allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・キープ(1983)

THE KEEP

メディア映画
上映時間96分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1984/07/
ジャンルホラー/サスペンス

【解説】
 第二次大戦下、ドイツ軍が駐屯する東欧の寒村を舞台に、邪悪な存在の恐怖を描いたF・ポール・ウィルソンの同名モダンホラー小説(旧題『城塞』)を映画化。魔物が封じ込められた古代の城塞の雰囲気を始め、映像派M・マンの本領が発揮されており、城塞の地下に無限に拡がる異空間を捉えたロング・ショットなど忘れ難いシーンに彩られている。肝心の魔物の姿がイマイチなのが惜しい。魔物を退治すべく宿命づけられた超能力者(S・グレン)の存在は、唐突な印象を受けるかもしれないが、この両者の戦いはウィルソンの壮大なサーガ“ナイトワールド・サイクル”の完結編『ナイトワールド』で決着を見せる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-04-11 23:47:19
原作が面白いので、2時間半くらいないと面白さが半減。肝心の魔物が人体模型ばりのチープさで、登場シーンで腰砕けになる。でもキャスティングが今や大物俳優達の若かりあい頃で演技がしっかりしており救われる。タンジェリンドリームのOSTもマッチしてる。
投稿者:dbma投稿日:2012-01-13 23:26:56
劇場で見ました。
大部分で会話音声が聞き取れず、
観客がざわついていたのを覚えてます。

元は3時間半あったそうです。

マンが封印したのか、
タンジェリン・ドリームの著作権がらみか知りませんが、
もう一度ちゃんと見てみたい。
投稿者:ファルド投稿日:2008-07-26 11:36:37
怖さとかはあまりないが、城郭の秘密がミステリアスに描かれていてそれなりに面白かったです。幻想的な映像やタンジェリン・ドリームの音楽も良かった。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-04-12 22:29:38
怪物のエザインも含め特撮もチャチだが、全体に流れる重く沈んだ
BGMがよい。ナチスドイツ全盛期の時代ということか。
結局スコット・グレンの正体も彼が怪物を倒した武器も謎だった。
投稿者:gannto投稿日:2006-08-16 12:36:15
当時田舎では、13日の金曜日完結編と同時上映で、13金の安っぽさに比べてザ・キープはスタイリッシュでかっこいい映画に思えました、ですが映画好きの連中と話すると大抵不評でちょっと悲しかったです・・・若き日のユルゲン、イアン、スコット、ガブリエルが見れる豪華さ。80年代的情緒大爆発の雰囲気(だけ)映画、DVD出ないのでしょうか?・・。マイケル・マン監督って今に至るも雰囲気だけ、カッコイイからいいけど。ヒートってつまんなかったなぁ。
投稿者:masamami投稿日:2005-07-25 17:07:07
コメント数自体少ないが、どうも評価低いな。
この映画はオカルトというより、それを材料に
スタイリッシュな映像を追求した映画として楽しむ
べきもの。スコット・グレンなどさすがマン監督ら
しくカッコいいけどね。失敗作というよりマン監督
としても上位の作品。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2004-01-04 04:17:36
マイケル・マン起用がミスだったようで(過去の評論より)。
畑違いとはこのことらしい。前半は素晴らしいんですが。
怪物の表現が難しかったのは、当時のSFXでは仕方ないかと。
リメイクを希望しますが、前半のムードは再現できないかな?
それより”始末屋ジャック”もの、誰かやってくんないかな?
投稿者:もも太投稿日:2002-10-15 23:56:00
映画を監督で見るか、ジャンル映画の一つとして見るかという事でしょうね。
(いわゆる「巨匠」でない限り監督業やってると色んな仕事をやるもんで、私はウォルター・ヒルが「スーパー・ノヴァ」やったとき、かなりショックでした。)
個人的には犯罪・ポリス映画系と思っていたこの人が、ファンタジックなイマジネーションを豊富に持ち合わせていたことが驚きで、物語の舞台はすばらしい画を与えられています。同監督の作品では白昼夢的なイメージが「刑事グラハム」に近いでしょうか。
キャストもみんな渋くて芸達者でいいですね。魔物を見たときは流石にヲヲッ・・??でしたが、全体で見ればよくまとまっており、(この手の映画では難しいんですが)映像の美しい、ホラーファンタジーの佳作に仕上がっています。
なお、ジャンルがホラーだからといってこの映画に恐怖と戦慄を過剰に期待してはいけません。原作者はこの映画化にかなり不満だそうですが、原作の方だって大したことないんですから・・・
投稿者:きも投稿日:2002-04-11 16:25:37
最近のCG中心の特撮しか見ていない若い人には陳腐な作品かもしれませんが
当時のモノとしては結構かっこいいんです。
ガンマニアの監督が撮った特撮のアイディアはオタクっぽくなくて不思議です。
なにより音楽にタンジェリン・ドリームを使っているのがカッコイイ。
投稿者:さだじ投稿日:2002-04-03 01:24:23
 「主演男優をかっこよく撮る」ことにかけては抜群の手腕を誇るマイケル・マン監督の個人的にはワースト作品。そもそもなぜこの人がこんなホラー系(?)の映画を撮ろうと思ったのかがそもそもわかりません。

 まあ、それは置いといて、この映画の一番の問題は原作読んでないと話が理解不能なことでしょう。スコット・グレンやあの化け物(原作じゃ一応幽霊「貴族」なのに、あれじゃあ戦隊ものの怪人だよ…)は一体何者だったのか、説明されないシーンが多すぎます。そして主人公とヒロインの唐突に始まるえっちしーんにはただただ呆れるばかり。また画作りという意味では相変わらず巧いのですが、視覚効果がこれまた安っぽい。スコット・グレンの目がぎらーん!なんてシーンは爆笑しました。こんな映画なのにエレキギターが奏でられる音楽やスローモーションなんてのはマンさんらしいっちゃあらしいんですけど。

 とにかくドラマスカスカで謎な映画です。ファンが義務で観るべき作品でしょう。

 ↓師匠のHP(新作ビデオ、DVD情報アリ)http://www.cinemanc.com/
投稿者:ASH投稿日:2002-01-16 23:30:56
【ネタバレ注意】

 正直、失敗作!! 重厚な作風は、往年の怪奇映画のテイストを狙ったもんだったとしても、ダラダラ感が優先しちまって、どうにもかったりぃ。深夜放送で何気に観ちゃうと、タンジェリンの幻想的なスコアが眠気を誘発してしまうという、実に困ったシロモノ。この頃の監督はまだ駆け出しゆえ、作風が確立していなんだろうけど、ミリタリーへのこだわりは尋常じゃねぇよな。

【レンタル】
 【VIDEO】ザ・キープレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION