allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

π(1997)

PI

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アップリンク)
初公開年月1999/07/10
ジャンルサスペンス
π(Blu-ray Disc)
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 1,321
amazon.co.jpへ

【解説】
 世界を解明する究極の数字に取り憑かれた男を描いた異色のSFサスペンス。超低予算で製作されたにも関わらず、巧みな語り口と斬新な映像で1998年サンダンス映画祭最優秀監督賞や1999年インディペンデント・スピリット賞初脚本賞受賞に輝いた。天才数学者マックス・コーエンは、自作のスーパーコンピュータを使ってカオス理論に基づいた株式市場予想の研究をしていた。ある日、コンピュータが暴走し数字の塊を吐き出したが、その数字をめぐってマックスは株式コントロールを企むマフィアと、ユダヤの秘密結社から狙われることになる……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
626 4.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 06:34:46
ほとんど覚えていません。
投稿者:uptail投稿日:2010-04-06 16:00:50
ショーン・ガレット
投稿者:なちら投稿日:2008-08-05 15:13:36
面白い作品だからって眠くならないとは限らないんだよねー。
あんまり寝ない方なんだけど、コレは二回も寝ちゃって、結局三回見る事になっちまった。

天才って大変だよね、いろいろ考える事があって。
考えすぎて病んできちゃったり。フツーが一番良いよ。
あと先人の助言も聞く事だね。

薬を服用するシーンの作り方は、レクイエム・フォー・ドリームに継承されてたな。
ちょっとポップな感じでこの作品では浮いてたけど…。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-09-18 00:05:30
白黒映像で語るというジャンル?の映画。
例えば、デヴィット・リンチの「イレイザーヘッド」。
または、ブニュエルの「アンダルシアの犬」。
しかも主人公は頭痛持ち(殆ど病人…ドラッグで苦痛から逃れようとする)の数学者。そこにユダヤ人の男がヘブライ語は、数字に置き換えられ、その数字を足した数字の言葉は意味的に合致する…なぞという謎を掛ける。
主人公(遺伝子も銀河も黄金比によるフラクタルの渦で構成されている)もあの円周率(π=3.1415926 5358979 32384626 43383279 502 884 1971 693 9937510…)の謎を解こうとする数学者の男も、偶然?コンピュータが操作と関係なく吐き出した216桁の数字の謎に悩まされ(解けない迷路?〜自然の法則?)…株屋に追いかけられ、宗教家に拉致される。いや逃走するスピード感、揺れてあらぬ所を映し出すカメラ、切迫感を煽る音楽…特に頭痛シーンの音楽は、まぁ大概の人は頭痛の経験があると思うが、凄いです。このムービー、音楽にも意味があるように思える(悲鳴?喘ぎ?)。
自分にしか理解できない…って彼が言う世界を我々が理解出来る訳もなく、まぁ大した説明もないのだが、拘る事(使命?)から解放された男は、最早、天才でも何でもないような(幸せな)感じだね。
人がやってはいけないって事は、やらない方が無難…ってか、まぁ襲いくる苦痛を背負う覚悟が必要〜果たしてそれが人として必要なことなのか?〜そこなのだが。
投稿者:ディラン投稿日:2006-11-01 12:55:53
なのねと妙に納得の作品。
主人公の狂気な客観的描写だけでクライマックスの描写(別領域?)があまりなく欲求不満に。
着想・ストーリー設定がユニークなのでメジャー級でリメークしたら、サスペンス大有りの超エンターテイメント作品になるのでは...
投稿者:chacha投稿日:2005-11-28 15:37:01
数学はおろか話の内容も理解できなかったけど、とりあえずユダヤの文字についてレニーがどうのこうのって説明してるやつは「おぉ!すげーー」と思いながら見てました。
あの謎の組織とか、ほんとわからずじまいなことばっかりなのになぜか「わけわかんねー!つまんねー!」と片付けてしまうには勿体無いと思いました。
結局神の名前はなんだったのかおしえてくれーー!
投稿者:クロロ投稿日:2005-01-12 20:09:00
『2001宇宙の旅』がアウトドアなのに対し、インドアで宇宙の神秘に触れてる感じ。オタクの最高型。ビルゲイツの若いころってこんなの??
古いパソコンが好きな人にお勧めです。私は初めて観た時『かっこいい!!』って素直に思えました。
投稿者:さーみあん投稿日:2004-07-08 02:42:50
【ネタバレ注意】

秘宝町山さんがかつて激賞してたので観たのですが、ダメでした(ヒトのセイにするなよ! 笑)。
「これぞSFだよ!」っていうホメ方だったんですが、けっきょく映画の中では何一つ明らかになったりオチがついたりしないんで、「一人の孤独な男が狂っていく様を描いたもったいぶったサイコ・ホラー」としか見えなかったよオレには。

投稿者:徘徊爺投稿日:2004-02-24 06:39:49
【ネタバレ注意】

216桁の数字?螺旋?囲碁?

結局、マックスは、明けても暮れても数学にのめり込み、日々頭痛に悩まされ、あげく、発狂したようになり、放棄してしまう。

ソルが語っていた教訓を思い出す。
「何をするにも息抜きが大切だ。でなければ、秩序でなく混乱をまねく。」
Meaning, you need a break, you have to take a bath, otherwise you'll get nowhere. There will be no order, only chaos.

投稿者:ラオウ投稿日:2003-07-14 15:21:52
面白くなかった。
数学は好きだし、数学者を題材にした”ビューティフルマインド”
も面白かったので見たけど、さっぱりだった。
だいたい、映画の内容と、題名であるπ(円周率)との関係がよく分からない。
内容の無いストーリーを、モノクロを使用してサイコな映画にしました、って感じ。
誰かこの映画の面白さを説明してください。

投稿者:hirokati投稿日:2002-11-20 03:18:09
映画館で一回みた。で、その衝撃がわすれられずに、あれからなんども。。。
今や、十回以上は見たかな。
こういう映画は好き。すべてが螺旋=πで規則付けられる。宇宙科学にも通じる人間のまだしらない、要素を題材につかっているから、それが、なんか静かにわくわくしてしまう、原因かとおもう。ただ、自分が座っている地面がフッとなくなってしまうような、そこはかとない、不安感は同時に常にあるけれど。。
そこがまたたまらないです。
投稿者:zula投稿日:2001-11-14 00:28:29
この映画はな〜んか魅力があって、おもしろい、モノクロはとっておき・なのは当然として、音楽もいいですね〜。天才ってすごいんだね!とおもいました、さいごせつないでした。あのおんなのこといい、モノクロでいろんな人種でてきてとってもきれいだった。少しおどろおどろしいとこもスキ。テクノそしてモノクロがもっと好きになる1作です。せつないなー
投稿者:桃太郎投稿日:2001-10-19 23:03:28
 この監督の作品は何か得たいの知れない吸引力のようなものを感じる。レクイエムフォードリームを初め観て、強烈な印象を受けたがこの作品を観て同じ感覚を持った。音と映像が頭から離れない、見終わった後決していい気分にはならないのだがもう一度観たくなる、こんな映画作れる人は他にいないだろう。今後の作品も楽しみ。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-14 17:29:11
凄くセンスよくてびっくりしました。
テクノも本当にハマってたし、かっこよかった。
私は頭悪いので、細かいところがよく理解で
きませんでしたが、何故かとても面白かったです。
解るまであと何回かは観たいと思います。
投稿者:vegirama投稿日:2000-11-13 02:31:31
おもしろい
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞マシュー・リバティーク 
 □ 新人作品賞ダーレン・アロノフスキー (監督)
  エリック・ワトソン (製作)
 ■ 新人脚本賞ダーレン・アロノフスキー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】π2012/12/21\2,000amazon.co.jpへ
 【DVD】π2014/03/28\1,143amazon.co.jpへ
 【DVD】π2002/02/22\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】π2000/03/24\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】πレンタル有り
 【VIDEO】πレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION