allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブロークダウン・パレス(1999)

BROKEDOWN PALACE

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1999/10/09
ジャンルドラマ
ブロークダウン・パレス [DVD]
参考価格:¥ 1,490
価格:¥ 1,261
USED価格:¥ 1,260
amazon.co.jpへ

 Photos
ブロークダウン・パレス

【解説】
 「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズを主演に、タイに実在する冤罪者達の逸話をベースにした衝撃作。旅行中に不当逮捕され、事件巻き込まれてゆくアメリカ人少女たちの過酷な運命を描く。タイのバンコクへ卒業旅行に出かけたアリスとダーリーン。彼女たちはそこで、ハンサムなオーストラリア人男性と出会う。香港へ行こうという彼の誘いにのって空港へ向かう2人。だがそこで2人を待っていたのは、ヘロイン所持という思いがけない濡れ衣だった……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2010-08-31 23:47:32
【ネタバレ注意】

最後にこんな「どんでん返し」があるとは思わなかった。
というよりは、作り手の「意図」が、いまだによくわからないのだ。

「麻薬の運びや」の「冤罪」を被って、不当に捕らわれている「アメリカ人」を助けるのが第一の目的、ではないだろう。
勝手知らぬ外国で「羽目を外す」ことがいかに危ないか、「警鐘を鳴らす」というのでは、あまりに「月並みな話」だ。

主人公が最後に「私ははじめて正しいことをした」と「心の中で言う」のがヒントかな。

一見、親友同士のアリスとダーリーン。しかし、アリスは自分の方がダーリーンよりも「頭が良くて」おまけに「美人である」という自負がある。
アリスは自分の「自尊心を満たす」ためにダーリーンを親友にしたのだ。
だから、ダーリーンの方が若い男に誘われたのに自尊心を大いに傷つけられる。

「無実の罪」で刑務所に送られた後、ミスを繰り返すダーリーンに当たり散らす。
しかし、しだいにわかってくる。このままでは、ダーリーンは本当におかしくなる。
でも、自分なら耐えられる。なぜなら、ダーリーンよりも「強い女」だから。

もしも、二人のうち一人だけ助かるのなら、どちらが残るべきか。
ダーリーンを残すことは、アリスの「女の意地」が許さなかったのだ。

投稿者:あくび★投稿日:2009-05-25 12:57:33
ケイト自体は大好きなのだが、いかんせんこの演じた「ダーリーン」が嫌な女だ。
いい子なんだろうケドどこかいつも「被害者ヅラ」してる。
一方クレア演じるアリス、父からも信じてもらえない、おまけにダーリーンのオヤジからもひどいことを言われる、
「こういう風に見られてる」ことを知っていて、それでも
信じてくれ、最後まで力を尽くしてくれたハンクに対しても
最後は自分が罪を被るコトで感謝の気持ちを表したかったのかも・・・。
不覚にも最後泣いてしまった。
しかし2人とも可愛い・・・。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-05-08 06:11:47
【ネタバレ注意】

観賞(笑)。黒幕や運び屋は逮捕されず、金を積まなきゃ無実の囚人に釈放の見込みが無いのは現実味があるが、こうしたカタルシスの無い展開もきちんと焦点の定まったストーリーで見せてくれれば文句は無かったんだけど…。
クレアが最後に国王に懇願するシーンも浅かったが、一気に観る事は出来た。

投稿者:ジーナ投稿日:2008-11-18 01:36:23
この作品を観て海外旅行への恐怖感が増した(爆)

二人の女性の運命がどうなって行くのかというスリリングな展開に友情を絡めるのは良かったですが、そこに秘密があればもっとサスペンス色が強まって面白かったかも。
まぁ、作り手側はサスペンスよりも幼なじみ二人の友情に重きを置きたかったのかもしれませんが・・・。

前半の彼女たちのセリフや行動が全てその後に繋がってくるのはGOOD
幼なじみ二人のキャラクターを正反対にした事や女の友情に男を登場させるなどストーリーを引き立てる設定や刑務所内での女優ふたりの表情で心情を想像させるなど見せ方も上手いと思います。

しかし、致命的なのが二人の女性どちらにもイマイチ好感が持てず感情移入できない事ですね。
弁護士もどっちつかずなキャラで中途半端な印象だったし・・・登場人物のキャラ設定が微妙だったかな。

それに黒幕はもちろん分かっているけど、実行犯が誰なのかは謎のまま・・・
嘘つきな女と優等生ぶった女・・・果たして裏切り者はどっちなのか?!ハッキリ答えを下さい!!!と思わずにはいられない幕引きに若干のストレスを感じます。
描いていない事まで想像するな!と思われるかもしれませんが、考え出すと深みにハマるし、もしアレが実行犯だったら暗い気持ちになるし、アレが実行犯だったら怖くなります。

そう考えると(ラストの後味の悪さは否めませんが)意外と重厚な内容なのかもしれません。
・・・って、単純に内容を受け入れない私の曲がった性格が一番問題かも(笑)

キャストに関しては、イイ子をケイト・ベッキンセールで悪い子をクレア・デーンズが演じています。
序盤、この二人の配役は反対だろ?と違和感。
中盤ぐらいには慣れてきますが、観終わってから、、監督があえて配役を逆にしたのかも!?という思いに駆られました。
そう思うと、やっぱり実行犯は・・・って、また捻くれた考えをしてしまいましたね(笑)

何だかんだ憶測を書いてしまいましたが、監督さんはただ単に海外旅行での危険と友情を描いただけなのかもしれません(汗)
スッキリハッキリしないので評価しにくいですが、とりあえず大事に育てられた女のイヤな面が堪能できます(爆)
投稿者:NYY投稿日:2008-04-19 20:43:13
【ネタバレ注意】

最近は劣化してるみたいだけど、この頃のクレア・デインズは
若くて綺麗で・・・
だから、とても可哀想でした。
 
これ、低予算なのか、あんまり緊張感がないのが難かな。
TVドラマを見てるみたいだった。 
他の運び屋を逃がす為の囮かつ、警察への賄賂で捕まるって、
何の意味もないムショ暮らしじゃん。
嫌だね〜、なんか汚いし、遅れてる国には行きたくない。 
日本の大使館なんか大して役に立たないらしいし。
 
しかし、クレアは男だね〜。
外人で女なのに、極東島国の男の発想を身につけてるなんてw。
結局、麻薬は、ケイト・ベッキンセイルが荷物に入れたんだと思
うんだよね。
頭悪そうだし・・・
やっぱり、男を現地調達なんかしちゃいけないよねw。 
 
2人共出られるなら嘘臭くなっちゃうし、2人共出られないと暗
すぎるし、下の方も書いてるけど、この結末しかないでしょうね。
あと、日本でも他のことで「嘘ついた」って証言されると、裁判
官の印象が悪くなって、信じてもらえなくなるってことはありま
すよ。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-09-11 00:09:13
【ネタバレ注意】

終わり方は…あれ意外に考えられないね。
その前に、やっちゃった、のを考えれば。
友情を示して、友情に託す。…のだが、ケイトの父親は速攻で彼女を連れ帰り、結局、自力で何とかしなければ、って事になるような。親切な弁護士が、どこまで付き合ってくれるのか…怪しいね。
懲役40年も80年も無罪の彼女にしたら同じ事。あそこで自分(もしくは自分達)の無罪を訴えて誰が信じる?…それと、連れて来た〜こっそり逢ってたetc.の負い目かな…好きだから…今まで通りの親友でいたいってのも。自己犠牲ってより今までの生き方、周りの反応から学習した諦観っぽい。そもそも自己犠牲自体が自己満足的なものであろうが。
嘘を付く奴の言うことは全部が嘘?〜タイ式の攻め方か?折角、警察の嘘(犯人ともつるんでる)をまな板に乗せようとしたのに…アレも悪い子ちゃんのアイデアか。
取引きもニックなんていないと認めさせたら終わり…と思いきや…クレアの行動力は終始一貫して凄いね。何とかするんじゃない?…彼女なら。

※野蛮なUSAが俺達をバカにしてるのに気づかないバカ的プロパガンダも、日本人って野蛮で未開人だよね的プロパガンダもたいして変わりはしない。僕は時にオチを先に聞かされるような事実という知識より、感性を裏付ける情報の方が欲しいタイプだ…
例えば3コードしか知らないのとテンションコードが解るのとでは再構築の過程に差が生じる。修業時代のパーカーは(チェロキーだったか)ここで倍テン、とか思いついたが、出来なかったらしい…感性に技術が付いていかなかった例かも…故に速弾きも出来るに越したことはない。(必須ではないが)

投稿者:irony投稿日:2005-08-04 19:25:43
 話的にリターン・トウ・パラダイスに似ていますが、こちらはヘロインの運び屋 懲役33年+脱獄で15年、計48年二人分で96年・・・余裕で死んじゃうね かなり前にオーストラリアで日本人も同じ目に遭遇した事件もありましたね ここでもオージーが黒幕ですが、もしかしてその道のエキスパート? 実行犯は荷造り担当のベッキンセールじゃないの?最後の二人の会話でも明白ですし、弁護士の質問にも心当たりがなければクレアの反応が普通でベッキンセールの反応は普通とは思えない程の過剰反応ですし・・・まぁそれでもホテルのポーターの線は残るんだけどさ ベッキンセールは本国に戻って綺麗さっぱり忘れちゃうと思うけどなぁ 喉元過ぎれば何とやらで 大抵の人間は自分が一番可愛いのよ でもそれを言っちゃおしまいか・・・ 
投稿者:Johnny投稿日:2004-11-02 04:07:23
違う国で逮捕されると、こーなるみたいなのを2人を通して見れ
そこに、さまざまな背景が加わり、見応えもあって
タイのエキゾチィックな雰囲気も、とてもステキでした。

好きな俳優もいっぱい出てたし、曲も合ってた様に思います。
ラストは、好みが分かれる感じです。
爽やか気分にはなれないけど、感じるものがあり
ちょっぴり考えさせられました。


投稿者:DOGMAN投稿日:2004-07-29 19:35:47
【ネタバレ注意】

当然、最後はハッピーエンドになるものだろうと思っていたが、その後は各自想像してくださいみたいな終わり方に少し不満を覚えた。
でも、実際に知らぬ間に運び屋をさせられて捕まったというニュースを目にする現在にはいい教訓になった映画だと思う。あと、友との絆も描かれていた。
この映画の撮影中にクレア・デインズがタイについて問題発言をしたみたいだが、
映画を見てロケ地があんなとこばっかなら仕方がないと思った。

投稿者:トリガー投稿日:2002-12-10 20:01:45
確かに犯人が全編を通して明らかにならないのは釈然としないが
この映画の訴えようとしていることは、そんなことではない。
もしこの映画のその後が描かれていてクレア・デインズ演じるほうが
その場で出所したとしても、刑務所内で自殺したとしても見事な傑作。
あそこで終わらせるところがいい。サッパリと。
極限状態での友情を描いた映画。言うならば「フェイク」に似てますね。
投稿者:dadada投稿日:2002-03-24 22:54:18
昔、海外旅行をした時に入国審査で引っかかって別室に連れていかれた経験がある。パスポートの記載事項に関して、審査官が何やら質問するのだけれど、こっちも舞い上がっているものだから、チンプンカンプン。結局、審査官が一人で勝手に納得して解放された。もし、長時間、足止め食らうような事になってたら、心細い思いをしたろうな。これは、トラブルでも何でもなかったけれど、言葉の通じない異国でトラブルに巻き込まれたなら、さぞ恐ろしいものでしょう。海外に限らず、旅行中ってのは開放的な気分になり易いからなぁ。
そんな事を考えながら、ボンヤリと鑑賞。「ミッドナイト・エクスプレス」なんかよりずっと軽くてお手軽な映画だから、海外旅行者への啓蒙にでも使えばどうでしょうか?
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-02-06 00:36:52
かなり重苦しいストーリーである。異国の地で羽を伸ばしている最初の10分程度は明るいシーンがあるものの、残りは悲惨で暗い話が続く。ちょっとした出来心というのならまだあきらめもつくが、冤罪(強いて言えばかっこいい男にホイホイ付いていって寝てしまうという尻軽さが罪だが)であっさり死刑判決を受け恩赦もかなわないとは、ちょっとやりきれない気分になる。これには、アメリカの観客はタイの理不尽な制度に怒りを覚えたことだろう。しかし、「郷にはいっては郷に従え」の言葉どおり、麻薬を扱うような男に心と体を許す不用心さを責めるべきだと思うけどね。

ストーリーは、あまりタイの捜査体制や制度の理不尽さを追求せずに、主人公達が次第にドロ沼にはまっていく様子を丁寧に描いている。ラストがあっさりしていてちょっと救いが無いのが気になるが、実話のようなリアルさはある。この状況を脱出するには、「ミッドナイト・エクスプレス」のような脱獄しかないわな…。

しかし、延々獄中生活の悲惨さと脱出の計画と失敗を見せ付けられた上、全体に盛り上がりに欠けるのはちょっとね。少女の心の成長の記録としては変な脚色は不要だったのだろうが、商業映画なのだから観客の目をひく山場が欲しかった。
投稿者:たけ投稿日:2001-08-23 18:55:51
バックに麻薬を入れたのは誰だったの?
そこんとこハッキリさせてくれないと・・・
なんか釈然としないなぁ。
投稿者:クー投稿日:2001-08-05 22:48:49
クレア・デインズは「レ・ミゼラブル」のコゼット役の時とはうって変わった演技を見せてくれましたね 信じられないくらい全く別人に見えるところが、さすがです。個人的には、さほど面白いとは思わないストーリーだったけど、でもやっぱりどうなるのか、ハラハラした。あの終わり方はとっても気になっちゃって、苦手だなあ お願いだから続きを教えて・・・
投稿者:不二峰子投稿日:2001-04-24 12:52:18
ドラマとしてとても見応えのある作品だと思います

2人の設定がいいですよね
裕福な家庭で育ったダーリーン
不幸な家庭だけど 美しく魅力的なクレア
この2人の 友情に 一人の男がでてきて恋愛感情がからむだけで
すごく複雑になっていく

あそこまで おとりとして使うかなあ
というのと ダーリーンが 最後まで無実を主張するのがやや不自然な気もするけど 友達をかばう状況にあそこまでもっていくストーりー設定は見事

アメリカ人というだけでいじめる女の子や
一見拝金主義の弁護士さんも とてもよかったと思います。
投稿者:もっち投稿日:2001-03-18 17:12:13
ホントにかわいそうな女性フタリの内容だったけど、なんか、クレア・デインズの演技で泣きそうになりそうなトコロもありました。

でもマジで、こんなことがあるのかと思うとおっかないなーと思いました。
勉強になるけど、海外行くの怖くなりますねーこれね。
投稿者:投稿日:2000-06-21 08:19:12
しっかし 憐れすぎるこの二人 って言うより自業自得と言えば言えなかね〜けど
まっ 知らない土地では知らない人についていっちゃダメだよ〜って教訓になるような映画だよね。 女性は観るべし。
【レンタル】
 【DVD】ブロークダウン・パレスレンタル有り
 【VIDEO】ブロークダウン・パレスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION