allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像(1998)

LOVE IS THE DEVIL: STUDY FOR A PORTRAIT OF FRANCIS BACON

メディア映画
上映時間90分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(アップリンク)
初公開年月1999/03/13
ジャンルドラマ/アート
愛の悪魔(トールサイズ廉価版) [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,722
USED価格:¥ 2,647
amazon.co.jpへ

【解説】
 今世紀最大の画家と謳われる、フランシス・ベイコンの生涯を映画化。60年代から70年代のロンドンを舞台に、モデルであり恋人のジョージ・ダイアーとの関係を軸として、異色の画家の内なる悪魔を描き出す。デヴィッド・リンチなどが影響を受けたと言われる、ベイコン独特の歪んだ絵画的スタイルが見もの。音楽に坂本龍一が参加。1971年、パリのグラン・パレでベイコンの大回願展が開催。そこには“現在生存する最も偉大な画家”と褒め称えられ、喝采を浴びるフランシス・ベイコン本人の姿があった。そんな折、ベイコンのモデルで恋人のジョージが、ホテルの部屋で大量のドラッグとアルコールを服用する。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 21:44:18
デレク・ジャコビがベーコン本人と結構似てる
投稿者:ooioo投稿日:2001-07-10 02:39:53
狂気を描いた作品を映画が成功させた例は非常に少ない、しかしこの作品は完全とは言えないまでも、成功している数少ない作品と言えるだろう。
過剰な演出や安手の小道具などが偶然か故意か身近な印象を与え、狂気の世界へと引きずり込まれていく。
ストーリーは画家フランシスベーコンの異常な人生をベーコンから奴隷のように扱われ自殺へと追い込まれた恋人ダイアーの視点を交えて進行していく、ストーリー自体を評価すると原作者の嫌らしさなどが鼻につくのだが、見ているうちに曖昧になっていく映像、音楽作品として多分に見る価値があるといえよう。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像レンタル有り
 【VIDEO】愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION