allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サイレント・パートナー(1978)

THE SILENT PARTNER

メディア映画
上映時間103分
製作国カナダ/アメリカ
公開情報劇場公開(富士=ジョイパック)
初公開年月1979/06/16
ジャンルサスペンス/犯罪
サイレント・パートナー [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,990
USED価格:¥ 2,542
amazon.co.jpへ

【解説】
 まじめな銀行員が強盗に巻き込まれ、その金を出来心でかすめ取ってしまった事から、変質的な強盗に金と命を狙われてしまう。しかし、追いつめられた行員は土壇場で逆襲に転じていくのだった。まじめな行員にE・グールド、残忍なC・プラマーという意表をついたキャスティングのサスペンス。クリスマスにまつわる小道具を効果的に使ったクライマックスは文句なしに手に汗握る出来ばえ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:あーぼう投稿日:2015-07-28 18:39:51
【ネタバレ注意】

エリオットグールド演じる冴えない銀行員・・・と思わせて実はかなり頭の切れる男。クリストファー・プラマー演じる強盗犯から脅迫電話を受けたグールドが部屋に呼び寄せ、逆に電話をするあたりで観る側もこの男の肝の据わり具合に気づく。純粋な正義の男ではなく、強盗犯を逆に翻弄するところが話を面白くしている。水槽の殺人シーンなど残酷な場面を含めて先の読めない展開で楽しめるが、唯一ラストにプラマーが銀行に来る動機が弱かった。

投稿者:uptail投稿日:2015-07-23 15:19:17
演出:7
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-03-25 20:59:33
DVD化はされていないんですね。LDにはなったみたいですが、LDじゃね、いまじゃどうしようもなし。

テレビ放映されたのを見たことがあり、山田宏一さんが「ちょっとした拾い物」みたいな評を『朝日新聞』だったかでしていた記憶があります(確認はしていません)。

けっこう残酷な描写があった記憶が…。当時は子どもだったから少しトラウマになったかも(笑)。

VHSを入手して見直してみようかなと思います。http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:なちら投稿日:2009-02-03 01:22:11
何かが起こる緊張感がイイ!
偶然にそれを察知したE・グールドが人生を楽しんでいないのも良いし、
疑惑のサンタが入店した時のドキドキは最高。

しかし銀行員でありながら彼はかなりの悪だね。
賢すぎて、まんまとはめられたC・プラマーがカワイソウなくらいだよ。
あまりにもE・グールドがリードしているから、
最後のエスカレーターのシーンの後に何かあるのかと思っちゃったなぁ。
あの後、彼女は捨てられてたら面白いのにね。
投稿者:新・映画の都投稿日:2007-06-23 02:29:59
エリオット・グールドとクリストファー・プラマーの対決が面白い。クリストファー・プラマーの悪役が冴えてますな。変質的なところがいい。脚本はカーティス・ハンソンだ。ジョン・キャンディも脇役で出ている。豪華なサスペンスだ。この映画、けっこう残酷なところが多い。しかし、原作は、そういう描写が、ほとんどない。相手を出し抜こう、出し抜こう、として、意外な結末を迎える。映画と原作だと結末が全然違うが、このキャスティングで原作どおりに映画化したら別な味わいがあって面白と思うな。。因みに、この映画って1969年にデンマークで映画化されていて、それのリメイクなんだってね。そっちも見てみたいな。原作者のアーナス・ボーデルセンは、独特なミステリーを書く人で、自動車会社の重役が轢き逃げをして恐喝される「轢き逃げ人生」やデンマーク界のNO.2の推理作家がNO.1の推理作家の殺害を企てる「STRAUS」などある。あのアル・パシーノでリメイクされた「インソムニア」のオリジナル版「不眠症」もこの人が原作だ。
投稿者:ファルド投稿日:2004-12-22 21:11:47
事前に怪しいと察知し、銀行強盗(デパート内にある支店)が起こると予期していた出納主任カレン(E・グールド)がなかなかの悪の策士でしたね。その後、敵対する変則的なパートナーのようになっていく犯人ハリー(C・プラマー)との駆け引きも面白かったです。ラストの攻防も良かった。ただ、その後カレンとジュリーがのほほんと生きていくとしたら、この映画はバッド・エンドと言えますね。
投稿者:たけちゃん投稿日:2002-08-10 02:37:05
ビデオは出ていないのでしょうか。この映画はかなり昔に見たにもかかわらず印象深いものでした。ふと心に忍び込んだ悪の囁きがやがて自分の存在を脅かすことになろうとは。脚本が、今をときめくカーティス・ハンソンだったのにはびっくりです。トラップ大佐のクリストファー・プラマーの女装にもびっくりです。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】サイレント・パートナー HDニューマスター版2015/03/04\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】サイレント・パートナーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION