allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベイブ/都会へ行く(1998)

BABE: PIG IN THE CITY

メディア映画
上映時間96分
製作国オーストラリア
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1999/03/06
ジャンルファミリー/ファンタジー/アドベンチャー

【解説】
 子ブタのけなげな活躍で、世界中を笑いと涙の渦に巻き込んだ「ベイブ」の続編。牧羊犬コンテストで優勝したベイブは一躍、時の人ならぬ時のブタとなり、牧場には番組の出演依頼が絶えなかったが、ホゲット叔父さんは全然取り合おうとはしなかった。そんなある日、叔父さんはベイブのせいで大怪我をしてしまう。働けなくなった叔父さんの借金を返済するためベイブはエズメ叔母さんと共に都会へと旅立つが……。
<allcinema>
【吹き替え】

金曜ロードショー
※このデータは放送当時の情報です。
野沢雅子マグダ・ズバンスキーエズメ・ホゲット
犬塚弘ジェームズ・クロムウェルアーサー・ホゲット
小原乃梨子メアリー・スタイン女主人
山田千晴エリザベス・デイリーベイブ
江原正士ダニー・マンフェルディナンド
皆口裕子グレン・ヘドリーズーティー
山路和弘スティーヴン・ライト[俳優]ボブ
内海賢二ジェームズ・コスモセロニアス
桑島法子ネイサン・クレスイージー
斎藤志郎アダム・ゴールドバーグフリーリック
樋浦勉スタンリー・ラルフ・ロスルテリア
放送2004/09/10 日本テレビ 金曜ロードショー
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
750 7.14
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-07-27 02:59:00
まあ、子ども向けかな。
投稿者:Kircheis投稿日:2010-07-09 03:32:41
【ネタバレ注意】

頑張り屋だし、いい奴だし、可愛いんだけど…そもそもこの作品で巻き起こる騒動の99%はお前が原因じゃねーかと突っ込みたくなった(笑)

動物たちがみんな可愛くてなごむのは確かだが、残念ながらはちゃめちゃ過ぎるストーリーには最後まで付いて行くことはできませんでした。

特にラストでシェフがベイブを捕まえるシーンがあるんだが、生きた豚を料理するつもりだったとは思えない…それよかさっさとおばさんに渡せば解決じゃんとずっとイライラしてしまった。

投稿者:william投稿日:2010-04-05 12:12:58
前作のおまけ的な作品。やっぱり動物映画は1作目で十分な感じ。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-12-23 15:52:01
前作の方が楽しめましたが、まぁ、それなりに…
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-27 15:16:01
う〜ん。前作が好きだったから本作もテレビで放送された時に見たけれど、ハッキリ言って私はイマイチでした。何だか無理があり過ぎる感じがして、前作のような心がとっても温まる話には感じなかったです。なので動物達のせっかく愛らしい姿が見れてもやっぱり微妙で、ラストまで本当につまらなかったのが正直な所です。
という訳で、私の中での『ベイブ』は1だけで良い感じですね。。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 21:20:57
動物版マッドマックス2。
投稿者:パタママ投稿日:2002-08-08 16:03:15
楽しかったです・・。ちょっと乗りにくくて‘さぶっ’もありましたけど、終盤エンジンかかり、ラストのエズメ奥さんの大奮闘は大爆笑でしたよ。ズバンスキーはとっても素敵!大ファンになりました!
動物達どれが本物でどれがニセモノか見分けれそーでむつかしい・・しかしあのお猿さん達、もし本物なら演技賞ものです。ピットブルは多分ほとんど全シーンニセモノだと思う。
投稿者:H投稿日:2002-04-12 00:12:23
ここでもジャック・ラッセルがいい味出してます。
投稿者:ASH投稿日:2002-02-08 22:58:33
【ネタバレ注意】

 一転、この続編は「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラー監督が手掛けているだけあって、ファミリー映画ではあるが全体的にどこかダークな味わいがあり、アクションも満載になっているんだわ。その方向性の違いに強烈な「違和感」を抱くのも事実だが、慣れてくるとこの味わいもまた愉し。

 車椅子の犬っころがトラックに引っ張りまわされるくだりは「マッドマックス2」みたいだ! おばさんが宙吊りの状態でピョンピョンと飛び跳ねるくだりは「サンダードーム」みたいだ! 夥しい数の青い風船が乱舞するくだりはは「イーストウィックの魔女たち」みたいだ! と、ミラー監督のテイストが全開になっていて、前作とは違った雰囲気が魅力なんよね。

 それにしても、動物の演技(動物は演技しない?)には驚嘆するばかりだわ。本当に会話しているとしか思えないシーンもある。正直、人間のような仕草をするチンパンは悪趣味とも思うが、忘れ去られたスターの悲哀を滲ませているかのようで、なんだか物悲しいわなぁ。

 ところで、スティーブ・マーティンってどこのに出てたん?

投稿者:fulcrum投稿日:2001-01-08 10:54:52
1は素晴らしい映画だったのですが、続編はどうも鼻につく物語になってしまいました。
国籍不明の大都会が舞台です。なんか「ダークシティ」とかみたい。このへんからしてすでに胡散臭いのですが、街の片隅に動物たちが集まってる場所がある、なんて変な設定です。実在感がありません。
この話になかなか感情移入できないのは、ぼくら日本人には欧米式の動物愛護という考え方がしみ込んでいないからかもしれません。

アメリカン・ピットブル・テリアが出てくるのですが、こいつはかっこいい。最強の闘犬ですよね。こいつとベイブの関係は、「ゴッドファーザー」ラストでクレメンザがマイケルに「ドン・コルレオーネ」と言ってキスするとこを思い出してしまいました。
投稿者:山田奈緒子投稿日:2000-10-16 21:57:08
お洋服を着たお猿さんたちが喋ってるのを見てたら
これは「猿の惑星」?と思ってしまいました。
動物たちが疾走するシーンは「グレムリン」?と思ってしまいました。
ジョージ・ミラーだからなあ。
それにしてもオランウータンの顔がそんじょそこらの人間の俳優じゃ足元にも及ばないほどいい味だしまくりでした。
投稿者:べえぶ投稿日:2000-07-01 20:08:28
何か、途中で凄くブルーになりました。
動物が都会で生きるのって大変なんだなあ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主題歌賞ランディ・ニューマン "That'll Do"
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION