allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

知らなすぎた男(1998)

THE MAN WHO KNEW TOO LITTLE

メディア映画
上映時間94分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月1998/11/21
ジャンルコメディ
その男は本当に知らなかった!!
[ダイ・ハード]より運がよく、[007]より女にモテ、 ヒッチコックよりも先が読めない 映画史上最強のウルトラC級スパイ・ムービー。
知らなすぎた男 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 936
USED価格:¥ 737
amazon.co.jpへ

【解説】
 アイオア州のビデオ店に勤めるウォーレス・リッチーはロンドン在住の銀行家である弟ジェイムズに招待され、自分の誕生祝いをするため英国にやって来た。弟からの誕生日プレゼントは兄に参加型演劇体験ゲーム「ライブ劇場」のチケット。それは参加者が主役となり俳優たちに混じり生のドラマが体験できるもの。街角の公衆電話で偶然、本物の殺しの指令を受け取たウォーレスは、英国とロシアの諜報部が絡む陰謀に巻き込まれていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
963 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2011-04-10 09:46:54
ビル・マーレイ
投稿者:wakaremitispecialist投稿日:2010-08-09 07:26:33
タイトルがすべてのような気もするが、ビルマーレイの周辺では相当シリアスな脅迫・追跡・拷問・殺害などの行為が行われているあるいは行われようとしているのに、本人は映画撮影の疑似体験をしているような感覚でひょうひょうとしているように見えるのが印象に残った。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2010-08-08 00:44:02
いつもの大げさすぎなマーレイとは違い、軽快なボケ具合が最高です。ラストのコサックダンスは感動!
投稿者:gapper投稿日:2010-03-24 21:22:37
 ヒッチコック監督の「知りすぎていた男:THE MAN WHO KNEW TOO MUCH」をもじった題名の作品。

 「知りすぎていた男」との共通点は、イギリス、高官の暗殺、旅行者が巻き込まれる位でたいして似ているわけではない。
 大好きなコメディは、ヒッチコックの「ハリーの災難」で、その基準だとやはりアメリカのコメディだなと思う。
 ただ、「ミート・ザ・ペアレンツ」などと比べると、ずっと面白かった。

 ビル・マーレイは、「ゲット・スマート」の端役などでとぼけた味は良かったが、「ゴーストバスターズ」がピークであったといまさらに思った。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-07-01 23:50:14
好きな映画です。もう本当にビル・マーレイのための映画ですね!彼の“知らなすぎた男”の姿は本当に笑える。どんどん大変な陰謀に巻き込まれてんのに、まったく気づくことなく、プレゼントのドラマ体験だと思ってる姿は爆笑以外のなにものでもありません!
特に、ゆうじさんも書かれているコサック・ダンス・シーンは本作の中で一番ウケました!最高!あのビルの格好だけでも笑えるのに爆弾が仕掛けられてた人形が・・・!素晴らしいです!
DVDもかなり手ごろな価格で売っていたので購入しました☆
投稿者:フェニックス投稿日:2007-02-10 23:27:34
やる気なさそうないい加減男を演じさせたら世界(?)1。
最後まで何が起こっているのか判らずノホホンとしてるのがいいですね。
関係ないが弟役はジャン・クロード・バン・タムにソックリでした。
投稿者:シネマA投稿日:2006-06-02 12:06:55
 喜劇の好きなひとに薦めると、あとで感謝される映画。すくなくとも私の経験ではそうですね。
 主演はビル・マーレイか、どうも苦手なんだよね。ぶつくさいうひとにも平気で薦めてしまいます。抱腹絶倒。芸達者なニヤけた中年男が終始ボケをかましまくる。痛快作。
 笑いのストライクゾーンが広いので、気晴らしにはもってこい。

 内容にはあえて触れません。究極の巻き込まれ型スリラーとだけいっておきましょう。ううむ、コサックダンスとマトリョーシカ人形、その他あれこれ喋りたくてしかたないけれど。
 題名はもちろん御大ヒッチコックの『知りすぎていた男』(The Man Who Knew Too Much)のもじりです。

 ジョン・アミエル。ふだんは平均的なデキの商業映画を撮る英国人監督、というイメージしかないひとですが、これは秀作。とんとん拍子の筋運び。正味90分。いちいち突っこんでるひまもない。そして、音楽の乗りのよさが抜群。要所でスタンダードナンバーを粋に使っていて心地良い。

 共演女優は英国出身のジョアン・ウォリー。三十路だけど大人の色気があって好き。『風と共に去りぬ』の続篇TVM『スカーレット』(1994)でヒロインを演じていたっけ。主演映画なら、ジョン・ダール監督の『もういちど殺して』(1989)も面白かったな。当時は夫だったヴァル・キルマーとの共演作。B級フィルムノワール風味の拾い物でした。

 蛇足。正規版DVDが、なんと690円で発売中。日本語吹替つき。これは買いでは?
投稿者:さすらい2投稿日:2006-04-10 09:41:39
“知らないまま”っていうのがいいです。
マーレイは苦手ですが、この映画だけは大好きです。
投稿者:ゆうじ投稿日:2001-04-12 08:33:50
ビル・マーレイのとぼけた味が、十分に楽しめる。クライマックスで踊るコサックダンス(?)は最高。
【レンタル】
 【DVD】知らなすぎた男レンタル有り
 【VIDEO】知らなすぎた男レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION