allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジョー・ブラックをよろしく(1998)

MEET JOE BLACK

メディア映画
上映時間181分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1998/12/19
ジャンルロマンス/ファンタジー
たとえどんなに遠い世界の人でも- きっといつか…
ジョー・ブラックをよろしく [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 837
amazon.co.jpへ

 Photos
ジョー・ブラックをよろしく

【解説】
 ブラッド・ピットが地上に降り立ち人間の女性との恋に落ちる死神に扮したロマンティックなファンタジー。監督は「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」のM・ブレスト。
 事故死した青年の姿を借りて、一人の死神がマンハッタンに現れた。ジョー・ブラック(B・ピット)と名乗るその人物は大富豪パリッシュ(A・ホプキンス)の元を訪れる。彼の死期が近いためであった。だがパリッシュが天命を全うするまでにはまだ少しの時間が残されている。死神ことジョー・ブラックはそれまでの短い間を休暇とし、パリッシュの案内で人間界の見学を始めた。しかしパリッシュの娘スーザン(C・フォーラニ)はジョーの姿に驚く。彼の姿は先日出会った魅力的な男性その人であったのだ。そしてジョーもスーザンの好意を気にかけるようになっていく……。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aマルコヴィッチの穴 (1999)
[002]Aアルマゲドン (1998)
[003]Aエリン・ブロコビッチ (2000)
[004]A恋におちたシェイクスピア (1998)
[005]Aシックス・センス (1999)
[006]Aスター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999)
[007]Aレジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い (1994)
[008]Aディープ・インパクト (1998)
[009]Aスパイ・ゲーム (2001)
[010]Aロッキー (1976)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
31239 7.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちっぷ投稿日:2015-10-07 10:20:06
ブラッド・ピットを鑑賞するための一作。。さすがに演技はアンソニー・ホプキンスが1歩も2歩もリードしてますが。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-06 00:22:19
あーそうだった。 死神っていう設定だったね。
なんかダラダラ長ーい話だった印象しかない。
投稿者:sachi823投稿日:2014-06-15 09:03:00
公開当時、ブラッド・ピットの野心的な演技を感じた作品です。
演技の幅を広げ評価されたかったのかもしれませんが
ただ変わった役を演じたいう印象で
それが成功しているように思えませんでした。
冒頭と最後の感じの良い青年のほうが彼の個性に
合っているように感じました。
投稿者:scissors投稿日:2012-11-12 13:15:58
再見。
やっぱりこの内容で3時間は引っ張りすぎ。
終盤なんてどのシーンもいちいちクドくってゲンナリしてしまう。
地上波用に切り刻んだのとか見れば面白く感じたりすんのかな。
脚本の段階で失敗してるからムリか。
投稿者:Tom投稿日:2011-07-08 11:37:05
ビリー・ワイルダーとプレストン・スタージェスの先輩格にあたるミッチェル・ライゼンがデビュー間もなく監督した作品『明日なき抱擁』のリメイク。
とても名作とは思えないが何故秀才のブレスト監督がこんなのをリメイクしたのかわからん。
投稿者:gapper投稿日:2011-07-08 00:40:25
 フレデリック・マーチ主演、「明日なき抱擁(1934)」のリメイク作品。

 オリジナルの舞台は、イタリアで結末もこの作品とは異なる。
 大筋は同じだが、かなりの変更があるようだ。
 この作品で使用された曲からもクラシック作品へのオマージュが感じられる。
 "Top Hat,White Tie And Tailes","Our Lover Is Here To Stay","Let\'s Face The Music And Dance","Isn\'t This A Lovely Day","Lovely To Look At","Can\'t Help Loving Dat Man","Cheek to Cheek","Where Or Whern","You\'re Getting To Be A Hitbit With Me","Anything Gose","Happy Burthday To You","What A Wornderfull World","Over The Rainbow"

 当初ブラッド・ピットでなくクリストファー・リーブが、アンソニー・ホプキンスでなくジーン・ハックマンが予定されていたそうだ。
 ラジー賞のワースト・リメイク・続編賞にノミネートされているが、これにはまったく賛同できない。
 たしかに2級天使や死神といった物を出すのは、今更と言う感じはある。

 しかし、実際見てみるとカメラも良くアンソニー・ホプキンスの演技も素晴らしい。
 ブラッド・ピットは、見劣りする物のがんばっている。
 クレア・フォーラニは、バーブラ・ストライサンドと同系列の顔立ちであるにもかかわらずとても美しいし演技もなかなか。
 プラピとの体験シーンで耳が赤くなっているのは、本物だろう。

 推定制作費が9000万ドルで総収益は4500万ドル弱という大コケの作品というのは、納得いかない。
 オリジナルの amazon.com の評価を見ると星5満点で4.5と高得点。
 どうやらオリジナルへの思い入れが、この作品の評価を下げたようだ。
 IMDbでは、高評価も多いようで、アメリカでは意見の分かれる作品と言うことだろう。
投稿者:きらきら投稿日:2010-12-15 08:23:53
冒頭のブラッド・ピットとクレア・フォーラニが街中で相手の姿を見ようと何度も振り返るシーン、いいですね〜。相手の視線をとらえようとしても、見るのは背中だけ。

恋人同士の視線を単純に切り返していくだけのシーンですが、ちょっとヴィスコンティの『イノセント』、あるいは成瀬巳喜男で何度も登場する「振り返る」シーンの再現か?

アンソニー・ホプキンスと並んで花火を見るシーンは小津の『父ありき』か『生まれてはみたけれど』からのフィードバックか??

花火という小道具を含め、映画的な記憶のちりばめられた作品です。

またブラッド・ピットはけっしてうまい役者ではありませんが、めずらしく「受け」の演技をさせられています。
これもいい。
背の高い彼の姿がきっちりとフィルムに収められています。
逆にクレア・フォラーニはまえに出ていく演技ですが、これも本来持っている資質と相殺されて、ともすればえげつなくなるヒロインの行動を逆に愛らしく見せています。
またアンソニー・ホプキンスは放っておくと、演技過剰になるほうですが、これもきっちりと抑制されていていい感じです。

ハリウッドのパッケージ的な作り方に背を向けるようにして、全体で3時間という長さもわるくないし、もっと早く見ておけばよかったかな〜と、変な後悔をした映画でした(笑)。
投稿者:グッドラック投稿日:2010-11-21 14:05:30
   『好きなものを、ただ奪うことは愛とは言わない。
    愛の本質とは生涯を懸けて相手への信頼と責任を全うすること、
    そして愛する相手を傷つけぬこと』

このセリフは忘れられませんね。http://blog.goo.ne.jp/goodluckyuji713
投稿者:has42120投稿日:2010-08-07 16:29:31
ブラット・ピット&クレア・フォーラニ
投稿者:mototencho投稿日:2010-06-05 19:52:35
冒頭ブラピと美女!!クレア・フォラーニの出会いのシーンは何度見ても素敵な名シーンなのです。
http://mototencho.web.fc2.com/acter/bradpi.html#meetjb
投稿者:サカスキ投稿日:2010-02-04 16:38:19
人生とは、愛とは。
この映画の中で、いろいろなセリフとして心に残るものがありました。

ブラピ、アンソニーはさすがの演技。その他の出演している人も、演技力が光ってましたね。

これは、何度か観たい映画の一つ!
投稿者:uptail投稿日:2009-06-10 16:33:16
ブラッド・ピット
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 20:02:07
リメイク物だが、ブラッド・ピットの作品では一番好きかも。
アンソニー・ホプキンスの深みある存在が単なるラブコメには終わらせていない。
投稿者:アインスタイニウム投稿日:2009-03-28 02:26:53
感じさせられた作品です。さすがに3時間は・・・もう少し短くできたと思います。アンソニー・ホプキンスは深みのある演技ですばらしかったですし、ラストにかけての盛り上がりも申し分なかったのですが。
投稿者:花男投稿日:2008-09-17 17:47:08
ブラット・ピット(最近なかなかお目にかかれないコギレイさ)とクレア・フォラーニの、モトがよいうえにやりすぎ!と突っ込みを入れっぱなしだった過剰なライティングがキレイさをいっそう引き立てます。

普通だったら気になるだらだらしたテンポも、ブラピのニヤニヤ顔とあいまって絶妙なユルさをかもし出してます。このユルさにはさすがのアンソニー・ホプキンスもお手上げ状態ですが、私的にはハマッてしまいました。

エッチしてるシーンも、上に乗っかるブラット・ピットがイッちゃう瞬間の絵は下から見上げる形での超近距離ショット。あざとすぎます・・・。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-06-15 12:21:17
死神が出てくる話なので、そもそも突っ込みたくなるところはあるのですが、全体としてよくできて最後まで楽しめる作品でした。クレア・フォラニがともて魅力的で印象に残りました。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-12-23 17:27:10
【ネタバレ注意】

ラブ・コメディ(なんだけど、やはりDeathが発端であり…(ジョー)ブラック・コメディ?)。
勿論、お姉さんの達観(自分が一番でなくても幸せ;尽くしキャラ)とラストのヒロインは泣かせるが…
I wish you could have met my father.

そもそもアンソニー・ホプキンスが超マジメに死神と共演してる(それがそのままコメディになってる)ってのが凄い。(まぁコッポラのドラキュラにも出てるし、同年マスク・オブ・ゾロ(超格好良い)、後にクリスロックとアクション・コメディーしてますが…M:I-2は兎も角)

まぁホプキンスをガイドとしてチョイスしたのは正解だね。
人間を知らないブラピに対して、人生について、そして愛について、究極の真髄を伝授してくれる。
あの優しいお父さんが火の様に怒りをぶつける迫力。
…しかし何て素直な神なんだ!〜霊感おばさんやホプキンスの言葉…命を奪ったって借りはあるのかも知れないが、自分じゃない別の奴をプレゼントにして彼女に届けるなんて…いや最愛の彼女を彼へ与えるなんて。(勿論、ラブコメファンへのプレゼントでもある訳だが…)

彼女の細かい心理(変な奴〜警戒…好感…何か違う…別な男(ミステリアス&イノセンス)の魅力?〜父親の意見への反応やら、暴走する激しい想いから不安や悲しみまで)を表現する演技は中々に素晴らしく、医者なお嬢様の魅力にハマる男は数多いるのでは?
△神と□金からは逃れられない…ってエピソード(オチってかギャグ)もホプキンスの合いの手が最高です。

投稿者:投稿日:2007-10-23 11:51:51
【ネタバレ注意】

「セントオブウーマン」のマーティン・ブレストが、製作監督した。
ブラッド・ピット作品の中で、一番好きな映画です♪
ストーリーも良く出来ていて、面白くて、3時間、釘付け・・・です!
人生の教訓もあり、おしゃれで、完成度の高い映画だと思います。

ブラッド・ピットが、死神と好青年を、素敵に、使い分けます。
重役会議や夕食会などで、堂々としていながら、少しズレている
死神ブラッドは、キュートで、品格があって、魅力的です♪

誠実な好青年(ブラッド・ピット)と、
女医で、大富豪のお譲様スーザン(クレア・フォーラニ)が、
コーヒーショップで出会い、惹かれあい、一目惚れします。
(心を開いていれば、いつか稲妻にあう・・)
素晴らしい演出で、惹かれあう心情が、爽やかに、伝わってきます。
街角を曲がった所で、ブラッドは、
車にはねられ、(凄まじい激突!) 即死します・・・。(スーザンは知らない)

スーザンの父、ビル(アンソニー・ホプキンス)は、
大富豪で地位も名誉もある人格者。
そこへ、死神(ジョー・ブラック)が、青年(ブラッド)の肉体を借りて、現れる。
「あの世へ連れて行く前に、関心あるこの世界を、見学したい。」と、
余命と引換えに、能力・知恵・経験が豊富なビルに、案内役をさせます。

愛や友情を知らなかった、死神ジョーが、
スーザンとの愛、ビルや家族との信頼関係などに触れ、
美しい人間愛の素晴らしさを知り、目覚め、心をゆすぶられる・・・。
会社を救い、スーザンの真の幸せを考えながら、
父ビルと、あの世へ去って逝きます・・。

それぞれの顔の表情が、画面に、大きく映し出されて、
心の変化や人間関係が、観る側に、よく伝わってきます。

見つめ合い、瞳で、視線で会話するふたり・・・。
愛し合う空気が、とってもセクシーだった・・。

ビル(アンソニー)は、娘に、相手の富や条件よりも、
情熱的な愛を、一番大切にして欲しい・・、
人生の基盤、家庭の基盤は、愛だ・・と、教えます・・・。

姉の夫は、
「妻は、俺の嫌なところを、全て知った上で、許してくれる。
一番嫌な、誰にも、言いたくない秘密を、お互いにわかりあっている・・・。
秘密のない・・真の自由なのだ。
お互いの全てを、愛して、受け入れることが出来れば、
何も、怖いものは、ないのだよ・・!」 熱く語ります。

死神ジョーは、
「愛しているから、スーザンも、連れて行く」と、言いますが、
ビルから、
「好きなものを、ただ、奪うことは、愛とは言わない・・。 本質がない。
本質とは、生涯を懸けて、相手への信頼と責任を、全うすること。
そして、愛する相手を傷つけぬこと・・・。
あの娘を幸せにできるのは、共に、手に手をとって、
美しい人生を、一緒に、生きていける男性だ!」と、言われます。
今なお、亡くなった妻を愛し続けるビルの、重みのある言葉です。

死神ジョーが、真の自分を、全て打ち明けようとしたとき、 
「あの店で、恋に落ちたの・・・」
青年ジョーの言葉を、繰り返すスーザンに、
彼女が愛しているのは、自分ではなく、青年ジョーだと、悟ります。
「いつまでも、愛しているよ・・・。 愛してくれて、ありがとう・・・。」 
このとき、スーザンのために、青年ジョーに、肉体を返す決意をします。

花火のシーンは、美しく切ない・・・。  
死神ジョーは、美しい光景と別れに、涙を流します。
「君に、礼を言うよ。 君が、僕にくれた時間、君の人間性に・・・」
深い友情で結ばれた、ジョーとビル・・・。
「別れはつらい・・・それが生きた証だ・・・。」 
これまでの人生に感謝し、ふたり並んで、去っていきます。
人間味ある愛情にあふれていて、花火の映像美と共に、観ていて、癒されます。

「あなたを、父に紹介したかった・・・。」と言ったスーザン。
愛する人が、いなければ、生きている意味がない・・
手に手を取って、共に美しい人生を生きてほしい・・・
その父の願いを、青年ジョーが、きっとかなえてくれるでしょう・・・。  

優しい気持ちになれる・・・洗練された映画です・・・。
  

投稿者:IM投稿日:2007-02-11 12:10:32
何気にブラピの映画では一番好きだったりする。
「おいおい」って部分は多数あったにせよ見てて気分のいい映画だった。
映画に細かいこと求める人には向いてないだろうねぇ〜。
投稿者:オミちゃん投稿日:2006-03-26 19:29:53
いいですね、大好き。十二分に生きてなお、人生は去りがたいものなのでしょうね。「君が往く 道の長てを 繰り畳ね 焼きほろぼさむ 天の火もがも」(万葉集)
投稿者:ジュリー投稿日:2006-01-26 15:32:21
なんか普通の映画でした。
長い映画のわりに微妙ですね。もっと、短ければまだましになるかと・・・
投稿者:MyLoad投稿日:2006-01-07 21:05:57
分かり易くて良いけど、あと30分は短縮できる。ブラピの染めたブロンドが嫌。
投稿者:ichi投稿日:2005-07-16 02:08:20
 主演2人は皆さんの言うように綺麗でした。失恋したばかりの友人にこの映画を勧めた所、『結局この映画は、人間は見た目(外見)が全てですよ』と言いたいのか?と聞かれました。
 確かにそういう映画かなとも思いました。事故前と後。確かに全く違う人間性ですから。
投稿者:トコ投稿日:2005-03-24 17:27:18
主演二人の美しさにはうっとりですが、内容はツボではありませんでした。
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-21 00:47:06
【ネタバレ注意】

これを見て、クレア・フォーラニとはなんと美しい女優だろうと思いました。
しかし、その後の彼女はあまり活躍していないのでしょうか。

投稿者:wanderer投稿日:2004-09-11 13:54:57
【ネタバレ注意】

3時間とは知らずに観始めて気づいたら3時間経っていた、という感じで、
なかなか完成度の高い映画だと思いました。
もっとも、話の設定はどうか、という基本的なところはひっかかりますが。
アンソニー・ホプキンスは良かったです。文句のつけようもありません。
ブラピはまあ、良くも悪くもない、という感じです。
(ファイト・クラブのブラピはいい)
問題はクレア・フォーラニ。最初はどうしてこんなきつすぎる目つきをする女優なのか、
と思ったのですが、正体を見抜くシーンのために起用したのでしょうか。
女医の設定ににしたのもその辺からかな。
鋭すぎる目つきを除けばきれいな女優なのでしょうけど、
ちょっと気になって仕方ありませんでした。http://homepage1.nifty.com/mt_hayashi/movies.html

投稿者:JES投稿日:2004-07-12 20:55:57
 かつて「JFK」を撮ったオリヴァー・ストーン監督は、主演のケヴィン・コスナーについてこうコメントしていた。「彼の顔はスクリーンで3時間見ていても飽きない顔だ」と。この映画も同じ。ブラッド・ピットとクレア・フォーラニの美しさに3時間釘付けになり、ゆったりと時の流れを感じるのがこの映画の楽しみ方。「長い」「退屈」言っちゃイカン。それにしても高い制作費かけてるだけあって皆いいスーツ着てるな。
投稿者:さち投稿日:2004-06-29 05:10:29
まあまあ
投稿者:Johnny投稿日:2004-06-22 03:31:57
冒頭の車のシーンは非常にリアルで衝撃的です。
家族の描かれ方が「いいなぁ〜」と思えた映画です。
出来過ぎなのかも知れないけど、父と娘2人の関係が好きでした。

アンソニー・ホプキンスにこういう役をやらせると
本当に素晴らしくハマってて、カッコイイです!
ブラピの普通の兄ちゃんな感じと
感情なさげな感じも悪くなかったです。
2人で組んで、こらしめるシーンも爽快でした。
ストーリーは、まぁファンタジーって事で固いことは抜きで。
投稿者:もずく投稿日:2004-05-09 19:07:14
子犬みたいなブラピの目つきがかわいくて仕方ない(笑)。
最後、自分の正体を(ウソですけど)バラす時は結構気分爽快でした。
投稿者:たぁとぅん投稿日:2004-01-18 16:58:36
ブラピがピーナッツバターを舐めるシーンがありましたが、後々、彼の癖になっていませんか。「オーシャンズ11」でも同じような仕草を何度か見るのですが・・・それから、クレア・フォーラニとのベッドシーンの最後の演技は見事。不器用な死神の表情は演技派の片鱗があると。この映画はどうしてもアンソニーホプキンスの演技力に目が行ってしまいますが、彼は別格なので、ブラピの真骨頂もそれぞれのシーンで色々見られる中々見ごたえのある作品ですよ。余裕があったら、家具や調度品も素晴らしいのでみてください。
投稿者:ドルチェヴィータ投稿日:2004-01-08 22:43:51
良いんです。別に、ストーリーがどーであれ。。。
これは、ブラピのプロモです。
綺麗なブラピを見るだけの映画です。
相手役の顔すら覚えていません。
ただブラピが映っていればいい映画です。

もっと長時間でも私は見ます!!
編集せずに、まわしたテープ全部流してくれても私は見ます!!o(-v-*)http://www2u.biglobe.ne.jp/~chocolat/
投稿者:sonic投稿日:2003-11-03 23:38:01
長時間だけど少しも長いと感じなかった。でも後で考えると印象に残るのは多くもないんだよね、もう少し短くまとめた方がよかったのかな。こんな状況を受け入れる彼女が一番凄いな。相手の中身は関係ないのか?
投稿者:Robbie投稿日:2003-08-14 02:10:55
【ネタバレ注意】

私が思うに、これって、まじめなコメディーなのでは? というのも、キャスティングはけっこう面白いんだけど、演出が???のとこが多すぎ・・・それともあえてそういう演出にしてるのか・・・

おかしいなって、思ったとこは以下の通り。皆さんどう思います?
1.クレア・フォーラニはどう見ても医者に見えない。冒頭ではカフェで生前の青年に押し切られて優柔不断ぽく口説かれてしまうかと思うと、のちに死神ジョーを堂々と?誘惑してベッドへ・・お父さんにジョーには近づくなといわれると、とぼけた顔して恋だ情熱だのと口答えする。・・よくキャラがつかめない。
2.常識で考えれば、最初にジョーが取締役会に出てきたときに、何者か問い詰めるべきだろう。パリッシュの会社ってすごそうなのに、なんでわけの分からない若者が会議に何度も出てこれるの?
3.そもそも、この死神はプロ?としてはかなり失格では? 病院ではおばあちゃんに正体ばれるは、勝手に人の娘に恋するは、その娘もあの世に連れてくと言い出すは、でも結局連れてかないは、しまいにゃ、青年をこの世に連れ戻すは・・・やってることめちゃくちゃじゃない?

まあ、このへんにして、では逆によかったとこ。
1.誰もコメントされていないようですが、この作品では登場人物がそれぞれ自分の「理想の愛」と「現実の愛」を持ち、悩んでいるわけですが、その中でも注目すべきはマーシャ・ゲイ・ハーデン(アリソン役)ではないかと思います。のちにオスカーも獲得する彼女ですが、よく注目してみると、彼女の微妙な演技、かなりしぶいです。心理描写の変化でいったらクレアとは比較になりません。(お父さんにケーキが嫌いだと言われて泣き出すシーンと、パーティ当日にお父さんに嬉しそうに抱きつくシーンは非常に印象的に対比します)
2.ブラピについてですが、登場シーンが多い割にはあまりヤマがありません。まあ、死神ですからあんな感じになったのでしょうが、それだったら、もう少し生前の彼のシーンを多くして、対比させたほうがよかったのでは・・。でもこの映画の中では、出すぎず、引っ込みすぎず、特にいやみな感じもなく見れました。ブラピの「静」の部分では代表作になるかもしれません。(ちなみに「動」は「12モンキーズ」!)

投稿者:lina投稿日:2003-07-22 04:28:38
ブラピが可愛いです。なんだこいつは!?って思う程可愛いです。
スプーンですくったピーナッツクリームを食べてる所が本当に……!!
次に印象に残ったのが冒頭の事故シーンですね。
ホントに痛そう。吹っ飛んでるし。
投稿者:フゥ投稿日:2002-10-05 17:41:47
ブラピはどっちかというとキレぎみの演技のほうが好きだけど、
こういう正統派の男前を演じるのも爽やかでカッコイイ。
ラストも良かったと思う。でも何よりインパクトあったのは
冒頭の事故シーン…。うわっ!
投稿者:103投稿日:2002-08-15 01:37:02
不思議と「イイカンジ」の寂しさが残る良品やった。
1回は観とくべき映画や。5〜6回はエエけど。
投稿者:いっちーこ投稿日:2002-07-30 14:50:15
【ネタバレ注意】

ちょっと、これいいじゃない!?
確かにブラピ(の外見)が好きじゃないとどーにもこーにも話にならないけど。

最初で彼が死んじゃってから、ずーーっとラストまで、
死神の私欲のために殺されちゃって、そのまま彼はなかったことにされちゃうのかしら
なんて引っかかりながら見ていたんだけど、やっぱり戻ってくるのね。

彼女とHするシーンは、あのブラピの白々しいウブさがまぁ鼻につくけど
そもそもこの題材を映画化するのに、変に若者受けを狙ってPOPにせず
地に足のついた往年のハリウッド映画風にまとめた監督の手腕がすごいわね。

最後の花火はどこぞの花火大会の事故かと思うほどのやりすぎっぷりでゲンメリだけど。

素晴らしき哉人生のような、地に足のついたファンタジーでした。
満足よっ!!http://www2.tky.3web.ne.jp/~bruce/newpage2.htm

投稿者:映倫丸投稿日:2002-07-13 01:25:18
結論から言うと私のなかでは最高級の部類。M・ブレスト、昔から好きだったがこのバカ丁寧な演出にさらに映像美が加わって引きこまれる様だった。
ブラピもクレアもいいんだが、なんと言ってもアンソニー・ホプキンスが最高。昔から演技・表現という点では一線を画して来た人物だが、今回は新境地を開いたような気がする。映画というのは夢や時間を与える物だから、出演人物は私達より遠くて当たり前だが、彼は如何せんどんな役をやっても遠すぎた。今回はこの程よい近さと彼独特のバイタリティーが上手く融合できていて素晴らしかった。
最後のシーンはこの5年の中では最高のラストシーン。あのタキシードを着た2人の姿はかっこいいなんて言葉だけで表現できるものではない。彼女に紅茶でも入れてあげながら観るといいんじゃないかな。
投稿者:アインシュタインの舌投稿日:2002-04-02 05:43:53
別に最後に感動はしなかったけど、税務署には笑った。うん、いいよ、これはって感じで。というか花火があがって、ああ日本の文化が花開くって感じでそっちのほうが感動した。
全体を通して金持ちらしいゴージャスな雰囲気にあふれている。ブラピがこの映画では超美男子で、しかもチャーミングなエピソードなんかも女性にはたまらないだろう。ホプキンスも渋くていいし、女の人も上品できれいだ。スクリーンで観るよりフラットテレビとDVDで観て、金持ちの優雅さを味わってほしい作品。決してひがまないように。
それにしてもプラピは色んな顔を持つ俳優。この映画も彼の魅力なしでは絶対に出来ない映画。
投稿者:backun投稿日:2002-03-17 20:40:34
ラストシーンには感動しました。
クレアとブラピの表情が良かったからかもしれないけど。
それにバックの花火がストーリー展開に華を添えていたかも・・・
この映画、TVでCMやってた時は面白くなさそう・・・と思ってたんだけど、
想像していたのとイメージが違っていました。
しかし、確かに3時間は長かった。はっきり言って会議のシーンがつまらなかった。
でも、このストーリー展開の遅さがジワジワっと私の感情を揺さぶったのだと
思います。
投稿者:映子投稿日:2002-03-13 22:07:52
【ネタバレ注意】

まだるっこしい、ブラピの会話。なんか、かゆくなってきそうでした。
別に死神でなくても恋をしたことのない童貞の男の霊が乗り移った事にしても面白かったのでは?あっ、そうかお父さんの寿命がかかってたんだよね。
それにしてもすごい冒頭の事故のシーンでした。

投稿者:ゆうじ投稿日:2002-03-11 23:35:14
思った程悪くなかったが、やはり上映時間が長い。ストーリーを横に逸らせるような余計なエピソードはあまり無い変わりに、ブラピ中心の映像の多いこと多いこと・・・。せっかくのアンソニー・ホプキンスの演技も、霞んでしまうほど。まるで、ブラピの長大なプロモーションビデオのようで、ブラピファンではない人にとっては途中で飽きてしまうか苦痛を感じてしまうだろう。

映像自体は少し神秘的な雰囲気を出していて、なかなかよい。しかし、ストーリーはまとまるところにまとまった感じで、少々平凡。ラストがもっと余韻の残るような終わり方だったらよかったのに・・・。
投稿者:みみ投稿日:2002-01-26 18:56:38
【ネタバレ注意】

はじめの方は流れがスローで少し退屈だったけど中盤からは持ち直して楽しめました。映像がとても美しくてよかった。あの黒人のおばあさんを一緒に連れていってほしかったなぁ。

投稿者:mina投稿日:2001-09-27 12:47:22
ブラピとアンソニー・ホプキンスがとにかく良かったです。
でも、この2人じゃなかったら、きっとつまんない映画だと思いました。
下にも書きこみがありましたが、ブラピに惚れる女が薄っぺらい。
投稿者:ドトウ投稿日:2001-08-11 05:45:33
序盤の喫茶店のシーンが一番良かった。男が女を口説くシーンの中では、今まで観た映画の中で一番印象的。俺もあんな風に女を口説けたらなぁ。でも作品自体は好きじゃない。俺もやっぱり長いと思う。
投稿者:ぶんた投稿日:2001-07-30 09:19:01
予想通りの良い作品でした。
観る前からハズレはないと思ってそれが的中、
という映画はそうはお目にかかれません。

映画を観る時、監督にいつも注目しているので、
今回もこの監督なら安心して鑑賞できるとたかをくくって
ビデオを借りたのですが、
手堅く丁寧な演出が相変わらず冴えていて、
長時間にもかかわらず飽きさせない手腕はさすがです。

欲を言えば、もう少しインパクトのあるシーンがあれば
もっと印象に残る作品になったのではないかと。
投稿者:みちこ投稿日:2001-06-01 15:15:41
一番好きなシーンは、ピーナッツバターをなめるところ。
投稿者:みちこ投稿日:2001-06-01 15:14:27
クレアがラスト間近で、ジョーがコーヒーショップで出会った人ではないことを
悟るシーンがあるでしょう?
あの辺、ゾクゾクしました。本当にクレアが真実を知ったかどうか、半信半疑だったけど、
結局、最後に死神ではないジョーが現れて「父に紹介したかった」って言ったとき
スッキリ。
あまり期待をしていなかっただけに、「見てよかった」と思える作品でした。
投稿者:水玉ペリ投稿日:2001-05-04 01:24:07
面白かった&かっこよかった!!
やっぱブラピはよい。クレアとブラピの絡み合い(?)のシーンで(プール?
ブラピのたどたどしさが可愛かった。
アンソニー・ポプキンスも好きだし。渋い!!
クレアも綺麗だった。しかし!!クレアの胸がナイ・・・と思ったのは私だけ?
投稿者:bigred投稿日:2001-05-03 02:04:34
いままで見て来た映画の中で一番好き。美しすぎるラブロマンスってなもんだ。かなり影響うけて、ブラピの他の映画もみたけど、あの人なにやっても様になるよねー。
投稿者:りく投稿日:2001-04-04 23:54:12
ひつじさんのコメントに共感しました。スーザン(クレア)の表情が物語ってますよね。ホプキンスの演技はもちろん素晴らしかったし、ブラピもすごくよかった。
好きな映画の一本です。
投稿者:キャンタロン投稿日:2001-03-31 06:53:03
まだ観ていない人の為に詳しくは言いませんが、「スゲェ〜」と思ったCGシーンがありました。ちなみに私の場合「ジュラシック・パーク」以来、近年稀に見る
ものでした。是非、観てみてください。
 早く知りたい人は下記コメント”おたふく”さんの欄へ

投稿者:manzo投稿日:2001-03-28 22:12:18
クレアはきれいだし、なんかハッピーエンドだけど、ロマンスとしてみると最後
は確かに?だったりする。だけどこの作品はアンソニー・ホプキンスとブラッド・ピットの男同士の(死神に性別は無いだろうが)話だと思っていますのでかなり満足でした。ホプキンスが渋いのはとーぜんの事として、喰われず演じとおしたブラピもえらい!結構好きな作品です。
投稿者:きくゑ投稿日:2001-03-08 18:12:13
3時間?なげぇ〜と思ったけど、長くなかった。
見る前、ブラピの映画って感じでおもんないって聞いたけど、
よかった。そらブラピが主役を良く演じてるからええやん。
まぁ、ブラピもかっこよくていいねんけどー、
アンソニー・ホピキンスめーっちゃ渋い。マスク・オブ・ゾロの時も渋かったけど、これもまたかっちょええなぁ。
最後、ブラピ(死神)とくっついたら、コラ!って感じやってんけど
いい終わり方で安心。
投稿者:もっち投稿日:2001-01-20 16:26:13
前回寝てしまったのにコメントしちゃったので今回改めてもう一度コメントさせていただきます…。。。
今回はしっかり見ました!!全然眠くなりませんね、ホントにあっというまでした。とにかく花火のシーンはキレイで、よかったです。
しっかしキレイな映像だなーあ。。
投稿者:KAZOO投稿日:2000-09-04 13:13:04
つまんない、という評判を聞いていた割には面白かった。
長いのは長い。途中いらないだろう、と思わせるエピソードが多くって
もうちょっと短くできたじゃないか!ブラピを映してりゃいいってもんじゃないぜ!
とも思ったけれど、やっぱりブラピは美しい。
でもクレア・フォラーニも美しい。
あぁ、うらやましい・・・http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazoo/
投稿者:ひつじ投稿日:2000-08-31 11:38:10
ラストは驚きでしたが、死神が愛を理解して彼女の為に
青年の魂を残してくれたのだ、と解釈しました。
それを彼女も悟ったからこそ、あのセリフと表情なんだと思います。
投稿者:ちえぷう投稿日:2000-08-21 21:29:22
最後の終わり方がいまいち納得いかない!
むりやりハッピーエンド(だよね、一応)にしなくてもいいのにね〜。
けど、それ以外はすごく好きです。
ブラピを観に行った映画だったけど、結構他のキャストもすばらしかったです。
「雷に打たれるように〜」のくだりは、ちょうど映画を観た時の自分の状況と重なってかなり心の琴線に触れました。
ブラピの映画って言われがちだけど、そんなことないよね〜、と思いました。
私のベストオブほんわかムービーです。
投稿者:どんちゃん投稿日:2000-08-21 18:45:29
3時間もあるんだよなあって思って観始めたけど...。
おいらはぜんぜん長く感じなかったぞ。
映像にくぎ付けでした。とても良い作品。
ブラピはかっこいいし。
投稿者:プリン投稿日:2000-08-15 16:16:08
アンソニー・ホプキンスがこの世から、そして娘たちから去っていく場面は感動。
人間は、あーゆー穏やかな最期が迎えられたらサイコーだと思った。
単なる「死神と人間との許されない愛」の映画だと思ってみたから、余計に感動的だった。
投稿者:ちかげ投稿日:2000-08-09 02:08:50
やっぱ最後のとこが?が残った。あの後
ほんとの彼を好きになれたのか??などなど。
でも全体的に感動!!だった。
投稿者:もっち投稿日:2000-07-07 18:13:51
穏やかで、そして、と〜っても長くて長くて、
すんごい長いと思わせるくらい長い作品でした。
時間の流れが遅すぎるくらい、長いように感じました。(実際も長いけど)
まーブラピはかっこいいし、いいんですけども、
私は寝てしまいました。
最後だけ見たから意味不明でした。
でも全部見れば感動すると思いますよ、恐らく…
もう一度改めてみたいです。今度は寝ないようにしないと。
投稿者:ミスター投稿日:2000-07-02 16:22:24
3時間は長過ぎる。途中でへばってしまう。
もっとうまく2時間ぐらいにまとまんないかなあ。
最後のシーンは感動するようで、微妙に不満。
投稿者:クレアファン投稿日:2000-04-17 17:55:11
とにかくスーザン(クレア・フォラーニ)がカワイイ!
最後の彼女の表情は最高でした。
投稿者:おたふく投稿日:2000-01-15 11:22:54
印象に残ったのは、
ブラピが2回車に追突されるシーン。
・・・・これくらいかな。

エーッ、そんな終わり方ってーー
とちょっぴり不満が残ったのは私だけ?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト・リメイク・続編賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION