗号方式のプロジェクト」のリーダーがそれを隠そうと殺人を指示する。公務員の行動パターンからしてありそうな話だ。
活動内容が良く分からない国家安全保障局(NSA)の公務員の陰謀というのも心引かれる。
暗号の開発者は暗号の完璧性に自信があるため、クイズ雑誌に暗号を掲載してしまう。これもありそうな話だ。
主人公が守るべき少年が自閉症というのもひとつの障害となり面白いし、泣かせる。
派手でないアクションシーンもリアリティがある。人ごみで暗殺者の追跡シーンなどは、通行人を巻き込むんじゃないかとどきどきした。
投稿者:kouseikeishi投稿日:2007-10-01 09:03:30
ブルース・ウィリスは「ダイ・ハード」以来どの映画でも多かれ少なかれマクレーン警部のバリエーションを演じている。この映画ではちと暗めのマクレーンというところ。嫌いな役者じゃないからつい観てしまうけど、そうそううまくはいかないようだ。「キッド」を最後にして長期低落傾向にある。自閉症の少年を演じた子役の虚ろな目の演技がすべてをさらってしまった。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-10 22:59:47
テレビで放送された時に見ましたが、まぁ普通ですかね。面白いことは面白いですが、別に残らないというか、私にはとにかく普通の作品でした。
まぁブルース・ウィリスはいつも通りの感じに思えたし、子役のミコ・ヒューズも可愛いことは可愛いと思いますが、何か物足りない感じもありました。そして極めつけはキム・ディケンズ。彼女はあまり好きではないのに良く観るので、本作はさすがにチョイとウザかったのが正直な所です。。
でもアレック・ボールドウィンはマジで素敵!彼の悪役ぶりは新鮮で、かなりカッコよくも見えました!なので彼の姿が見れたことが本作の中で私が一番嬉しかったことです☆
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-04-14 20:39:36
もう少年の両親が殺された時点で自分にとってはアウト。最悪だと思った。
せめて重症とかに出来なかったの?
ラストのビル屋上、バレバレな合成シーンも・・・。どうも最後まで作品にのめり込めなかった。唯一、病院のエレベーター内、殺し屋に対してポケットの中からピストルを向けるブルースには痺れた。かっこいい!
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-14 17:10:53
ペットセメタリーに出てたM・ヒューズくんちょっと大きくなって出てますよね。キンダガードンコップでもこの映画でもなかなか彼はいい味出してる。
投稿者:spink投稿日:2005-10-13 00:34:29
見たよ。そして忘れたよ。
投稿者:tetsu投稿日:2004-09-21 17:03:30
ダイハードシリーズでブルースのファンになった方々にとっては
物足りない作品かも知れない。

自閉症児ならびに自閉症の人達と関わったことのある人は
この作品の凄さが解ります。私も その一人。
レインマンでも ストーリー よりも何よりもダスティンの演技の凄さに
圧倒されましたが 本当の主役ともいえる ミコ・ヒューズの演技は
本当に素晴らしく ごく一部の人にしかそれが理解できないのが残念なところ(^^)

専任のアドバイザーがついていた様ですが 彼の存在とキャスティング
を考えれば ハイランクの作品 と言えるでしょう。
投稿者:くんばか投稿日:2004-07-01 10:19:32
一番まずいのはクイズ雑誌に何で大金掛けた暗号を乗っけるんだってとこ。
単なるミス、じゃすまんだろう。物語がそっちのほうに流れていくくらいの失態だよ。
国家機密より、クイズ雑誌に暗号を載せた失態がばれる方が痛いではないか。
オープニングの無意味なシーンを削って、偶然性をもっと詳細にすればいいのに。
投稿者:さち投稿日:2004-06-13 07:16:20
金かかってないのばればれ
投稿者:woodfish投稿日:2003-01-06 23:58:54
【ネタバレ注意】

しばらく前に観ましたが、冒頭部での主人公の少年とその両親の描写に感嘆しました。少年は自閉症であり、他者との間に通常のコミュニケーションを行うことができないのですが、その辺りの背景説明を、言葉によらず映像表現によって大変うまく描写していたのです。たとえば最初、少年が毎日通う施設から帰宅するシーンで、少年は近所で遊ぶ同年代の子供たちのほうを見向きもせずに帰宅し、いつもと同じ行動(この場合は麦芽飲料を作って飲むこと)をするのですが、母親はそんな我が子を温かく見守りながら、ふと窓外へと視線を向けるのです。窓の外には、近所の子供たちが歓声をあげて遊ぶ姿があります。たったこれだけのさりげない描写の中に、我が子の他者との違いに対する深い悲しみと愛情が余すところなく表現されています。更にそのあと、帰宅した父親の腕の中で少年は眠りにつく(これも毎日繰り返される習慣)のですが、これが後に起きる少年の悲しい行動の複線になっています。このあと少年は思いがけず国家規模の陰謀(?)に巻き込まれ、その結果両親を殺されてしまうのですが、それ以後彼は眠ることができなくなってしまいます。つまり、父親に抱かれて眠るという習慣がかなえられないがゆえに、生理的な行動すら満足にできなくなってしまうのです。映画としてのプロットやストーリについては、「?」な点が多々ありますが、(話の本筋とは関係ないかもしれませんが)自閉症を持つ少年についての前述したような大変リアルな表現に感心させられます。

投稿者:トリガー投稿日:2002-10-13 13:33:32
アレック・ボールドウィンにもなかなか悪役の素質があるのね。
並みのサスペンス以上に緊張感があって思っていたよりも上出来。
でも、このくらいドキドキさせてくれないと
「サスペンス映画」と呼びたくない。全体的には標準的なサスペンス。
つまらなくはない。
投稿者:rupan投稿日:2002-10-12 15:56:03
ブルース ウィリスだけよい
投稿者:月とスッポン投稿日:2001-10-02 01:25:37
けっこう「つまらん」てゆう意見が多かったですが、私的にはとつてもつまらなくなかった〜☆B.ウィリス良いよ!!
投稿者:おとっつあん投稿日:2001-05-13 09:55:49
皆さんがおっしゃるように作品としてはつまらないですね。かろうじてブルース・ウィリスが存在感を出していますが。ただ劇中のボールドウィンが語ることばのなかで「ヒーローはいない。みんなチームの一員、歯車の一つだ。それが国を支えている・・・・」に妙に納得してしまいました。
投稿者:れっくす投稿日:2001-04-16 17:05:54
自閉症の子を持つ親として、ここまで丁寧に練られた脚本に驚嘆しました。
「そうなんだよなぁ」と膝をうつシーンの連続です。
そしてなによりも、”やりすぎ”がないのが、アメリカ映画に珍しく
素敵です。(とくにラストシーン)
この映画抜きに近年のブルース・ウィリスの抑えた演技を語る事は出来ない
と思うのですが。如何?
【レンタル】
 【Blu-ray】マーキュリー・ライジングレンタル有り
 【DVD】マーキュリー・ライジングレンタル有り
 【DVD】マーキュリー・ライジング コレクターズ・エディションレンタル有り
 【VIDEO】マーキュリー・ライジングレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION