allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

CUBE(1997)

CUBE

メディア映画
上映時間91分
製作国カナダ
公開情報劇場公開(ポニーキャニオン=クロックワークス)
初公開年月1998/09/12
ジャンルSF/サスペンス
世界を犯す、騒がしい絶望。
カナダの恐るべき新鋭がおくる、20世紀の言葉では語れないオーヴァー・ジャンル・ゲーム・ムーヴィー。
CUBEキューブ Blu-ray
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,209
USED価格:¥ 4,314
amazon.co.jpへ

【解説】
 奇抜なストーリー、斬新なビジュアル・センスで話題となったカナダ産異色サスペンス。謎の立方体(=CUBE)に閉じこめられた男女6人の脱出劇を、緊迫感漲る演出で描く。ゲーム感覚の謎めいた物語やシュールな美術・SFX等を駆使し、人間の闇部を抉った秀作。ある日突然、密室に閉じこめられた6人の男女。それは正方形の巨大な立方体だった。いったい何のために作られたものなのか、なぜ自分たちが閉じこめられたのかは誰も知らない。脱出方法は6つあるハッチのいずれかを選び、同じ立方体でつながっている隣に移動しながら出口を探す以外ないが、いくつかの部屋には殺人トラップが仕掛けられていた。そんな中、やがて彼らは安全な部屋を示す“暗号”に気づくが・・・。
<allcinema>
【関連作品】
CUBE(1997)第1弾
CUBE2(2002)第2弾
CUBE ZERO(2004)第3弾
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aアメリ (2001)
[002]A羊たちの沈黙 (1990)
[003]Aシックス・センス (1999)
[004]Aシザーハンズ (1990)
[005]Aレザボア・ドッグス (1991)
[006]Aファイト・クラブ (1999)
[007]Aニュー・シネマ・パラダイス (1989)
[008]Bトレーニング デイ (2001)
[009]Bバイオハザード (2002)
[010]Bマトリックス (1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
71572 8.06
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちっぷ投稿日:2015-09-22 09:31:36
面白い。無名のキャストながら、皆さん頑張って良い作品を作り上げました。。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-31 02:48:13
ラストが全く思い出せない。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-24 00:09:04
この手の映画はどうしても1回観たらもういいやってなるな。
投稿者:カンジョ投稿日:2010-08-26 20:13:09
娯楽作品としては満足できるかなぁ。。。
暇つぶしに1回観るだけね。低予算でアイディアも評価できるが。
なんせ、アイディアだけで勝負だから、何度も観られるモンじゃない。
この手の映画を大絶賛している下記の人達は、
私とは「映画」に対する概念が全く違うのだろう。
最新技術は盛り沢山だろうが、どこも新しいシナリオが描けない中。
どれもこれもが似たり寄ったりの内容で、映画全体がTV化している中。
このアイデアは面白かったけどね。http://tawarangoma.blogspot.com/
投稿者:uptail投稿日:2009-12-14 09:44:11
ニコール・デ・ボア
投稿者:IDU投稿日:2009-09-21 23:32:59
低予算でこれって凄いね
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-01 20:45:44
余り好きではないが…確かに大きな衝撃を受けた作品ではある。
スタイリッシュな映像と答えのない謎、そして不条理な恐怖。
有って無いようなストーリーは個人的には評価する気にならんが、絶賛されるのも分かる。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-02-09 20:50:33
10年前に初めて観た時はグングン引き込まれたなあ。今思えば映画ファンが自分の感性を自慢したくなる典型的な一本だったかも。題材自体は好きなので星一つはオマケ。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2009-02-09 14:31:30
おもしろかった
投稿者:ucarxsozeallmovie投稿日:2008-10-09 17:20:48
有名な映画だとは知っていて今さらながら観たけど、かなり面白かった!
いきなり始まってすぐに画面にくぎずけになる。
途中でいろんなことが起こるけど、最後まで緊迫感が途切れないから凄い。

ラストはかなり気になるけど、この終わり方で良いと思う。
絶対一回は観た方がいいと思いますよ^^
投稿者:雀鬼野郎投稿日:2007-12-13 00:14:21
古い映画なのに古さを感じさせないほど独特で新しい世界感で面白い。
少しずつ謎を解いてく内容も面白いが、人間ドラマも楽しめる。人間の本性はほんと怖いな。
謎が解けなく、モヤモヤするがそれはそれでこの映画の終わりとしては正解だと思う。逆に解けてしまっていたらここまで名作にはならなかっただろうな。
たぶん考えさせられることが面白いのだと思う。
投稿者:エイリアン投稿日:2007-09-19 00:49:08
かつてこんなに斬新で、衝撃的な映画はあっただろうか。
緊張感は凄いものがあるし、人間の豹変ぶりが恐ろしいほど上手く演出されていて、気分が悪くなった。
理由はないのに何故か、説得力がある。この映画に理由などを求めても意味はない。想像を絶する世界がそれを証明している。
テレビで続編を見たが、失望した。続編を造るような映画ではない。
説明できるよな映画でもないけど、結局は人間、簡単に折れてしまう棒みたいなものなんだと。
人生で一回は確実に観て貰いたい。まさにこれこそ人生の娯楽なのだ。
いろんな意味で、最高傑作。
「CUBE」とは決して追求してはいけないものなのか?それとも人間そのものなのか? いろいろと考えさせられる映画である。

投稿者:4531731投稿日:2007-09-15 14:09:41
【ネタバレ注意】

CUBEに閉じ込められたキャラの一人が「これは忘れられた公共事業だ」と言います。
もしCUBEが公共事業であるなら公金が投入されている。つまり被害者(納税者)がCUBEを作った…

最後に助かった人は納税者ではない… 納税者はみな助からなかった。
現代人はみな、自分の不幸に投資しているのか??
http://blogs.yahoo.co.jp/kristiancirkusjoe

投稿者:フェニックス投稿日:2007-08-05 21:58:12
こういう閉鎖空間での映画って登場人物のキャラがはっきりしてないとダメな映画。
それは判るがあの黒人がキレて凶暴になったりするのって少々お約束的な感じも。
しかし本当に助かる方法が「あーしておけば」ってラスト直前で判って空しかったろうな、きっと。
投稿者:ノイズ投稿日:2006-05-06 12:06:16
【ネタバレ注意】

この映画って「内部」から「外部」へ出る映画でしょ?
別の言い方をするなら3次元の存在からそれ以上の高次元の存在へと「進化」するお話。
よく言われる作中の計算ミスも故意犯のようなきがする。
それに最後に脱出(?)できた人も「無垢」な人でも「自閉症」の人でもなんでもなく、「そのように見える人」なんだと思う。彼が物語の中盤でいきなり登場したこともそれなりの意味がありそうだし。

とりあえず、この映画で重要なことは、女の子は「出る」ことができず、外壁の設計者は「出る」ことを拒み、黒人の人は「罠」として復活したこと。
だいぶ前に一回だけテレビで見ただけだから、はっきりと覚えてないけど、最後に設計者が
「カザン『外』へ出ろ!」
って叫ぶのがすべてを象徴してるんじゃないかな。

投稿者:さとせ投稿日:2006-03-19 22:03:58
 今更ながらに最終版で鑑賞しました。下記で絶賛されてるようにスリルありサスペンスありの傑作!以前、発売の版は、ステレオ音声だったが最終版はdtsにリニューアルされている(効果は薄いが・・・)。
ランニングタイムが違うのは、本編が始まるのが遅いだけで内容は変わらない。以前発売の版に収録されていた短編は何故か今回は収録されていない。
投稿者:フリクリ投稿日:2005-11-15 13:36:54
そろそろこれのDVDが欲しいのですが、あの短編映画も『CUBE』のDVDに収録されてるんですか?
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-10-06 20:03:32
アイデアが勝負!!
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-08-27 19:50:24
【ネタバレ注意】

警官の男は多分毎日市民の為に命を張っているのだろうが…本性は怖いね。
何が正しくて何が間違っているのか…それは人間同士の関わりの中にしかない。
世界に“これが正しい”という事はなく、全てその判断は、今を生きる人間の判断にかかっている。(って僕が“ドッグヴィル”に書いたコメントだけど…)
脱出王は自信過剰。牢獄はトラップでなく鉄格子があるものだ。(靴は思いつきだったが)
警官の男は行動的で自己中…そしてトラップに何度か捕まりながら生き延びてる男…辿り着いたのは勘か、運か。そして復讐は忘れない〜眼鏡っ娘の最後は衝撃的。
謎解きも面白く、人間ドラマも楽しめる〜外の世界は楽しくない?…苦しみがないとは言わないが〜死にたがる動物って何か変だね。
どうして入れられたのか?〜ネットを検索したら解るのかな?
意図的な集められ方なのよね。能力集団、というか…気持ちはバラバラだが。
死後の世界ねぇ…思いつきはグレイト…だが、あの設計に関わった男って?
(11人いる!は昔読んだので忘れた…)

投稿者:てきとう投稿日:2005-07-21 10:04:57
DVD買って見ました。人間性あふれる面白い作品でした。ショートムビーも意外と面白かったのでショートムビもオススメです。
投稿者:irony投稿日:2005-07-14 03:18:22
 結構回数見てるんですけど、記憶が薄れて来た時に見直すとまた良い。
毎回思うのだが、黒人の人どうやって最後、最初の部屋に辿り着いたんだろう?数学ダメなのに...
投稿者:趣味の瞬間投稿日:2005-05-19 14:34:54
【ネタバレ注意】

奇抜な設定と無茶苦茶なストーリー…。
時に映画というモノは、現実では絶対にあり得ない物語が進行していくから面白いのかも知れません。しかし、逆説的ではありますが、"もしかしたらあるのかも"と思わせてくれるから、面白いと思うのかも知れません。

謎の立方体に閉じこめられた人々の脱出劇。こんなシチュエーション…何年生きていても巡り会いそうに無い…でも、心のどこかで"もしかしたら"があるから不思議でならない…。
結局、何故6人は閉じこめられたのか…キューブは一体誰が何の目的で作ったモノなのか?一切合切闇に葬られたままでエンディング…。無茶苦茶な設定の謎を明かすこともなく…。
消化不良な一品ではありますが、どうしてだろう…見終わっても余り嫌な気分にならなかったのは…残念な気持ちにもならなかったのは…前評判通りの良い作品だと思ってしまうのは…。

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 21:33:42
アイデア物ですね。
投稿者:D.投稿日:2005-02-02 11:59:18
オープニング・シークエンスはかなりグロかったものの、物凄いインパクトがあったことは確かです。妙な小細工は一切なし。とにかくシンプルに作られています。舞台となっている六面体(キューブ)についても曖昧な説明しかされません。あくまで、6人が如何にして仕掛けられた数々のトラップをかいくぐり、謎を解き、脱出するかだけに焦点が当てられています。このシンプルさは、登場人物のキャラクターにも見られ、誰もがセテレオ・タイプ的な、非常に明確に分けられていて、判りやすかったです。最近「映画のようなゲーム」というのが取り沙汰されていますが、本作は正に「ゲームのような映画」と言っていいと思います。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:うさぎとかめ投稿日:2005-01-28 01:19:32
面白かった〜。
かなり前に見たので久しぶりにまた見たい!
投稿者:スカンク投稿日:2004-12-26 22:18:09
全編通して不快感が尽きません。
それが凄く良かった。
見続けるにつれて、見終わって時間が経つにつれて、じわじわと感動がやってきました。
なぜ閉じこめられるようなことになったのか、何の説明もないのがイイ。
暗い・重い・密閉された苦しい雰囲気がイイ(別にマゾではありません…)。
これは良かった。どちらかというとベタな展開な作品ばかり見ている自分が、こんな独特な作品で感動するとは思いませんでした。

非常に良かったです。
投稿者:投稿日:2004-12-15 04:03:17
あの世の安部公房さんに見せて差し上げたい。
投稿者:ゴーストフェイス投稿日:2004-08-21 23:48:30
この映画を作った人に感心してしまいます。
謎解きや心理描写、怖さを全て表現できていたと思いました。
投稿者:さち投稿日:2004-07-31 07:20:47
名作
投稿者:やんこら投稿日:2004-07-24 10:37:03
全編を覆う不条理感とラストシーンが印象的でした。
投稿者:PECO投稿日:2004-07-14 21:00:46
ずっと前に深夜にテレビでやってて、途中から見たんですけどなんでCUBEに入ることになったのかどうしても知りたくてもう1回みました。で、なんと何の理由もなかったんですね。最後もなんとなくイヤーな感じで・・・。でもこのわけのわからなさがいいのかな? はっきりすじが通ってたら面白くなかったかも。続編いまいちですかぁ? 見るのがコワイッ!
投稿者:ISABEL投稿日:2004-02-16 16:17:14
【ネタバレ注意】

突然立方体の中から物語が始まる奇抜な設定と斬新な映像美で最初からどんどん引き込まれる作品。
キューブの謎を解きながら出口を目指す過程が緊迫感たっぷり。
キューブの部屋に書かれた3桁の数字や様々なトラップなども複雑・巧妙で目が離せない。
先の読めないスリリングな展開はまさに天才的。
新感覚のサスペンスで私はキューブにはまりました:)
サスペンス好きにはおすすめです。

投稿者:リザード夫婦投稿日:2004-02-15 23:00:52
再度見直したけど、仕掛けや不条理さ、不気味さは遥かに前作の方が上でしたね。
実際、神隠しのような事件は起こっているわけだし・・・。
現実だったらと考えながら観てしまうと、かなり怖いです。
投稿者:ヤザキ投稿日:2004-02-12 11:49:48
【ネタバレ注意】

僕はたいしておもしろいと思いませんでした。
友達に勧められて、ビデオで観ました。
世間での評判ほど良いとは思いませんでした。
期待して観たぶん、その落差があったのかもしれません。

CUBEも、CUBEのあとに入ってるエレベーターのやつもなんだか
ドラマの「世にも奇妙な物語」のような感じがしました。

ただ他の方もおっしゃてるように、登場人物がCUBEに押し込められ
た理由もなかったり、CUBEの中だけで話が進んでいくのは斬新だと
は思いました。

しかし、全体的に心情描写や人間関係の表現はありきたりだったし、最後の光の
ところ(おそらく外界)へ行けたのが純真無垢な子供のような人だったのも
わかりやすい簡単な結末で陳腐な感じもしました。
映像やCUBE内だけでのストーリーという斬新な発想に上記の細かい部分が
追いついていない感じがしました。

投稿者:kenny投稿日:2003-10-16 07:56:34
映画をレンタルすると夜に見るので、睡魔と戦いつつ2日〜数日で1本見るが、これは冒頭から目が離せず一気に見た。その夜は不快な夢を見た。
面白かったんだけど好きにはなれない。人間の角切り映像はいただけない。
数学得意な方は謎解きで楽しめたんでしょうね。ウラヤマシイ・・
ふろくの短編の方が血しぶきスプラッター映像なんだけど、こっちの方が好きだ。
投稿者:Nothing投稿日:2003-07-10 18:40:36
いきなりCUBEの中から始まるストーリーには驚いた。
まずここで、どうやってここへ来たのだろうかと考えてしまう。
とにかく展開が興味深く、ハラハラする。もし自分がそこにいたら
、どうするだろうとまで考えてしまった。ぼーっと見る映画もいいが、
こういった「考える」映画も良い。
投稿者:str8投稿日:2003-06-28 04:56:52
【ネタバレ注意】

観終わった後はあまりのすごさに感動さえしました。
僕は数学選考なので、最初「素数」が「クリア」だと思ったのが、実は
「デカルト座標」だった、なんて設定は斬新で面白いアイデアと感じました。
ネット上で様々な考察が展開されているので暇な人は是非見てください。

低予算で制作したことや、cube内の色によって状況を変化させたりする点は
天才的と言えます。冒頭のさいの目カットは映画バイオハザードがパクッて
ますよね。

最後は残念という感想が多いですが、最終的に生き残るは「無垢」な人のみ
であり、生き残るべきはずの数学少女が死んだのは考えるべき点です。
とっとと脱出すればいいのに、一瞬の躊躇が死につながりました。

あの光の先をあえて見せないのがポイントで、実社会なのか天国なのか
分かりませんが、観る人に問いかけているのではないでしょうか?
「あなたに見える光の向こうは?」と。つまり数学少女は躊躇する
何かを見たのだと思います。

ただ理想の世界であることは間違いなく出口への「ブリッジ」はまさに
「三途の川」の橋なのではないでしょうか。

投稿者:tomason投稿日:2003-06-23 07:36:21
観ていて、貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」を想いだしてしまった。エレベーターの短編も面白い。
投稿者:ミチッペ投稿日:2003-06-01 20:05:20
観たけどなかなか面白かった。ホラーとはまた違う恐怖を味わいました。でも閉所恐怖症の方は観ないほうがいいかも・・・。観てて息苦しくなります。短編の「エレヴェイテッド」も後味悪いけど面白い。
投稿者:リュウ・ビ投稿日:2003-05-17 15:07:50
【ネタバレ注意】

非常に良く出来た映画ですが・・・二度と観たくない。

この映画、スプラッター映画です。
と、言ってもフィジカルなそれではありません。
最初にフィジカルなスプラッター場面が少しだけ出てきますが、そ
れはこれから始まる心理的なスプラッターの暗示でしかない。

この映画には「主人公」はいない。
あるのは登場人物という「あなた」が感情移入するためのこころの
容器。「あなた」のこころを容器に入れてずたずたに切り刻むのだ。

中盤以降、感情移入が可能な人物は3人に絞られる。
数学専攻の女の子(以降、数女)、外壁の設計者(以降壁男)、自
閉症の男(以降、自閉男)。
他のキャラクターは異常心理丸出しで、周囲への攻撃性が高くなっ
ているため感情移入がし難い。また、これが監督の狙いで或る事は
最後に残ったメンバーを考えてみても容易に納得出来る。

この中で静かに黙々と行動する数女が第一の「あなた」のこころの
容器である。
この容器に「あなた」のこころを封じ込めていたぶるのだ。
最後には容器ごと「あなた」を・・・。
そして、最後に残った二人は「あなた」の亡霊なのかもしれない。

この監督かなり緻密な計算に基づいて「恐怖」や「絶望」をリアル
に感じさせる能力に長けているような印象を受けます。
なので、映画に「恐怖」や「絶望」、「異常性」等の負の面を観た
い観客にとっては最高の監督なのではないでしょうか?
分かり易く言えば、脱がなくてもエロスを感じさせるように、切り
刻まなくても切り刻まれるような感覚を感じさせるみたいな。

私個人は・・・この監督の作品は二度と観たくないです。
これは好みの問題ですね。

投稿者:MH900E投稿日:2003-03-07 05:51:42
黒人さんがアメリカの象徴に見えた。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-11-24 23:33:29
 眼球のファーストカットからトラップによって男が切り刻まれるアヴァンタイトルまでで度肝を抜かれるし、音を感知するトラップの場面なんかも実にスリリングで良い。この監督は大した技巧派だと思う。しかし技巧で押し切ってくれればよいのに、厭世的な世界観のテーマ性を装うので何とも白けてしまう。青臭い教条主義の印象が残ってしまう。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:さーみあん投稿日:2002-09-03 12:58:56
【ネタバレ注意】

製作者が並々ならぬ才覚の持ち主であることを認めるにはやぶさかではない。
がっ、しかしっ、
後味悪過ぎ!!
監督の世界観&人生観暗過ぎ!!
よっぽどヒドい生育・生活歴の人間としか思えん!!
具合が悪くなったよワタシは。

投稿者:かねすけ投稿日:2002-07-01 01:56:45
【ネタバレ注意】

なかなか良かったよ。ストーリーはごく単純で、罠を避けながら出口を捜して部屋を移動するというもの。確かに話の細部に至っては理にかなってないところもあるけど、それよりこの映画のポイントは出口を目指して進むときのスリルにあると思う。次の部屋にはどんな仕掛けがあるのか、どうすればうまく罠をクリアーできるのか、など考えながら観てるとハラハラものでした。ただ物語の後半、一度謎が解けてしまうとトラップそのものに対する緊張感がなくなってしまったのは残念かな?それにしてもはじめ主人公だと思っていた人が本性を表し、非業の最期を遂げたのは意外でした。これがハリウッド映画と違うところかな?

投稿者:キッド投稿日:2002-06-13 15:55:36
【ネタバレ注意】

キューブの中に閉じ込められてしまった人達の共通点はいったいなんだろうね?1つだけ、全員に当てはまる共通点があると思う。それは、閉じ込められてしまった人達の全員が、その前に何をしていたのか記憶がないという事です。それって、どんな時かな?現実問題として当てはまるのは1つだけ。


次の瞬間に死ぬ時。あのキューブとうのは、死と生の境目なんだと思う。

簡単に言っちゃうと天の川みたいな場所。そして、運の良かった人だけが助かるのではないだろうか?最期に1人だけ助かったよね。そして、最期の映像が真っ白になったシーンで僕が、イメージしたのは蘇生です。あいつだけは、生き返ったんだと思う。後の人達は、残念ながら地獄か天国に行ったんだろうね。
さらに、キューブは本当の姿を描き出してしまう場所でもあるかもね。
がたいのいい男は、最初はいい奴だったけど、結局は、すごく悪い奴になっちゃったよね。
多分あいつは地獄に行くのかな?逆に小さな少女 ( 頭の良い子 )は、天国へ行ったんだと思うよ。もうちょっとで、蘇生できたのにね。おしかったよね。

さらに、この映画を分析していくと面白い事に気づきます。

日本のアニメ映画(漫画)に「11人いる」というのがあるんですが…これが、まさに「CUBE」の設定に似ているんですよね。どちらも、ほぼ完全密室劇です。ちょっと、うる覚えですがストーリーを書いておきますと宇宙の惑星に住む10人が、ある免許(資格)を取得する為に一つの宇宙船に乗り込み(トラブルで乗り込む事になったかもしれません)

それで宇宙船に着いてみると11人いるわけです。なぜ?

その宇宙船で色々なトラブルが起こるんですけど、それを11人で対処していって最後に明かされるんですよね。「これが試験です」って。10人が一人増えたのは審査員が乗り込んでいたというわけなんですよね。 これと同じように考えると、「CUBE」の中に神の審査員が一人いても おかしくはない。考えられます。ちょっとある事を確かめる為に、もう一度「CUBE」を見たんですけど普通のサラリーマンの言動+行動は共通点みたいのがありましたね。

 孱達妝贈鼎涼罎料り込まれた人のやる気を奪う言動が目立つ」

最後にも、揺さぶりをかけていますしね。

◆孱達妝贈鼎ら脱出するヒントを与えて出口に導く言動が多い」

そこらへんに注意してみると面白いです。黒人がおかしくなっていった場所も外壁うんぬんを語った直後ですし。 http://members.tripod.co.jp/reonn1177/

投稿者:JANG投稿日:2002-03-20 15:35:33
だけ。
役者は平凡、映像世界も単調、陳腐な人間論。浅い。
このジャンルじゃ異色って聞いてたけどちゃちなおまけが付いてる程度。
エンターテインメントに徹しているのであれば文句を言うつもりはないが、余計な部分の陳腐さがどうしても目に付いた。
投稿者:パタママ投稿日:2002-02-26 08:12:17
ものすごくへこみます。タフな時に見たほうがいいと思います。
ああ、自分ならこうするかも知れないっていう心の奥底が見えて、コワイ・・
密室劇+極限状態での心理+脱出サスペンス+SF風味にCGのおかげのスプラッタも有り。
不要部分をそぎ取ったコアな演出・撮影で、濃密な緊張状態のままラストまで引っ張っていきます。
途中「何故ここへ来たのか」「CUBEとは何?」と言った謎かけの裏に哲学も見えますがちょっと中途半端で、社会への認識がやや平板で、少し醒めます・・・「それは面白いが聞いたことある」だし、でもだからと言って仰々しく体制側がor地球外生物が・・というのもオカシイし。丸っきりのSFにするのか知的に理詰めで行くのか、微妙です。
宇宙の真空暗闇or終り無き恐怖を体験させるつもりか?(映画製作者の青年エネルギーがそれを裏切ってるような気がする)一応出口へと向かう。どうする??
残念ながらラストは勿体無い・・あれでいいんかい?
登場人物7人、超低予算、セットは一つ、でこれだけの物が作れるなんてエライ。掘出し物でした。
投稿者:SYCO投稿日:2002-02-14 20:39:00
ひとつのキューブからもうひとつのキューブに移動するたびにハラハラドキドキで、まるで例のおもちゃの海賊が飛び出す樽に、剣を一本一本刺し込んでいる時のように、スリルがあります。 とっても単純な行為なのにテンションが頂点まであがるという、凄いプロットです。
あのキューブは、核ミサイルのような物を皮肉っているかと思います。
これという目的も無く、人間が作り上げてしまい、できてしまった後は、始末のつけようが無い物。 でもせっかく作ったんだから、どれだけ人間を破壊できるか使ってみなけりゃ損だ、っていうような。
http://hp3.popkmart.ne.jp/syco3/
投稿者:アインシュタインの舌投稿日:2002-02-03 04:43:37
誰かが何の理由もなしに作り出したキューブ。それはつまり現代の社会。
キューブのなかの人間たち。現代の醜い人間模様そのまんまだ。
では、キューブを抜けて外の世界に出ていったちょっと頭の弱い彼は何を表しているのか?頭が弱く、余分な欲がなかったから生き残れたというなら逆に知覚障害者に失礼だと思う。障害者の方々は、そのように特別扱いで生き残らせてもらうのを嫌うだろう。障害者は、障害者として見る人がいるから障害者になるのだ。いっそのこと皆死んで平等に終わって欲しかった。↑五体不満足を読んだ感想みたいなもんです。
映画としてはおもろかったけどね〜。
投稿者:えとん投稿日:2001-11-05 05:08:34
パズル的な部分をもっと強調して欲しかった。暗すぎるよw
演技も新劇みたいな臭さだし、スカッとしない。
おんなじカナダのクローネンバーグみたいなニヒリズムが欲しかった。
投稿者:けん投稿日:2001-08-17 17:09:02
色々な、意見があって面白いなー。あと11人の何とかってなんだべ
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-17 14:06:55
私はキューブより11人いるのほうが好きです。
キューブとは全然くらべた事すらないけど。
やじうまですみません。
投稿者:ドトウ投稿日:2001-08-11 04:39:14
観終わった後、気分悪くなった。といっても、つまらなくて腹立たしくなったという意味じゃなくて、ホントに気持ち悪くなった。多分、この作品に移入し過ぎたためだと思う。下の人も言っているが、この作品は箱に入り込んだことへの説明をあえて省いている。そのためシナリオを理屈で楽しめなくなり、単純に、罠による恐怖や緊迫感、閉塞感、人間の醜さなどを描いた映像をもろに受けとめてしまった。どうやら俺は、この映画の趣向にはまり過ぎてしまった単純バカらしい。逆に、この話の設定を説明し過ぎたらこうはならなかったと思う。箱の内部に固執したのが効果的だった。でも、個人的には好きじゃない。気分悪くなるから。
投稿者:ハラ軍曹投稿日:2001-07-16 20:49:07
これは凄いでしょう。キューブに閉じ込められた具体的な理由とかいちいち説明してないところが逆に凄い。キューブの中のやり取りだけで外の人間社会の醜さをこれほどみごとに暴き出すとは・・!
最後の落ちも予定どおりと言えばそうなんだけど、それでもやっぱそんなもんかとは思わなかったし。予定調和の生み出す美しさと言うべきか。隙のない感じ。
金かけて色々ハリウッドみたいに外の世界のシーンとか挿入したりしたらそれこそ台無しです。これはこれで最高の出来だと思う。思わぬ拾い物でした。
投稿者:ラッキー投稿日:2001-07-12 21:27:57
私はすごく好き。
ビデオで見たとき、本編も好きだけど、
おまけについてた5分くらいの映像もよかった。
短編だけど、どちらかというと
本編よりも印象に残った
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-06 17:50:58
メンバー1人1人の特質があまりいかされてない
のが不満でした。
脱獄のプロフェッショナルにもっと活躍してほし
かった。
投稿者:ネオ投稿日:2001-06-28 15:31:51
ラストが最低最悪じゃないかなぁ.
現実と非現実の狭間にあってこそ光る設定だったのに.
投稿者:claves投稿日:2000-12-28 15:20:55
まさにそれです「掘り出し物」
なんだかこれだけドキドキしながら映画見ることもそうないでしょうね
ラストの方、どうかとは思うけど…
投稿者:ドリフ大爆笑2000投稿日:2000-08-29 03:10:15
人間模様がなかなか楽しめた
黒人がへぼいけど
投稿者:チーズ投稿日:2000-08-12 16:29:52
見終わった後、思いっきりヘコんだよ。ハリウッド映画とは違うねーー。(カナダ映画だっけ?)よくできた話だし、俳優陣も良かったと思います。でもっ、あそこまで人間のエゴやら汚い部分を描かれると、ちょーーっと不愉快かな??うつ状態の人はみたらあかんかも。
投稿者:ポネット投稿日:2000-07-28 00:04:25
単なるキューブ(四角)のなかで繰り広げられる人間模様。
そして出口をみつけに行く集団。
超おもしろかった。
発想がすごい!
これだから映画ってたまんないわね。
またこんな映画に出会えるように楽しみにしてます。
投稿者:まほろば投稿日:2000-07-10 15:57:35
ワンシーンごとにハラハラ・ドキドキ。

人間の極限状態の狂気。暴かれる本性。問われる人間性。
結局…人間=弱いなぁ。。。
私にとっては、意外な結末と「天文学」〜「哲学」まであっぱれ!
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/2873/
投稿者:mucha(ミュシャ)投稿日:1999-09-28 01:56:31
 今でも結構人気の高い作品。
 ただ四角い部屋が永遠と写るだけなのだが、逆にその閉鎖性が
サスペンス的要素を盛り上げている。
 低制作費でもこれだけ面白く作ることが出来るのだと知って、
現在の、ただ金を掛けただけのハリウッド映画が非常に陳腐に見
えてしまう。
 ストーリーや設定、説明調のセリフなど、かなり無理が入って
いる部分も有るが、それを補うドンデン返し?(ある意味予想で
きたが)によって、その欠点を補っていると思う。
 
 意外に好き嫌いが分かれるかもしれない。

 尚、ビデオ版におまけで入っている短編、”エレヴェイテッド”
も中々面白かった。
http://www.freepage.total.co.jp/mucha2/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ グランプリ 
 ■ 国際批評家賞 
 ■ 観客賞 
【レンタル】
 【DVD】CUBEレンタル有り
 【DVD】CUBE ファイナル・エディションレンタル有り
 【VIDEO】CUBEレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION