allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ノッティングヒルの恋人(1999)

NOTTING HILL

メディア映画
上映時間123分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月1999/09/04
ジャンルロマンス/コメディ
ユニバーサル LOVE Collection ベストバリューBlu-rayセット
参考価格:¥ 5,292
価格:¥ 4,938
amazon.co.jpへ

【解説】
 ジュリア・ロバーツ&ヒュー・グラント共演のラブ・ストーリー。有名ハリウッド女優と平凡な男の恋の行方を、ユーモアたっぷりに描く。華やかなハリウッド女優を演じるロバーツと、どこか頼りない青年に扮したグラントがハマリ役。ウェストロンドンにある平凡な街“ノッティングヒル”。そこで小さな本屋を経営するウィリアムの店に、ある日偶然ハリウッドスターのアナ・スコットが訪れる。互いに運命を感じた2人は、やがて恋に落ちるが……。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aラブ・アクチュアリー (2003)
[002]Aエリン・ブロコビッチ (2000)
[003]Aユー・ガット・メール (1998)
[004]Aタイタニック (1997)
[005]Aブリジット・ジョーンズの日記 (2001)
[006]Bロード・オブ・ザ・リング (2001)
[007]Bシックス・センス (1999)
[008]Bショーシャンクの空に (1994)
[009]Bレナードの朝 (1990)
[010]B羊たちの沈黙 (1990)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
81557 6.88
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ビリジョ投稿日:2016-12-10 13:10:58
【ネタバレ注意】

 旅行本専門店ってほんとにあるんですかね。今はネットの時代だからなあ。

 しかし分かりやすい映画であった。分かりやすい、飲み込みやすい物語を紡ぐのは実は難しいのだと思う。変なひねりをやり過ぎたせいで飲み込みにくくなってしまう物語がしばしばある。

 ジュリア・ロバーツはこの頃がピークだったんだろうな。

 主役2人にはさほど魅力を感じないが、脇役たちが素晴らしい。脇役のキャラ設定を相当練り込んだんだろうなと思った。でも脇役たちはきちんと、主役を食わず、目立たない。結構これって名人芸ですね。

 ハッピーエンドにしないという選択肢もあったのではないか、ともちょっと思った。その方が哲学的だ。

投稿者:sachi823投稿日:2014-04-12 09:44:55
ジュリア・ロバーツはそれほど好きな女優ではありませんが、
容姿から華やかな存在感は感じました。
ヒュー・グラントはいつも同じような雰囲気ですね。
ハリウッド映画でよく見る型にはまった演技ではなく、
非常に自然な印象がして好演かと思います。
投稿者:ウルトラマンジャック投稿日:2013-04-14 21:43:08
【ネタバレ注意】

何度鑑賞しても、笑えて泣ける映画です。

全体の評価点は低いようですが、私はこれまで観賞した全ての映画の中で一番好きな作品です。
有名女優が自分の小さな本屋に不意に訪れることは、あるわけありません。
そう感じる貴方は映画を見るべきではないと思います。

映画は創作です。映画から非現実的な夢を与えてもらえます。
ありえない設定だから楽しい映画が作れるのでしょう。

紆余曲折あって最後はハッピーエンド、素直な鑑賞者は本当に楽しく感じ、自分自身がハッピーになれる映画です。

映画って、本当にいいですね!!

投稿者:スカンク投稿日:2012-09-18 22:54:57
ローマの休日のB級版みたいな印象…。
スターがいきなり本屋の店主を好きになる展開は特に裏付けとなる根拠もなくあまりに強引に見えて、感動以前の問題でした。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-06-02 16:00:10
この優柔不断男・・・素じゃないのか?
投稿者:くろぶた投稿日:2011-04-18 20:41:24
007は道に迷わない!
投稿者:パンダの王様投稿日:2011-03-01 12:18:44
ショーシャンク等とは全く異なった映画ですが、それ以上に良い作品に思いました。
私はロマンティックコメディと言うものをほとんど見た事が無かったのですが本作は本当に面白かった。同居人のスパイクには何度笑わせてもらった事か!
主人公もどこか面白い。何というか、イギリスらしい格調の高いジョークばかりでした。勿論、様々な話の中に伏線も多く、終盤のちょっとした台詞や人物に絡んできます。
一つ一つの台詞や演技、脚本が良く作り込まれているなと感動しました。
配役も超ベスト。皆が皆これ以上無いはまり役と言って良いでしょう。
話の雰囲気としてはローマの休日にかなりそっていますが、コメディ的要素と、爽快感あふれる展開が、良い意味で全くの別作品に仕立てあげています。
え?本屋の男と名女優がくっ付いちゃう何て有り得ない?感情移入できない?そこが大きな問題でしょうか?私は、一人の人間として、愛を模索する二人に感情移入できましたよ!
素直な気持ちにさせてくれて、恋人を大切にしたくなる、そんな作品でした。
投稿者:william投稿日:2010-10-12 03:34:15
ジュリア・ロバーツが演じる女性は何故何時もこうも我儘なのだろう…。
矢鱈お高くとまった感が鼻に付く、セレブ向けのドラマ。
投稿者:uptail投稿日:2010-06-22 09:23:08
ジュリア・ロバーツ
投稿者:Kircheis投稿日:2010-01-14 05:34:34
【ネタバレ注意】

王道だがストーリーに目新しさはないかな…。
リアリティゼロの展開もまさに王道(笑)

記者会見でのラストは『ローマの休日』へのオマージュだろうけど、オチは180度違っててハッピーエンド。

何気にこの新旧ラブストーリーは同じくらい好きかも♪
あくまで恋人同士で観ていちゃいちゃするのが目的の映画なので、ストーリーのご都合主義な展開も許せる(〃▽〃)

投稿者:SUNSET投稿日:2010-01-02 05:14:24
ルームメイトのスパイク役のリス・エバンスを始めとし脇を固める俳優陣の確かな演技に支えらているから観ていて飽きない。
コメディタッチだがコテコテでない分、引き寄せられる。
都合よすぎなハッピーエンドも見方を変えれば安心できる。

日常を忘れ「恋愛物」を観たいと思っている方にはうってつけの作品だろう。
ジュリア・ロバーツの魅力はもちろんだが、
脇役陣の演技に新たな発見も見出せる。
作りも丁寧で「恋愛物」が苦手な自分でも十分楽しく観れた。
女優を演じる女優と言った点は劇中劇、
「役者って儲からないんだよね〜出演料は?」と聞かれたアナが「15000万かしら」と答えるセリフなどは業界内幕、
「君はビバリーヒルズ自分はノッティングヒル…君の名前は誰もが知ってるけど、自分は親からも間違えられる」とのウイリアムのセリフは住む世界が違う事への恐怖感や自虐を感じ、
そんな彼に対して「女優である前にただの女の子、普通の男の子に告白している女の子」と言い切るアナとのやり取りは、恋愛の本質を描いている。

さまざまな見方のできる作品。
投稿者:gapper投稿日:2009-06-09 15:35:31
 有名人と一般人の恋愛といえば「ローマの休日」で、どちらかといえば男性向き。こちらは完全に女性向きの作品。「ローマの休日」では、選択の余地なく王女に生まれ普通の女性にあこがれる存在だったが、こちらは自立した一人の女であることが大きく異なる要素。
 笑いがちりばめられていて、オーソドックスというか古い感じの作りだが個人的には気にならない。万引き犯がサインを求め刑務所行きだと書かれているのに自分の電話番号を教えようとするところは笑った。「ゴースト」のデミ・ムーアと間違えるところなども古くからあるパターン。

 総じて好ましい作品なのだが、アナ(ジュリア・ロバーツ)がウイリアム(ヒュー・グラント)に恋をした理由が今ひとつなところは気になった。
 この作品の主人公は、仕事で成功を収めるが恋人に恵まれなかったが、やっと見つけるという現代の女性にとってはまさに夢のような作品だろう。しかし、私は男なのでそういった感じはない。ラストにしても安易で、「ローマの休日」とは格違いに感じた。

 ヒュー・グラントは、ジュリア・ロバーツを引き立てる役で演技的にも取り立ててという感じはないのだが、そういう役をキチンとこなしているというところに感心する。思い切ったことは出来ないし、自分のペースでも出来ないだろうからかなりフラストレーションがたまっただろう。
投稿者:コメット投稿日:2009-06-09 13:12:41
ジュリア・ロバーツを中心にしてコンパスの他端を、リチャード・ギア(『プリティ・ウーマン』)からヒュー・グラントにちょうど180度回転させたような映画。プリティ・ウーマンが先だったので、ジュリア・ロバーツを観ながら、このストーリーはベタっぽいなと感じた。概してラブコメは、悪人は出てこないしハッピーエンドに終わるしという点で、ストーリーのヴァリエーションはどうしても限られるだろう。それでも、『めぐり逢えたら』とか『あなたが寝てる間に…』といった愛すべき作品はあるのだが・・・
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-09-14 00:27:47
つまらなかった。
投稿者:花男投稿日:2008-07-31 15:32:52
WORKING TITLEテイストいっぱいのラブコメ。コテコテのハリウッド映画と違って、お得意の日常感あふれる演出がいいです。もちろん御用達俳優ヒュー・グラントも大活躍。

ストーリー的にちょっと気になるのは、ハリウッドの大スターがなぜさえない本屋の店員を好きになるかというきっかけの部分ですかね。ヒュー・グラントファンには申し訳ないんですが、あのエピソードじゃしっくりきません。仮に2人の役回りを反対にしてヒュー・グラントがジュリア・ロバーツに惹かれて恋に落ちるっていうのは納得できちゃうんで、二人の俳優としての格の問題かと思うんですが・・・。

この辺はイギリスと日本でのヒュー・グラントの人気のギャップから感じてしまうんでしょうね。
投稿者:なちら投稿日:2008-07-24 01:48:38
R・ミッシェルの作る人と人が正面から向き合って心の内を静かに語るシーンが好き。
この作品の場合は、ジュリアが店内で一人の女としての気持ちを打ち明ける所。
ドラマチックでもロマンチックでもないけど、諭すように語る姿に見入ってしまう。

まぁ、そんな好きなシーンはあってもトータルとしては「無難な作品」でしたがね…。
投稿者:cossa*投稿日:2008-07-02 08:00:29
評価高いんですね、この映画。どうしてだろう…

まず第一に、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツのカップルが全くお似合いじゃない。ジュリア演じるアンナはわがままで、強引で、さっぱりしすぎてて全く感情移入できなかったし、ヒュー・グラントはなぜ彼女が好きなのか??美人だったから心奪われた。という風にしか見えなかった。キスシーンも、キョドってるヒューグラントにいきなりキスで全然雰囲気ゼロ。

何かイベントがあるたびにベタベタな音楽は流れるし…彼女とケンカして彼女でていったからって「Ain\'t No Sunshine」流すかフツー!?彼女がいっちゃった〜悲しいよ〜ってそのまんますぎて、多分しんみりするシーンなんだろうけどコメディにしか見えなかった。キスシーンのあととか、とりあえず何かありたびにベタな音楽が流れて、次のシーンにシフト。箇条書きみたいな進み方。音楽自体はすばらしいけど、映像と全く合ってない。Love Actuallyみたいに音楽使ってほしかったなぁ。ひさびさにあきれるくらいつまらない映画でした。
投稿者:ringoringo投稿日:2008-01-28 14:08:59
とても素敵なハッピーエンド。
ベラ役の女性が良かった。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-07-02 15:18:45
期待して見た映画ですが、私もちょっとイマイチでした。主演のジュリア・ロバーツは好きな女優の一人なので良いのですが、やはり相手役のヒュー・グラントは個人的に合わないようで、本作での彼もイマイチ魅力を感じませんでした。
ロマンティック・コメディとしての要素はたっぷりで見ていて楽しいのですが、何かが物足りなくて、ラストの展開も残念ながら胸キュンとまではいかず・・・。
でも無難に楽しめる作品だし、エルヴィス・コステロの歌声も物語を盛り上げています。後、脇役ですがリス・アイファンズが素敵です☆
投稿者:scene投稿日:2007-02-28 21:42:40
初めてベットをともにした翌朝(昼頃?)ベット上での2人の会話・最高です。特にジュリアロバーツの笑顔〜。
投稿者:あっきー投稿日:2006-09-04 23:38:04
恋愛物としてはかなり有名な作品で、「マイ・ベスト」と断言する方も多いのでは!?
たしかに、華やかなハリウッド女優を演じるロバーツと
どこか頼りない青年に扮したグラントが良くハマってます。
そして忘れてはいけないのが、音楽の良さ。
各シーンを盛り上げる音楽に感動した方も多いのではないでしょうか!

↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!
http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:irony投稿日:2006-04-11 16:04:05
 解らない?主役二人によるキャスティングがはまったのか?女性のツボを得たのかなぁ?
投稿者:マーサ19投稿日:2005-09-11 16:33:59
今TVでやってて、見ました。映画館で見て以来だったけど、やはりとても好きな映画です。今日は最後泣けました。
ジュリアロバーツの映画で一番好きですし、ヒューグラントは苦手タイプだけど、この映画の彼は好きですね。
ありえなくってもいいじゃないですか。映画ってそういうものだし、見て楽しいって感じるなら。
ありきたりの出会いもいいですね。それが普通なのだし(笑)。
英国らしさが全てに出てるのもよかったですね。
台詞全ても面白いし。
仲間や友達が個性的で、いい仲間なのがとても羨ましい位。
同居人の彼が最高ですし、本屋の仲間もとても面白い(彼、最後まで演技よかった)!
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-07-04 18:15:11
諸賢ご指摘の通り、最初に思い出されたのは『ローマの休日』。ジュリア・ロバーツが絶世の美女かどうかはともかく、大女優と平凡な青年の恋、というのは、若き日の男の夢、ではありますね。
ヒュー・グラントは情けない好青年役が似合うし、訳のわからない同居人や、妙に仲のよい家族を含めた脇役陣がいい感じ。
イギリス風の味付けも悪くない(実際は通りは大部分がセットだそうだが)。『ブリジット・ジョーンズの日記』や『ラブ・アクチュアリー』の先駆けとなった路線で、展開も小気味いいし、悪人も出てこない。
ただ、ジュリア・ロバーツの魅力が今ひとつ。彼女が主人公にどうして心を惹かれたのかどうもよくわからない(前の恋人とも何故つきあっていたのかわからないが)。その辺がもう少し語られないと説得力がないだろうと思うのだ。他にも、通りを歩いているうちに四季が過ぎていく、なんていう小洒落たシーンもあるが、残念ながら思いつきが先走って奇を衒い過ぎたように思う。全体的にあと一歩、かな。音楽は確かにいいと思う。
投稿者:zen投稿日:2005-06-26 13:47:55
SHE:アズナブール・コステロ共に良い。最後の記者会見場面で滞在は何時まで?の答えに対したの「Eternity」この一言を何度聴きなおした事か
そしてSHEが・・・・絶妙なタイミング。
投稿者:Mark投稿日:2005-06-09 04:52:53
ジナ・マッキーつながりで自分を『ひかりのまち』に引き合わせてくれた思い出の映画です。

ロケーションと脇役達が最高!
特にスパイク!!

まぁ、いろんなサイドストーリーがありながらの一致団結友情パターンは大好きな盛り上がり方なのです・・・。

それはさておき、『やまとなでしこ』の元ネタってやっぱこの作品ですよね?
投稿者:モービルムービー投稿日:2005-06-08 02:01:33
 先だって、公開中のアカデミー賞作品を見て、なんともやるせない暗い気持ちになっていた時に、ふと、昔見たこのビデオを再鑑賞したところ、何という心地よさ。DVDも買いに行き、3日間連チャンで見ちゃった。
 ジュリア・ロバーツを唯一好きになった作品。有名人との恋なんて、ありそうな設定だろうけど、意外と最近作には無かったんじゃない?ジュリアが一般人ヒューをどうして気に入ったの?っていう疑問は尽きないけれど、最初から最後まで本当に「ロマンティック」。
 ちょっとした誤解はあっても、非情な試練は無いのですごく安心できる。数ある作品群の中で、こういうシチュエーションの作品があってもいいと思う。ある意味そう感じる人が多かったので大ヒットしたんだろうねえ。
 ジュリアが本屋に来るシーンから、記者会見上でのクライマックスまではそれこそ何度見ても胸がキューンとなっちゃう。
 誉め過ぎかな?でも断然すすめちゃう。
投稿者:キラキラ投稿日:2005-05-17 10:08:04
僕の人生で1番よく見た映画です。最後のシーンで何度、泣いたことか…
非現実ですけど映画だから、まあ有りなんですよ。この頃のジュリア・ロバーツとヒュー・グラントが1番良かったような気がします。
サントラも何百回と聞きました!特にSheを!!
投稿者:トコ投稿日:2005-03-24 16:42:52
テレビでやってると見ちゃうんでね、この映画。リス・エヴァンス見たさというのもあるけれど、ラブストーリーとしても好きな感じです。
投稿者:仙波投稿日:2005-02-27 15:22:00
絶対音感を持っていますが、巷で流れていた曲などを休日などに
勝手気ままに弾いていたりしました。
ずっと曲名知らず、アーティスト知らずで5年以上経つ曲ですごく
好きな曲をずっと弾いてきたのですが、当時何の曲だか分からず、
ついに昨日、ネット上の知人からコメントがあって、どうも
この ノッティングヒルの恋人 の曲ではないか?ということでした。

というわけで、大変下手な演奏で恐縮ですが、もしよろしかったら
ぜひ下手なピアノ演奏をお聴き頂きたいです。この映画のBGMで正しい
ことを祈ります。
コステロさん、いい歌をありがとう、といった感じですね。

サイト本編は全国津々浦々の海沿いドライブ画像サイトですが、
プロフィール欄に[001]として音楽演奏を掲載しています。
http://cult.jp/senba/index.html

この映画のBGMで正しいのか、判定結果を私の掲示板でぜひ教えて
欲しいです。
http://cult.jp/senba/index.html
投稿者:caffe投稿日:2005-01-03 18:29:10
以前ロンドンに旅行したことがあるのもあり、映画の雰囲気はとても
良かったです。ストーリーは、彼にどのように魅かれたの??と思うところもありましたが、それを越す観た後の良さがありました。。
「ただの女の子が大好きな男の子に告白しているだけ。」
と言っていたのが印象に残ります。
投稿者:iyansk投稿日:2004-12-29 17:01:18
飛行機の中で見たのに続いてテレビで二回目を見ました。
ストーリー的には単純で男の夢を描いているわけだけど、挿入歌が素敵で良かった。
ジュリアロバーツもきれいだな、と思いましたよ。
ヒューグラントの情けなさもいい。
とても分かりやすかったです。
投稿者:Miwa投稿日:2004-12-23 14:03:53
【ネタバレ注意】

内容は結構…「ありえないよなぁ…(笑)」みたいな感じです。
だからそういうことを大目に見るというか、含めながら、自然と見ることになります。
しかし、なぜか嫌いにはなれない映画です。むしろ「なんだか良かったなぁ」と感じてしまうくらいです。
私的にはなぜヒロインをハリウッドスターの設定にする必要がそこまであったのか、少々理解に苦しみます。題名は「ノッティングヒルの恋人」なので、そこを舞台にした、ごく普通の大人の恋愛物語を描いても悪くなかったのでは…とつい思ってしまいます。このハリウッドスターという設定により、「ありえないよなぁ…(笑)」にどうしてもなりやすいわけです。もし、この設定にこだわるのなら、もう少し主人公の2人の「運命の感じ方」をより強く描いてほしかったなぁと思います。映画を拝見した限りでは、お互いがそこまで強い「運命」を感じて惹かれあったとは思いにくいような気がします。
主演のこの2人でしたら、ごく普通の一般市民の大人恋愛という設定としても十二分に素敵な恋愛模様を演じることができると思うのですが。
この映画内容の一番のポイントが「ごくごく一般の男性と世界中で有名なハリウッド女優の恋愛」ということですが、映画の評価のポイント自体もここに一番かかってくるように思います…(^^;)。
こういう設定に関わらず、なぜか「なんだか良かった」と感じてしまったのは、やはり主演の2人の演技の魅力と、ノッティングヒルの雰囲気が映画全体に良い具合に出ていたからかなと思います。

投稿者:ラバーダック投稿日:2004-12-05 19:02:10
ジュリアがかわいいかどうかは賛否両論だけど、他の出演作よりかわいいかったのは確か。
エルビスコステロの歌も素晴らしいし、脇役キャストを含めてアメリカ映画では決して作れないであろう作品だと思う。
アメリカ人にはウイットあまり無いから。
見終わった後に嫁さんを大切にしようって思った作品でした。http://blog.goo.ne.jp/11111012/
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-16 07:04:34
こういう映画、大好き。
投稿者:さち投稿日:2004-07-12 02:50:16
最高
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-05-20 04:32:41
期待はずれでした。
なんで大物女優が一般の男を好きになったのか全然わからないし、
その場だけの都合のいい男を探しに来たのかょ!って思っちゃいました。
もっと二人の気持ちの動きを大事にしてほしかった。
脇役達は大好きでした。
投稿者:hanoka投稿日:2004-04-29 19:03:26
「ローマの休日」まんまですね。(リメイクなの?)
個人的には「ローマ〜」も好きじゃないのでかなりどうでもよかったです。
ヒュー・グラントはいい人役より最低男やってるほうが魅力的だし、
ジュリア・ロバーツが大女優役ってのも微妙。
曲はすごくよかったけれど。
投稿者:ゆき投稿日:2004-02-10 12:36:03
 ビデオを借りる前にこのページを見てから映画を見ました。
だからと言う訳じゃないけど、う〜ん。ジュリア・ロバーツってスターではあるかもしれないけれど、大スターって感じじゃない。それにもともとの雰囲気が気さくって感じがするから、設定とは合わないような気がした。
汚れた服を取り替えた後で階段から下りてくるシーンがあんな程度じゃダメ!
もっと見ている側に「オー!」って感じをさせなきゃね。
ヒューと他の俳優陣は凄く良かった!特にリス・エバンスって人は洒落ていて素敵!お尻半分出してようが、腹が出ていようがスタイリッシュって言葉がピッタリ!
投稿者:T−2投稿日:2003-12-19 21:19:45
個人的にはこの手のタイプの映画を語るのはあまり好きでないですが、
Top100にあってビックリしたのでコメントさせていただきます。

タイトルに書いたとおり日本人ってこういう映画好きなんですよね。
現実ではあり得ない恋にあこがれるという妄想好きの人種なんだとつくづく思いました。
数年前に「スターの恋」とか言うドラマがありましたがこのドラマもヒットしましたよね。
「ローマの休日」を一番愛しているのも日本人ですし。

この映画については特に言いたいことはないですが
以上のように思ったのでなんとなく書き込ませていただきました。
投稿者:ilovesunshine投稿日:2003-12-12 01:46:06
ジュリア・ロバ−ツがファンではありませんがこの映画はいいです。リチャード・カーティスの脚本が面白く、脇役の友人達もしっかり描かれていて感心。ヒュ−。グラントお得意の好青年役がはまっていて良いですね。やっぱり映画は脚本です。
投稿者:マサト投稿日:2003-12-04 11:47:26
この作品を良くしたのは、やっぱり音楽だね。。
ありえない話だけど、気になって最後まで観てしまった。
投稿者:lanceee投稿日:2003-11-14 01:39:59
ストーリー、ありえないありえない!
だけど、ウィットに富んだ台詞、同居人や妹などの個性的な脇役陣。
ヒューだけじゃなく、ジュリアの台詞も言い回しがかなり工夫されていて
良かったですね〜。伏線のはりかたも良く、良く作られた映画だと思います。
そして"SHE"…私はオリジナルよりエルビス・コステロの方が好きですが、
この曲の使い方も良かったですね。
私的には、なんといってもヒューの役が最高に良かったです。
どんなにワガママで爆発しても、優しく優しく包み込んでくれる、
知的でユーモアのあるウィリアムみたいな男性に出会いたいっっっ!
経済的・性格的に頼りないので、やっぱり大女優とか女性側が稼いで
ないと辛いかもしれませんが・・・。
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-11-11 17:58:56
ジュリア・ロバーツが嫌いな私でも
きちんと最後まで見られる映画。
でもキスシーンで、ヒュー・グラントの
口が吸い込まれそうなのはどうにも
ならないね。本当に口でかいわ。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-08-31 23:16:00
映画館で観て、久しぶりにTVで観たが、やはりいい映画だと思う。ジュリア・ロバーツの映画の中では一番よろしい。これをつまらんと言う人は一体どんな映画に感動するんですかね〜。音楽もいいしね。
投稿者:deborah投稿日:2003-07-15 23:57:00
わざとらしい出会い、必然性のまったくない恋の始まり、良く考えたらバツなんだけど、見終わったあとの感想は「ああ、面白かった」。
イギリスの俳優たちって、ハリウッドのそれとは違って、体も鍛えてないし、ブスは本当にブスだし、ホント、そこらにいそうな人たち。だからこそ、全体が引き締まるんだろうなあ。イギリス演劇界の底力を感じちゃう。
リス・エヴァンス(アイファンズ?)に、惚れました。
この際、主演の二人は、魅力的であれば、まあ、いいんじゃないですか。
あ、そうか、この二人が嫌いな人には、徹底的に変な映画になっちゃうかも・・・
投稿者:まくた投稿日:2003-06-08 03:02:01
ジュリア・ロバーツを可愛くみせるための映画?
かわいいこが、全く出てこない。彼女があまり好きじゃないので、
胸キュンなし!!恋愛映画はこんなものかな・・・
スパイク様、10点満点!+5点!!
投稿者:KOU投稿日:2003-02-07 00:14:30
確かに(二人の出会いの場面などに)欠点も多いけれど、音楽に助けられて、ジーンとさせられます。http://face.ruru.ne.jp/harekura/
投稿者:neige5yk投稿日:2003-01-05 16:18:18
使われてる曲が違ってたら、印象もガラっと変わるかもしれないけど
内容もそれなりに楽しめた。同居人がイイ!
投稿者:ゆこぽん投稿日:2002-12-18 21:45:06
根本的になんでふたりが惹かれあったのかが、まっっっく表現されてない。

せめて主人公スターにギャップをもたせるとかすればいいのに。

あたしは車椅子の夫婦だとか、あーゆー取ってつけたような脇役にも何も感じない。

おもしろくしようと思えばいくらでもできるネタなのに、何でここまでつまんなくなったかが分かんない!
投稿者:映子投稿日:2002-09-07 23:42:08
そう、ジュリアにあまり大女優の風格はなかった。同居人の彼が面白いのでだいぶ救われてる感じ。ラストもありきたり。
投稿者:wayu投稿日:2002-09-06 18:47:52
ジュリアとヒューの恋物語よりも
クレイジーなヒューの同居人に感謝。
面白かった。

なぜトップスターが一般人に惹かれたのか
最後までわからなかった。
投稿者:ほしぶどう投稿日:2002-07-16 15:08:08
私は映画の英語のシナリオを読むサークルにいて、ノッティングヒルも
読みました。
とても面白かったです。 最後まで退屈しませんでした。
ウィリアムと友達の会話がとてもしゃれていて、暖かくて、
良いシナリオでした。
この映画はイギリスから見たハリウッドがちらほらしたり、
イギリス人の皮肉っぽさが面白いし、映画にはないシーンが
かなりあって、シナリオを読む楽しさを教えてくれました。
投稿者:JJ投稿日:2002-07-16 13:51:57
この映画を観ながら、「ケッ!そんなことあるわけないっ!」と何回口にしたことだろう。なのにキライになれない不思議な映画。その理由は、脇役陣の魅力。
同居人役のリス・エヴァンスのお馬鹿っぷりや、ブサイクな妹、車椅子の女性等、みんながとても主人公に暖かくて優しくて魅力的で、そんな彼らを微笑ましく観ているうちに、いつのまにやら暖かい気分になり、気がつけば、エンディングではニンマリと笑っている自分に気がついた。
イギリスのノッティングヒルが舞台ということもあって、イギリスらしい風景が出てくるところがまた良い。
ちなみに主役の二人ですが、ヒューは適役。
ジュリアはチャーミングだとは思うけれど、あそこまで「美人、美人」と周りがもてはやすほどの大女優のオーラはなかった。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-02-26 23:46:48
ストーリー的には、現代版「ローマの休日」か。まあ、身分というか境遇の異なる男女の恋というパターンはよくある。そういった意味では珍しくもないし、お話も御伽噺的で現実味に欠ける。しかし、ラブストーリーなんて夢が見られたらよいのであって、この際リアルさは問題にしなくていいだろう。実際の恋愛なんて、もっとドロドロしたものだからね。

ジュリア・ロバーツ最新作として売り出されたが、ウィリアム役のヒュー・グラントが結構いい味を出している。不器用だけど誠実な感じが良く出ている。何より、以前の貴公子然とした雰囲気が薄れた代わりに、どこにでも居そうな気さくさが出て男性客も感情移入できるところがよい。また、脇を固める俳優もなかなか好演。特にルームメイト役のリス・エバンスのとぼけた演技は笑いを誘い、作品全体を明るくしている。

全体に、ラブコメディーという程弾けた明るさはないものの、所々に笑いを入れながら楽しくストーリーを進め最後にホロリとさせる、よくまとまったラブストーリーである。これは名作!とまではいかないが、仕掛けにばかり凝っている最近の作品と比べてシンプルに決めている。
投稿者:ゆりちゃま投稿日:2002-02-23 17:45:29
超〜おもしろかった!ヒューが「これはたった一日の事で大したことじゃない」
とパニクったジュリアを諭す所も感動した。妹や友達もいい味していて
最高に楽しめた!もう一度見たい!http://www6.plala.or.jp/SAKURANBO/
投稿者:teru投稿日:2002-02-09 23:45:53
黒髪のジュリアが一番。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-10-07 19:23:01
ゴーグルをつけてタバコの煙りを鼻から出すシーンが
かなりうけた。
それだけでもう満足です。
投稿者:みな投稿日:2001-08-25 03:59:19
とにかくつぼにはまった!主題歌「SHE」もロマンチック度を盛り上げて最高です!脇役たちも人間味のあるキャラばかりでかなりよかったです!  ちょっと思ったこと・・・松嶋奈々子の「やまとなでしこ」ってこの映画に所々似てませんでした?!なんとなくなんだけど・・・
投稿者:拷問美女投稿日:2001-05-09 02:18:08
悲恋だと、まあそんなもんだろうと終わってしまうので、これはこれだからこそ、それを超えたからこそ驚きがあって大感動が生まれるのだと思う。コテコテの夢物語の王道ですから。

って大して考えてもいないいい加減な事言ったが、そもそもロバーツもグラントも基本的に嫌いでロマンスものも苦手なので、たまたま見てしまったのだが、期待してないし嫌々だったので、すきをつかれてちょっと感動してしまった。よかった。夢見ちゃったのかな?あらら。

何がいいって歌がいいから。
投稿者:不二峰子投稿日:2001-05-08 02:02:47
出会いは平凡ですよね。コーヒー?をひっかけるところなんて。
でもホテルに会いに行って雑誌記者になりすまし とりつくろうシーンは見事!
あのシチュエーションにあのセリフ。主人公のウソが見事に描かれてます。
とりつくろうためのウソをつく演技をあれだけ上手に演じるクラントは天才かもしれません。 最後のシーンはローマの休日といっしょ。 だからむすばれないで終わる悲恋にしてもよかったんじゃあないかなあ。 なんてよけいなお世話ですね。
スパイクもとっても光ってました!
投稿者:みか投稿日:2001-04-30 23:51:53
何がそんなに惹かれたのかわからなかった。
女優なら、ましてやムービースターなら
あんな軽率なことは素人相手にいきなりしないんじゃあ・・。
あまりにもいい加減点が多いような。感情移入が出来ない。
でも最後の大勢の前での出来事は感動でした。
投稿者:やす投稿日:2001-03-31 22:10:01
こういうシチュエーション俺は夢だな〜、、、。
ジュリアが控えめでかな〜りかわいい。
投稿者:もっち投稿日:2001-01-20 16:22:37
な〜んかあったか〜い映画でした。
見た後、すがすがしい!ゆっくりと、落ち着いて、ラクに見れる映画でした。
ほんと、ワキ役の方達がすごい良い演技してます。面白かったです。
投稿者:dadada投稿日:2000-12-03 10:21:14
映画を観ていて、ついついニヤニヤしていることってよくあると思う。
しかし、この類の映画を観ていてニヤニヤしている自分に気付くと、何だか気恥ずかしくて、またニヤニヤしてしまう。
この映画は、そんな照れ笑いを連発させる映画。
投稿者:とーる投稿日:2000-09-22 22:16:28
ジュリア・ロバーツがこれほどかわいく見える映画は、なかなか無いかも。ストーリーは、絶対あり得ないとは思うが、それが映画らしくてまた良かったりして。
投稿者:ぺぺ投稿日:2000-07-02 00:31:59
この作品の面白さはなんと言っても「ワキ役」の良さでしょう。
とくに「スパイク」がキュート。笑わせてくれました。
ジュリアも好きだけど、この作品に関してはヒュー・グラントの方が
良さが出てたかな。
他の俳優たちが実名で出てきたり、他の映画の話が出てきたりして
その部分でも楽しませてもらいました。
投稿者:ゴンタロウ投稿日:2000-06-30 04:35:19
奇蹟のような恋物語。主人公2人以外のなんとない存在感のなさ。ホテルのフロントで彼女の行き先を教えてくれたホテルマンの粋の良さ。男性がこの映画を見るときは、当然主人公の立場に憧れて見るのだが、女性の人はいったいどんな見方をするのだろう。しかし、ジュリアロバーツという人、よく見ると口はでかいは、鼻は開いて上をむいているはでそんなに美人なのかなと思ってしまうのだが、時折すごくきれいに見えてしまう。これが、女性の魅力なのだろう。
投稿者:あんみつ姫投稿日:2000-03-23 01:42:33
スト−リ−に無理はあるけど,思ったよりもおもしろかったぁ。
ロマンスだけどもちょこっとコメディ−も有りで
女の子はこんな映画スキだと思うよ。
見終わったあと,恋したくなっちゃう1本。
投稿者:ミッフィー投稿日:1999-10-25 03:25:39
ストーリーはたいしたことない、と言うか、少し無理のある感じもして、
あまり入り込めないけれども、主役の2人をとりまく人々が個性的で面白かった。
あんまり期待してなかったけども、笑えます。
なごやかな気分になりたい人にはオススメ!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 □ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ヒュー・グラント 
 □ 女優賞(コメディ/ミュージカル)ジュリア・ロバーツ 
□ 助演男優賞リス・アイファンズ 
 □ 英国作品賞(アレキサンダー・コルダ賞) 
 ■ 観客賞 
□ 作品賞 
【レンタル】
 【DVD】ノッティングヒルの恋人レンタル有り
 【VIDEO】ノッティングヒルの恋人レンタル有り
 【VIDEO】ノッティングヒルの恋人 <吹替>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION